« 2006年6月9日 | トップページ | 2006年6月14日 »

2006年6月11日 (日)

6月10日深夜の『涼宮ハルヒの憂鬱』放映時間

※本日の広島ホームテレビ『涼宮ハルヒの憂鬱』第10話「涼宮ハルヒの憂鬱IV」は 広島とは関係のない試合の延長の為、30分遅れの2:35頃となっている模様です。
 録画の設定は余裕を持って置きましょう……。

(6/10 23:50)



| | トラックバック (0)

サークル情報

August Festivalへの合同誌の要綱についてですが、まだメールが届いてないので、B5サイズの原稿データで作成していきます。締めは15日でしたっけ?
 それからエンドーさんからのメールもまだ届いてない模様(汗)。

 niftyの迷惑メールフォルダー機能を使ってて、以上2件様のアドレスもセーフリストに登録済みなんですけど、なんかおかしい……

(6/10 23:50)


※締切日が6/18とのメールを戴きました。予想よりも数日延びてくれたかな。ともかくネタを仕込みつつ明日から下絵を始めます~。

(6/11 2:20)



新刊、6月9日に入稿しました。
新刊『今日のあけるり ミアのプリンセスホリデー』のカットより、
巻末にて最後の1つ前に描いてましたミア。
裏表紙以外では唯一のメイド服スタイル。

入稿する3時間ほど前になって髪を黒く塗ってみてます(汗)

サークル「犀の目工房」2006年夏(7・8月)
新刊『今日のあけるり ミアのプリンセスホリデー』
頒布額 いつもの仕様なので200円予定

August Festival 7月2日 大阪 スペースNO「カプチーノ 16」
◎コミックマーケット8/13(日曜 3日目) 東T-52a

| | トラックバック (0)

遠山 翠のメインヒロイン化に伴う追加設定

《基本設定》

・2月10日生まれ 血液型 B型
・156.6cm 84C/56/88
・CV 雅 姫乃さん

◎『テックジャイアン』2005年9月号
・好きな言葉は「早い者勝ち」
(脳みそホエホエさんによる応援イラストから)

◎『夜明け前より瑠璃色な スーパープレリュード』
・明るく前向き、少しあわて者。物怖じしない性格

◎『電撃G's Festival! Vol.2』
・人懐っこいが恋愛話は少々苦手。
・菜月とともにクラスのムードメーカー的な役割を果たしており、 2人そろうと漫才コンビと呼ばれるほどにぎやかになる。
・吹奏楽部所属で麻衣の先輩
・クラリネットのパートリーダーを担当

◎『瑠璃色クロニクル』
・達哉と菜月、フィーナのクラスメイト
・菜月と二人でクラス女子の明るい雰囲気を引っ張っている。
・普段からハイテンションだが、恋愛話となるとカチコチになってしまう。

◎『パーフェクトビジュアルブック』
・特技 クラリネット・漫才
・苦手 恋愛話・容姿をほめられること
・私服はカジュアルで気取らないコーディネート。 ミニスカートとノースリーブが外出着


《追加設定》

ARIA公式サイト
・ポニーテール化
・「嫌味が無くてさっぱりとした、ストレートに明るく元気なクラスメートです。 そんな翠も、進路希望用紙を前にして悩むところがあるようで……」

◎『コンプティーク』5月号
・「趣味系吹奏楽部に、どうしてこんな凄腕が在籍しているか?  こんな所を切り口に、ストーリーが進行していきます(榊原 拓さん)」
・「今回移植版として新たにデザインし直す際には、そのイメージ(元気)を更に膨らませることを念頭に置いてデザインを行いました(べっかんこうさん)」

◎『電撃姫』6月号
・いくら食べても太らない体質が自慢で、部活終了後は繁華街で甘いものを食べ歩いている。

◎『ドリマガ』6月号
・コンシューマ版にともなう思いきったヘアスタイルの変更は、 恋に奥手な自分を変えたくて……という切なる願いがあるようです。

◎『電撃G'sマガジン』7月号
・甘いものが大好きで、いくら食べても太らないうらやましい体質

◎『コンプティーク』7月号
・部活の後に、スィーツのお店巡りが何よりも楽しみ。
・3人家族で両親は音楽家。お手伝いさんを雇っている。
・翠の部屋は8~10畳の広さ。クラシック系CDが多いらしい。
※『スーパープレリュード』にて榊原 拓さんが「元気で、愛すべきおバカ(バカではありません)で、 まっすぐで、少し空回りをするようなキャラクター」と記されてましたように、 翠はハイテンションなイメージがついてました。 ロケットのようなスピーディーな髪型とか私服のアクティブさもそのイメージを後押ししてましたね。
 ただ、吹奏楽部とかクラリネットという設定は学園パートが少なかった分、余り反映されてなかったかも。

 そういったイメージは、PS2移植に伴うメインヒロイン昇格でリニューアルした姿によって覆る事となりました。
 ポニーテール化はむしろアクティブさを押すはずだったのですが、 私服のおしゃれな衣装はアクティブなイメージを抑えたんじゃないかなと思いましたね。
 しかしその後の追加情報では、いくら食べても太らない体質で甘党と、 菜月を挑発するには十分過ぎる危険球を備え(苦笑)、更には上品な私服でお茶らけたポーズを見せ、 根本的にPC版の頃とは変わりないと思ったわけデスが……。

『コンプティーク』7月号の記事より、実はお嬢様と呼ばれてもおかしくない生活をしている事が(ほぼ)判明したわけデス。
 更に音楽一家だということで、 PC版で不足してました彼女の音楽への関わりについて踏み込んでくるという期待感もありましたね。 恐らくはこの事が進路の悩みの一角でもあるのかもしれません。

 何はともあれ翠のリニューアルによって、 音楽という部分がクローズアップされると伴に、 アクティブさと育ちの良さというギャップが魅力として加わり、 いくら食べても太らない体質などのネタが投入されたという感じなんでしょう、今の所は。
 そんな感じなので、ネタについては早々に次の原稿で使わせてもらいます(苦笑)。

(6/11 1:40 という感じで翠の情報を整理してみました。)



| | トラックバック (0)

『コンプティーク』7月号

minori関係】

◎完全新作ショートストーリー連載スタート!
 第1章 宮村みやこ・前編「お騒がせアフタースクール」3P

◎『ef』PRIVATE ROOM 1P
・宮村みやこについて(鏡遊さんよりコメント)
・「しょーなみついしの味噌密度1000%」 Vol.1

◎宮村みやこ応援企画 2P
 初期設定画(制服設定・表情集みたいな感じ)が掲載。

◎8月号(7月10日に発売)では表紙に宮村みやこ再降臨
※連載ストーリーは予想通りというか予想以上にみやこさん、 紘を振りまわしっぱなしです。 みやこ一人称テキストは本人のテンションの速さからなのか、 若干展開の早さを感じてますね。しかし前半ラストの3行に受けました(笑)。 来月号での続きでは景も京介も巻き込まれていくんですな。

 庄名さんの4コマは……名古屋人? そいえば音羽市って愛知県に同名の地名がありましたっけ。

 8月号では表紙を飾るみやこさんですが“次号はもっと大胆な姿に”という事で、 夏は水着で海水浴かな~と。外見とか数値的に 脱ぐと凄いんデス♪ 着やせしてるみたいなので紘くんを頑張って悩殺してくださいな(マテ)。

※しかし今回も宮村みやこがメインですね。 第3章以降に付いての情報についても心待ちしております。
ARIA関係】

※既に別の誌面で掲載済みの翠とエステルの立ち絵・イベントCGが掲載。
 その他に、リースとエステルによるエステルの住まいの紹介や、 菜月による翠のお屋敷ご訪問レポートも。

“礼拝堂には高司祭のモーリッツ様と、貴女(リース)が住んでますね (エステル発言)”
“(お掃除は)お手伝いさんがやってくれるの (翠発言)”
“ご両親とも音楽家だもんね (菜月発言)”
 3人家族の翠の部屋は8~10畳の広さ。CDもたくさんありクラシックが多めらしい。

◎別冊付録『コンプH's』
・アニメ版「あけるり」イラスト
(ドレスに着替え中のフィーナ姫と制服に着替え中の麻衣。まずは上から着てます)
・監督の太田雅彦さんへのインタビュー
※翠の設定ってPC版からえらく追加されてる感がありますね。 食べても太らないとか、今回の「両親が音楽家」「お手伝いさんが居るような良家の一人娘」とか。

(6/10 23:50)



| | トラックバック (0)

雑誌『コンプティーク』7月号より『ef』のショートストーリー連載スタート

 (minori)
“イラスト:七尾奈留描き下し、物語:鏡遊+御影による書き下ろしによる、 『ef』のアナザーストーリーが展開してゆく予定”

(補足 Mini Chime:ちちゃいむさん6/8付)
原作:minori 著:鏡遊+御影 画:七尾奈留+庄名泉石 というメンバーで、4ページ。 まずは 「第1章 宮村みやこ・前編 お騒がせアフタースクール」


※広島市内でもメロンブックス・とらの穴で告知ポスター掲載(広島駅前の某所も10日に掲示)
※雑誌は今日買えそうですが、みやこがどんな騒動を(知らず知らず?)起して周りを巻き込んでいくのか どんな連載内容なんでしょうかね。
 その他、今後の『ef』の展開にも要注目です。

 ……新藤 景・千尋姉妹は6/2が誕生日だという事をコロッと忘れてたorz
 ただその時期は完全に修羅場モードで手が回らなかったとは思うけど(汗)。

(6/10 7:40)



| | トラックバック (0)

備忘録的にここ暫く買ったものをリストUP

・雑誌『メカビ』
・電撃文庫『ボクのセカイをまもるヒト』(2)
・『つめこみぱすてるういんぐ』 PASTEL WING:如月みっくさん
・同人誌『ハルはれ ミニ』 GUNP
・『ラグナロクバトルオフライン追加シナリオVol.3』

『メカビ』はテキスト量が多いので値段相応な中身かな。少しずつ読みます。 『セカイ』は ちょうど『涼宮ハルヒの溜息』読了でシリーズ読破したタイミングで購入。 ただ、挿絵に半裸状態が幾つもあったりしたのでバス通勤中読むのにハードル高そう。
 ういんぐさんの新作を昨日偶々見つけたので購入しましたが……対応OSがWinXPだけだそうで(汗)。 誰かWin98SEでチャレンジした方の反応求む(苦笑)。
『ラグナロク』は本体持ってません(ェ)。おまけの主題歌マキシCD目当てです。このCDだけでも値段分の元が取れたんじゃないかな。

(6/10 7:40)

| | トラックバック (0)

「夜明け前より瑠璃色な」に関する7つの質問

 (ADDB:エンド―さん 6/8付より)

1 アニメ化ってぶっちゃけどうよ?
2 PS2に移植されるけど…
3 新キャラクター「エステル・フリージア」ってどんな娘?
4「遠山翠」メインヒロイン化は当然の流れ?
5 翠の髪型はどっちがいい?
6 エステルと翠のえっちぃシーンを見たいですか?
7 エステルと翠を脱がすには…

(解答)

1)実際に見れない事には作品そのものの感想は述べられませんし、そうなれば第3者からの反応でしか受け取れないかも。なのでまずは広島での地上波放映を(結局そっちかい)。

2)販促物を是非とも(苦笑)。デモDVD戴けましたら確実に店頭上映の場所を用意します。 と、仕事的な反応をしつつ。
 新キャラクター関連だけでなく原作PC版からも追加要素があるらしいし、 サブキャラ登場機会が増量っぽいから、 PS『ToHeart』の用に根幹的な基本要素は残しつつも上手く全面アレンジだったら新しい気分で楽しめるかな~と思ってます。
 それからPC版では余り語られる事の無かった月の国教「静寂の月光」について掘り下げていくかについても注目してます。

3)表情のやや硬い印象は知能指数の高さの現れでしょうけど、司祭という役柄ですから、また違った柔らかい面も見られるんじゃないかなと思いますね。

4)いや正直、『あけるり』は学園パートの要素が少なかったと思うので、翠のヒロイン化は可能性のレベルにしか思ってなかったかも。
 翠ヒロイン化で、もう少し学園での場面が出てくるといいかな。

5)ポニー派。ただ、キャラクター的に天ヶ崎美琴との差別化を図らないといけないとは思いますね。その辺りの成果はPS2版待ちです。
 それから旧髪型との関連性を組み込むか(髪形が途中で変わるとか)にも注目してますね。

6)エステルの声優さんには是非とも声がよく似た生き別れの姉妹さんが居る方(色々と大人の事情)を希望。翠は場所はもう当然学校で(爆死)。麻衣とセットとかも(マテ)。
 それとカレンさんも宜しく(マテ)。

7)エステルと翠を脱がすにはどういった媒体でですか。
『バイナリィ』要素をプラスするならまだしも、『あけるり』1本だけでファンBOX2は (需要は高いし売れるとは思うけど)さすがに時間サイクル的に早いかな。
 なのでアペンドディスクというふぁんBOX級よりももう少しお手軽なもので市販されて欲しいです。

※追加要素的にはもう少し学園パートを増やして……ついでに季節に合わせてプールイベントなんかを置いて欲しいですね。
 それから、背景にも人が居たり居なかったりを使い分けて見るともう少し生活臭を感じるんですけど。ウチ的な解釈では背景に人が居ないのは描かれている(目の前に居る)キャラクターに注視してる事を強調していると見てますが。

(6/10 0:00 解答は「ADDB『ねとらじ』転載OK」ッス)

| | トラックバック (0)

« 2006年6月9日 | トップページ | 2006年6月14日 »