« 電撃G'sマガジン 『夜明け前より瑠璃色な』テレカ | トップページ | エロゲー買わなかった理由バトン »

2006年4月28日 (金)

『涼宮ハルヒの憂鬱』(ツガノガクさん版)第1巻

※ツガノガクさんが『少年エース』で連載中の『涼宮ハルヒの憂鬱』第1巻を買ってきた。

 通しで読んでみると広島で放映されている第3話までの展開と結構違うなと気付く。というかこんな展開がコミック版にあったっけ?という痴呆が(苦笑)。バニーだけは憶えてるんだが(爆死)。
 朝倉涼子がコミック版第2話でイキナリ超絶な展開になってるんですが。このコが一番普通だと思ってたんだけど
 ((((゚Д゚; )))ガクガクブルブル
むしろ「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」に出てたデコ娘の方が バカっぽくて 怪しかったのに。

 SOS団創設の流れはアニメ版の方が過程が丁寧だったかなぁという印象。
 アニメはキョンがハルヒに諭して訊かせた件が起因しているようですが、コミック版はハルヒの突飛な発想力と非連続性を示す為にバラバラなキーを羅列した上でSOS団創設をハルヒに急に思いつかせてるという演出なのかもしれない。この部分はアニメ版を見ないと判り難そうですね。

 ともかく、第1巻では古泉一樹の登場やSOS団のメンバーの正体までと、雑誌の06年2月号までが収録されてます。
 微妙そうな反応しか書けてないですが(汗)、ツガノガクさんのテンポある描き方も好きだから6月26日発売の続巻も買いますよ~。雑誌の方は(ツガノガクさんと合同同人誌を出された事もある)児玉 樹さん版『Canvas2』完結の為に購入対象から外されてしまいましたが(汗)。
 なお、アニメの第4話は広島では今週土曜日の放映です。

※電撃文庫『学校を出よう!』の続巻はまだなんでしょうか?
 ハルヒと唯一対峙できそうな突飛さと奇想さを持つ(そして世界の構造を捉えつつある分、有利とも言える)宮野と、まだツン要素だけですが微妙に落ちかけている光明寺茉衣子の活躍を早く見たいんですけど~。(『学校』は既刊を全て何度も読破してますが『ハルヒ』は原作読んでません(汗))

※突飛な展開にある程度ウチが慣れてる要因をもうひとつ思い出しました。

“(ツヴェタン・)トドロフは、テクスト内で語られる奇怪な出来事について、合理的な説明をとるべきか、超自然的な説明をとるべきか、読者に、たえず「ためらい」を強要することこそが、幻想文学の構造的特性であるとした。 (創元ライブラリ『幻想文学論序説』紹介文)”

 ウチの蔵書にある『サラゴサ手稿(資料用写本)』『ハザール事典』、『月は東に日は西に』での野々原結の正体について、それから『水月』という作品のような「ためらい」を強要したものに多少慣らされていたからですな。

(4/24 22:45 『電車でD 18』も買ってきてます。)

|

« 電撃G'sマガジン 『夜明け前より瑠璃色な』テレカ | トップページ | エロゲー買わなかった理由バトン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/9805449

この記事へのトラックバック一覧です: 『涼宮ハルヒの憂鬱』(ツガノガクさん版)第1巻:

« 電撃G'sマガジン 『夜明け前より瑠璃色な』テレカ | トップページ | エロゲー買わなかった理由バトン »