« 千堂一族が「吸血鬼」一族でない事の推測 | トップページ | 『エステル・翠 抱き枕計画』前夜 »

2007年4月20日 (金)

吸血鬼ものというと『学校を出よう!(5)(6)』

※『フォーチュン アテリアル』が俄かに「吸血鬼」ものというワールドを発動したことで、 「吸血鬼」に関する話題が色々と出てきてるみたいです。
吸血鬼なエロゲ(エンドーさんのリスト)
吸血鬼が登場するラノベREVさんのリスト)
※吸血鬼ネタというとノベル版の『吸血殲鬼ヴェドゴニア』の他、 谷川 流さんの『学校を出よう!』シリーズが思い浮かんでます。
『学校を出よう!(5) NOT DEAD OR NOT ALIVE』
『学校を出よう!(6) VAMPIRE SYNDROME』
『学校』シリーズではこの連作が最新作ですが2004年10月刊行だからもうずいぶんと経ってます。
 内容的は「第三EMP学園」にて多数の生徒が謎の仮死状態、更には吸血鬼となってしまうというのが表面的な説明です。 えっと種明かしは回避しますが一応反転して……吸血鬼は物語の道具になってます。シリーズ通して読むべし。

 個人的には『学校を出よう!(2) I-ME-MY』と並んでこの連作がシリーズの中で好きなエピソードですね。

(4/20 23:40)


※というか『フォアテリ』でも冒頭で明かされるということなんですから、 この「吸血鬼」設定は物語の根幹に位置するというよりも取っ掛かりにあって、 更に別のネタ(核心部)を引き出す為の鍵に過ぎないんじゃないかなぁと思います。

『フォアテリ』の「吸血鬼」設定が挙がった際にこの『学校を出よう!』を関連として取り上げようと思ってたんだけど、 その設定が物語の道具(きっかけの鍵)に収まりそうな気がしまして、 必然同じ扱い方をした『学校を出よう!』と比較せざるを得ないと思い触れなかったんです。

 ちなみに『学校』シリーズ(5)(6)での「吸血鬼」騒動は(以下ネタバレ) 外部からの攻撃によって発生したのではなく、 外部から擬似人格(スパイウエア)を植えつけられてしまった生徒をあぶりだし解除コードを手にする為に、 生徒自治会会長代理の真琴(主役陣の味方)が引き起こしたのです。 話の大半でこの騒動が描かれてますがこの絶妙な仕掛けによって「吸血鬼」が盛大な道具となり、 外敵(真琴の兄)や主役陣はもとより(5)から読んできた読者をも騙したという訳です。

(4/21 22:20)



|

« 千堂一族が「吸血鬼」一族でない事の推測 | トップページ | 『エステル・翠 抱き枕計画』前夜 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/14791318

この記事へのトラックバック一覧です: 吸血鬼ものというと『学校を出よう!(5)(6)』:

« 千堂一族が「吸血鬼」一族でない事の推測 | トップページ | 『エステル・翠 抱き枕計画』前夜 »