« 2006年1月25日 | トップページ | 2006年2月3日 »

2006年1月29日 (日)

雑記

※珍しく携帯からブログへ〜。

※ついこの前『Re-order』終えたばかりの全くの新米丸戸ファンの分際で『パルフェ』移植への小言を書いてましたが、つまりは期待してますという事デス。

※今日は雑誌買えないですな。発売日が遅いんで。

※表の更新を毎日保管庫に移す習慣さえ身に付けば、雑記をこちらメインにしたいです。ただ、こころぐの編集ページが頻繁にブラウザフリーズを起こしてる現状では、表で書いたのをコピペした方が書きかけをフリーズでロストするリスクは回避できます…。

| | トラックバック (0)

オーガストもいろいろ水面下で進行中らしい

 (Mini Chime:ちちゃいむさん1/28付より)
“近日ご案内予定&いろいろ水面下で進行中です! …だそうで。 「今までと少し違った形でのお披露目」 とのことですが、何を企んでいるのやら?”
※『あけるり』関連をコミック版、VFBとノベルとドラマCDだけで終わらせるとは思えませんからね。 やはりコンシューマ移植なんかが思い浮かぶのですが、はてさて何が飛び出すやら。
 ストーリーの終着点が明確である以上、アニメ化なんかも簡単に予想つきますが、 「今までと少し違った形でのお披露目」と言うからには、それとは全く異なるって事かな。

『あけるり』ラインとは別のラインがついに表舞台に現れるという線もありうる?

(1/29 1:20)


| | トラックバック (0)

アルケミストは来月に何か新作を発表予定とか

 (Alchemistスタッフ日記より)
※現在発表済みは06年春発売予定のPS2『はるのあしおと』のみ
 (PS2『バルドフォースエグゼ』廉価版も)

(関連)
“まずは、“甘~いソフト”甘いチョコレートのようなタイトルを発売予定。 その後は“癒しな感じ”、それから“怖い”のがあって、冬にもう1本発売予定。 それから、オリジナルタイトル1本今年中に企画して来年の発売を目指したい”
 (MOON PHASEさんの雑記1/28付、電撃G'sマガジン最新号レポより)
※『あけるり』の線も個人的には濃厚な気もしますが、MOON PHASEさんも『パルフェ』を予想。 PC版プレイ前ならウチも単純にプッシュしたかもしれません。
 でも実際プレイしたウチとしては、クリスマス以降は濃厚イチャイチャの割合が多かった気もするので、 そういった18禁シーンの差し換えの手間が大変な気もしてます。 カットして朝チュンだとかなりスカスカになりそう。ともかく、 そういったボリュームの肉付が違和感なくなされることがハードルかな。
 あと肉付けと言えばクリスマスより前についてもです。
 数日置きに行き先を選択してそこでのイベントを踏んでいくのですが、 感覚的にAVGのようにストーリーを追うというよりも、 ストーリーのカードを集めている、に近いんですよね。
 特定のヒロインを追う場合、日時的には結構間が空いたりする事も多いからか、 作品への満足度の高さと同時に、ストーリーの間が多少スカスカに感じてました。
(まあ、このボリューム感覚についてはまさに絶妙と言ったところですので)

 一応、PC『パルフェ Re-order』で使ったコーナー素材やポスターは残してますよ(苦笑)。 もちろん『あけるり』のもね。『はるおと』は去年末に届いたPS2版の配布物とかポスターを既に展開してます。

(1/29 0:50)

※それと、今年もこの春に《アルケ祭り》を開催だそうです。 いやどうせ帝都で開催だろうからウチは逝けそうにないですが(苦笑)。
 その場でもまた何かどでかく発表するんでしょうね。

(1/29 0:50)


| | トラックバック (0)

『Lunar Passport』が発売中です。

(AUGUST)
 夜明け前より瑠璃色な 音楽集CD
  『Lunar Passport』 1月27日発売 (PCソフト取扱い店(一部除く)
※ショップによっては(音楽系CDを取り扱えないなど)諸事情により入荷がないお店もあるかもしれません、ウチんとこみたいに。

 ともかく、ついに店頭発売です。 ミニポスターも冊子も封入された冬コミ先行販売と同じ仕様なのでスフィア王国の威光を更に広められそうですね。

(1/28 11:30)



| | トラックバック (0)

『さくらのさくころ - はるのあしおと Pleasurable Box』

 (minori)
2006年春発売予定
 ジャンル | インタラクティブ・ノベル+ETC+DVD-VIDEO
 フォーマット | Windows用DVD-ROM / DVD-VIDEO

◎『はるのあしおと』の外伝的/後日談的な物語を収録した、ショートストーリーパート
◎オリジナルアニメーションパート
◎『はるおと花札』
◎いろんなアクセサリー集

【参照】
 テックジャイアン02年3月号 記事
(その1 その2)
※ゆづきが和と念願の~なファンディスクの正式タイトル&詳細情報追加があがりました(電撃姫最新号に発表があった模様)。
 問題の外伝・後日談の他、どんな感じになるのか期待中のアニメ、 『ef』イラストも収録のアクセサリー集なんかも入るそうなのですね。

 智夏せんせの制服姿が……そのまま教室に潜り込んでもあおい先生が(面白がって)スルーしていそうだな(苦笑)。 学生時代なのか後日談(!)なのか……どちらでもOKデス。

※入手してたチラシだけはコーナーに展開してますけど、 もう少し素材が揃ってきたら2月より少しずつ展開規模を広げたいです。正式タイトルが出た事で、 予約券は準備出来そうですね。
 自分の予算的には4月頃発売が希望かなぁ(汗)。3月は2本確定でキツキツ……。

(1/28 11:30)



| | トラックバック (0)

『コンプエースvol.5』 べっかんこうさんインタビュー

◎描き下ろしピンナップ付き(同じ絵のテレカ通販も)

◎《Artist pick up! vol.2》 べっかんこう

ペンネームは大学の先輩がつけたもの。
◆“初めてお仕事をさせていただいたのは、『まじかるアンティーク』のコミックアンソロジーでした。 (中略)その後は『バイナリィ・ポット』で原画を描くまでお仕事で絵を描くことはありませんでした”
◆“(絵の仕事ではなく)エンジニアをめざしていたはずなんですが……”
◆“うまい人の絵を参考にしたり、描いた絵を人に見てもらったりして、独学で少しずつ技術を身につけました”
“ただ見るだけではなく、いかにして自分にフィードバックするか、という意識をもって作品に接することが大事だと思います”
◆“(好きなものを強いて挙げるなら)「めがね」と「メイドさん」でしょうか”
“委員長タイプのめがねメイドさんがめがねのずれを直しつつ怒ったり照れたりすると良い感じです”
◆“ピアの名付け親は僕なんですよ”
◆“(ファンBOXでは)『はにはに』の委員長こと秋山文緒をたくさん描けたのも良かったです”
◆“麻衣は最初は大き目のリボンをつけたもっと幼い雰囲気でしたが、最終稿では微妙に色気を感じられるようなキャラに”
◆“(次回作は)現在いろいろと仕込んでいる最中です”
◆“(挑戦したい事では)小説の挿絵やオリジナルのイラストのお仕事など、できる限り積極的にやっていければと思います”
◆“(今年は)少しずつでも前身を続けられるように努力していきたいと思います”
(一部を抜粋 本文はもっと色々と3ページ分)
※『まじアン』アンソロが初仕事というのは以前にも挙がってましたね(吉田 創さんやむねさんのがあったから持ってましたよ)。
 にしても、強いて挙げるなら~と控えめな振りして思いっ切り自分の大好きなポイントを詰めこみ、 演技指導も加える辺り、「めがね」「メイドさん」スキーというのはかなりの筋金入りの様です。
 オーガスト以外でのお仕事については、今後の動きに注目でしょう(あくまでも時間が取れたらというニュアンスでしたが)。

 3ページですが思ったよりもインタビューのテキストが掲載されてました。 誌面通販テレカも700円(手数料別)と他の雑誌も見習って欲しいお値段ですし、 『コンプエース』vol.5は結構いい感じかな。
 ……『すすぬ!』が2号続けて掲載なしですか(涙)。

(1/28 12:00)



| | トラックバック (0)

コミック版『Canvas2』のあれこれ反応

『コンプエースvol.5』の特典冊子『Canvas2 トライアングルシーズン』

◎児玉 樹さんのこれまでの関連カラーイラスト14点
◎番外編・第5話が収録
◎コミック版のキャラクター紹介
◎エクストラ・シーズン第1話を収録
◎広島では未放送のアニメ版のカラーイラスト8点
◎アニメ版のストーリーガイド
◎アニメ版ビジュアル設定資料
◎キャストからのコメント
◎PS2版『Canvas2』の紹介
 (全148ページ)

(関連) 児玉 樹さん
※ここ数ヶ月は読むだけで手一杯で全然取り上げてませんでした(汗)。
『少年エース』連載の方では、主人公の浩樹と柳慎一郎の過去の確執が和解へと至った前話(2月号)の後ですが、 わだかまりが解けた後にも関わらず、浩樹自身は前進できないでいる……。
 そして遠く彼方では、エリスと浩樹の知らない場所で、この二人に関わる“留学”というお話が。

 エリスの母親がアンナというんだそうですが、そのアンナの母親は撫子学園パリ校の理事長だそうで。 原作を知らなかったけど留学するという話は知ってましたが、 単純にエリスの才能があって留学が決まったという訳でもないみたいですね……死んだ娘の唯一の忘れ片身を取り戻す為…か。

『コンプエースvol.5』の特典冊子『Canvas2 トライアングルシーズン』に掲載の番外編・第5話では、 サイドストーリー的な賑やかな内容だったりする訳ですが、 キーパーソンとしてそのエリスの母親、今はなきアンナの写真が出てきてます。
 この写真を思う浩樹の視線は、 これまでのエリスとのやり取りを思うと色々映り重なるものがあるような気がしてきますね……。

 この冊子は結構なボリュームです。掲載されているコミックの重要性もだけど、 ファン必須だと思える内容ですね……広島でも放映があれば良かったんだけどな。
 ちなみにPS2版は先日発売となってますが、勤務先では全て予約で埋まり店頭販売分なしと言った状況でした(ウチは予算的に買えず)。

(1/28 12:40 『コンプエース』vol.5にも『すすぬ!』掲載なし……)



| | トラックバック (1)

PC-NEWS 2005年 年間セールスランキング

 (いまが堂:いまがさんより)
《PC-NEWS 2005年 年間セールスランキング》

 1 Fate/hollow ataraxia TYPE-MOON 154015
 2 ToHeart2 XRATED Leaf 110393
 3 夜明け前より瑠璃色な オーガスト 68599
 4 智代アフター It's a Wonderful Life Key 49226
 5 ぱすてるチャイムContinue アリスソフト 41456
 6 つよきす きゃんでぃそふと 36867
 7 SchoolDays Overflow 32278
 8 _Summer HOOK 30010
 9 Fate/stay night TYPE-MOON 28557
 10 はぴねす! ういんどみる 28370
 11 GALZOOアイランド アリスソフト 26776
 12 Tick!Tack! Navel 26395
 13 冥色の隷姫 エウシュリー 22907
 14 DuelSaviorJUSTICE 戯画 22906
 15 プリンセスういっちいず ぱじゃまソフト 21679
 16 七人のオンラインゲーマーズ オフライン GJ? 21230
 17 塵骸魔京 Nitro+ 20864
 18 Tears to Tiara Leaf 20164
 19 らぶデス Realtime Lovers TEA TIME 20018
 20 処女はお姉さまに恋してる キャラメルBOX 19408
 21 秋色恋華 PurpleSoftware 19397
 22 AYAKASHI CROSSNET 18353
 23 ぱすちゃC++ アリスソフト 18071
 24 家庭教師のおねえさん アトリエかぐや 17857
 25 マジカルウィッチアカデミー アトリエかぐや 17756

(参照)
 ・Getchu.com PC館セールスランキング
 ・Amazon.com アダルトPCゲーム 2005年のベストセラー
 ・一地方の某ショップ (05年4月~06年1月第1週)
※だいたい、ウチの勤務先のと同じ感じかな? それにしてもエラく具体的な数字だ。
 1.7万本台が25位と来てますけど、1万本以下にくるタイトルが何位になっているのかが気になるところです……。

※こうして幾つかのランキングを比較すると、 アマゾンでアトリエかぐややイリュージョンのが上位なのは、 店頭売りではなく通販だからと言う強みが反映されてるという特徴なんかが見えてきますね。
 それと、『つよきす』『冥色の隷姫』という自分がこれまで馴染みなかったメーカー様のタイトルの牽引力も、 ランキングからも見えてくるなと思います。
 その『つよきす』と『SchoolDays』の場合、発売前後の口コミ的な広がり方も販売本数を引き上げたかもしれません。

(1/28 0:30)


“一応、お約束だけど、上記の数字は、あくまでもある会社が発表した「ポイント」で、 出荷本数とか売り上げ本数と、イコールではない”
 (RE V の日記:RE Vさん 1/27付 エロゲの販売数)
 →2000年から2005年までのPC-NEWSによるランキングも
※イコールではないのかぁ(一応、全ての流通数を把握しているかは疑問に感じてたが)。 順位的な部分だけはこの順番なんでしょうけど。

 複数年のを比較すると、『Fate』の存在の大きさを改めて実感。
『stay night』が2004年の1月発売にも関わらず2005年でも第9位に入る、 つまり2年連続ランクインなんてここ数年、例がない事なのかもしれない。

(1/28 1:00)



| | トラックバック (0)

ソフマップギガストア広島店撤退

※昨晩は27日発売のエロゲ新作準備とかで帰宅が遅くなっちゃったのですよ。
 それで今朝早起きして更新しようと思ってましたが……起きれずorz
 仕事から帰ってきたら『コンプエース』も買って帰る事だしなにか更新してます。

 ソフマップギガストア広島店撤退については、広島のオタアイテムの牽引役のひとつであり、 イベントを誘致するなどしていたので、今後も期待していたのですけど(去年の縮小が大変気掛かりだったが)。
 この撤退の決定は、諸事情が絡むとのことですが、大変残念に思います。
 自分にとっては、カードスペースがあった頃ですが、リーフファイトTCGの大会に出たり、 そのオリカを描こうと思ってイラストを描き始めたり、色々な方と出会った場でした(大学から戻ったばかりでそれまでは交友が少なかったので)。 その機会がなければ、今の自分はなかったです……。

(1/27 7:30)


 そいえば、PS版『To Heart』のマルチの絵を描こうとして「人の形」にならなかった(ナスカの地上絵?)現場もソフマップ広島店。 絵を描かない事を決意したのもそこ、トレースしたのを改造する事を繰り返し、 自力で描き始められるよう練習したのもそこでしたな。
 コピー本『アニメ版ToHeart事典』の何部かもそこで製本してた(マテ)。

 ほんと、メロンやとらが進出する前まで、 そこが広島の(トレカ関係が中心の)オタク層などが集うコミュニティの場でしたよ。
 カードスペース撤退後、そのコミュニティも次第に散開して、それで今の個々に散っている状況になったかと思う。

(1/28 0:30)



| | トラックバック (0)

ちちゃいむさん 『コンプエースvol.5』レポ

 (Mini Chime:ちちゃいむさん1/25付より)
“オリジナルイラストのピンナップを始め、3ページに渡るインタビュー記事が”

 コンプエース vol.5 1月25日発売
※明日には手にはいると思うよ、ウチも。
 オーガスト作品へのコメントが数行ほどという事なので、 それはそれで面白いお話とか初めて訊くような事とかを伺う事が出来るかもしれませんね。

(1/25 22:10)



| | トラックバック (0)

« 2006年1月25日 | トップページ | 2006年2月3日 »