« 2006年3月24日 | トップページ | 2006年3月31日 »

2006年3月26日 (日)

リセ バージョン オーガスト1.0 (その2)

 (リセ 専用ページ)
(関連)
参加絵師リスト(犀の目ぶろっく)

(購入っぽい)
M-A-T -FUMY’s DIARY 4th style-:ふみぃさん
八月の花嫁:西村由布さん (リストが掲載)
保有リストを作成してましたorz
 たった2パックだけスターターと少しだけ購入。
 全然数が少ないけど、ただ穴埋め作業を本格的に始めるとかつてのリーフファイトTCGみたいな膨大な出費を招く事となる為断念_| ̄|○
 キラカードは、先日のレティシア姫に加え、シルフィの2枚を所有。何気に『プリンセスホリデー』オンリーです(笑)。

 夏コミとかイベントで持ち込んでみるよ。まあ手札も余りないから難しいかも。

(3/26 10:55 リストは昨夜から作成してたんですって)


| | トラックバック (0)

『Canvas2 ~虹色のスケッチ~』がついに最終回

 (雑誌『少年エース』5月号)
 コミック:児玉 樹さん

 エピローグ漫画は今夏掲載予定
 『コンプエースVol.6』に番外編第6話掲載

『Canvas2 ~虹色のスケッチ~』第3巻 4月10日発売予定
 描き下ろしオマケ漫画も収録

 最終第4巻は今夏発売予定

『コンプエースVol.6』広告
“コミックスカバーイラストテレカ全員サービス”
 Vol.6の応募台紙+単行本の帯に有る応募券+700円郵便為替
 『Canvas2 ~虹色のスケッチ~』第3巻も対象

『コンプエースVol.6』は発売中らしい? (広島では25日には見てない)
※桜花展、エリスの留学への勧誘、エリスの気持ち、浩樹の気持ち……。
 その内なる赤へのトラウマの壁を崩し、目標である桜花展を目指すエリスの前に突如舞い上がった、 桜花展入賞を条件としたパリ校への留学話。
 目標を目指す事が浩樹との離れ離れとなることから絶望するエリスと、 自分の過ちを繰り返さない事を願い後押しする浩樹。すれ違う二人……。

(前回までの振り返り) と、結構難しいカードが揃ってたんですが(苦笑)、 最後に見せた浩樹の決意、それがこの最終回で全てを結実させてます。
 言葉にするのが惜しい。 雑誌を買って最終回を実際に見るか今夏刊行予定の最終巻(第4巻)まで我慢するか選びなさいって感じです。
 いくつもの難儀事を見事に華麗に締めつつ、しっかり緩急を怠らない(!)、 最後まで児玉さん版らしい終わり方となってましたね。


※先月号で覚悟は既に決めてましたが、ついに本編である少年エース版が完結しました。

 初掲載の『エース桃組版』(エクストラ・シーズン)第1話から、 それまで存在さえ知らなかった児玉さんのコミカルな描き方に一気に引き込まれ今に至ってますが、 この『少年エース版』ではそういった面も忘れないまま、 更にシリアスな部分を取り込んだ姿となりました。
 多分、『少年エース版』第1話の血を見て一気に体調を崩したエリスのシーンは、 『エース桃組版』でのイメージが強く予想だにしなかった事から、 体験版(スミマセン、本編未プレイ)での同じシーンに比べて遥かに衝撃度が高かったかと思います。
 そういった赤に対するトラウマについて掘り下げていた部分が強く、 下手をするとシリアスな面ばかりが強調されそうですが、 そこは緩急つくようなコミカルなやり取りが入る事で絶妙なバランスがとられてました。 というか笑えるところで笑えるのが楽しいデスから~(特に最後のオチとか好き)。

 体験版しかしてないから比較することはまあ難しいですけど、 ゲーム原作のコミック版としては、犬威赤彦さんの『こみっくパーティー』 以来の原作を超えた作品だったんではないかなと思います。
 児玉さん、とりあえず番外編とオマケ漫画を楽しみにしてます(っていうかまだもう少しだけ見れますね)

 ん~常時リソース不足:センセイさんの感想待ちしてます~(笑)。

(3/26 10:55 第3巻は…これは良い誕生日プレゼント)


| | トラックバック (2)

オーガスト2000万ヒット!!

 (AUGUST 3/22に達成、23日に記念イラスト掲載)
※遅くなりましたが2000万ヒット突破おめでとうございます♪
 数値的にはバッファローマン二人分みたいな感じです?
 やはりまめに話題とイベント、そして支持される作品を生み出してきたからの成果なんでしょうね。 しかしまだ中間点でもありません(マテ)。これからもどんどん盛り上げていってくださいませ。ウチらも周りで色々としかけていきますから~。

(3/24 23:45)


| | トラックバック (0)

『さくらのさくころ』CM第2弾と体験版が公開

 (minori)
《CM第2弾》

 桜鈴サスペンス劇場
 さくらのさくころ 保健医は
 篠宮智夏の事件簿スペシャル

《体験版》も公開中らしいです。
※今朝方にCMだけはDLしてますが、ちょっと現時点は重いみたいですね(汗)。

 先日のイベントで見た映像のシーンがいくつか流れてますけど……今回はサスペンス劇場。 っていうか『保健医は見た』ですか(苦笑)。

(3/25 1:15)


| | トラックバック (1)

PS2版『はるのあしおと』OPムービー・エンディング曲が公開

 (Alchemist)
 PS2版新エンディングテーマ
「Spiral Spring -Step of Spring mix-」
 歌:nomicoさん 作:LOOPCUBEさん
※OP曲はPC版の製品に使われているバージョンのテロップを一部PS2版向けに差し替えた仕様になってます。 一部のショップでも店頭に流れてるかもしれませんよ~。

(3/25 1:15)


| | トラックバック (0)

リセ バージョン オーガスト1.0

 (リセ 専用ページ)
 3月24日より発売中

※再販は4月ごろらしい?

(関連)
参加絵師リスト(犀の目ぶろっく)

(購入っぽい)
M-A-T -FUMY’s DIARY 4th style-:ふみぃさん
※久しぶりにTCGのカードを買って見ましたが、とりあえずスターター1個ですね。
「スターターの配分」
キラ1 レア3 アンコモン14 コモン42
 キラはレティシア姫(有葉さん)です。レアは「注意(結・爆天童さん)」 「羽根井優希(風見春樹さん)」「白ほなみん(館川まこさん)」でした。
 予算次第でスターターもうひとつ買ってみるかもしれませんが(比較的売れてる感じのTCGだから残ってればいいが)、後はトレードですね。

 イラストは、アンソロジーっぽいと思えば色々な作家さんのオーガストが見れて面白いですね。

(3/24 23:45)


| | トラックバック (0)

『夜明け前より瑠璃色な』感想 (至極抜人の日記:至極さん)

 (至極抜人の日記:至極さん3/24付より)
“この絵を見て、「この絵でセックスありの純愛物をプレイしてみたい」と思って買った人は、絵以外でもシナリオにも声にも演出にも文句一つないことでしょう。100パーセント願望を叶えてくれるはずです”

“あくまで「さまざまな障害を乗り越える純愛」がメインテーマであり、姫との純愛を軸に、サブテーマは付随するものです”
※3月の体調不良ももう残すは微妙な片方の耳の具合だけです(風邪の頃に掲示板で励まし?いただきましたので~)。
 ウチはもう買ったゲームでさえ満足に消化し切れてない状態で、 間延びしたプレイだと中々まとまった感想が書けそうにないですね(汗)。
 至極さんは割とマイナーというか勤務先でも微妙に在庫に残りやすいタイトルについて触れる事がりますから、 感想は結構楽しみだったりします。

 で、今回は『あけるり』感想ですが。
 今作で最終章を置いた理由は、 前作『はにはに』での終演が曖昧であった事(コンシューマ版で終演的なストーリーが追加)も起因しているんじゃないかと推測はしてますね。
 それと、やはりこれまでの作品とも関連しますがSF的な要素を折り込みたいとする作家性から、 その要素が強く出たのかも。その設定が……想像の余地を造るには不足するぐらいちょっと説明不足なので、 ウチも今度出るVFBに掲載のインタビューでその辺りについての言及を楽しみにはしてます。

 ウチは、国家間の問題という部分が色々説明不足な為に曖昧と化し、 どちらかというと達哉の父親への葛藤と、 フィーナ姫の父親への葛藤、そして和解といった事が目に見えていた事から、 最終章に入る前の各ヒロインのストーリーにおけるテーマ「家族」と引き続いていると感じてましたね。
『はにはに』みたいにもう少しヒントがあるなら、SF的な要素に関心が傾いちゃって「家族」という部分を見落としていたかも(苦笑)。

 ……良く考えると「家族」の融和という過程も障害のひとつでしかないですな。

 それと、留学期間の終了も迫ってた上に最後には月にまで撃ち込まれたり(文字通り)と慌しかったから、 ちょっとしたひと時でしかイチャつけなかったような、確かに(お風呂はまあOKだが、あの場所でなんかは一息ついたって感じだし)。


 そいえば『あけるり』についてはまとまった感想をウチは書いたんでしたっけ(汗)。 どっかで「家族」というテーマ性については触れた筈だけど(記憶が飛んでる……)

(3/25 0:25)


| | トラックバック (0)

《Quiz Augustic Academy》

 (八月の花嫁:西村由布さん)
※現時点では第5回まで公開されてます。
※巡回先では前から挙がってましたが、遅れ馳せての紹介です。
 先日はプチッと紹介しただけなので(ログ保存の都合もあり)改めてちょっと記事化してます(汗)。

 とりあえず第1回での正解率が半分です(爆)。2・3・6だけ正解と。 義父の歳を憶えてるのに何故千尋の妹の名前を忘れてるorz

 そんな感じで少しずつ挑みたいですね。第1回でこうだと次はもっと大変かも(汗)。

(3/24 23:45)


| | トラックバック (0)

3月21日は『秋山文緒委員長の日』

いいんちょう着替え中

◎(1/3の結先生dayがスルーされてるから微妙ですが)AUGUSTでもロゴに登場する?

はにはにラジオ第35回は委員長が仕切ってます!
※去年に用意したのをリサイクルしてます(汗)。新規のを描く暇がねぇ。
 このイラストはその後、夏コミの新刊表紙にそのまま採用してましたね(苦笑)。 縞パン見えてるんですが、構図的には結構お気に入りです。

 そんな訳で……パンツ○見えですが(爆死)、お気に入りということで許してくださいな、委員長。

 そいえばと言うわけではないですが、 ちょうど『はにラジ』も委員長の回なんですよね(実は2/26のちひろdayでも丁度重なってました)。 なので……明日仕事から戻りましたら試聴してきます。
 反応もありましたら、明日に捕捉します~~~。

(3/21 0:40)

(3/25 捕捉)
モルハウス:藤真 潤さん 日記3/21付にイラスト
おーたむねいる:カーフさんForbiddenfruit Homepage:TMくんさんもお祝いモードだった模様
・オーガストのメーカーロゴには登場しなかった模様(あけるりの時代?)
M-A-T -FUMY’s DIARY 4th style-:ふみぃさんもおっしゃってますが、 『はにはに』ご苦労様、こんにちは『あけるり』という感じなのかもしれませんね。『はにラジ』も終演を迎える事ですし。

(3/25 0:50)

| | トラックバック (0)

『もしも明日が晴れならば』とか雑記とか

※0時前に何とか帰宅して身支度を終えてから……今夜こそ切りを見せようと『もしも明日が晴れならば』プレイを数日ぶりに再開(w)。

 ……っていうか明穂は何故に最後の最後まで馬鹿みたいな(誉め言葉)置き土産をしてくれやがるんですか(苦笑)。 もう感傷の場面が「台無し」です。あ~ある意味『月陽炎』のチビ美月が居るエンドみたいな感覚かな。どっちかというと明るめに。話の持っていき方なんかは中々よい感じだと思います。今月中には無理っぽいけど続きも気になるね。

 そんな訳で、なんというか巫女もしている最高に可愛い後輩を手に入れちゃいました(爆死)。 もう少し巫女成分が欲しかったかもしれないけど(もう3ラウンド強)、元々備えてました「先輩・後輩」属性的には衣笠のホームラン級の打撃力です。

 珠美になら搾り取られても好い……。

※小さな魔女さんの中の方では一時期インフルエンザが流行ったそうで。また最近も 独り言以外の何かのSU-37さんがインフルエンザにまた当ったそうだし、季節の変わり目、 とりあえず身体は大事にした方が良さそうな感じです(って言うか自分向けか?)。なのでもう寝ます。

 24日のエロゲ新作準備は済ませて帰ったので当日は昼からお仕事デス。
 起きれて気が向ければ朝に更新する~。無理だったら帰宅してから~。

(3/24 5:45)


| | トラックバック (0)

« 2006年3月24日 | トップページ | 2006年3月31日 »