« ウチが八月にはまった過程 | トップページ | はにはにラジオ、ついにグランドフィナーレ »

2006年4月 4日 (火)

先生たいへん!! ゆづきが和を(以下略)
『さくらのさくころ』発売中

 (minori)
(試写会レポ)
SU-37さんの3/12名古屋レポート
思考だだ漏れ万歳:たかまささんの3/18新潟レポート
『さくらのさくころ』試写会 銀狼さんによる新潟レポ
ウチの3/21広島レポ
SU-37さんトコに上がってる3/21高松レポート
※入荷数の半分以上だった予約分は早々にほぼ完売です。

 ウチも31日に買って帰ってます。
 アニメは先日の試写会でも見てますが、今度は部屋でじっくりと鑑賞。 今はまだそこまでしか手がつかないんだけど(インストしてないんです)。

 にしてもアニメパートのゆづきの暗躍? を見てるとやはりゆづきが影の支配者だよなぁ、 まきいづみさんの声で性格反転したら逆らえないよなぁと思ったわけです。
 ……けど、 これって楠木あおい先生の出した文化祭の演劇部台本案だと言う事を考えると、 あおい先生はゆづきの真の姿(主に性格面)を把握してたって事?  なら学校を支配する為の最大の壁が誰だか早く気付くべきだ(笑)。

 和は身体を張って一番苦労してるのだけれども、なんか一番報われてないかも。
 だがそれが良い(苦笑)。
 5色戦隊娘は一番活躍が増量されてます分、一番出汁にされてました(爆)。 せっかくカッコ良く決めてたのにね~(試写会の後になって改めて人気声優さん揃いだった事に気付く)。

 作品的にはほぼノンストップアクションものなので、これなら気軽に見れますね。 仕上がりについては余りアニメを見る方ではない(広島でのアニメ放映が数本しかない) ので特にコメント出来そうにないのだけど、アクションもテンポ良かったのでいい感じじゃないかな。
 ただ、色々織り込まれていると言われるネタについては未だに把握仕切れていないorz

(4/3 10:45 お題はコメントPOPから(苦笑) )


|

« ウチが八月にはまった過程 | トップページ | はにはにラジオ、ついにグランドフィナーレ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先生たいへん!! ゆづきが和を(以下略)
『さくらのさくころ』発売中
:

« ウチが八月にはまった過程 | トップページ | はにはにラジオ、ついにグランドフィナーレ »