« 2005年12月20日 | トップページ | 2005年12月25日 »

2005年12月22日 (木)

12/22 Today is『Mia's Birth Day』

『夜明け前より瑠璃色な』より
ミア・クレメンティス
フィーナ姫のちんまいメイドさんは12月22日生まれです。

このイラストをベースに来年夏コミのサークルカットとか作りますので~
  • 御祝い関連情報網 その2
    AUGUSTトップページのロゴにミア登場

    barlar's World:バーラーさん、トップ絵にミアがたくさん。
     サークル「Beams」 冬コミ2日目 東I-03b
     新刊『Once Upon A Time』

    ◎“ケーキ出来上がりました♪”
    (モルハウス:藤真 潤さん 12/22付より)

    ◎「ミアのお誕生日記念」美少女クロスワード Vol.8
     (Skyer:朝凪優さん12/22付より)

    ◎“オーガスト初のメイドキャラ「ミア・クレメンティス」の誕生日”
    (August Doujin Data Base:Takashi Endoさん)
    ※通常版発売告知と共にかな? OHPでミアが登場してます。

     先のカーフさんでもそうでしたが、ミアは予想外に百面相だったりしますな。 作中でもちんまくなったりと色々と作る側に遊ばれてますし(笑)。冬コミ本ではそんな活躍が見られるとか。

     ミアのケーキはストロベリーみたいですね。
    確かに大人しくって言ってもお台所にいつのまにか立っていそうです(それがいい

     朝凪さんのクロスワードは……今回さすがにスペックデータ絡みがあったので 『あけるり』プレリュードで最後は隙間を埋めてます。これまでになく難易度が高かったです(汗)。
     答えは菜月ですな。

     フィーナ姫も確か登場したはずですよ、ENDOさん。ウチの9/29付にも記されてますから。 ミアはオーガスト作品では初のメイドなんですよね。
    『はにはに』でもコスチュームは豊富でしたが、 あくまでも普通によく着てる普段着みたいなものが中心でしたので、ほなみんとかまつりんが奉仕! なんて展開はありませんでした。
     残す初ものというと……巫女とか和風ファンタジーな衣装ですな (弓道着は委員長がすでに果たしてます)。

    (12/22 23:55)



  • 御祝い関連情報網 その1
    ◎“ぱにーにでお祝いしたかったのですが、ぱにーには結局探し出せませんでしたOTL”
     (M-A-T -FUMY’s DIARY 4th style-:ふみぃさん)

    ◎トップページに万歳ミア
    (おーたむねいる:カーフさん)

    ◎トップ絵にフィーナ姫とミア
    (SEVENS HOUSE:桐山さん)

    ◎“(修正ファイルは)ミアの聖誕祭に間に合うようにしたのでしょうか?オーガストさん(笑)”
    (August Doujin Data Base:Takashi Endoさんが12/22付にて修正適用レポ)

    ◎“雪の中”
    (白河一族の野望:白河螢二さん)
    ※パニーニは現物を未だに見た事はないデス。

     ミアというとやはりその「万歳」ポーズですよね。おまけシナリオでの真の御姿(違)も凛々しいです。 あのシナリオは本気で裏シナリオの扉だと思いましたよ(苦笑)。

     桐山さんの描かれてますAugusticHolidayチラシは とらのあな広島店での配布を確認してます。東京開催だからウチはさすがに不参加ですが(その代わりに大阪へ)。

     ウチの御祝い絵は元が実は10月頃の描きかけだったのですが、その時はただ「月を見上げている」イメージだけでした。 先週の大雪がなかったら今回のとは別物になってたかも。ちなみに白河さんトコの福岡もでしょうけど広島は今、銀世界デス。

    (12/22 1:45)



  • 12月22日はミアのお誕生日なのです。
    ※当日は(今度こそメインヒロインなので)AUGUSTトップページのロゴに登場するはずです。
    ※『あけるり』通常版もこの日の発売です。
     で、本来なら明日22日の未明に御祝いなのですが…… 明日は22日発売最新作のコンシューマゲームとエロゲの準備がクリスマス商戦の最盛期とぶつかる格好となりまして、 激しく修羅場な予感。先月のように夜中の1時に歩いて帰宅する事態が想定されますので前倒ししてます。
     というか、明日の夜はまた雪だそうなので……帰宅途中で遭難の危機も!?(オチツケ)

     みんな麻衣!麻衣!って義妹の事ばかり口にしてて他の女の子を忘れ過ぎです!
     そんな満弦ヶ崎の界隈に「異議あり!」と唱えるべく、ミアを描いてみました。

     フィーナ姫と事故ってる達哉を見て「きゅ~」と気絶する姿(笑)も、 姫の過ちを誠心誠意ただそうとする姿も、姫とお別れする時の姿も、 ちんまいけど賢くて忠信でしっかり者というミアは好きですね。 『あけるり』でもミアの数々のイベントシーンは時々ロードして見てます。

    ※今回のミアは、今週末にでも先月のカレンさんと共にネットプリントを行いますね。
     それと今後の予定は…広瀬柚香も描きたいトコですけど時間が取れるかは(汗)。 1月3日の結せんせは、今度は新しいのを用意したいかな(去年までほぼ使いまわしでした)。

    (12/21 1:40)



| | トラックバック (0)

『夜明け前より瑠璃色な』通常版パッケージレポ (外観のみ)

・パッケージの表紙イラストは通常版告知チラシに描かれていたフィーナ姫
・パッケージは初回限定版のゲームソフト収納箱と同じタイプ。
・『瑠璃色クロニクル』も含めてそのパッケージに収納
・だから見た目よりも重量がある。
・既に修正ファイル02を適用済み。
※明日より販売開始デス。

 パッケージがどう変わるのか大変興味深いものがりましたが、 やはり想定内にある通り、初回版の箱部分だけのパッケージになりましたね。
 ただ、そうなると今度はパッケージの中での詰め込み具合なんかが気になります。

 しかし、毎度ながら冊子がビジュアルブックを兼ねてる(『あけるり』だけは冊子とマニュアルは別) 為に、規格的には同じサイズの箱なのに他のメーカーの作品と比べて重量がかなりありますね(笑)。
 去年の『ファンBOX』を手にした時は、その重量に圧倒されました~。

(12/22 0:00)



| | トラックバック (0)

『夜明け前より瑠璃色な』修正ファイル02を公開

 (AUGUST)
【修正ファイル01からの変更点】
・修正ファイルを適用すると、PageUp/PageDownが使用できなくなる不具合を修正。
・一部のCGを修正。

『夜明け前より瑠璃色な』通常版には既に修正ファイル02を適用済み。

“ミアの聖誕祭に間に合うようにしたのでしょうか?オーガストさん(笑)”
(August Doujin Data Base:Takashi Endoさんが12/22付にて修正適用レポ)

“ブラポッチンかな” (白河一族の野望:白河螢二さん12/21付) (参照 修正ファイル01レポ)
『夜明け前より瑠璃色な』修正バッチ公開(11/10)
『あけるり』イベントCGの修正を検証(11/11)
※あ、あれはアレは~~~えええっッつと、ななななんで気付いたのかなぁ。

 何はともあれ、これで修正の必要なイベントCGについては完了したのかも。 他になにかあります?

 それにしても、この修正の必要なCGの修正がある意味無難なポイントだったのは幸いです。 もしモザイク絡みだったら発覚即店頭から回収ですからね。
 そんな感じなので、差分管理とか色々、今後とも頑張ってくださいませ~。

(12/22 0:00)



| | トラックバック (0)

クレイズ 『藤枝保奈美』

 クレイズ 『藤枝保奈美』

(関連)
クレイズ 『藤枝保奈美』がもう店頭に並んでる!!

“24日に特別ゲストとして出演させる…。なんて虚しい事してたまるか!(おっ)
ええしません。絶対にしませんとも”
(August Doujin Data Base:Takashi Endoさん12/20付より)
※広島市内でも幾つかのショップで店頭に並んでるのを確認してます。

 ……MIAのアッシマーよりもデカそうなサイズでした。
もう少し小さいサイズかなと思ってて値段も3000円台 (琴乃宮 雪さんフィギュアを参考)かな~と定価も見ずに予想してましたら結構な値段です(汗)。

 現物はかなり好い物ですが、さすがに実際買うとなると置き場にも困りそうです。 年末年始のやりくりとか色々次第かなぁ。

(12/22 0:30)



| | トラックバック (0)

フィーナ、準備中?

 (淡色館:来島あわさん12/21付より)
『Y's』第1作目に登場する女神フィーナ
※素で姫の方かなと思ってしまいました(笑)。
『イース』シリーズではPC98版『II』の記憶の方が鮮明なので、 『I』の女神と訊いてもどういった役だったか忘れてますな(汗)。

 ちなみに「フィーナ」でググリますと製品名としては
『イース』
『夜明け前より瑠璃色な』
『ココルの森のフィーナ』(タイピングゲーム)
『フィーナ姫の特大抱き枕』
 アリアフィーナ (キッチン内装関連)
『ビフィーナ』(ビフィズス菌と乳酸菌を入れた植物カプセル)
といった順番となってます。更に検索の後の方を見てみると人名としては新旧で拮抗してるかも。

(12/22 1:45)



| | トラックバック (0)

島尾敏雄『死の棘』、「みなもの問い詰め」が600ページ分

 (RinRin王国さんより)
 さよなら絶望対決! 『さよなら絶望先生』vs『死の棘』

◎『死の棘』 新潮文庫
昭和29年9月から1年余りのあいだに島尾家に起こった出来事をもとにした、私小説

◎みなもの問い詰め
『Wind -a breath of heart-』でのあるイベント。
10分間の長きにわたってその恨み節を聞かされる。
※私小説という作家自身の実話・体験談がベースというだけでも驚きなのに、 悪夢のようなそれを再現するように小説をしたためた精神にも戦慄。

(12/22 1:45)



| | トラックバック (0)

PS2『デュエルセイヴァーデスティニー』も12月22日発売です。

 Alchemist
※メサイアボックス予約してます。
 当日は更に『パルフェ Chocolat second brew Re-order』 (戯画)も発売。財政事情が厳しいですが全て買う所存。

『デュエル』は原作(体験版も)未プレイですので、 あまりそういった比較に囚われる事無く楽しめるかなぁと思います。
 妙な力関係が掛かっていそうで余り当てにならないフ○ミ通の評価でも7~8と、 従来のエロゲ移植ものと比べて高評価です。やはり『バルドフォースエグゼ』と同じくACTがメインだからなのでしょう。

 さて問題は遊ぶ時間か(汗)。来週には『BSF』とPS2『おとボク』、 『ひぐらし』も控えてるし(ヒィ

(12/21 1:30)



| | トラックバック (0)

フィーナ姫とミアの目覚し時計

 (Faxiaさん経由、BB Games ToT コミケ69出展情報より)
冬コミ 西館452ブース

フィーナ&ミアのヴォイス入り目覚し時計 4500円

“ヒロイン・フィーナとミアが、録りおろしダブルボイスでアナタを起こす、目覚まし時計です!! 姫様&メイドさんと迎える魅惑の朝……一日の始まりが充実することうけあいです!!”
※その下には『つよきす』の鉄 乙女の目覚し時計が。
 癒され方って色々とあるんだなぁと実感(苦笑)。

 フィーナ姫とミアの目覚し時計で毎朝一夫多妻な気分を愛でたい方はどぞ~(マテ)。

(12/20 14:15)



| | トラックバック (0)

エロゲ評価2005年度に関して

 (独り言以外の何か:SU-37さん 12/19付 [認識] 点数評価と尺度)
《参照》
RE Vさんの日記5/12付 「今年のゲーム、など。」
今年度買ったゲームをリストアップして、年末のランキングに備えます(11/27付)
Amazon、2005年のエロゲベストセラー発表
※今年はなんだかんだで今年のエロゲランキングは年末ギリギリの予定デス。
『TH2X』でさえ積んでる現状なので、『パルフェRe』など12月発売タイトルは評価外となりそう(汗)。  去年12月に買った『麻雀』を繰り上げる代わりに今年12月のを2006年度に回した方が良いかなぁ。 『パルフェ』は初回版が今年だから、出来るだけ反映したいところです……。

 11/27付でも触れました様な感じで、2003年度のように今年も評価を進めます。 この形式でだと、一応総合評価だけでなく、 《シナリオ》などの評価についても残せるかな~と思うのです。
 なお、2004年度は時間の都合もあってその方法で算出しないままの主観重視な評価で出してます (04年12/23付)。

 個人的にはカテゴリー毎にランキングポイントを割り振ってから総合評価するこの方法は、 2003年総合5位だった『あした出逢った少女』を《シナリオ》等で1位と残せたように、 秀でている部分があるけど一部で他のタイトルが秀でてるが為に埋もれてしまう作品を、 部分的にクローズアップ出来ると思います。
 問題としては部分的な評価付作業の際に、 やはりどうしても相対的な感じで評価をしないと逝けない事ですね。 どっちかを選べといわれて困るっ事態とか。

 また、どこでも起こりうる問題としては、 当然ながら自分がプレイしたタイトルの範囲での評価なので、 それ以外の作品に付いては評価不能だという事でしょう。
 話題作だとされるタイトルをほぼ押える事は可能かもしれませんが、 全作品をプレイできる人が居たら、もはやそれは「神」です。
 当然ながら未プレイ作に評価をつけるってのはナンセンス。 やはり評価するならフルコンプして大まかにでも作品の全景は押えなければ。 更に作品の深淵に入り込み解析を試みると更に楽しめるかとは思いますけどね。


 作品の範囲の上でも評価ランキングの上でも総合的な評価付の仕方とすれば、 各サイトで出されたランキングを更に数値化して統計する試みとなるでしょう。
 毎年「輝け○○年ベストゲー!!」をされてる(今年も?) 発射オーライ!カメハメハァ~2号店のPetShopさんがこれまでされてますし、 2003年度はSnowly Summer:月臣なおきさんも統計されてます。
 これなら、個人評価の上位にあるタイトルは総合でも上位に食い込みられますし、 自分が未プレイでも他の方が評価されていれば反映されます。
 ただ、個人的な評価からの統計なので、好みから来る偏りについては避けられないでしょう。 だいたい偏りなんてのはメーカーファン単位だと思いますので、 その偏りの集団を出来るだけ広く集計できれば、そのバランスも取れるはず。

 販売本数ランキングに付いては……自分トコはやろうと思えば出来ますが、 それは守秘義務の範囲内という事で(汗)。本数的には『Fate/hollow』『あけるり』『TH2X』で間違いないんですが、 追加発注とかでの累積を見ると予断を許さないかなといった感じデス。
 先日でたアマゾンの評価に付いては、 ウチではそうでないのもあるものの思い当たる部分も多いですね。手軽にエロメインを買える点では通販は強いのかも。


※まだ自分の評価を出してませんが、先に触れた通り2005年度は個人的な予測では 『あけるり』と『ひぐらし』が1・2位を押えるのは確実かなと思う。
 カードゲーム部分など娯楽性で見ると『プリっち』、 『おとボク』も御伽噺的なストーリーは個人的に好かったです。
『さくらむすび』も深淵で見せた田舎ゲー的な因習絡みの部分が 『ひぐらし』の次に来るものがあるので、今年の数少ないプレイ済み田舎ゲーとして注目ですね。


※REVさんの食べ物を「どんな体調の時」に「誰が作った」のを「どこで食べたか」 という視点でのゲーム評価に付いてはなるほどと思います。
 ただ、『おとボク』がプレイしてて(早い場合)30分単位でゲームがフリーズする事や(『やるきばこ』の『シャマナシャマナ』外伝はそんな事が無かったのに)、 『プリっち』でカードバトル直前のロードの際に音が飛んでしまい対戦終了後に進行が止まる事とか、 一昨年の『夏少女』をお返しの締切が迫ったから足早にプレイしてしまったといったような、 ユーザー側の「どんな体調(環境)の時」については、 結局の所、それは共感を得難い(得られない)局地的なレアケースなのですから、 個人的には評価付で反映したくないかなぁ。
 それ言うと、 例えば旧マイパソで動いた『Quartett!』(2004年度第2位)が今のパソでは青い画面になる件について、 まったく正常な判定が出せなくなりますし。
 まあ、その2004年度での評価で第1位の『はるのあしおと』については、 総合的な評価の高さとは別に、 “これ見ずして事故死してたら冗談抜きで今年一番の大損をする所でしたよ(苦笑)” といった心情的な「どんな体調(環境)の時」的評価もしてますけどね。
 ともかく、ただの個人的な事情といった「全般的な共感を得る事がまず確実に出来ないような個人的な部分」 での評価だけは避けた方がいいかなと思います。

(12/20 14:15)



| | トラックバック (0)

« 2005年12月20日 | トップページ | 2005年12月25日 »