« 2005年12月22日 | トップページ | 2005年12月30日 »

2005年12月25日 (日)

役にたたないオーガスト対策 in ねとらじ
放送日時:12/24(土) 22:00~

 (August Doujin Data Base:Takashi Endoさん)
※ウチもなんか軽くご紹介みたいですが……どんなん感じなのか楽しみです。
 はにラジを聴きながら、放送開始を待ってます。

(12/24 21:35)



※7時間半の放送でした。お疲れ様です~。

(12/24 21:35)



| | トラックバック (0)

サンタさんリースでメリークリスマス♪

 (AUGUST トップページロゴ 24日・25日限定?)
ノエル=フランス語でクリスマス(の季節)の意
※というか……ゴス服をそのままクリスマスっぽくアレンジするって発想は万国共通なんだなと(爆死)。
 名前からの連想は、リース たん と呼ぶほうが定着してるからか、 または“リースリット”という言葉が初めて訊いた時に訊き慣れず、その意味を調べたりしたからか、 苗字に付いては灯台下暗しだったかもしれませんな。
 うわぁ帽子にも白いタマがちゃんと付いてます♪ 絶対さやかさんが準備してますよ、コレは(笑)。

(12/24 21:35)



| | トラックバック (0)

23日より『はにはにラジオ』第30回公開

 (はにはにラジオ)
 今回は橘ちひろ役のひと美さんを呼んで植物園で課外授業
※昨日の『デュエル』ネタでもそうですが……ちょっと情報の処理能力ががた落ちしてるので丸1日遅れです。 しかもよくよく考えたら前回の委員長のは1回聴いただけだった事に……それも体調最悪で内容さえ憶えてないというorz
 今回は24日22時からのラジオ前に聴いてます。

(12/24 21:35)



| | トラックバック (0)

ミアサンタさん

『夜明け前より瑠璃色な』より
ミア・クレメンティス

サンタさん、してみました。

※実は元々の左右はこんな感じデス(苦笑)
※23日に帰宅してから帽子だけ描き足してますが、 一応一連の作業を始める前からこのサンタver.までイメージ入ってましたです。
 なので、先のメイド服ver.でもサンタver.で赤くなる部分をどう見せるかに苦心してます。 メイド服にある肩の秘密のふくらみとかとか。

 っていうか本家本元のトップロゴでリースをネタに同じ事やられるとは(笑

(12/24 21:35)



| | トラックバック (0)

クレイズ 『藤枝保奈美』御購入報告が各所で

 クレイズ 『藤枝保奈美』

◎“なんか思ってたより大きい~”
(淡色館:来島あわさん)

◎“買えなかったら結構ショックだったかもしれないので、買えて良かった良かった…”
(Mini Chime:ちちゃいむさん)

(関連)
クレイズ 『藤枝保奈美』がもう店頭に並んでる!!
クレイズ 『藤枝保奈美』

※来島あわさん・ちちゃいむさんも御購入。

 臨時収入が入っても、ウチはやはりちょっと買うには躊躇してしまいます(汗)。 その代わり、先日手にしてみたときは正面下(笑)を含めて食い入る様に見てますね。  う~~ん、せめて2/3ぐらいのサイズだったらちょうど良かったんですけど。

(12/22 0:30)



| | トラックバック (0)

PS2『デュエルセイヴァーデスティニー』の特典で

 (Alchemistスタッフ日誌12/22付より)
“本日TAOちんが購入したメサイアボックスに入っているリリィさんで、 とんでもない発見をしてしまいました”
“リリィさんを組み合わせられるようなフィギュアがあったら皆さん教えてください”
※これを訊きまして、ウチではユージンSRシリーズの『ToHeart2』のイルファさんを載せてみました。 過去に出たこのシリーズのマルチの頭も使えるかもしれませんね。

 掲載されている写真には他のフィギュアも映ってます。 『やるきばこ』のチャイナ服瑞穂ちゃん(笑)に『Fate』のセイヴァーも。
“このソフトも最後まで難産で、 最後は納品日に運送屋のトラックが事故を起こし、 納品ソフト大破!!ぎりぎり対応という綱渡り状態でした”
※ここで明かされる、12月1日から12月予定に『デュエル』が急遽延期した真相。

 事故で~といえばつい最近も、 lightが12/9に発売した 『Dear My Friend Complete version 初回版』が輸送中の交通事故に遭ってます (参照)。

 この冬は20年ぶりの寒冬だそうで、 局地的に配達が出来なくなるなど高速道路閉鎖や豪雪的な積雪による混乱も起きてます。 また、広島市の平野部でも幹線道路が数センチ厚で氷結しました(見た事が無い!)。 近年になく雪絡みの交通事故が増えそうですので輸送業の方々には頑張っていただきたいです。
※発売日に『デュエル』買ってきました~。ナナシフィギュアやリリィSDフィギュアを飾ったりしてみましたが…… 肝心のゲームはまだ練習モードで感触を掴んでみただけです(時間が欲しい…)。

(12/24 0:00)



| | トラックバック (0)

コミック版『バルドフォースエグゼ』、3月号より短期集中連載

 (電撃大王2006年2月号巻末より)
 電撃大王3月号より掲載
 作画 矢吹 豪

※経緯がよく判らないんですけど、菊池政治さんと矢吹 豪さんのHPは一緒みたいです
※DC版をプレイした直後ぐらいに、ねこねこシュミクラムでミッションを実行しているカットを色々とイメージしてみましたが…… 多分実際に描くとそういったスピード感は激むずかと思います。 それに、ある種の並列世界的な分岐・枝分かれ構成なのが『バルド』なので、短期集中連載でどの程度描けるんだろう。  恐らくは今後予定されているOVAに向けたプロモーションと『バルド』への入り口的な役割をそのコミック版は負ってるのだと思います。

(12/24 2:30)



| | トラックバック (0)

コミック版『夜明け前より瑠璃色な』

 電撃大王2006年2月号
 脳みそホエホエさんによる第4話が掲載
※フィーナがやはり中心なのですけど、 薄々と菜月シナリオの布石を踏んでいる気がします。 恐らくは各ヒロインのエピソードを巧く取りこみつつ、なんでしょう。

 そ言えば今回は、月学の授業シーンにてフィーナ姫の母親・セフィリア女王の写真が登場してます。

 また、第4次オイディプス戦争初期に(地球からの?) 援助で作られた重力制御装置が地球への攻撃に使われた事、 そしてその攻撃を見たセルゲイヴィッチ・フィッツジュラルド連邦外相が憤死した事、 といった記述が『月学概論』教科書に掲載されている事も。

 国交断絶から2年後に第1次オイディプス戦争が始まっているのだから、 これはかなり短期間に第4次まで回を重ねていった事を示してますね。

 あ、重力制御装置という名前が登場している事にも注目です。

 月にもあるそれも地球側からの援助で建設
されたのだから、 行き来する手段は記録されてますよね。  ……っとなると、物見の丘にある塔がそれである事に気付かないし記録がない事って、 結構不自然。

 月が憧れといった存在ではなく畏怖すべき存在でもあったとしたら……。
 重力制御装置の存在と月が常に地球のどこかから見えている現実のもと、 地球は常に月からの攻撃を受ける危険性を帯びていた筈なのです。

 この辺りは考察する題材として良さそうですね……ま、そのうち。

(12/23 2:30)



| | トラックバック (0)

アニメ『シャッフル!』

※やべ、今回ちょっと涙出そうでした。
 一応コミック版の方で真相を見てるのですが、アニメという表現力というものを実感しますね。 数話前の『MONSTER』でニナが実はヨハンの変装であった事が明かされる瞬間も、 加減の入った絶妙な表現もあいまって鳥肌ものでしたが。

 しかし、今回の最後ってまだ亜沙先輩の辛いシーンが続くみたいで……ちょっとそのまま年越したくないんですが(汗)
 ↓
 多分来週(だから12/30未明)放映なので年内ですわ。それよりも次回が最終回……orz。
「神にも、悪魔にも、凡人にもなれる男」が選ぶのは、ここまで来るとハーレムではないみたいです。 一人の男として亜沙先輩の為に、か。

 プリムラ編の前半途中から黒楓編の終盤前までをビデオに残したまま見てないのでそういった印象なんですけど、 ネリネとリシアンサスの存在感があんまりないデスね。最終話でも亜沙先輩編をどう締めくくるのかが関心の的となってるので、 余計に出番が無さそうだし。このアニメの放映当初って、 この神王と魔王の娘たちのどちらか両方に収まるか、 一緒に居る楓を選ぶものだと多くは思っていたんじゃないかな。

 ともかく、各章(と一応区切る)単位で眺めると「見れてホントによかった」と思える作品です。 ただ、全体としてみると、稟の八方美人な振る舞いそのものをアニメも辿っていたのかもしれないですね。

(12/23 1:25)



| | トラックバック (0)

« 2005年12月22日 | トップページ | 2005年12月30日 »