« 2006年1月12日 | トップページ | 2006年1月14日 »

2006年1月13日 (金)

痛みを知らないツンデレが嫌い。優しいツンデレが好き

(独り言以外の何か:SU-37さん経由、 おふらいんver2さんのコラム)
“口では悪く言っても、人一倍お人よしで気を遣ってしまうのが「やさしいツンデレ」の特徴。 沢近(『スクールランブル』)は「やさしさ」と「かわいさ」を兼ね備えた最強のツンデレ。人気があるわけです”
“「善意を隠したい」って意図で皮肉を言ったりします”
 (おふらいんver2さん)

“好意だけじゃなく、優しさとか、思いやりとかも含め、 人間の心のあり方として美徳とされるもの全般を、あえて表に晒さないようにするというのが、 日本人の持つ謙譲を美徳とする精神にマッチするんじゃないかな、と”
ツンデレ賛歌は人間賛歌、ツンデレの素晴らしさは恋心の素晴らしさである
 (好き好き大好きっ:YU-SHOW さん1/12付)
※これで“「ツンデレ」な厳島貴子さんが可愛く見えるのは間違ってる!?” と小一時間問詰めてた悩みが解消しました……。
 ただ、この記事見る前には薄々気付きかけてましたが。

 先日、『パルフェRe-order』1周目(雪乃明日香)をした際に 「2005年のツンデレヒロイン」の一人と呼ばれたカトレア(花鳥玲愛)のイベントにも触れてるのですが 「ツン」がもう少しキツイ事を予想していたけど早々に「素直でない部分」「気を遣ってる部分」 が垣間見えてました。思った以上にガードが緩いみたいですけど、 カトレア・シナリオではどうなるんでしょうか(今後、雪崩式に崩落していく姿が楽しみ)。

 という事で、ウチのイメージでの「ツンデレ」はこの方。

ツンツン 冬 貴子→デレ デレ 冬 貴子→プク プク 冬 貴子

 もう一人の「2005年のツンデレヒロイン」、 『おとボク』(キャラメルBOX)の厳島貴子さんの場合、 素敵な鼻血姿の印象が強烈過ぎ(爆)。
 まあその認識(厳格なイメージがどんどん崩れていく御姿)が既に間違い……なのかな。

「デレ」ってもうその相手をある種の特別な関係と意識してるレベルじゃないかな。

 つまりは、今回注視された「デレ」とは普段の厳しさの中に存在している「優しさ」 という要素で、それは実は普通な事(日本人の持つ謙譲を美徳とする精神)に過ぎません。
 現代社会において、その「普段の厳しさ」が周りよりも突出つしていたり、 気の緩みきった世間の空気への抵抗が、「ツン」と思われてる実像なのでは。 特段に内外に厳しい人もいるかもしれません。
(と言っても自分の知る範囲は貴子さんの他は、 『はにはに』秋山文緒委員長・渋垣茉理、『はるのあしおと』藤倉 和、 『学校を出よう!』光明寺茉衣子、『ボクのセカイをまもるヒト』津門綾羽紬と極めて狭いんで……)

 そして(その「ツン」な人にとって)ごく普通であったはずの要素を自覚無自覚に関わらず特定の相手に対して向けたり、 意識して制御しようとするレベルに至り、 その「ツン」な人がもう溢れんばかりの状況にまでパニくったモードが 「デレ」の領域なんだと思うんです。
 別の視点から見るなら、相手に(更には周りにまで)その溢れた感情が隠せなくなって、 厳しいだけな第一印象が崩落する様ですな。

(1/13 13:10)



| | トラックバック (0)

2005年のエロゲセールスランキングのサンプル

Getchu.com PC館セールスランキング

1 To Heart2 XRATED 初回版
2 Fate/hollow ataraxia 初回版
3 夜明け前より瑠璃色な (CD版とDVD版)
4 つよきす
5 _summer
6 はぴねす!
7 Tick!Tack!-Limited Edition-
8 智代アフター ~It’s a Wonderful Life~
9 スクールデイズ
10 秋色恋華
11 ぱすてるチャイムContinue
12 らぶデス~Realtime Lovers~
13 家庭教師のおねえさん~Hの偏差値あげちゃいます~
14 AYAKASHI アヤカシ
15 ぱすちゃC++
16 七人のオンラインゲーマーズ~オフライン~
17 プリンセスうぃっちぃず
18 Nursery Rhyme-ナーサリィ☆ライム-
19 鬼神楽 特別版
20 マジカルウィッチアカデミー~ボクと先生のマジカルレッスン~

20位以下は
『CLEAVAGE(クレイヴィジ)』『みらろま』『冥色の隷姫』『炎の孕ませ転校生』 『姉汁~白川三姉妹におまかせ~』『デュエルセイヴァー ジャスティス』『GALZOOアイランド』 『カスタム隷奴III』『魔界天使ジブリール-episode2-』『パルフェ~ショコラ second brew~』


Amazon.com アダルトPCゲーム 2005年のベストセラー

1 Fate/hollow ataraxia 初回版
2 人工少女2
3 Fate/stay night 通常版
4 ぱすてるチャイム Continue
5 スクールデイズ
6 家庭教師のおねえさん~Hの偏差値あげちゃいます~
7 マジカルウィッチ アカデミー ~ぼくと先生のマジカルレッスン~
8 つよきす
9 夜明け前より瑠璃色な 初回版 (DVD-ROM版)
10 バトルレイパー 2 ~THE GAME~


◎一地方の某ショップ (05年4月~06年1月第1週)

1 Fate/hollow ataraxia 初回版
2 To Heart2 XRATED 初回版
3 夜明け前より瑠璃色な (CD版とDVD版)
4 つよきす
5 冥界の隷姫
6 _summer
6 バトルレイパー2
6 GALZOOアイランド
9 ショコラ Reーorder
10 カスタム隷奴III
11 ぱすちゃC++
12 ダンシングクレイジーズ
12 デュエルセイヴァージャスティス
14 鬼医者 standard edition
15 英雄×魔王
15 みらろま
15 魔王と踊れ!

※18位は『淫妖蟲』『魂響』『クライミライ3』『らぶデス』
 22位には『家庭教師のお姉さん』『牝奴隷』『輪罠』『はじめてのおいしゃさん りにゅーある』 『智代アフター初回版』『脅迫2』『シャングリラマルチパック』『鎖』『絶対服従命令』 『あやかしびと初回版』『DEAR MY FRIEND Complete初回版』 『夜刀姫斬鬼行』『ナーサリィ ライム』など
 2~3位の間に『Fate/stay night 通常版』
 5~7位の間に『姉、ちゃんとしようよっ!2』
 18位に『バルドフォースエグゼ 廉価版』『姉、ちゃんとしようよっ!』、 22位枠には『巣作りドラゴン』『月は東に日は西に 通常版』も

※amazon.coのは『ToHeart2XRATED』発売直前の発表だったので、12月期が反映できてません。
 某ショップについては……先の2ショップとだいたい似てるかな(挙がってるタイトルとか)。 ほぼ全国区に合ってこっちに挙がらなかったのについては、 (流通の違いの他は)単純にウチの発注の読みがダメだったって事ですね(汗)。

◎1位はもう発売前から予想してましたけど、 減る度に継ぎ足して山積みにしてた所為で減ってないと思っていたのか、 予想外に『ToHeart2XRATED』が健闘。何気に去年のPS2版よりも売ってました(発注数もそれを参考)。 発注数でも第2位でしたから当たり前なんですけどね。それに予約も結構入ってましたし。

◎『夜明け前より瑠璃色な』は市内でも結構出回っていたと初回限定版の早々のロットアップで継ぎ足せませんでした。 テレカの有無の配分ももう少し上手く分けたかったです。

◎4位の『つよきす』もですが全タイトルで集計した場合5~7位の間にくる『姉、ちゃんとしようよっ!2』と、 18位に含まれる『姉、ちゃんとしようよっ!』をリリースした「きゃんでぃそふと」は、 自分が余り知らなかったこともありまして、2005年では大変躍進した印象があります。

◎SLG系のソフトもACT系も結果を出してるタイトルが多いですが、思った以上にスペックの高いソフトが売れてました。

◎『ショコラ Reーorder』はAlchemistのPS2版デモ(PC版のムービーは無し)をPS2コーナーで流して作品紹介を掲示したのがきっかけで売れ始めたタイトル。 定番化したと思ってましたがちゃんと結果も出てますね。

◎『_summer』『デュエルセイヴァージャスティス』は予約キャンペーンがセールス数を促してます。 予約がまとまって入り始めたのもこの7月頃からでした。

◎『ダンシングクレイジーズ』は、04年の夏コミで御隣のスペースだった佐々木珠流さんが原画のタイトルです。 2005年ロットアップの『巣作りドラゴン』も補充する度に売れていたタイトルでした。

 人気メーカーのタイトルが上位を占めた他は、 SLG系のようにすぐに結果の出るようなソフトや期待するビジュアルを手軽に見れるようなソフトが売れてました。 その反面、シナリオを重視する傾向の強かったタイトルは苦戦してましたね。
 デモ映像の宣伝効果については、店頭で流せない(デモ機が無い)ので影響に関しては計りかねますな。 でも、やはり映像による効果が高いと自宅とかイベント等でムービー見てて思うので、 今年度には設置したいんですが店長……。
 それと……“自分の好みと需要は一致しない”。当たり前ですが結果として改めて認識。

(1/13 15:40)



| | トラックバック (1)

« 2006年1月12日 | トップページ | 2006年1月14日 »