« 2006年4月14日 | トップページ | 2006年4月20日 »

2006年4月17日 (月)

アルケ祭2006

 (Alchemist)
『ひぐらしのなく頃に祭(仮)』
 機種未定のようで発売時期は年内
 キャラ絵は一新してDSの「怪盗ルソー」原画のrato氏担当
(いまが堂:いまがさんによる2CHからの捕捉)

※月代 彩(Wind)や藤枝保奈美、そしてフィーナ姫の抱きっ娘枕が蔵出しされたり、 フィーナ姫抱きっ娘枕の表イラストを使ったテレカが出たりと、逝けたら逝きたかったイベントです。 テレカは夏コミでも再販して欲しいなぁ、ついでに裏面も(いやさすがに難しいでしょうけど)。
 イベント販売の抱きっ娘枕は自力でもって帰らんといけない辺りがかなり修羅の道です。 どなたが買われたのかな?

 イベントのステージは……広島で放映のないアニメだからほとんどは判らないですね(汗)。 『はるおと』関連は何かあったの?

 そんな中で『ひぐらし』の続報デス。
 キャラ絵については竜騎士07さんから初めて目にするratoさんという方に代わるそうですが、 結構淡い絵柄に惹かれつつ……「嘘だ!!!」のカットを想像してみて身震いしてます。 なんというか身体が細くて折れそう。そんな絶妙な不安定さと繊細な絵柄なら、 雛見沢の闇夜を描き切れそうな感じですね(後は重要な男キャラの描き方次第ですが)。
 今後の展開に注目したいけど、いつどの機種で発売なんでしょか?

 PS2『パルフェ』が6月に延びた? 『ショコラ』から1年後の発売ですか、もしかして?  この件についても続報待ちです。

(4/16 22:45)



| | トラックバック (0)

オーガスト放送局『はにはにラジオ』の放送が終了

 (はにはにラジオ4/14)
“はにラジHPでは、これからも「はにラジ」関連の情報を UPしていく予定ですので、是非チェックしてください!
 HPの次回更新は4月下旬の予定です”
※『はにはに』のみなさん、本当に長い間の校内放送お疲れ様でした。 また何か機会あれば同窓会っぽくイベントを開いて欲しいですね。

 放送終了の前日に、4月下旬まで公開するかなと思いつつも、 もしかするとと思い最終回を何度も聴いてましたが、 よもや本当に14日(公開期間が2週間)で終了されるとは予想もしなかったです (せめて公開終了日も告知して欲しかったかな)。

 最終回は終わりましたが、その分は『はにラジCD』Vol.6で補いましょう。 というかウチはこれから買ってない分の補充をせんとアカンのですけどね(苦笑)。

 その『はにラジCD』の謎の応募券、一体何が起きるのやら。4月下旬に発表予定でしたっけ?  『はにラジ』関連のイラスト集なら問題なく揃えて申し込む所存です。

(4/16 23:00 4/15付を部分的に再録してます)



| | トラックバック (0)

プリンセス・ミアのイラストご紹介サンクスです。

FiRSTRoN:Faxiaさん
“ドレスなミア…姫? (゚ー゚*)  ”

白河一族の野望:白河螢二さん
“ドレスに人形”

てきとうなもの:うぃんぐさん
“元のデザインは…プリホリのラピスですか”

時の棲む森:早坂さん
“フィーナとカレンの人形をもったミアの絵が公開されました。
 姫様のお古のドレスということですが、この頃の姫様ってどんなんだったんでしょうね?  そのころの姫様もみてみたいです”

M-A-T -FUMY’s DIARY 4th style-:ふみぃさん
“フィーナとカレンの人形を持ってるってことは、人形劇でも演じるんですかね(ダマレ”
※久々に取り上げていただけました。何だかんだ言っても反応があるとやる気が出ますね。

 一応、『プリホリ』と『あけるり』のリンクはないです。 気品と質素さをコンセプトに衣装を選定してみたらラピス たん の宮廷魔術師の衣装に行き当たっただけですから。
 あと、お人形はフィーナだけは最初の下絵から描かれてましたが、もう一体を麻衣にしようと思ってました(麻衣のお下げが見えにくいので、カレンさんに)。  任侠劇じゃなくって人形劇はないですけど、ふみぃさんのコメント見て、子供の頃に演芸劇で使った衣装という設定も考えてみましたね。

 ラストシーンについてのイメージはだいたい掴めてるのですけど、すんごく淡々としてます(苦笑)。 ドレスの設定についても『プリホリ』とは無関係な方向で色々と組み込んでますね。
 ただ、ミア・シナリオの派生とするか、フィーナ編からか、アナザーサイドか、ちょっと迷ってる。 そいえばミア・シナリオではヤマイモを商店街でお勧めされてたし、 その辺りを絡めると色々と妄想出来そうですが(でも非18禁な内容です)。

 で、August Festivalと夏コミで頒布します新刊のタイトルは、 『ミアの一日お姫様』とか色々と考えた挙句、

『今日のあけるり ~ミアのプリンセスホリデー~(仮)』

という題名に。多分そのまま(仮)も無くせそうです。 当初は『ミア帝国の逆襲』でしたからエライ変化だなホント(汗)。

プリンセス・ミア(初期イメージラフ)

襟元は、リースの服から
肩の飾りは、フィーナ姫のドレスから
腕のリボンは、フィーナ姫と麻衣の体操着に使う鉢巻きから
腰の辺りは、さやかさんの私服から
重ね着されている衣装は、菜月の私服(ボツ案)から

ミアお姫様化
基本はミアメイド服プラス寄せ集め
↓
ごっちゃなのでボツ
↓
フィーナのおふるで
 当初のミア姫衣装案です。  目を覚ます前のミアをフィーナと麻衣が襲撃して(笑)飾りつけてみたという設定(多分この展開はそのまま描くっぽいです)。  ベースをミアのメイド服に拘ってみたんだけど、 生地が茶色系という時点で無理があってボツってます。

(4/17 0:00)



| | トラックバック (0)

4月15日の雑記

※『スカーレット』が4月28日から5月28日へ延期した模様……。ウチはまだ正式な通知を受けてないけど、 ちょっと耳にはしてましたが1週間ぐらいかなと思ったら1ヶ月の延期(汗)。
 今月のウチの購入は『おとボク 瑞穂ちゃんフルヴォイス版』だけみたいッスね。

はにはにラジオを昨晩の作業中にずっと聴いてたんですけど、まさかホントに14日に公開終了となるとは思いもしなかったです (4月下旬頃かなと思ってました)。
『はにラジCD』は途中で購入を断念してるんですが、なんか全巻購入で何かが起きるみたいなんで、 その情報次第では残りをかき集めるかもしれないです。

『はにはに』のみなさん、本当に長い間の校内放送お疲れ様でした。また何か機会あれば同窓会っぽくイベントを開いて欲しいですね。

※15日夜は飲みなので16日未明の更新はお休みします。
 準はこれから少し作業を進めますが、どこまで出来るか未定。そんな感じで色々と反応は明後日ぐらいになりそう(汗)。

(4/14 23:20)



| | トラックバック (0)

渡良瀬 準、描いてます

うぃんどみる『はぴねす!』より渡良瀬 準

えっと……どー考えてもオトコのコには見えません!!

※明日夜に線画にしまして多分、淡色塗りで仕上げの予定。

(4/14 4:00)

| | トラックバック (0)

エロゲ生産工場映像(『春萌~はるもい~』CMムービー3)

LOVERSOUL『春萌~はるもい~』CMムービー3、 ウチが昨日(13日)に加工してた『春萌』はあんな感じに製造と……何気にエロゲ生産工場の行程を初めて見ました(苦笑)。
『春萌~はるもい~』は4月14日発売です。予約特典のマキシCDがまだ付くかも(ウチんトコは入荷分全てに)。

(4/14 4:00)



| | トラックバック (0)

アキバデビューに捧ぐ 「無難な」エロゲー

アキバデビューに捧ぐ 「無難な」エロゲー(アキバBlog:geekさん)ですけど、 『ToHeart2 XRATED』『マブラヴオルタ』『夜明け前より瑠璃色な』『燐月』って、 だいたいが演出など総合的なレベルの高いタイトル揃えなんですが。
 初心者にイキナリ高レベルなのをプレイすると、 それらを標準とするユーザーを作り出す事になり、ちょっと見劣りする作品をスルーするようになる危険性がある気がしましたね。
 君の運命のタイトルは、それ以外にあるかもしれないッスよ。

 ちなみに、ギャルゲ未経験な無菌状態の方なら是非とも『ホワイトアルバム』で第一歩を刻み込んで欲しいかも。 最初に甘い生活を体験するより少し辛めなのを経験しておけば、ついでにゲーム的な手間を覚えてくれれば、 萌えゲーも鬱ゲーも耐性つくと思う(鬱ゲー染め狙いかよ)。

 ウチの場合、最初にプレイしたエロゲはもう10年ぐらい前の話なんで覚えてませんが、 Windows時代最初のは『ホワイトアルバム』でした(苦笑)。『ToHeart』が最初だったら趣向はもう少し違ったかもね。

 勤務先では特にそう言った企画棚はないんですが、 『Fate』は手に取りやすいコーナー入り口近くに展開してます(今は在庫が底をついてるけど)。 時間と場所さえあればするんですけどね(むぅ)。

 初心者お勧めは……『月は東に日は西に』『夜明け前より瑠璃色な』『バルドフォースエグゼ』 『プリンセスうぃっちぃず』『ToHeart2 XRATED』『Fate/stay night』『Quartett!』?
 売れているのとか、アクションゲームとか、SFものとか、 カードバトルとか、ちょっと短いけど作品のまとまりの良いものとか……ぶっちゃけ無難ではあるけどね(汗)。 それに見事にオーガストファン勧誘仕様ですが(w)。
『はるのあしおと』は演出がバンアレン帯クラスの高度で他の追随を許さないんで敢えて外す(これを標準とされると他の作品が厳しい。とはいえ他のメーカーも演出の工夫を色々努めてます)。
 凌辱系はどれも初心者にはキツそうだからちょっとわからないんです(汗)。 bmp_69さんの《凌辱エロゲー初心者のためのお奨め作品》をご覧になってくださいな~。

(4/14 4:00)


| | トラックバック (0)

« 2006年4月14日 | トップページ | 2006年4月20日 »