« 2006年9月22日 | トップページ | 2006年9月28日 »

2006年9月23日 (土)

PS2『夜明け前より瑠璃色な』応援バナーが公開

 (ARIA)
 フィーナ、ミア、麻衣、菜月、さやか、リース、エステル、翠の8種類
※200×40ピクセルサイズのも欲しいですorz サイズを調整しないと横に設置しづらいのですよ。 では誰を設置するかなぁというと……「遠山 翠」かな。

(9/23 22:55)



| | トラックバック (0)

《もし、TVドラマ『PrincessHoliday』を朝霧家で見ていたら? 》(オタサガさん記事)

 (オタサガさんの23日記事)

※「地球では陽気で元気でお転婆なお姫様の方がいいのかしら?」とフィーナ姫が話題を振ってきそうな気がしますね。

※それよりもドラマCD第6巻に意外な人物(教団の女の子:佐本二厘)が登場ってマジですか!?

(9/23 22:55)



| | トラックバック (0)

第4回《そして歌が生まれたトップ10》 雑誌『PUSH!』11月号記事

 (第4回は『PUSH!』9月号のハガキにて投票 8月中旬締切)
第1位 (243票)
 鳥の詩 『Air』

第2位 (75票)
 THIS ILLUSION 『Fate/stay night』

第3位 (68票)
 ダ・カーポII~あさきゆめみし君と~ 『ダ・カーポ2』

第4位 (61票)
 未来への咆吼 『マブラヴ・オルタネイティブ』

第5位 (57票)
 Rumbling hearts 『君が望む永遠』

第6位 (55票)
 Face of Fact 『BALDER FORCE』

第7位 (54票)
 Lapis Lazuli 『夜明け前より瑠璃色な』

第8位 (45票)
 Fatally 『デュエルセイヴァー』

第9位 (37票)
 ダ・カーポ~第二ボタンの誓いと~ 『ダ・カーポ』

第10位 (30票)
 Mirage Lullaby 『SHUFFLE!』


“30位以内は1票を争う大混戦”

※来月以降に分析という事なので、ベスト30の発表は来月号以降の模様……


《データ》

◆《第3回⇒第4回》

・鳥の詩 1位→1位
・THIS ILLUSION 5位→2位
・Rumbling hearts 5位→5位
・Face of Fact 10位→6位
・Lapis Lazuli 3位→7位
・Fatally 7位→8位
・Mirage Lullaby 8位→10位


◆《第4回》までの1年間に登場した新規タイトル(曲)
・『マブラヴ・オルタネイティブ』
・『ダ・カーポ2』
※『夜明け前より瑠璃色な』は発売前(第3回投票受付前)に“Lapis Lazuli”が公開


《参照》

◆《第3回》 (過去ログより)
1位 鳥の詩 150票 『Air』 (04年度2位)
2位 divergent flow 78票 『月は東に日は西に』
3位 Lapis Lazuli 60票 『夜明け前より瑠璃色な』
3位 魂響 60票 『魂響(たまゆら)』
5位 THIS ILLUSION 54票 『Fate/stay night』(04年度1位)
5位 Rumbling hearts 54票 『君が望む永遠』
7位 Fatally 51票 『デュエルセイヴァー』
8位 Mirage Lullaby 48票 『SHUFFLE!』
8位 秋色 48票 『秋色恋華』
10位 Face of Fact 45票 『BALDER FORCE』

19位 jewelry days
21位 虹の彼方へ
Mini Chimeのちちゃいむさんからランキングが載っていると訊いてたから、 雑誌買ってページ開くまで大変楽しみにしてたんですが……30位まで一気に結果発表して欲しかったですorz

 にしても“鳥の詩”が強えぇ。票数も伸びてるし。
 アニメも去年の事だから一息ついてもおかしくないのにこの勢いがあると言うのは、 曲そのものの支持が神格化されているからなのか!?

『Fate』の主題歌は未プレイな自分も結構好きですけど、 誌面コメントにもあるようにアニメ化の影響が強いでしょうね。
 ソフトも未だに売れつづけてる(度々追加発注ですよ)上にこの冬にはPS2版発売が控えてますから、 来年でもベスト10入りは間違い無いかも(早っ)。

 第3位は曲自体聴いてないからなんともいえないけど、 “第2ボタンの誓い”は確かに良い曲ではありますね。個人的には挿入歌の方が好きでしたが。 そのダカーポのベスト10入りも……何が要因なのかは判明できず。

 そして意外だったのが“Lapis Lazuli”のベスト10入りだったりします。
 いや確かに“Eternal Destiny”についてはキビシ目に見てはいるものの、 それでもノリの良い節なんかは榊原さんの歌声もあいまって聴き心地は良いんですけどね。 でもそちらではなく“Lapis Lazuli”がだなんてちょっと予想しなかったです。


 で、ウチは『はぴねす!』の“ZERO”に投票したんですが……ベスト10位に入らなかったorz  ベスト30位には入っていると信じつつ、更なる解析はウチも来月以降に持ち越しとなります……。


※今年始めに書いた2005年にウチがよく聴いていた音楽ランキング では『はぴねす!』の順位が『あけるり』より低めですけど、 こちらではCDアルバム(編集含む)とかDVD-VIDEOといったメディア単位での個人的ランキングなのですよ。 曲単位でもしとけばよかったな。

 ちなみに今年の状況ですが……夏コミ後にアキバで買いました少女病さんのCDアルバム 『reverence』がCDプレイヤーに連続41日搭載されているので、今後の購入予定CDがない事を考えると2006年度1位になる可能性が高いですね。 “Undying Love”(『ALMA ~ずっとそばに…~』)が特にお気に入りになってきてます。

(9/23 21:55)



| | トラックバック (0)

雑誌『PUSH!』11月号 AUGUST・ARIA記事

◎《AUGUST's ARIA》

◆“妹系ヒロインの魅力に迫る”

・諏訪奈都子 (バイナリィポット)
・シルフィ・クラウド (プリンセスホリデー)
・渋垣茉理 (月は東に日は西に)
・朝霧麻衣 (夜明け前より瑠璃色な)

※シルフィ以外の3人は各作品での人気投票で第2位。そしてシルフィは第1位です。

◆PS2版情報

※初回限定版や予約キャンペーンの内容に付いては既に発表済み。
 ただし、限定版同梱物のカレンダーは「2007年度」版に変更されてます。

◆毎月1枚リリース『夜明け前より瑠璃色な』ドラマCD
 (第6巻 リース編)
※全キャストへのインタビュー。
※付録DVD‐ROMに1巻から最新最終の6巻までのCM音源が収録。


◎《業界電波発信基地》

※オーガストの枠(日本オーガス党)には大型ケース一杯のアイスを抱えてご満悦の麻衣のイラストが。
※っていうかそんなものをお腹に抱えてたら腹を壊しそう(笑)。 そ言えば夏コミ後に東京駅地下で杏仁ソフトクリームを食べて以来、そういったのを食べてなかったりする。 せいぜいラクトアイス。
 日本オーガス党(笑)ではDreamParty東京への参加告知が挙がってます。


※オーガストというと「ポニーテール」とか「幼なじみ」とか「たん」とか「おやじさん」とか「ワールド」とか、 まぁ色々とメーカーイメージがあるかとは思いますが、 人気投票から見ると「妹系」の強さが際立ちますね。

 なお、実妹は居ません。奈都子は主人公の後輩といった関係ですが妹分です。 茉理も妹だと思い込んでて忘れてましたが主人公の従妹という関係。 そしてシルフィは実兄妹関係だと思って悩んでます。麻衣に付いてはご存知の通りですから、 3人義妹が居るって事ですね。

 次回は……当然「姉」でしょう。それにしても雑誌『ゲーマガ』と重複寸前の企画ですが、 『バイナリィポット』を押さえている所に独自性が出てるページです。 こちらも引き続き応援してます。

 ……オーガスト作品ではそいえば、 姉妹的関係のあるヒロインは居ても「姉妹のヒロイン」っていうタイプが登場してませんな。


※ドラマCDに関しては結局国防予算的な余裕が無くって1巻も買ってないですねorz
特に今回のだと「そらのこいびと」という謎の物語が登場しているらしいですが。



※それ以外の気になる記事をいくつか
◎《Triangle的魔女っ娘萌えカタログ》
(斎藤なつきさん Triangle)
※コラムのネタは『電撃大王』に連載されていた『まにぃロード』(栗橋伸祐さん)。 栗橋さんが広島出身だというのは自分も連載当初からチェックしてましたが (だって広島弁出てくるし)、Triangleも実は広島(広島市佐伯区)なんですよ。 実は今の仕事する前に求人について問い合わせた事があります(かなり身の程知らず)。
◎《美少女クリエーター メッセンジャー対談》
 (オタサガさんの9/22付記事にレポが出てます)
※スゲーコメントし辛いんですが、アルコールが素面で入っているかのような会話のやり取りです(苦笑)。
『俺翼』についてのツッコミに当事者が逃亡という事態で終了してますけど、 ウチ的にはDC/PS2版『Lien』がどうなったのかが知りたいかも。
『はるはろ』は……20万本に少しでも近づける様に店先でも努力します(ペコリ)。
◎『ef -a fairy tale of the two』(minori

(声優配役情報)
・宮村みやこ: 赤沢かえでさん
・広野 紘 : 小満 皐さん
・新藤 景 : 桜井美鈴さん
・雨宮優子 : 山田ゆなさん
・堤 京介 : 城樹 翔さん
・羽山ミズキ: 安玖深 音さん
※記事に反応する余裕が出来たのってもう何ヶ月ぶりでしょか(汗)。
『First Fan Disc』はまだ多忙な状況でパソコンの上に置かれているままです。 積みゲもまともに消化してないんですが…来月父上のXPノーパソを借りてきます。

 記事は……Mini Chimeのちちゃいむさんのコメントにもあるように、 みやこさんが2ページ一杯に大奮発です(笑)。

 そして取り上げるのが結構今更な(汗)声優配役情報。
 安玖深 音さんがミズキ役だというトコに個人的には注目してますね。 また各章で主人公(男)がサブキャラとなる事から登場する全ての人物には声が付くというわけなので、 『はるのあしおと』のような(よりもレベルUPした!)ビジュアルとBGMと声と演出による映像に近い感覚をかなり期待したいですね。
◎『戦国ランス』(アリスソフト)
※全く触れてませんでしたが仕事的には年末タイトルでもかなり期待してます。
 やはり以前出されているSLG作が好調だったと言う実績が大きいですね。 そして今回は特に、SLG一般作の定番である戦国時代ものだという所もポイントです。

 地元の毛利がどう扱われるのかが今後の気になる所。支配国は 「赤ヘル」「戦艦長門」「出雲」「中つ国」ですね。最奥に位置する二国のネームセンスが受けます(笑)。

 店での販促とかは今後も追加したり入れ替えたりしていきますが……ウチの国防予算は、 既に年末は『ef』とPS2『あけるり』『ひぐらし』だけでもかなりヤバイ状態なんでorz



※今月だと《驚異的核兵器》なんですが誌面のある扉絵でのイラストコラムが中々のトリビアで面白いです。 今回のでは多砲塔の原子力戦車とか核迫撃砲とか核弾頭型の対空ミサイルとか無茶な兵器の数々(苦笑)。

『そして歌が生まれた TOP10』については別枠で後で書きます~。

(9/23 18:40)


※Navelの『Really? Really!』の記事では、楓の子ども時代だとかその両親が登場といった情報が挙がってますな。
 確かアニメ版だと両親の死がその後の楓と凛との関係を翻弄させたと記憶してるんで、 黒妹化(そのときの日記ログ)が絡むかどうか、 気にはなりますね。麻沙先輩などとのHシーンもあるとの事だから……修羅場は必至?

 記事をもとに細かく探るのも面白いかなとは思ったものの、 原作未プレイ&去年のアニメ版しか見てないというだけで情報の欠片が不足しまくりですorz

(9/23 22:25)



| | トラックバック (1)

フィーナ姫様アイコンをアップしたらKyawaiたんが大英帝国へ旅立った後だった今日この頃……

はじっこねっとのkyawaiたんが昨日挙式を挙げてたみたいです(っていうかその日は エロゲ新作発売日 平日……)。  事前に知ってればまたお祝いのメールを打ってたんですが……恐らく既に空の旅路です。
 行き先はイギリスだそうなので……帰国したらPS2ソフトの『ゲッタウエイ』を進めてみるか(マテ)(そのソフトはロンドンでGTA)。
 あと、なにかそれっぽいものを持って大英帝国へ入国したかとか聞きたいですな(w)。帰国レポをお待ちしてます~(笑)。


※あ~今年は有言不実行が多かったような気がしたのと(汗)、PC版『あけるり』発売1周年というタイミングで何かしたいなという思惑から、 さっきまで描いてましたイラストのアイコンだけ先行公開してみました。
『夜明け前より瑠璃色な』よりフィーナ姫

全身像とかは来週までのお楽しみという事で……
『あけるり』発売1周年記念にアイコンだけ公開しました!
全身ももちろん描いてますのでそちらは来週29日に公開します。
 ではこれから雑誌レポの続きに入ります~。

(9/23 15:45)



| | トラックバック (0)

『夜明け前より瑠璃色な』プレビューBOOK (電撃大王11月号付録)

◎《GAME FOR PC》
 イラスト(10枚)収録
 キャラクター紹介
 脳みそホエホエさんコーナー
  (イラスト2枚とSDキャラ)


◎《GAME FOR PS2》
 イメージイラストと翠、エステルの紹介


◎《ANIMATION》
 アニメ版イラスト2枚
 キャラクター設定
 「フィーナ姫 ドレス」「菜月 ウエイトレス」
 「麻衣 夏制服」「達哉 私服」「カレン 秘書官制服」
 「翠 夏制服」「仁 ウエイター」「左門 コック服」
 「さやか 私服」「菜月 冬制服・私服」「フィーナ 冬制服」
 「達哉 バイト服・冬制服」「八百屋の子ども」「月王国のシャトル」


◎キャスト・監督メッセージ!!

“兄をしゃもじでブッ飛ばすシーンもあります(菜月役:氷青さん)”

“男の人が好む可愛らしい女性ではないかもしれませんが、作品を引き締められる役なので、 カレンも応援してあげてください(カレン役 浅川悠さん)”

“リースはクライマックスで原作とは違った驚きの秘密が明らかにされます(太田雅彦監督)”


◎コミック版第1話・第2話収録


◎メッセージフロムクリエイターズ

“ちなみに脳ホエが1番好きなのはさやかさんです。 今から怒涛の超展開でさやかさんENDになったりするかもしれません(笑)。(脳みそホエホエさん)”

※べっかんこうさん描く電撃大王11月号表紙イラストのラフ画(SDの位置も指定!)と、 脳みそホエホエさん描くコミック第1巻表紙のラフ画(構図の位置がちょっと違ってたり)が掲載!
※アニメ版の設定集は、 ゲーム中では描かれない場面も登場するだろうから色々と原作には無いものが見られますから、 ここは要チェックかも。
 学院制服の冬服の仕様が掲載されてますね。男子はブレザーなんだ。
 また、月王国のシャトルも掲載。スペースシャトルを打ち上げるのでさえ大型のブースターを要するはずの大気圏外への脱出なんですが、 こんなに小型で簡易なのに突破可能なのはロストテクノロジーのお陰なんだろか?

 仁さんのなんか悪い事企んでいる笑顔(?)が素敵です(爆)。だからしゃもじアタック食らうんだって場(笑)。

※ゲーム関係では特に目新しいものは無いかな。PC版だと下着までは掲載OK見たいです(笑)。

※カレンさんに関しては、アニメ版後半になるほど活躍シーンが増えるそうです。やはり 「今宵の斬○剣の切れ味は~」なんでしょうか(w)。それとリースについても監督からコメント出てます。 まぁ広島放映が無い限りはアニメ版はブラックボックス状態なんですけどね……。

※そして脳みそホエホエさんの爆弾発言(笑)。しかしコミック版はフィーナVS菜月ですな。 しかしリースとのやり取りでさやかさんは結構出てるんですよ。

(9/23 0:40)



| | トラックバック (0)

« 2006年9月22日 | トップページ | 2006年9月28日 »