« 2006年10月31日 | トップページ | 2006年11月2日 »

2006年11月 1日 (水)

エステルが「地球人を嫌う」背景への推測

 (参照 電撃G'sマガジン12月号での記事)

※月の世論はセフィリア治世より再開した地球との交流について「積極派」「反対派」にほぼ分かれている。 そしてセフィリア失脚に見られるように「反対派」が優勢となりつつある中、 既に国交を再開している事から「消極派」に萎縮した形として交流を維持している。

 そもそも月王国では憧れと畏怖を同時にイメージする月人がほとんどであり、 一般人よりも地球と接する事も可能な勢力を有するはずの貴族改装でさえ 月社会の変革を望まない保守的(権勢を維持する)スタンスもあって、 些細なる(悪)影響をも排除しようとセフィリア女王を失脚に追い込んでしまっている。
 おそらくセフィリアの信任が厚かったカレンも留学してきたさやかと交遊する機会が無ければ、 多くの月人と同様にそのイメージする地球人の姿しか知らないままとなっていただろう。

 エステルもまた、そう言った環境から育った事を考えると「地球人」に距離を置き警戒する姿勢を見せる事は仕方がないだろう。 しかしながら自分と同じようなものを持つ事に驚き、親しみを覚える所か、(なんか達哉くんが落ち込みそうなくらい)激しく嫌悪すると言うのは、 この複雑な二国間関係だけでは説明がつかない。

 その背景について考えるなら、まずはエステルが属する教団「静寂の月光」が挙げられるかと思うけど、 地球に置かれている礼拝堂が月人のための施設ではあっても決して地球人に対して閉鎖的ではない事から、 極端な排他性は持ち合わせていないと思われる(と同時に積極性を持つと言う訳でもない)。

 また、司祭を育成するに当たっては元より月人の宗教である事から (研究者としての地球人や流浪者を一時的に受け入れる事があったとしても) 地球人を留学生として受け入れる事は余り考えられない。
 そういった環境で教団について学び、優秀な成績を修めて司祭として赴任したのがエステルだと考えると、 その姿は先のカレンにおけるもう一つの可能性だともいえる。
 しかしこれでは親しみを抱ける出来事をも嫌悪する反応の背景とするには乏しい。

 そうなるとやはりどうしてもエステル個人にまつわる部分が地球人を嫌う決定的な背景となっているとしか推測しようがないです。

 なお、一般的な月人もこういった「拒絶反応」を示すなら国交回復の初歩で躓くはずだから、 多分、このエステルのような極端なスタンスを持つ月人はそう多くないかと思う。

 エステルがこの極端なスタンスを抱くに至った過程を推測するなら、 思い当たるのは「エステルの身内に絡む事」と「悪い印象を抱くような地球人との接触」 の2点だろう。

 強いて加えるなら過去の戦争に起因する事。 いささか時間が開き現実味に乏しい過去の出来事だが、 教団は「ロストテクノロジー」を扱い、危険なものを封印してきた経緯がある分、 過去との時間は教団関係者以外よりもかなり短く現実味があるとも言える。
 不要で危険なものについては(人類や権力者が悪用しないよう)秘密裏に封印破壊されているというが、 特に地球人が使用した過去があり脅威となる遺産
があると偶然にエステルが知ったとするなら、 「憧れと畏怖」しか抱かない程度の印象がどれほど揺るがされるだろうか。

 と、ここまで極端だと嫌悪所かそれ以上の排他性を抱くはずで、 セフィリアの娘であるフィーナに対しても穏やかな反応を見せないはず。 だからこの線は有り得ませんな。
 もしかすると達哉の父親・千春さんの死と関わる出来事が絡んでいる、この辺りかなぁと当てずっぽに推測しときます(1ガバス掛けて見る)。

(11/1 12:30)


 つかPC版本編の真章『夜明け前より瑠璃色な』に思いっきり絡むので伏せ。
 もう一つの可能性は、千春さんが記憶を無くす事故が絡むんじゃないかなと言う事。
 この事故というのは月の空気がなくなっている地域の遺跡調査で起きた事なんですが、 もしかするとその事故に巻きこまれた関係者の中に不幸にもエステルの身内(両親?)がいたのではという事ですね。
 エステルが感情的に頑なに「地球人を嫌う」のは、 はっきり言うと家族が地球人に殺されたと思い込んでいるから
じゃないかなぁと、そんな予想を立ててみます。

 あ~大丈夫大丈夫、麻衣シナリオにお兄ちゃん取り合いで菜月と修羅葉る、 な~んて予想を思いっきり外してますので当たらないでしょう。

(11/4 0:40 『もしも明日が晴れならば』の翼が方々で修羅場ってたな…)



| | トラックバック (0)

『電撃G'sマガジン』12月号表紙は麻衣がウィンク!!

◆6号連続表紙、今回は朝霧麻衣。
 表紙テレカ応募者全員サービスは11/29締切

◆『電撃G'sマガジン』1月号 (11/30発売)
・表紙がエステル
・エステル(クリスマスver.)フィギュアが付録

◆『電撃G'sFestival vol.6』 (11/30発売)
・表紙はフィーナ&エステル
・ほぼ等身大フィーナ姫抱き枕カバー(描きおろし)
・朝霧麻衣パスケース
・両面下敷き

◆12月号誌上通販 (締切12/15)
 ミアのテレカなど。
(※11月号での誌上通販は11/15締切)

◆12月号付録 ハローウィンver.麻衣



【特集記事】 (20ページ)

◎《注目の新ヒロインを徹底分》

◆エステル 序盤のイベントの流れ

(6/21)
※夜の月人居住区で礼拝堂への道に迷う美少女を見かけた達哉は道案内を買って出る。 その少女はお礼に草で編んだ輪っかをもらい、赴任したばかりの司祭であるエステルだと身分を明かした。
 別れた後、中年の男にエステルの知り合いかと尋ねられるのだが。

(6/25)
※フィーナと共に達哉は礼拝堂に足を運んでみるとエステルが演壇にて挨拶をしているところだった。 その後、エステルの上司であるモーリッツに招かれフィーナと達哉はエステルと挨拶を交わす。
 話を交わしていく内に何故かエステルは態度を硬化させてしまう。

“しかし、なぜ地球人と生活などする必要があるのですか?(エステル)”

(6/28)
※機嫌を損ねたと感じた達哉はその理由を知る為に再び礼拝場へ向かうが、 その途中に偶然出くわした。足早に立ち去ろうとするエステルになんとか追いつくも、 先日の訳を問いかけても“あなたに対して怒っていないし、特別な態度もとってもいない”としか答えず、 その場を後にしてしまう。
 と、エステルの落しものの紙袋に気付いた達哉は礼拝堂で再びエステルに追いつき、それを渡そうとした。 しかしその拍子に紙袋が破れて中身が露呈してしまう。それは『わんわんワールド』と言う本だった。
 犬が好きだと達哉がフォローするも、エステルは“地球人と同じ好みだというの”と苛立ち、部屋に引っ込んでしまった。


◆遠山 翠 序盤のイベントの流れ

(5/26)
※「絶対音感」という音楽的能力の所為で調子を崩した翠を達哉など周りの知り合いらがフォロー。 (調子が悪くてもボケは欠かさないらしい)

(6/5)
※海岸清掃のボランティア課外授業をサボって(?)水辺で遊びだす達哉と翠。 しかし先生に怒られてしまいノルマを増やされる羽目に。
 この時の出来事から、達哉は翠の事を意識し始める……。

(6/19)
※偶然に、翠のクラリネットの演奏を耳にしてしまう。

(6/20)
※夕方の教室で、進路希望調査票を手に深刻な表情を浮かべる翠を見かけるのだが、 そう訊いてみると、天気がよくて眠っていたと誤魔化し足早に立ち去っていった。 (ここに翠の新規イベントCGが掲載)


◎《朝霧&鷹見沢ファミリーほんわか家族会議》

※麻衣とさやか、菜月役の声優さんによる2ページ座談会


◎連載小説『恋する瞬間』
 第11回 姉さんと遊園地
※エステルと翠の序盤のストーリーがかなり細かく今回の記事でレポートされてます。

 翠については予想通り「進路」が絡むみたいですね。
 クラリネット奏者としての実力が高いだけでなく、 「絶対音感」という音楽的な才能を垣間見せているのですが、 その高い評価はあくまでも学園内という領域での話。
 彼女自身が音楽家である家族を通して自分の実力を痛感しているとすれば、 恐らくは越えられないと思う壁の存在が進路への悩みとなっているのではと思える。
 また、頭痛を押してでもボケを演じるとの事で何とも彼女らしいともいえるんだけど、 この部分についても単なる照れ隠しではない様に感じるんですけど……。何らかの決壊点が運命の分かれ目?(とPC版の麻衣シナリオ予想のように鬱展開を期待してみる(w)。その一線を越えた先にこそ至福への達成感が)

 エステルに関しては「地球人を嫌っている」という事が今回の記事で最も衝撃的と思う。
 これまで見られた厳しい視線の理由が司祭としての使命とか勤勉さの現れ(だけ)ではなく、 地球人と同質である事でさえ苛立つような性質、 月人の中でも恐らくは反セフィリア派寄りに立場を置いていると言うこと。
 この点からしてもエステルのシナリオが「(フィーナ達とは別のアプローチからの)月と地球との関係」 にかなり重点を置いている事が伺われますね。 早く彼女と海水浴に行って月との良い友好恋愛関係を築きたいです(でその本心は? →白い水着)。

 っていうかエステルのシナリオを推測するにはPC版でのネタバレを解禁しないと扱いにくいデス。


※麻衣のフィギュアは……『プリホリ』ラピス たん のコスプレだよな(笑)。
 表情部分が(目が寄り過ぎ、大きく描かれすぎて)微妙デスが、 衣装とかアイテムとかの作りは確かに方々で訊かれるように良い感じです。

※さやかさんのノベルはこれから読むので……。

(11/1 4:00)



| | トラックバック (0)

素肌にYシャツの宮村みやこさんが表紙!! 『電撃姫』12月号

◎2ヶ月連続! 表紙連動特集!
《もうすぐ逢える。efに逢える――!》
 (minori)

◆雑誌表紙がYシャツに白ニーソだけのみやこさん

◆第2章までの登場人物紹介

◆スペシャルインタビュー(七尾奈留さん・2C=がろあさん)

◆ストーリー 第1章・第2章

◆ムービーその他

◆1月号予告
・20Pの特集記事
・12月号表紙のイラストをマウスパット化

※『電撃ガオ』1月号(11/27発売)にて第1章がクライマックス。小冊子も付録されるとの事。
※七尾さんとがろあさんへのインタビューは大きくびっしりと2ページに記されてます。 制作参加への経緯とか第一報以降の作業、 お二人の作画カットが並ぶイベントCGでの作業過程についてなど、 水面下でどのような事が行われていたかが語られてますね。
 っていうか七尾さんはネット通販でフィギュア50体ほど(トレーディングサイズを含めると100体以上) 買われてるとか、予約必至のフィギュアの為に常にチェックを怠らないなんて結構意外ですな(笑)。

 そして少しずつ姿が見え始めている第2章。『PUSH!』や『テックジャイアン』の12月号でも凄いの見たけど、 景に邪に構おうとするとなんか●されちゃいそうな感じです(苦笑)。
 いやそれを乗り越えたからこそ京介は景にお近づき出来たとも言えますが~。 二人でバスケットシュートしている辺りはまだ京介がアピールの努力を怠ってない様子。
 彼は彼女を被写体に一体何を映し出すつもりなのでしょう……。

 ムービーについては『コンプティーク』11月号の他、 『テックジャイアン』12月号でも幾つかカットがありましたが、『電撃姫』では更に2カットが追加掲載されてます。
 帝都の方では既に上映中だそうなのですけど、広島ではどうでしょ(勤務先はパソ導入が難航中)?  今度の5日に大阪・難波で上映されてたらチェックしてみます。

 今回は10ページだけど、次回はこれの倍増って事のようですね。 そろそろ景さんのスレンダーなお肌が拝め゙ッ!?(後ろからミズキに間接技きめられる)。
 なお、今回の表紙イラストは誌上通販テレカとなってます。締切は12月15日。

(11/1 2:00)


◎『夜明け前より瑠璃色な』特集

◆付録ピンズは今回も2個
 「麻衣&菜月」「エステル&翠」

◆付録ピンナップ (かわぎしけいたろうさん描きおろし)
 バスタオル1枚で温泉でふざけあう麻衣と菜月。

◆各ヒロインの紹介とPS2版イベントCG
※で、その温泉イベントは仁さんと一緒に目撃って事でしょうか(苦笑)。 麻衣はもうバスタオルが解けてしまいそうで(苦笑)。菜月の肩の(骨格)ラインがちょっと違和感あるかも。
 このイラストは誌上通販テレカにもなってます。締切は12月15日。

(11/1 2:00)



| | トラックバック (1)

『ゲーマガ』12月号はエステルが表紙!!
あと『以下略』がスタートからいきなり危険球(苦笑)。

 (ゲーマガ編集部での表紙報告)
“なぁなぁ、テ●モの技術でイリ●ージョンのゲーム作ったら無敵じゃね?”

(関連)
 読まないと視姦してやる!(ゲーマガ編集部ブログ)
※「小林源文ルール」を発動させ早くも何かもう「やっちまった」感が漂ってますが(苦笑)、 平野耕太さんによる新連載『以下略』がホントにスタート。
 誌上最悪な3人がとあるゲームショップで店長や新人のバイトさん(そいえば平野さんはメガネスキー)にねちねち絡み付き自爆してます。 こんな客がいたらマジで●しちゃいそうですけどさぁ、この3人がこのショップの「オーナー」だというもんだから性質が悪いデスまじで。
 ともかく、前に『エース桃組』とかで児玉樹さん版『Canvas2』の次に愛毒してました伝説の連載が再開だという事だと思うんで、 とりあえず後先考えずに頑張ってください。生暖かめに応援してます。以前のを含めた単行本化はまだデスか?


※平野さんによる 悪い夢 連載は最初の試練。その先に天国が待ってます。
オーガスティックじぇねれーしょん拡大版
(『G×G GRAPHICS 06』)
 8ページ総力特集

◎《発売前よりいろいろな! 榊原拓さん・べっかんこうさんが語る夜明けなヒロインズ!》
※6ページに渡り『あけるり』の作品コンセプトの形成過程、 8人のヒロインについてコメントされてます。また各ヒロインを担当される声優さんへのインタビューも逢わせて掲載。
 そして羽根井優希@『バイナリィポット』が《オーガスティックじぇねれーしょん》初登場してます (ミニコラムにですが)。

※特に新規らしい新規CGはありませんが見た事のない笑顔をみせるエステル(立ち絵)のカットが1枚ありますね。  また、レティシア姫・美琴・フィーナ姫のディフォルメカットは初掲載?
 ……よくよく見ると、PS2版でのプレイ画面が所々に出てますね(菜月のイベントCGがPS2仕様に修正されてました)。

※各ヒロインを動物に例えてます(笑)。
 (榊原さん/べっかんこうさん)
フィーナ (ライオン/狼)
麻衣 (ウサギ/小型犬のシーズー)
菜月 (タヌキ/シェトランドシープドック)
ミア (忠実な子犬/リスかハムスター)
さやか(イルカ/グレートピレネーズかGレッドリバー)
リース (猫/猫)
翠 (アライグマ/子鹿) エステル (リス/ウサギ)
※記事がほとんどインタビューで埋まっていると言うぐらいなので、 この場では語り尽くせません。直に見ておくように。
◎《夜明けなニュース》

◆《新ヒロイン、エステルさんについてもっと教えて!》

“(エステルとの)初顔合わせは夜の月人居住区にて。その出会いは全くの偶然で。 その日、主人公がその場所を通りがからなかったら、彼はエステルの名前を知る事もなかったはず”(榊原さん)

“月人居住区での出会いののち、幸運にも再会を果たす2人ですが、エステルの態度にはどこか不可解なところがあったりします。 一体彼女に何があったのか……? というところから、達哉とエステルの物語が展開しはじめます”(榊原さん)

“彼女はフィーナと対になるようなデザインになってます”(べっかんこうさん)
 フィーナ(青・白)  エステル(赤・黒)

※掲載イラスト
『メガミマガジン』06年5月号掲載イラスト
『コンプティーク』06年6月号掲載イラスト
 夏コミ2006 オーガスト夏コミセット紙袋イラスト


◆《おまけシナリオ》について

“(地球の家庭にあって月には無いもの)を見つけたミアが、使い方を誤解”してのシナリオなど。


◆サブキャラの紹介


◆《べっかんこうさんに聞く、『夜明けな』女性陣の服装デザイン
※エステルのイベントについては喫茶店での出来事なんてのがあるみたいです(6ページインタビューより)。  そのエステルの導入部に関しては既に『コンプティーク11月号』の『あけるり』記事でも先に取り上げられてますね(翠の導入部も)。
 エステルのデザインコンセプトについては今回初めて語られたかも。「巫女服」が最初のイメージでしたかぁ(言われてみると幾つかに痕跡が)。
 エステルが今回2ページ特集なんですから、発売直前の次号は翠がですよねねね?

(11/1 0:20)



| | トラックバック (0)

« 2006年10月31日 | トップページ | 2006年11月2日 »