« 2006年7月5日 | トップページ | 2006年7月10日 »

2006年7月 8日 (土)

大雨でパソに触れません。

※広島は只今、大雨洪水警報中。21時前の天気予報でも山口県から大雨の固まりが西進してまして、雷鳴も時折きてます。

つまりはパソに触れない状態デス。イラストの仕上げも出来ないって(涙)。
だから携帯からカキコしてます。


広島は今夜がハルヒ最終回。停電しないでくれ〜。
『はぴねす!りらっくす』をメロンで予約〜。あと、瑞穂お姉さまと貴子さま本が虎に入荷してましたんで迷わず購入。

| | トラックバック (0)

『ef -First Fan Disc』 8月25日発売

 (ラッセル様商品情報詳細ページ)

 minori
 8月25日発売予定  定価 2625円(税込)

◎全年齢向け
 (12月発売の本編『ef-the first tale』は18禁です)

◎PCゲームパート
 本編へ続く「プレリュード」を本作(FFB)用に書き下ろし
 このパッケージにてキャラクターヴォイスが初公開

◎小冊子「Prelude to a fairy tale」
 登場人物説明
 音羽市の解説
 雅 樹里さん描き下ろし漫画

◎キャラクターのメッセージヴォイス
(CD-ROMのハイブリットCD AUDIO仕様で収録)

◎キャラクタースタンドポップ

◎B5書籍サイズBOX仕様のパッケージ

ゲーム攻略への道:NEKOx2さんトコでも夜に入って情報が上がってますが、なんかもうここ数日の情報の受容が追い付けない状態の上に新たなる燃料が投下されてもう大変です(汗)。
(というかこちらも仕事で夕方頃に知ってはいたのですが、どこまで公にしていい情報であるのか判別できず、保留して様子見しようと思ってたし……帰りのバスの車中、心臓がバッコンバッコンと興奮してましたが)

『はるのあしおと』の更なる上を期待してて待ちきれない同志minori信者の方はもちろんというか当然、『はるおと』してないけどどうなの?というあの演出表現未体験な方なら、アルバムCDよりも若干安い価格ですし、従来の表現手法とどう異なっているのか、どこまで『はるおと』の表現手法を発展させているか、この最初の『ef』で触れてみましょう。

 個人的な希望では、よくある1000円台のプレリュー本よりも値段に見合ったボリュームのコンテンツが欲しいなあと言う事ですね。冊子もそう言う意味では既に出てる設定ラフだけでなくもう少し踏み込んだ物(未掲載の素材)を出してくれたら、更ににイベントで配布された資料のペーパーも収録して欲しいなぁと思います。

 で、まだ『コンプティーク』買ってないから誌面の『ef』特集記事は見てないんだよね。どんな内容なんだろ……。

 FiRSTRoN:Faxiaさん、ラッセルのページに詳細出てますので宜しく~。

(7/7 21:35)

※後日、『ef -First Fan Box』 から『ef -First Fan Disc』 とタイトル変更されてます。

| | トラックバック (0)

7月7日は那波様の日

水月暦 -すいげつ-こよみ 水月暦 -すいげつ-こよみ(ななみんver.固定バナー)


ν那波

あと、正面からの構図が欲しかったんだけど
どうしても『さくらむすび』壁紙集の
可憐イラストと構図が似てる気がする事が
頭をよぎってしまうのは、
やはり長い黒髪だからでしょうか……

それから、履いてません。
Tシャツからシルエットだけ透けさせてます(w

7/8 線画をUP 主に手のしぐさと髪を修正してます。
 仕上げはまだ掛かるorz

7/12 遅くなりましたがやっと仕上げました~。
 やはり原作でのあのシーンが印象的だったから
 それを描いて見たかったんです。正面からという構図も。
 もう少し暗くしてみても良かったかもしれないですね……

7/12夜 部分的に修正。肌の色も落としてみました……


Chia'sへようこそ!のさあのちあさんと、 PNOグループのはせ☆裕さんは今回動くかなぁ……(期待あげ)。

(7/7 7:50 というかこれから出勤(汗) )



※さあのちあさんがトップ絵に黒ビキニなνななみんを公開されてます~。  というか微妙に鶴屋さん化@ハルヒしそう(苦笑)。

(7/8 6:20 こちらはまだ描いてます(汗) )



※はせ☆裕さんも公開されてました!!
 那波様と言うとやはり水浴び。夜だから御身体がまぶしいです(お尻と胸に目が行くのは…男のサガ(爆死))。

『水月』は永遠です!! ただ、花梨ファンディスクなんかは絶望的ですがorz

 しかしタマ姉@TH2Xも描かれた上にこちらと、イラストの作成ペースがえらく速いですね。 うちはまだ下絵で、これから出勤前に線画にする所と出遅れ過ぎ(汗)。

 君のぞにゅーす:どん♪さんからも紹介されてます。

(7/8 6:50 七夕とお月見を混合していたのはここだけの秘密だ )



※出勤前に線画を何とかUPしてます(汗)。
 髪の流し方の他、 手のしぐさなど修正。手はもう少し立体的な感じにしたいなぁと自分の手を見ながら色々直してました……。
 線画の修正を帰宅後に進めていけば色塗りも今夜から開始できそう。でもまだ数日掛かるorz

(7/8 7:45 背景をどうしよう(汗))




君のぞにゅーす:どん♪さん経由で くるくるむーむさんトップ絵に七夕のナナミ様。
 ナナミ様の衣装が丁寧に描かれてます~。髪飾りなどの装飾全てを描き切るのって大変ですから凄い力作です(自分もかなり前に描いて大変でしたよ)。
 くるくるむーむさんのサイトのリンクを結構前にロストしてたのですが移転されてたんですね。


※忘れてしまった方の為の、初めて知る方の為の
 「ななみん」見分け方ミニ講座

◎牧野那波
 『水月』本編メインヒロインであるちょっと不思議な感じの盲目の少女。やや病弱。
 ごく稀に、主人公・透矢と二人っきりになった時にナナミという人格が現れ迫ってくる事があった。
◎牧野那波
『水月』那波シナリオのラストにも登場するもう一人の那波。「ななみん」「ν那波」などと区別されます。
『水月』の那波とは完全に同一人物ではなく(解釈論で並列世界説とかループ説とか色々とあったと記憶してるのでウチも上手く説明できないけど) 幾つか階層的に存在するとされる世界のひとつにおける那波。
『みずかべ』メインヒロインの一人であるこの那波は、 不思議な感じの少女ではあるが盲目ではなく一転して明るく振舞っている(やや幼い性格?)。
◎ナナミ様
 舞台である那波町で昔から伝えられている女神。 海から漂着した不思議な能力を持つ異国の少女だとされる。
 透矢は、度々このナナミ様を弓で射らねばならない夢を見る事があり、 この事と事故による記憶喪失が起因して、弓道が全く出来なくなってしまう。
 時々、那波町でその姿の目撃例が報告される事があるという。
◎七波
 昔、今の那波町に住んでいたとされる男で漂着した異国の少女を保護した。 弓の名手でもあった。
◎ナナミ
 透矢の父親が子供の頃に山に迷い込んだ際に出会った謎の少女。 または透矢が子供の頃に山に迷い込んだ際に山の中で出会った女性。マヨイガの住民。
 隠れ里が破壊された際に那波の父親である牧野健司が連れ出したとも言われる。
※と、5人のナナミが『水月』『みずかべ』に登場します。(ちょっと調査中……)

(7/9 1:55・9:00)



※イラストは12日午後に一旦仕上げて公開、それから晩にもう少し手直ししてました。

 肝心な日から5日も過ぎての公開なんで申し訳ないというかなんというか(汗)。 でも、下絵を描く段階からイメージしてました「月夜をバックに身体を透かして立っている那波」 というものを(自分のレベルの程度でですけど)どうにか形に出来たかなと思います。
 服がちょっと透け過ぎですか(爆死)。一応データとして素体もありますよ(苦笑)。
 とはいっても、どうにか天の川を背景に描けないかなぁとも少し考えてます。

 で、描いた那波なんですが、イメージ的には先の4人のどれでもあり、どれでもないという 曖昧な存在。

(7/14 0:20 あ、1週間過ぎてしまった……)



しかし……先に下絵を紹介されたからか、丸1日の間、今回のイラストへの反応が皆無だったという辺り、 ウチなんてこの程度なんだろうなぁと思ったりしました。もとより現状のレベルではイラストサイトとは全く認識されてないんだしorz

(7/14 0:20)




| | トラックバック (0)

« 2006年7月5日 | トップページ | 2006年7月10日 »