« 2006年8月27日 | トップページ | 2006年8月30日 »

2006年8月28日 (月)

オフィシャルファンブック『涼宮ハルヒの公式』

 (角川書店 8月下旬発売  広島で8/27に購入)
◎描き下ろしピンナップ
 表:いとうのいぢさん 水着のSOS団
 裏:美樹本晴彦さん 眼鏡長門のいる部室

◎《SOS団コンプリート Part.1》 14P
 雑誌向けイラスト19枚

◎《SOS団団員及び準団員名簿》 15P
・各衣装の全身絵
・表情集
・人物紹介
・コメント
・各話でのアクション解説(SOS団団員のみ)
・みくるにはコスプレギャラリーも(笑)

◎《SOS団ハルヒのつぶやき1》 1P
「県立北高校1年5組座席表(席替え後)」
 全30名の設定画と名前など。ここでしか見えない人間関係なんかも。
 
◎《SOS団活動全記録 Part.1 「第1話~第7話」》 17P
・シーンの画像
・各話ストーリー
・各話解説
・《この話「ココ」に来なさい》 ちょっと注目
・《今回の》ゲストとか小道具とかムシとか
・《涼宮ハルヒの情熱》 ツンデレグラフ
・次回予告のセリフ

・《SOS団楽曲大全》
 OPとED映像のカットとコメント

◎《SOS団特別ミーティング》 8P
・後藤邑子さん×平野綾さん×茅原実里さん 4P
・杉田智和さん×小野大輔さん 4P

◎《SOS団ライブレポートin日本武道館》 1P
 紹介と写真4枚

◎《SOS団トリビュート》 6P
 pacoさん、西又葵さん、武蔵屋長元坊さん、
ベンジャミンさん、流瀬剛さん、
後藤邑子さん(みくる!)、美樹本晴彦さん

 後藤さんは“白シャツ+タイトスカート…バンザイ!!”などコメント
 美樹本さんにはインタビューとボツカットも

◎《オールアバウトSOS団》 12P
・部室 内部解剖
・《SOS団のいる世界【美術設定】》
 教室、校舎、通学路、商店街、公園、駅
・《SOS団・絶対!薀蓄用語集》
『学校を出よう!』といった登場した書籍なども項目化(全て?)
 4Pみっちり文字
・平野綾画伯PRESENTS《ねこマンHISTORY》
 みくるちゃん艦隊のブリッジクルー設定画も

◎スペシャルコミック《涼宮ハルヒの番外》 4P
 コミック版のツガノガクさん描き下ろし4コマ4本

◎《SOS団関係者インタビュー》19P
・監督:石原立也さん×シリーズ演出:山本寛さん 4P
・賀東招二さん×谷川流さん 8P
・いとうのいぢさん 4P+カラー見開きイラスト

◎《SOS団アイテムコレクション》 4P
 小説・コミック(黒歴史除く)・DVD(2本目まで)・CD
 衣服とか色々なグッズ

◎《SOS団ハルヒのつぶやき2》 1P
「SOS団のホームページを見に来なさいっ!」
・各コンテンツとギミックの解説
・公式HP製作者:籏野篤さんインタビュー

◎《SOS団活動全記録 Part.2 「第8話~第14話」》 15P

◎《SOS団ハルヒのつぶやき3》 1P
「涼宮ハルヒの順序」
 各話の時系列的な順序

◎《SOS団コンプリート Part.2》 7P
 雑誌向けイラスト7枚
※税込価格1260円ですが、なんというかまだテキスト読み切れてないんですが(汗)。
 だからどういったコメントがあるかとかは実際に手にとって見てくださいな。 ウチはコレから読むんで~(苦笑)。

 各話のカットに付いてはもう少し大きいカットをたくさん載せて~(大中小と掲載)と思ったりしましたが。 それと鶴屋さんと朝倉さんのコーナーをもう少しッって言う要望もありそうかも。

 クラスの設定に付いては、「阪中」が『ワンダリング・シャドウ(涼宮ハルヒの憤慨 収録)』に登場している他は……出てるのっていたっけ?  クラスの女子の派閥とか恋愛思慕関係、交遊関係に部活情報、誰がモテてて誰が朝倉の匂いを嗅いでいるか(ェ)、 色々見えてこない事が判ってしまいます(とりあえずDVD2巻の朝倉転校と先生が言う朝礼シーンを見てみよう)。

 グタグタ書いてますが……『涼宮ハルヒの憂鬱』にはまった人なら迷わず買ってしまえって事です。 1260円ならマキシCDと同じくらいの値段だし財布も大丈夫っしょ。

※DVD発売のスケジュールを考えると、全14話放映でDVD第0巻だけ1話収録だから……最後の巻は14話だけになるんですよね。 ここにもしかすると新規で1話追加とか?

(8/28 1:15)


◎《SOS団・絶対!薀蓄用語集》に載っている書籍等

2話 ハルヒ 『コンプエース』05年11月号
2話 ハルヒ 『コンプティーク』vol.4(05年11月発売)
2話 長門 『ハイベリオンの没落』 ダン・シモンズ
3話 長門→キョン 『ハイベリオン』 ダン・シモンズ
3話 長門 『暗号解読』 サイモン・シン
4話 SOS団部室 『MASTER OF SPACE』 架空
4話 SOS団部室 『宇宙力学』 架空
4話 SOS団部室『素粒子論』 架空
5話 キョン 『学校を出よう!2 I・My・Me』 谷川流
5話 キョン 『しあわせの青い鳥』メーテルリンク
6話 長門 『衣装戸棚の女』 ピーター・アントニィ(合成名)
7話 コンピ研部室 『明日へピンポンダッシュ』 架空
7話 コンピ研部室 『エマンゲリビョン 絵コンテ 一巻』 架空
7話 コンピ研部室 『改訂新版パソコン用語辞典』
7話 コンピ研部室 『失踪日記改』 架空(元は吾妻ひでお著作)
7話 コンピ研部室 『中南米の歩き方』 架空(元ネタ=地球の歩き方)
7話 コンピ研部室 『電卓男』 架空(元ネタ=電車男)
7話 コンピ研部室 『ニート革命~もう働きましょう』 架空
7話 コンピ研部室 『歯上言論』 架空(元ネタ=波状言論)
7話 長門 『膚(はだえ)の下』 神林長平
9話 長門 『グランドフィナーレ』 阿部和重
9話 長門 『蹴りたい背中』 綿矢りさ
9話 長門 『赤頭巾ちゃんに気をつけて』
9話 SOS団部室 『ドラゴン☆オールスターズ』 富士見書房
10話 SOS団部室・みくる(大) 『白雪姫』
11話 長門 『スターブレックス』原書 ロバート・J・ソウヤー
12話 1年9組の演劇 『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』
  トム・ストッパードの戯曲


◎《なに読んでるの? 長門さん
 (第弐齋藤 土踏まず日記:齋藤光治さん)

2話 長門 『ハイペリオンの没落』ハードカバー版 ダン・シモンズ
3話 長門→キョン 『ハイベリオン』 ダン・シモンズ
3話 長門 『暗号解読』 サイモン・シン
4話 長門 『哲学者の密室』 笠井潔
4話 長門 『オイディプス症候群』 笠井潔
5話 長門 『精神現象学』 ヘーゲル(推測)
5話 キョン 『学校を出よう!2 I・My・Me』 谷川流
6話 長門 『衣装戸棚の女』 ピーター・アントニィ(合成名)
6話 長門 『麻雀放浪記(一) 青春編』 阿佐田哲也
7話 長門 『膚(はだえ)の下』 神林長平
8話 長門 『衣装戸棚の女』 ピーター・アントニィ(合成名)
8話 長門 未確認書籍
9話 長門 『グランドフィナーレ』 阿部和重
9話 長門 『蹴りたい背中』 綿矢りさ
9話 長門 『赤頭巾ちゃんに気をつけて』 庄司薫
9話 SOS団部室 『ドラゴン☆オールスターズ』 富士見書房
10話 長門 未確認書籍
11話 長門 『スターブレックス』北米版 ロバート・J・ソウヤー
12話 コピーバンド 『デトロイト・メタル・シティ 1 (1)』 若杉公徳
14話 長門 未確認書籍 5冊
14話 キョン 『ハイベリオン』 ダン・シモンズ


※放映時に話題になってました《なに読んでるの? 長門さん》はリアルタイムでロムってました(苦笑)。

『学校を出よう!2 I・My・Me』が出たと知った時は広島での放映時に食い入る様にキョンを観察してたよ。 『学校』シリーズでもこの巻は、5・6巻の連作とともに個人的に大変なお気に入りで、 最初に購入した(!)第2巻は、これを読んでなかったら谷川作品は元よりライノベにすら手にする機会がなかったかと思います。 今回のウチの夏コミではコレをネタとした短いのを予定して落としてますが(汗)。

 それ意外の書籍についての言及は……『波状言論』の『美少女ゲームの臨界点』と 『コンプティーク』『コンプエース』ぐらいしか所持してないし読んでないから、 どうもコメントしにくいデス。

 で、『ハルヒの公式』の用語集に第4話『退屈』関連の書物の記載がないのが謎です。 題名の一部が判読できるか否かが掲載の境界線っぽいデスね(『スタープレックス』は辛うじて?)。
 それと第6話『孤島症候群 前編』で、SOS団の面々とかが麻雀打っている側で『麻雀放浪記』を読んでいるとはね(苦笑)。 きっとその能力に麻雀のスキルをダウンロードしていたのでしょう。彼女を囲んでの一戦にはご注意を。

 ミロラド・パヴィチの『ハザール事典』(東京創元社)といったマイナーなのが出ないかなぁとか、 製作の方に送ったら使ってもらえるのかなぁとかは妄想したけど(実行してません)。

(8/28 18:50・20:55)



※28日に寝る前に読んだ《SOS団関係者インタビュー(監督:石原立也さん×シリーズ演出:山本寛さん)》にて以下の記述が
石原さん“(物語の中で長門が読んでいる小説は)原作に出てくるものを選んだものと、 谷川さんのチョイスですね。ちゃんと物語にふさわしい作品を選んでもらってます”

山本さん“アニメを作っている頃に「ザ・スニーカー」で「長門有希の100冊」という特集をやってたんです。 そのままというのも味気ないので、新しいものを加えることで決まっていきました”


「長門有希の100冊」
 小説誌『ザ・スニーカー』2004年12月号の特集
 CAXの日記さん所にそのリストが

※その中でアニメで登場する本と著者
神林長平 (『猶予の月』)
R・A・ハインライン (『世界SF全集12』)
『精神現象学』 G・W・F・ヘーゲル
『暗号解読 ロゼッタストーンから量子暗号まで』 サイモン・シン
『オイディプス症候群』 笠井潔
『衣装戸棚の女』 ピーター・アントニイ
 ウチが言える事は……どれひとつ読んだ事がないって事か。 そして、アニメ製作の段階で登場書物の選定は済んでたんですね。
『長門有希の100冊』についてもアニメ放映時に話題に上がってましたが、これ雑誌の特集だったんだと知ったのは今回のインタビューでです。 相変わらずアンテナ低いです……。

 読んだ本がないとしてますが一応、「資料「ネクロノミコン」の歴史」を読むために買ったラヴクラフトの『ラヴクラフト全集5』なんかは持ってるな。

 それと気になったのは、これら“彼女がおすすめの100冊”を長門自身がいつ読んだかかな。 恐らくその書から得られる知識とかスキルがそのまま身体の中にマスターされるはずだから。
 雑誌の発売時期が04年秋頃だから、小説では04年10月発売の『涼宮ハルヒの暴走』と05年4月の 『涼宮ハルヒの動揺』の間、エピソードの時系列では
 8月 暴走「エンドレスエイト」
 11月 暴走「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」
 11月 動揺「ライブアライブ」
 11月 暴走「射手座の日」
 12月 動揺「ヒトメボレLOVER」
 12月 暴走「雪山症候群」
 12月 動揺「猫はどこに行った?」
 1月 動揺「朝比奈みくるの憂鬱」
(参照:MOONPHASEさんの雑記「涼宮ハルヒの憂鬱」時系列)
の辺りですが、幅が広いな(苦笑)。
 更に言うと「エンドレスエイト」で 一万五千四百九十七回のシークエンスがあったなら、 ループを自覚していた(数えられた)長門はこれらの本を読むことぐらい朝飯前だったかと思いますね。となると、 推測で一万五千四百九十八回目の8月の「エンドレスエイト」にて長門は本の内容をマスターしたと言えるのかも。

(8/29 10:30)



※県立北高校1年5組の人間関係

【女子グループ】
◎剣持・西嶋・瀬能 ⇒手芸部の仲良し3人組
◎高遠(ソフトボール部)・葉山(水泳部)・由良(吹奏楽部)
◎日向(女子レスリング部)・鈴木(バレーボール部)・柳本(新体操部)
◎阪中(コーラス部)・大野木(茶道部)・成崎(美術部)・佐伯(コーラス部)

【男子グループ】
◎後藤(学級委員)・豊原(吹奏楽部)
◎谷口・国木田・キョン
◎中嶋・吉崎(美術部) ⇒五目並べ仲間

【交遊】
◎剣持・鈴木・瀬能 ⇒榊が好き
◎葉山・後藤 ⇒交際中
◎垣ノ内(将棋同好会) →瀬能が好き
◎阪中 →ハルヒと仲良くなりたい
◎柳本 →ハルヒが苦手
◎山根(アイドル研) →朝倉の匂いを嗅いでいる
◎松代 →後藤と豊原の仲を検索
◎榊(グリークラブ) →女子にもてる
◎谷口・国木田 →ハルヒに使われる事がある
◎ハルヒ・キョン ⇒「涼宮の一味」と見られている
◎朝倉 →誰からも好かれる
※谷口もイイ線いってるんだが……このクラスでの女子の一番人気は「榊」らしい(総意ではないけど)。 その他見た感じで人気ありそうな男子と比べると、 ワイルドさでは手島に劣り、まじめさ(勤勉さ)ではそのスキルが他に当てられ、 そしてスポーツでもポイントもなく…… 谷口の説明にあるスキルが「ナンパには一家言ある」だけだしなぁ(涙)。
 それすら成果がないらしいから(文化祭とか)特段さがない。 ハルヒに憶えてもらって使われているだけマシかも(苦笑)。

 それとちょうどDVD2巻を見てて気付いた「山根」と言う存在について。
 朝倉がカナダへ転校という(実際は消失)事を担任が報告した際に、 「理由も告げず転校していく女子」という突発的異常事態に狂喜したのがハルヒで(笑)、 愕然として思わず立ちあがっていたのがこのアイドル研の男であった(苦笑)。

 クラスの設定についてここまで組まれているのなら、実際の放映内容での教室風景でもそういった人間関係を見ることが出来るのかもしれませんね~。 とりあえずウチは手元にあるDVD2巻でしか手軽に見れないんだが(他はビデオテープに)。

『ハルヒの公式』の《SOS団活動全記録》を見ると、第2話の項でクラスメイトの様子が見れます (ナゼか成崎と由良というクラスで二人だけのメガネ娘ばかりがアップですが)。

(8/28 23:40)



| | トラックバック (0)

DVD『涼宮ハルヒの憂鬱』第2巻

※DVD『涼宮ハルヒの憂鬱』第2巻限定版買ってきました~3日間も買うか迷ってたんですが(苦笑)。
 一応ビデオで録画したのもあるんだけど、部屋にビデオデッキがないんだよね。 だから、朝倉と長門のバトルシーンを手軽に見るために購入。

 長門の宇宙人的告白とともに始まり、みくるが未来人であること、古泉が超能力者である事を告白する 『憂鬱III』。そしてキョン殺害という強攻に出た朝倉とそれを阻む長門との超異次元バトル、 そして朝比奈みくる(大)の登場という『憂鬱IV』。
 ……実は両方でみくるに実年齢を訊こうとする失礼なキョン。 そして「禁則事項です」とはぁとで返すみくる(笑)。
 それと、この二話だけでもキョンの怪セリフが結構あるんですね、「特盛りッ!!」とか。

(8/27 23:45 持ってるのはこの巻だけ)


※やはり色々とTV放映版に追加がなされているみたいです。

 出たとこBlogger:花盗人さん 8/24付

 追加カットとか修正とか……キョンのMIKURUフォルダ(笑)とか。あ、あと見てみるか(笑)。
 追加の方は何となく見たことないなぁと思った、 こけるみくるとか、それを起していい雰囲気のみくると古泉とかむっとするキョンとかがやはり追加だった事がわかりますね。 しかしカバンとかの修正は間違い探しのレベルの難易度かと(苦笑)。ちょっとでは気付かないですな~。

(8/28 1:30)



| | トラックバック (0)

某所に宮村みやこのイラストが(苦笑)

※出勤したら、エロゲコーナーに設置された身分証についての案内を見て吹いた!!
 いや確かに達筆でその案内を書いてくれとは前日に言ったが……
 『ef』の宮村みやこをなぜ描いてる!?
 ウチの描くのよりもよいんデスがorz セガフリークの娘の予想外の特技か……

 とまぁ、そんな訳でこの注意書き、持って帰ったらSATSUGAIです。ないと困る。

(8/27 23:45)



| | トラックバック (0)

醗酵したかもしれないポカリと少女病『reverence』

※昨夜22時から今朝6時半までベットに落ちてました。
 あ~それと、高温の部屋に放置したポカリって微炭酸になるのね。 寝る前に喉が乾いてて何とか飲んでしまったんだが(→翌日、アルコールでも少し飲んだかのような状態でしたorz)。

 まだ頭がボーっとするけど、コレから出勤デス。次の休暇は28・29日だよ、あと少しだ。


※それと、夏コミ4日目にショップで常時リソース不足のセンセイさんと一緒に買いました少女病さんのCDアルバム『reverence』をその日以来ずっと通勤中に聴いてます。

“Take me high”だけでもレア過ぎてウチ的にヒットなんですが、東京から離れていく夜行長距離バスで聴く “夏草の線路”から“Imaginary Affair”への並べ方は製作者が狙ったとしか思えないくらい泣きそうになりました。 夏コミ後の帰りに聴いた方も同感じゃないかな。
 もう一方のCDも買ってますけど、取り上げたCDの方にお気に入りが多いかなと思う。

『reverence』ではその他、これまで馴染みのなかった“birthday eve”“Undying Love” も良い感じで、同時に元曲も気になってしまった。
“birthday eve”は重層な感じでそれがシリアスさを煽ってます。
“Undying Love”なんかは個人的にはYMOに近い耳障りある旋律(テクノポップ的?) をバックにしていた頃のI've音楽みたいですね。
“夏草の線路”はピアノの旋律だけの溜めから加速していくという流れだけでも何をイメージしてアレンジされたのかが思い描けてしまう、 ここ最近聴いた中でもベストに押せる曲です。

 とにかく、このCDを聴く割合が同人CD『パンダさんようちえん』『APPLE TREE』 『MATERIAL FULLMOON』以来の高さになりそう。

(8/27 7:50 ではお仕事に~ 23:45追記)



| | トラックバック (0)

« 2006年8月27日 | トップページ | 2006年8月30日 »