« 2006年5月12日 | トップページ | 2006年5月19日 »

2006年5月18日 (木)

August Festival遠征手段(広島⇔大阪駅 夜行バス)

※登場人物の密度は、後半はミアと達哉だけ(ラストにフィーナも)なので少しは楽になると信じたいですorz

※そいえばふみぃさんトコで7/2のAugust Festival対策として名古屋から大阪への移動手段が5/15付に挙がってたので、 ウチも広島から大阪へ逝く夜行高速バスを調べてみました(いつもは難波駅逝きですが今回は大阪駅逝きです)。

 【山陽ドリーム広島号】
 広島駅新幹線口(23:15) ⇒ 大阪駅(5:55)
 大阪駅(23:20) ⇒ 広島駅新幹線口(6:10)

 早めに会場入りして設営を手伝ってもいいでしょうか(爆死)。
 ちなみに即売会後の滞在時間は大阪駅発の夜行バスに間に合う時間までですのでヨロ~(カプホ代が国防予算で確保できれば翌日まで滞在できるかもしれないけど)。

(5/16 1:00)



| | トラックバック (0)

思い出のソフマップギガストア広島

※ソフマップギガストア広島の閉店レポは週刊水曜日:shirusuさん(5/14・15付)に挙がってます。

 通常は20時閉店なのですが、最後の日の閉店は21時頃までと名残を惜しむように延びていたみたいです。 そして8~90人が最後まで見守るなかの幕引き。

 以前にも触れてましたけど、ウチがオタになったのはこのお店のお陰でした(以下、以前に似たテキスト書いてる可能性あり)。

 リーフファイトTCGを扱うショップを(大学卒業後の帰郷で)探した時に、 それを取り扱うコーナーをソフマップ店内に見つけました。 そこは当時、恐らく広島でも高密度のオタが集っていたかと思います。
 プレイスペースではTCGのプレイもしてるんだけど、実質的にオタが駄弁る…もとい情報交換する場となっており、 その日の戦利品とかを披露する場ともなってました。
 ウチもカードのトレードの他、イラストを最初にそこで描き始めたり、 コピー本『アニメ版ToHeart事典』を製本したりしてたかなと思う。もちろんカード破産しそうな感じにトレカ買ってました(苦笑)。
 そういったコーナーも数年後に出店してた所が撤退した為に無くなってしまいました。 そいえばその頃の面子もさすがに今はもうバラバラになっちゃってますね。

 また、ソフマップはショップ特典の注目度も地元では高かったかと思います。 終盤はテレカだけというパターンが多くなってましたが、 全国展開という強みで地元のショップが追随できないアイテムを用意されてきたんじゃないかな。
 ウチにもPC版『Air』のクロックとかDC版『こみっくパーティー』特大クロック、『Kanon』特大クロック、 PC版『はにはに』文具セット、『朱』のなにか、『クラナド』のなにか(かなりションボリでしたが)、 『あけるり』のバスタオルセット、最後に3月に買った『もしも明日が晴れならば』エロタオル(爆死)、 更には色々なテレカが残ってたりします。
 その後、とらのあなやメロンブックスの広島進出もありましたが、 それぞれが独自の特典を競う様は、 地方でありながらアキバのような賑わいを実感できる側面もありました。

 それから忘れてはならないのがイベントです。 広島市内のショップで唯一広いスペースを確保出来るお店でしたので、 minoriジョイまっくすさんなど色々なエロゲメーカーの方が販促イベントをされてました。

 もうひとつの特色として市内でも唯一コンシューマ美少女ゲームに強いお店というのもありましたね(上記にあるような特典も付くし)。 デモムービーも盛んに流されてました(この辺りの役目はウチの勤務先も引き継げるといいなぁ)。

 去年10月の改装による規模縮小に始まるこの度の撤退は、 このように広島で唯一という要素の強かったお店の撤退を意味してますので、 地元としても大変な損失となります。非常に残念です。
 今後は、ソフマップが残したものを出来るだけ引き継ぐ感じで、 とらのあなメロンブックスが地元を賑わしてくれるハズです(ライバル店ですが個人的にも期待)。 ウチの勤務先も中心街からは外れてるんですけど(汗)、 継承できる事があれば頑張ってみたいと思います。

(5/16 1:00 ウチの初代パソは祖父で買ってます)



| | トラックバック (0)

リース(線画版)をUP

※ついでなんで~リースネタを投下。
 去年11月のドリパ大阪での時間つぶしに描き始め、その月にある程度描いた後に中断し、 先日再開して下絵を描き挙げましたリースリットを今朝起きてから線画にしてます。 描きかけ状態はそのイベントの後に 来島あわさんふみぃさんにお見せしたかな。
リースリット・ノエル

描き始めたのが05年11月6日のドリパ大阪入場待機中(苦笑)で
それから長らく封印されてましたが、
ついにベールを脱ぎます(線画までの公開ですが)。

嘘ですごめんなさい。長く中断してましたorz
翌年5月に再開して線画にしてまして、8月までには時間を取って仕上げたいッス。
 しかし何というか……ゴスロリ衣装は描くのが大変です(涙)。
 こちらは来月ぐらいに機会見て仕上げるか、原稿用の素材にするかな。 せめて夏コミまでには塗り上げたのを公開したいです。

(5/15 8:25 トップ絵に置いてみてます。)



| | トラックバック (0)

5月15日は天ヶ崎美琴ハッピバースデー

天ヶ崎美琴
グルッと身体を振っている感じに…
スキル的にこれ以上の描写は無理ッす
胸リボンがなびいてねぇ(汗) 天ヶ崎みことん
『はにはに』1周年からシングルカット 天ヶ崎美琴
お誕生日2005に合わせて~。

※5月15日は天ヶ崎美琴ハッピバースデーということで、詰め合わせしてます。
 今描いてる原稿も『はにはに』とはノータッチなんで新しく描いた美琴がないんですよ~。 ちょっと新規で描く時間も無くorz
 しかし、歴代みことんアイコンを並べてみると、なんというか(角度の関係でアゴのラインが違ってるけど)余り変化が無い気がしますな(苦笑)。仕上げ方は昔は線を濃くしてたんですね。
 美琴というと、これまでのオーガストヒロインの中では唯一、自力飛行が“出来そう(笑)”なイメージのある娘さんでしたが……実際は落下だけど(苦笑)…… 『あけるり』でホントに自力飛行出来ちゃった娘さんが登場してしまって(涙)。  これからはポニーテールガールズとしてがんばってくださいませ。『ドリマガ』6月号にも登場したし、登場機会が増えるといいなぁ。

(5/15 8:25)



| | トラックバック (0)

『涼宮ハルヒ』小説を買い揃えはじめたらしい……

※『憂鬱』読了の翌日、上手いタイミングで再入荷してた『溜息』『退屈』を購入してます。 先に短編『孤島症候群』を読んで先日のオチを確認。というかアニメは来週「解決編」じゃ無いんだよな(苦笑)。

(5/15 8:25)



| | トラックバック (0)

ありがとう、ソフマップギガストア広島店

ソフマップ新潟店ではファイナルイベントが開催されますけど、 広島店は何もそういった情報が挙がってこなかったので、静かにその幕を下ろすみたいですね……(涙)。

(5/13 23:30 スマステが確かに30分遅れで放送開始)

| | トラックバック (0)

『涼宮ハルヒ』と『学校を出よう!』の比較思案

※『涼宮ハルヒの憂鬱』広島ホームテレビ放送分の放映時間は、虚人戦中継後の土曜ワイドとスマステの放映時間がそれぞれ「30分ずれ」となってますので、だいたいそのぐらいを見込んでの録画セットを~。

 そいえば先日、延長で録画失敗した恨みから局に異物を送りつけたという件がありましたが、さすがにそういった行為で抗議したとしても常識的に考えても同意とか同情なんて得られるはずが無いです。幅を読んで録画セットするとか工夫してください。Gコードばかりに頼るなって。

 ここ数日の『ハルヒ』関連では、第5話『憂鬱III』の録画分を1回見た事と、最近再入荷してた小説原作の『涼宮ハルヒの憂鬱』をさっき読み終えたことぐらいデス。小説は通勤中と歯磨きの時間に読んでました。
 原作小説版とコミック(ツガノガクさん)版、そしてアニメ版とで、プロットの比較をしてみると面白いかなとは思いましたが…… 3人が正体を明かす部分と公園探索のシーンにそれぞれ違いが生じている……あと3ヶ月間のウチにはそんな余裕が無いんで(w) 気になる方がいればその方に考察はお任せしよう。ウチはもう受信するだけで精一杯です。

 小説『憂鬱』読了という事で、次は『溜息』なんですけど、本屋に置いてないorz
 それはともかく、読了後に色々とうやむやになってる部分が残されている点は微妙ですけど、これは他の巻とのリンクによって繋がっているみたいで、そういった意味では(今出ている)全作品を通して読んで初めて物語を把握出来るという構造なんだろうなと受け止めてます。

 比較するなら、ウチも続巻を待望している『学校を出よう!』は、 1冊か上下2冊でその事件については完結するという(ただ、根底には壮大なものはあるっぽいですけど) 構造となってるんですが、はっきりいうとコンパクト。

 不可解が起きて、宮野と芽衣子(など色々)が登場して、宮野が周りを煙に巻くような考察を繰り広げ、周りが更なる事態にまき込まれていき、しかし最後にはきれいに事件を解決させてしまう。だいたいがこのパターンかな。

 ただし、世界観の根底にある謎も存在してはいますよ。その謎に追求をしてるのは主に宮野だけですけどね。
 他の面子は無関心かハタ迷惑か(無関心を装っている?)、事件を解決させようとするも真相の深層に関わろうとしない、理解できない、関わりたくない。

 登場人物のスタンスが事件に“だけ”関わるといったもんだから、読者も事件追求にだけに主眼を向ける事が出来、その1冊(もしくは上下巻)で事件が解決されて安堵できる。だから壮大に感じていたとしても実はコンパクト。

 もちろん世界観の根底にある謎に対してももちろん読者は関心をもちますよ。無関心なわけは無い。ただそれは事件解決の過程で宮野の行動や思考を追う中での、副次的な断像を集める事に等しいから、シリーズを追う事によって断像を収集するしかない。しかもまだ謎が残されている……。壮大なものも折り込まれてはいるんです。

 翻って『憂鬱』ですが、1冊の中に思った以上に色々な出来事が折り込まれてるのですけど、でも日常に理解困難不可解な非日常が割り込み煙に巻いているといったものだらけ。キョンくんが憂鬱になるはずだよ(役得もあるけどね)。
 その非日常に関わる深層が何なのか発言者が明かす以上の事が判らず、更に言うと発言者にとっても深層が推測の域にしかない訳で……、ばら撒かれた謎の欠片を拾うはずの風呂敷は集めきれないまま広げられたまま、突発的に始まった今の世界の危機らしい事件がなんとか解決されたと。それで『憂鬱』読了。

 多分、続巻を予定してなかったのなら、ちょっとどうかなと思ってしまいますね。でも続巻が登場し、現在8巻目まで出ている。最初からそこまで仕組んでいて、まだ仕掛けのカードを幾つも持っているというのなら、この『ハルヒ』シリーズは壮大なものと見えてしまう。いやまだ7冊も本の山が控えているのかと思うと気後れしてしまうだけなのかもしれないが(苦笑)。

※情報を収集して取り上げる余裕がないぐらい時間配分が仕事と原稿に注がれている感じです。というか『ハルヒ』『学校』比較なんてのに思考する時間はホントは無かったんだよ(涙)。
 メールはもう少し待って~(サンプル下絵が出来れば)。

(5/13 23:30 スマステが確かに30分遅れで放送開始)

| | トラックバック (0)

原作小説版『涼宮ハルヒの憂鬱』を読み始めました。

※原作小説版『涼宮ハルヒの憂鬱』の増刷分が入荷しましたので買ってみました。
 通勤と帰宅時にでもちびちびと読んでみますが、現在アニメでいう第2話の辺りを読むとアニメでのシーンを思い出してしまう(苦笑)。 原作のテキストを読んでますと、アニメ版は思った以上に描写とかが原作に忠実な感じも受けますね。

(5/12 0:10)

| | トラックバック (0)

『はぴねす! りらっくす』 7月28日発売

※『はぴねす! りらっくす』(ういんどみる)が7月28日に発売と決まった模様。

(5/12 0:10)

| | トラックバック (0)

ソフマップ広島店撤退後の地域市場は……

※6月に出る『プリズムアーク』というソフトが価格の高さがネックとなっててどのくらい需要があるのか悩んでる状況。 それから、やはりソフマップ広島撤退後の広島の市場がかなり流動的でまったく予測できないデス。

※そんな広島デスが、ソフマップ新潟店がファイナルイベントを開催するのに対して、 日本の僻地にあるソフマップ広島店は今の所まったく音沙汰がなく……静かに広島のオタの殿堂の一角は幕を下ろすみたいです(涙)。(新潟イベントの方は銀狼さんからレポをいただくかも~)

(5/12 0:10)

| | トラックバック (0)

« 2006年5月12日 | トップページ | 2006年5月19日 »