« 2007年2月3日 | トップページ | 2007年2月7日 »

2007年2月 4日 (日)

「同人活動に適した都道府県を考える」は印刷所環境は広島は良いかなと

※先月に通販で発注しました夏コミの申込書が本日着弾。粛々と期日にしたがって申込み準備を進めます。

同人活動に適した都道府県を考えるという記事にちょっとビックリ。

「イベントの開きやすさ・盛り上がり」で広島がAランクで愛知と同じ第2位、 「地元でのサークル活動のしやすさ(印刷所・出力センター充実度・条例)」に至っては 広島は東京・愛知・大阪(AA)を凌ぐAAAで第1位!

 イベントについては広島コミケがほぼ毎月のペースで開催されていたからなのかも。 数年前まで一般参加してたんですが女性向ジャンル(及び女性一般参加者)が圧倒的でしたので今ではかなり疎遠ですね。 また去年10月の広島繁華街で開催のも一般参加人数の少なさは……。

 サークル活動環境の項目での印刷所については利便性は確かに良いかもしれないです。 確か備後(広島県東部)にも印刷所があるというし、ウチ自身、 夏コミ原稿の入稿はバスで広島市内の吉島にある印刷所に行って直接収めてましたので。

(2/4 23:20)



| | トラックバック (0)

『MOONLIGHT MILE』と『コードギアス』

※今夜は『コードギアス』というアニメの広島放映分を、明日はWOWOW無料放送で 『MOONLIGHT MILE』を見るつもり。午後6時15分からだな。

 前者はちょっと気になってたので今回初めてですが今何話目なんだろうか?

 後者は『ビックコミックスペリオール』誌連載を毎号チェックしてます。 一応、月にあるアメリカの施設の正体が中国人スパイによって暴かれるという事態に伴い、 日本人宇宙飛行士の猿渡吾郎が宇宙から追放されてしまったという辺りから読み始めてますね。 初めて見たのはファトマというアフリカ初の女性宇宙飛行士が行方不明となったカットからですが (確かアメリカの宇宙軍が極秘に設営していた月の秘密基地を目撃してしまった事から拘束され、 後に吾郎の友人でありライバルのロストマンの片腕となって再登場している)。

 現在の連載では、宇宙を追放された吾郎が月で生まれる我が子の為に再び宇宙へ戻ろうとする姿、が描かれており、 恐らく次からは宇宙と月を巡るアメリカと中国との衝突が描かれるのではないかなぁと。
 吾郎の恋人・池内理代子と人類初の地球外妊娠となった子供を巡るアメリカ(ロストマン)と吾郎の仲間たちとの攻防も ロストマンとファトマの執拗さや裏切り、そして大逆転とアクション映画さながらでしたし、 吾郎を打ち上げる為に手を尽くす日本の宇宙事業スタッフの姿は映画『王立宇宙軍』 (多分普通は『ライトスタッフ』という映画を挙げそうですがウチ見てないの)を更にリアルにしたかの様でした。 更に日本独自の有人ロケット発射を妨害しようとする中国に対し、 宇宙事業スタッフが様々な思いを越えて阻止し吾郎を見事に打ち上げた事は、 今降りかえると彼らもこの作品での主人公であるかのような印象を抱くものとなってたかと思います。
 そして先日の連載までで宇宙上での壮絶で敵味方を越えた大救出劇となった訳ですが、 常に手に汗握る展開が続いているので毎号を楽しみにしてます。予算とかあれば単行本も揃えたいですねぇ。

 ウチのサイトの内容的には全然そういった側面が見えてきませんが、 歴史物とか政治的なもの、外交的なものやミリタリズムなもの、 そういったジャンルのコミックも読んでたりするんですよ(一応大学で国際法とか外交史とか国際関係論を修得してましたので)。
 今夜見る『コードギアス』もポリティカル的な部分もあるみたいだし、 大まかな見方ではこの2作は(もちろん程度の差とかがあるとは思うけど)似ているかと思います。
『コード』が面白かったら先週以前の放送を見てなかったことを激しく後悔しそうorz
 それと『MOONLIGHT MILE』は明日のだけが無料放送みたいなんだなぁ……。

(2/4 23:20)



| | トラックバック (0)

オーガスト・ARIAの予定表 2月・3月 (2/4版)

 (ウチのは個人的メモ帳みたいなものですので関心ない事とかは抜け落ちてるかと)

【1月26日】
◆CD『はにはにラジオすぺしゃる』 発売日
オーガスト放送局 はにはにラジオ
 第31~36回再放送分が公開
(※「再放送」ページにこれまでの再放送分も収録されてます)
(※今後の公開期間等については不明……)

【1月30日】
◆『夜明け前より瑠璃色な 公式コンプリートガイド』発売日
◆『ゲーマガ3月号』発売日
 ・《オーガスティック・じぇねれーしょん》連載
◆『電撃G'sマガジン3月号』発売日
 ・表紙は「さやか&ミア&リース」って3人!?
 ・付録 朝霧麻衣ストラップ
 ・『よあけな』総まとめ特集&スタッフインタビュー
◆『電撃姫3月号』発売日

【1月31日】
◆エステル・フリージアさん お誕生日
◆『電撃G'sフェスティバルvol.6』誌面懸賞 応募締切日(当日消印有効)

【2月10日】
◆遠山 翠さん お誕生日

【2月15日】
◆『電撃G'sマガジン2月号』誌上通販 応募締切日(当日消印有効)
 ・ノベル扉絵「リース」 べっかんこうさん描きおろし
 ・アニメ版テレカ (1種類)

【2月19日】
◆東儀 白さん お誕生日


【2月21日】
◆『電撃大王4月号』発売日
◆『PUSH!4月号』発売日
 ・《AUGUST's ARIA》連載
◆『テックジャイアン4月号』発売日
 ・《the オーガスト ブックレット2006-2007(仮)》

【2月25日】
WonderFestival2007[WINTER]開催 (東京ビックサイト)
◆フィギュア「藤枝保奈美 白スク水ver.」(ワンフェス限定販売)
  wave DreamTech特設ページ

【2月26日】
◆橘 ちひろさん お誕生日
◆フィギュア「藤枝保奈美 白スク水ver.」web通販開始 2月26日23時59分より
  wave DreamTech特設ページ

【2月27日】
◆電撃G'sマガジン3月号 表紙「ミア&さやか&リース」テレカ払込締切 (当日消印有効)

【2月28日】
◆『ゲーマガ4月号』発売日
 ・《オーガスティック・じぇねれーしょん》連載
◆『電撃G'sマガジン4月号』発売日
 ・『夜明け前より瑠璃色な』連続表紙第6回
 ・付録 鷹見沢菜月ストラップ
◆『電撃姫4月号』発売日


【2月】
◆フィギュア「藤枝保奈美 スク水ver.」
  wave DreamTech

【2月下旬】
◆『メガミマガジンクリエイターズ Vol.7』発売
 980円 表紙はべっかんこうさん描き下ろし


【3月15日】
◆『電撃G'sマガジン3月号』誌上通販 応募締切日(当日消印有効)
 ・ノベル扉絵「遠山 翠」 べっかんこうさん描きおろし
 ・夜明け前より瑠璃色なテレカバインダー
 ・アニメ版テレカ (1種類)



《テレカ等 応募・払込締切日》

・【2/15】
 (誌上通販) 電撃G'sマガジン2月号 ノベル扉絵「リース」テレカ等

・【2/27】
 (応募者全員) 電撃G'sマガジン3月号 表紙「ミア&さやか&リース」テレカ

・【3/15】
 (誌上通販) 電撃G'sマガジン3月号 ノベル扉絵「遠山 翠」テレカ・バインダー等

・【締切日不明)】
 (応募者全員)『メガミマガジンクリエイターズ Vol.7』表紙絵テレカ


※今月21日発売の『テックジャイアン』3月号に付録で《the オーガスト ブックレット2006-2007(仮)》が付き、その中にて次回最新作『フォーチュンアテリアル(仮)』が紹介される予定だというのは周知のとおりです。
 この他にも『電撃G's』や『PUSH!』『コンプティーク』の現行発売の号でもタイトル未記載ですが次回新作が動き始めた事に触れられています。ですので『テックジャイアン』はもちろんの事、次に出る『PUSH!』『コンプティーク』等の雑誌、そして時期的にそういった特集を持ち込み易そうな『メガミマガジンクリエイターズ Vol.7』 (表紙はべっかんこうさん描き下ろし 2月下旬発売予定)はこの次回最新作『フォーチュンアテリアル(仮)』の動向を知る上で要チェックになるんじゃないかなぁと思います。

 イラストを描く側からすると、キャラクターとか衣装とかのカラー設定等の詳細な設定が (冬コミの無料配布冊子での先行情報以上に)豊富にあるかどうかが要ですな。それから仮題もなくなってくれたらなぁとか。

※CD『はにはにラジオすぺしゃる』も無事発売となりましたので『はにはに』についてもこれで一息つくかな……って「スク水ほなみん」が出るんですよね。ウチは紺色のを勤務先で予約済みですが(苦笑)、みなさんワンフェス(とWEBで)限定で出される白スク頑張ってくださいませ~ (常時リソース不足のセンセイさん等の後日レポにも期待してますネ)。

 フィギュアというとそろそろ『あけるり』からフィーナ以外のも出して欲しい所です。今月開催のそのWonderFestival2007[WINTER]ではメーカーの次回新作なども展示されるのでしょうから、もしかすると何らかの動きが見られるやもしれませんね。ちなみにウチは東京は夏だけしか逝けませんので~。

(2/4 21:10)

| | トラックバック (0)

(今更ですが…)雑誌『PUSH!』3月号 オーガスト的「幼なじみ」

 (4月号は2月21日発売デス)

連載《AUGUST's ARIA》

◎テーマ
 オーガスト最強の「幼なじみ系ヒロイン」に迫る!

『バイナリィ』:羽根井優希 人気投票第1位
『プリホリ』 :エレノア  人気投票第3位
『はにはに』 :藤枝保奈美 人気投票第1位
『あけるり』 :鷹見沢菜月 人気投票第3位

※幼なじみにだけ許されたイベントが色々と紹介されてます。


◎『はにらじ』スペシャルCD発売決定

※これまで出たラジオCD全6巻のジャケットと簡単な内容紹介も掲載


◎《業界電波発信基地》

 べっかんこうさん描き下ろしの「雪を見てはしゃぐミア」

※というか去年夏に投票が行われた第4回《そして歌が生まれたトップ10》の全ランキングの掲載はいったいいつなんでしょうか?

 オーガストと言うと「幼なじみ」デス(断言)。
 これはオーガスト4大幼なじみを見れば「お姫様」と「妹(義妹)」が登場するタイトル以外では必ず第1位の座に収まっている事からも歴然としてます (つまり「お姫様」「妹」のカードの方が強いという事なのかorz)。

 ついでにこんな集計も~

◎目覚まし    :優希・保奈美・菜月
◎お料理     :優希・エレノア・保奈美
◎裸エプ     :エレノア・保奈美
◎ニーソ     :優希・エレノア・菜月
◎挙式      :優希・エレノア・保奈美
◎海原エレナさん:エレノア・菜月
◎サイズ     :82・84・85・88
◎サイズ     :162・167・159・163

特に挙式(のエンディング)に至っては他のヒロインだと『プリホリ』のレティシア姫、『あけるり』のフィーナ姫だけ(多分……)。
 進路についての話題もヒロインテーマの一部だった事から菜月だけは大学生時代をエンディングに置いてますが (ハーヴェストノベル版だと同棲して子育てする事を仮定としながらも菜月と達哉二人が決意している)、 3人の幼なじみには備わってる事から、この結婚式エンドは「幼なじみ」の特権ともいえそうです……もう少し事例が増えれば。

 今回の記事(誌面)では具体的なタイトルは挙がってないので取り上げられてもいませんが、次回作『フォーチュンアテリアル(仮)』での「幼なじみ」は悠木かなでと悠木陽菜ですね。

 ……って姉妹ッ!! 重婚ッ!!(マテ)

※来月号の『PUSH!』ですが、同日発売の『テックジャイアン』がオーガスト特集の付録冊子で初めて紹介する中、果たしてどこまでそのライバル誌に迫れるかでしょうね(両方買うんですけど)。

(2/4 0:15)

| | トラックバック (0)

« 2007年2月3日 | トップページ | 2007年2月7日 »