« 2005年12月31日 | トップページ | 2006年1月5日 »

2006年1月 4日 (水)

オーガストロゴにお正月フィーナ姫が登場

 (AUGUSTトップページ)
 minoriでもトップ絵に宮村みやこ参上。
※minoriお正月イラストは一部のショップでも謹賀新年で店頭に掲示されてるんじゃないかなと思います。

 オーガストからの新年は去年も遅かったから1月中ごろでしょう。 minoriからは今年まだ届いてませんけどもうすぐかな(一応着弾報告はあがってるみたい)。

『あけるり』一色だった2005年のオーガストですが、今年は何を出されるんでしょうね。 そもそも次回作までの間をどうされるのか気掛かりです色々 (VFBとかノベルとか企画は出揃いつつあります)。

(1/2 0:45)



| | トラックバック (0)

『夜明け前より瑠璃色な』ノベライズ決定

 (嘘900:NEKOx2さん経由、 ハーヴェスト出版新刊予定より)
『はぴねす!』(ういんどみる)と共にノベル化決定
※原作シナリオの他、電撃G'sマガジンでも『あけるり』を書かれてる岡田留奈さんは、 『はにはに』ハーベストノベル版などをここで執筆されてますから、 もし今回のノベル版も担当なら、異例なぐらい原作の意図に近いノベル版が出来そうな気がします。
 ノベル版を担当されたらの話ですが(苦笑)。
 恐らくはフィーナ姫メインでしょうけど……他のヒロインとのシーンがあって欲しいような無い方が良いようなと、 ちょっと複雑です(ヌゥ)。

(1/2 0:45)



| | トラックバック (0)

GUNSLINGER GIRLとBITTERSWEET FOOLSの簡単な歴史

 (RE V の日記:RE Vさんより)
博物士:おおいしげんさん 12/28付より

博物士:おおいしげんさん
 リスト::舞台探訪も置かれてます(『あけるり』『はにはに』等)。
※手許に相田 裕さん・古我望さん合同誌『felice』(2002年12月30日発行)があるので少し捕捉です。

 そこに記述がありますが、正確には『ESPRIT PREVIEW』という有賀殊文(古我望)さんが出したコピー誌に 『BSF』と題した原点が収録されていて、 その同人誌『ESPRIT PREVIEW』がきっかけとなり相田さんと古我さんは知り合ったそうです。
 合同誌『felice』には原点の縮小版が掲載されてますし、初期企画資料とPC版資料等も収録されてます。 ちょうど親がイタリア旅行へ行ったりしてたので、 冒頭のフィレンツェガイドを見せたりしてましたよ(18禁部分は隠しながら)。

 イタリアといえば、今出てる『芸術新潮』06年1月号はちょうど 《大特集 シチリアの秘密 SICILIA》となってます。
『ガンスリ』ではシチリアが時々舞台となりますのでシチリアという舞台背景を眺めるのには良さそうですよ。

※古我望さんがRUNEに以前居て『ゆきのかなた』を書かれたと知ったのは結構最近だった様な気がします。
 KIRIKOさんが歌う主題歌“ 陽光(ひかり)を抱きしめて”が結構好きだったので作品だけは憶えてるんです(苦笑)。

『BSF』リパッケージ版は買ってパソコンの傍においてあります。時間ないのでまだ未開封です(汗)。

(1/2 1:40)



| | トラックバック (1)

『ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編』

※『ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編』(07th Expansion)を3日間で読了。

 ぶっ通しって訳でもないデスが(初詣とか色々)、ここまで短期間に集中して読み終えたのは久し振りです。
 意外といえば意外な真相というか……。ただもう幾つかのカケラが解き明かされないままその世界(竜騎士07さんの手札)に残されている気がしますな。
 ちなみにウチの推測は全くのハズレ。
 というかその推測に囚われたプレイヤーの疑心暗鬼も、今回やこれまでの雛見沢の舞台に漂う空気の一部だったという事かもしれないデス。
 ともかく、何はともあれ一応その疑心暗鬼は『皆殺し編』で払拭された? 今見える真実のみを手札に、『祭囃し編』を御待ちします。

 これについてのネタバレ解禁は半月まで控えますね。

 ただ……『パルフェ Re-order』が未だだから即答できないけど、これで『ひぐらしのなく頃に』は『夜明け前より瑠璃色な』を押えて《2005年度個人的ゲームランキング》1位に収まりそうです。
 また、これまでの因習絡みの田舎ゲーの中では『果てしなく青い、この空の下で』『痕』『水月』を越えたな、とは思います。

 この『皆殺し編』で制作側が強くプレイヤーに対して意図した要素があるのですが、その要素を同じく逆手にとった作品として『プリンセスうぃっちぃず』のシナリオ構成も評価を再吟味したいかな。具体的にいうとネタバレしそうなので触れませんが(半月の猶予)。

※とりあえず間に合うかわかんないけど、新年最初の更新を開始しますので。

(1/1 23:50)

| | トラックバック (0)

オーガスト 冬コミ通販告知

2006年1月9日(月祝)のお昼頃より受付開始

「オーガスト冬コミセット2005」
「『夜明け前より瑠璃色な』発売記念テレカセット」
※早くも冬コミ通販の告知が出てますね。
 祝日にお昼からなのは、平日だと帰宅してからの申込というタイムラグが生じる方への配慮でしょう。 サービス業には余り関係ないですが休みなんて(苦笑)。
 ただ祝日の御昼からという事なので……混み合いそうな予感もしますね。 一応いつ打ち切られてもいいようにお早めに動いた方がよさそう? (05年1/11付参照)

 発売記念テレカはドリパ大阪・東京で出されていたものです。 機会逃した方は興味ありましたら~。

 なお、サントラCDについては06年1月27日に一般販売予定です。

(12/30 22:10)



| | トラックバック (0)

2005年にウチがよく聴いていた音楽ランキング

※今年はいつも熱暴走して再生不能に陥っていたコンポを処分しまして、 この春に携帯できるCDプレイヤーを購入。 久し振りに耳元に音楽が欠かせない生活となってましたです。

 そんな感じなので、 ほぼ直感的ですけど個人的にこの1年よく聴いていた音楽をランキングしてみます。 今回は一応、個人的に聴き易いよう編集したCDを含むものとします。


第8位 Navel音楽CD 『Mirage Lullaby』 
 Special Remix Sound+α

  (雑誌『テックジャイアン6月号』付録)
※同じ曲のアレンジだけを集めた雑誌付録です。 これはプロモーションみたいなもので、後日、市販の製品版がリリースされてます。
 雑誌付録としてはかなり破格な内容で、アレンジも実に多妻です。
 結局予算の都合で製品版は買わなかったですが(w)。余裕あれば買ってたかな。


第7位 『オーガストファンBOX』 付属アレンジCD
※さすがに去年のCDなのですが、榊原ゆいさん効果でしょうか、割と今年もよく聴いてました。 ミニゲーム『プリぽん』のアレンジBGMなど特にリズミカルなアレンジが多いです。
 榊原さんの歌う“jewelry days”、“Grand Destiny”“ナイトメア”、 『プリぽん』レティシア姫BGM“active wind”、 『プリぽん』羽根井 優希BGM“ウェイトレス逆噴射”が今でもお気に入りですね。
“jewelry days”はウチが榊原さんファンとなった最初の曲です。


第6位 『バルドフォースエグゼ』 個人編集CD
 メガボックスの『MEGA-CD.EXE』のアレンジ曲に “Face of Fact(full ver.)”とfeelアレンジの『バルねこ』“Face of Fact(full ver.)”をプラス。

※“LOVE.EXE”を入れ忘れた事は結構痛いかも(苦笑)。出来れば『バルねこ』OPのヴォイス入りも加えたかったです。 『MEGA-CD.EXE』では、リズムの激しいLOOPCUBEのquadさんアレンジの“LOVE.EXE”、 めがてん細江さんの“トランスバイブレーション”、 幻想的な葉山さんの“ワイアードゴーストの少女”、天門さんの“たいせつなひと”が好きでよくリピートかけてました。


第5位 『はぴねす!』 個人編集
 ヒロインのキャラクターソング4枚と主題歌

※本体発売前のプロモーションが最も成功したと思う『はぴねす!』。 でもヒロインキャラソンって製品の曲には使われてなかったな(苦笑)。
 それぞれのヒロインと佐藤ひろ美さんが歌う5種類の主題歌“ZERO”、 歌手(!)の榊原ゆいさんが歌う“Catch Your Dreams!!”、 そして(当時は)初めて聴く声の方だったんですけど、歌手としても結構有望だと思う安玖深 音さんの “明日のキモチ”なんかが良かったです。
 今年の主題歌でランク付するとかなり好い線に行きそうですな。


第4位 『COLLECTIVE』 I'VE
※1位のDVDと被る曲が多い気がしてどうしようかと迷っていた為、買うまで時間を置いてました。 実際に重なったのはわずかでしたが。 もう少しパッケージでどの作品の曲なのか判れば決断早かったかも。
 それはともかく、先のDVDにも収録されていた曲はもちろんですが、 “Kiss THE FUTURE”(『未来にキスを』OP)、“IMAGINARY AFFAIR”(『こなたよりかなたまで』OP)など、 新たな良い曲にも出会う事が出来ました。


第3位 minori  個人編集CD
 Wind関係の『SERENE』、『はるのあしおと』サントラ『Solstcs』

※多分、夏コミ遠征の前に編集したCD。 それまでバラバラに聴いてたCDをまとめてみたんだと思います。 やはり『はるおと』のED曲は揃いで聴きたかったですし。
 プラスして“みなも問詰め”入りのLOOPCUBEさんのアレンジやら“ねこねこ天使ゆうな”も加えてます(笑)。
 夏コミ以降も時々聴いていましたが、 『はるおと』PS2移植発表以降はまた頻繁に聴き始めてます。先週なんかは聴きっぱなし?
『はるおと』では主題歌“春 feel coming spring”、和END曲“Be Catch”、 智夏せんせEND曲“素敵な未来を”ですね。
『はるおと』は元々挫折と成長という部分が強いので、 特に身に憶えのある人は結構凹む事があるかもしれません。 その分をそれぞれのエンディング曲が癒してくれます。日常への癒しにも効く。


第2位 『夜明け前より瑠璃色な』 個人編集CD
05年夏コミセットの先行BGM CD、初回特典アレンジCD『Biosphere 3』、
シングル『Lapis Lazuli』『Eternal Destiny』

※音楽的なプロモーション展開では実は『はぴねす!』よりもかなり出遅れた感が強かったのですが、 『オーガストファンBOX』でのアレンジCDという先例とは異なるアプローチの、 イメージCDに相応しいアレンジCD『Biosphere 3』や、 印象の強い主題歌・イメージテーマ曲が揃った事で、 半月連続でプレイヤーに掛かってる事もあったぐらいのヒットを出してます。
『Eternal Destiny』についてはフルver.が中心に置いた節についてはもう少しだったかなぁと思いながらも、 聴き心地のよい節々がそれを大きく打ち消したかなと。
 アレンジでは“Thrilling flavor”“蒼月のティアラ”“SUGAR★POP”“breezing summer” “Home,Sweet Home”がお気に入りです。


第1位 《I've Sound MANIAX サウンドムービー》
  プロモムービー集

 (テックジャイアン2005年5月号 付録DVD-ROM)
『V.G.NEO』『燐月-リンゲツ-』『あねいも~アイとHのステップアップ~』
『ショコラ~maid cafe"curio"~』『パルフェ~ショコラ second brew~』
『ラズベリー』『恋愛CHU! ハッピーパーフェクト』『IMMORAL(インモラル)』
『ラストオーダー』『真説 猟奇の檻』『プリンセスブレイブ! 雀卓の騎士』
『プリンセス・ブライド』『DOOP ADVANCE』『家族計画~絆箱~』
『学らぶ~わがままなポニーテイル~』
『巫女舞~ただ一つの願い~』(OPバージョン)
『巫女舞~ただ一つの願い~』(EDバージョン)
『姉、ちゃんとしようょっ!2』『カラフルハート~12コのきゅるるん♪~』
『カラフルキッス~12コの胸キュン!~』『BALDER FORCE EXE』
『失格医師』『デュエルセイヴァー』

※夏コミ原稿編集やら更新作業中やらで、PS2のDVDプレイヤーで頻繁に流してました。 多分、この選曲の良さがかなり神がかっていた事が大きいかと思います。 どれだけ選曲で優れているかというと『COLLECTIVE』をすぐに必要としなかったぐらいです。
『燐月-リンゲツ-』『ショコラ』『パルフェ』『IMMORAL(インモラル)』『プリンセスブレイブ!』 『プリンセス・ブライド』『巫女舞~ただ一つの願い~』『BALDER FORCE EXE』 『デュエルセイヴァー』などお気に入りなのも多い。

※余りそこまで縁がないかなぁと思っていたI'veサウンド関係が予想外の上位です(笑)。

 また、今年は榊原ゆいさんが一気に台頭したかなっという印象もあります。この方は歌い方が上手いですよ。声優というよりも歌手というイメージが強いです。
 個人的には安玖深 音さんも、“ZERO”の歌い方で榊原さんと肩を並べそうな感じでしたから、今後とも注目していきたいかなと思います。

 今年後半では結構仕事で疲れる事も多かったから『はるのあしおと』の曲には、朝に気合を、帰りに癒しを、と大変助けられましたな。 『あけるり』アレンジCDもそういった意味ではフィーリング的なCDにもなったかも。憑かれてるねぇ。

(12/31 21:45)



| | トラックバック (0)

2005年の反省会

※今年の積みゲは……数えるのは止すか(苦笑)。
 なんか結構買ったような気がしますが、どうかなぁ。

 去年は後半に家庭内でオタ弾圧状態に陥って結構肩身の狭い思いをしてましたが、 それと平行して仕事ではエロゲ担当となっておりました(苦笑)。 ココで触れたのは春頃だからネット上では半年間は隠してたのかな。家ではコンテンツ産業してると説明してます(マテ)。

 初年度の成長はオープン時の倍ぐらいですから、狭いコーナーなりに頑張ったかな。 ただ、まだまだ発注とかでは難しい事が多いです。 市場の中で売れるジャンルとかのカテゴリーの分析も、 日々販売状況を見ながら検討しているといったように、まだまだ手探りです。

 しかし、それまではただのユーザーだったのがいきなり業界の一角に立たされたというか……。 ユーザーからは知る事のない部分とか守秘義務的な部分とかにも接する機会が増えましたので、 色々と勉強しております。
 あ、とりあえず日記で出せる情報は、店頭で配布できるような状態のモノまでですので(汗)。

 2005年全般を通してみると、自分の興味のないジャンル(触手とか)が結構売れていた事に驚いたりと、 知らない事が多くあったかなぁ。
 結構有名な原画の方が関わってる作品がそんなに売れてなかったり、 しかも次の作品もその次も…。あと、シナリオ重視だったりするとちょっと売れ行き鈍かったです。
『つよきす』とか『姉、ちゃんとしようょっ!』シリーズの人気は実際扱ってみて初めて知りましたね。
『Fate/hollow attaraxia』はやはり今年最大のお祭りでした。ウチの年間売上げランキングでも問答無用の1位です。 予約特典テレカ効果があったので身の丈に合わなくなるくらい大変でしたよ。

 担当する前からファンだったオーガストの最新作『夜明け前より瑠璃色な』を発表当初から告知して、 販売まで行えたのも結構貴重な体験でした。 正直、ファンサイトみたいなのをしてて、 そのジャンルの同人誌とかを(一応)描いてる人間が扱って良いものなのか、私情挟み過ぎないか、 それなりに悩んだかな。ともかく初回版完売しました~。

 仕事に関しては、2006年からはややエロゲ関係で本部的な仕事も任される予定となってるみたいです。 イベントとかも誘致してみたいですが……まだその域には届かないレベルですな。狭いしデモ機もないし。別に小さなスペースはあるけど。
 ともかく、まずは(デモ機設置許可が出るぐらいの)平均売上げに届く事を目指して頑張りたいと思います。
 コンシューマ・ギャルゲ関係のデモ機とか販促とかについても、引き続き担当していきます。

 なお、やはりその勤務先などの情報についてはウチの都合というか守秘義務事項扱いです。
 またniftyでは商行為について制限を課してますので、ここでは宣伝も出来ません(苦笑)。

 次に同人関係。
 2005年も夏コミで新刊とコピー本出せました。 ですが……新刊は結構在庫があってどーしようかと小一時間。 来年はもう少し数を絞って見ます。その分ページ増やすとか、種類増やすとか?
 2006年は夏コミの他、7月のAugust Festivalにも参加するつもりなので、 同人関係ではもっとレベルアップを目指したいと思います。いやこれから模索するトコですが(汗)。

 一応、『ミア帝国の逆襲(仮題)』とかいう感じのを構想中デス。 多分、『今日のあけるり』というシリーズに(w)

 で、それで2006年からは日記の更新を控えめにしようかなと思います。 なんせ、ここ数ヶ月でさえ仕事から帰宅して更新してたらもう眠かったり、更新し切れないまま寝てる状態が続いてましたからね。 そんなので同人関係なんて出来そうにないデス。

 2005年にお世話になった方々、今年はありがとうございました。
 来年2006年もよろしくお願いします。

(12/31 23:40)



| | トラックバック (0)

« 2005年12月31日 | トップページ | 2006年1月5日 »