« 2007年5月27日 | トップページ | 2007年5月29日 »

2007年5月28日 (月)

《水月暦》 5月28日 大和鈴蘭の誕生花の日

※《水月暦》は本日28日に大和“わはー”鈴蘭の日を迎えました。

水月暦 -すいげつ-こよみ  水月暦 -すいげつ-こよみ
(固定バナー)

 とは言いましても今年も何も用意できずorz オーガスト関連でさえ今年は何とか菜月さんをフォローできたぐらいですし(汗)。 申し訳ないです。この《水月暦》についてはそろそろ潮時なのかも。


PNOグループ:はせ☆裕さん(激しく18禁)が只今引越し中なのですが、 その告知にて鈴蘭のイラストを描かれてます~。
 しかしTH2だけでなく『朝倉涼子(ハルヒ)』にエロ『らき☆すた』、他にも電撃大王での連載と、 いつもながら色々と描かれてますね。夏コミでの新刊はどれがメインとなるやら予想つかないです(笑)。

(5/28 23:40)



| | トラックバック (0)

DD製作記「夜明けなDD出来るかな?」

 (ボークス  ドルフィードリーム『夜明け前より瑠璃色な』)

 ドルフィードリーム「フィーナ」「エステル」

ホームタウンドルパ大阪4(8/12)にてお披露目・販売予定

TMくんさん と先日の広島観光で足を運んだボークス広島店にて、この企画の告知を見てます。
 で、その時に初めて球状関節人形みたいな人形のパーツ類を扱うコーナーに踏み込んだんですが……。

 この「ドルフィードリーム」というのは結構大きな人形でして、パーツを規格化することでかなり豊富なパーツを組み合わせカスタマイズでき、そして当然に衣装も見繕う事が出来るという、人形を作り出すという意味では結構画期的なものだとそのコーナーを見物してて思いました。
 ただ……顔や髪の作りはキャラクターフィギュアのようなアニメ調ではなく、限りなくリアルな造型となってます。恐らくはこの辺りが趣向の分水点となりそう(汗)。

 ドレスや司祭服以外の衣装などが出れば、フィギュアでは楽しめない様々な衣装合わせなんかも出来そうなんですけどね。

 関節が動くように球体で繋げていますし、先に挙げたように結構大きめなサイズなので、 5万円かそれ以上の価格帯となりそうですね(『君が望む永遠』の大空寺あゆは税込50400円)。

 しかしなんというか……多分普通に熱望されているのは既に2種類発売されたフィーナ姫以外のヒロインのフィギュア化だと思うので、今回の企画はややベクトルが違うような気もします。それとも違うベクトルにこそチャレンジという事なのかもしれません。

(5/28 23:28)

| | トラックバック (0)

千堂瑛里華ショートストーリーが公開

 (AUGUST)

 瑛里華ショートストーリー「もうすぐ入学式」
※久し振りの『フォアテリ』情報更新はショートストーリーの公開でした。
 流れ的には各ヒロインのファーストインプレッションがこの中で描かれていくのかもしれません。 また今回のようにメインヒロインだけでなく兄・伊織や東儀征一郎、今後には主人公も?  とにかく色々な登場人物も出てくるのでしょう。

 では今回のSSを~。
 ここでは瑛里華と伊織の兄妹とでの性格の違いと共に、 何か妙に達観している征一郎のクールさ(というか伊織の真意を理解している?)が際立ってますね。
 また“純真な女学生が見たら、心を奪われるような表情”を見せる伊織ですが、 現時点で挙がっている吸血鬼確定という情報を照らしてみると、 それに関連した特殊能力として「魅惑」みたいなのを備えてると読み取れます。

 恐らく、この後の入学式が本編で登場するシーンとなるのかもしれません。

(5/28 23:09)



| | トラックバック (0)

TMくんさんと行く海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」、呉市海事歴史科学館『大和ミュージアム』レポ

※明日、明後日は広島へ遊びに来るForbiddenfruit HomepageのTMくんさんを案内してきます。 『Wind』の風音市商店街のモデル地の他、ウチもめったに足を運ばない呉軍港などを。 『あきしお』の中はさすがに無理っぽい(朝に整理券を配布)けど、 その潜水艦が陸に上がっている海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」や 呉市海事歴史科学館『大和ミュージアム』などは実は行くのが初めてですので大変楽しみです。

(5/26未明)




※ではTMくんさんと広島観光に行ってきます~。

(5/27朝)


※広島観光終了~そして明日は呉軍港へTMくんさんをご案内です。
 というか現地集合デス。朝が通常よりも早いのでもう寝ます。

 しかし本日はTMくんさんが市内を走る路面電車を激写しまくってますね。 結構なラッピング電車写真がレポされそうです。 また原爆資料館や原爆ドームなどを熱心にご覧になられてました。

 で、その前後にメロンや虎などを巡回してました(苦笑)。

(無料配布物)
◇『EXE』のパンフレット
◇『恋する乙女と守護の盾』冊子
◇『つくしてあげるのに!!』体験版
◇『Honey Coming』ポストカード 01
◇『涼宮ハルヒの驚愕』発売延期お詫びポストカード

などをゲット。『ハニカミ』以外はウチの勤務先では取り扱わないソフトなんだけど、 特に『EXE』のパンフはジャケットにオールカラー冊子となんか凄く豪華な仕様でした。
 その他、月石の『Clear』の無料配布もあったそうですけど時間があわず。 普段だと土日は仕事で動けないので無料配布イベントに関心を向けてなかったツケですね(汗)。 まぁ自分が扱う小さいショップではこんなイベントは縁が薄いですし(汗)。

(5/27 0:40)



※TMくんさんは都市間高速バスでウチはJR呉線で向かいまして午前9時ごろに呉駅で合流。 そっからさっそく海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」などのあるエリアへ移動してます。 YouMeタウン(ショッピングモール)の中を通り抜けると目の前に『大和ミュージアム』、 そして真横に「てつのくじら館」と潜水艦「あきしお」が鎮座してました。

 最初に「てつのくじら館」におもむくのですが……
 その入り口を跨ぐ「あきしお」は近づけば近づくほど巨大です。 館内は入館料が無料。でも戦後から始まる掃海技術の進歩や国際貢献、そして戦後からの海上自衛隊潜水艦の歴史について、 豊富な案内板や実際に使われているもの(機雷や掃海装置類、魚雷など)、 潜水艦の進展を示す模型といった資料が揃っており、潜水艦や掃海マニアにとっては堪らない内容です。
 ペルシャ湾での掃海で実際に使われ、その衝撃から変形した装置なんかもありますね。

 そして今回まったくタイミングがよいことに! 潜水艦「あきしお」に乗艦できました。
 実際に見れますのは士官用のトイレ・シャワー・寝室・士官公室(休憩室?)、そして艦長室に操舵室です。 あとは操舵室の足元に下の階の様子がガラス越しに見えますが……見れる範囲は結構少ないです。 いやだって機密の固まりだし(苦笑)。
 外観と比べると狭いのは水圧に耐える内隔に生活環境を閉じ込めている為。 『レッドオクトーバーを追え』などに登場する潜水艦(こちらは戦略ミサイル原潜) のイメージと比較するととにかく通路も部屋も狭い(その狭いなりの工夫は本館で色々と展示されてます)。
 撮影禁止の操舵室はそれでもまだ広い方です。潜水艦は3次元推進ですから操舵は飛行機のよう。 その他に潜望鏡や海図盤(広島市沖合いの図面が置かれてる)や色々な操舵装置がここに集約されており、 艦の中枢となってます。
 強いて言うなら、内隔と外殻との間の断面なんかが見れたら良かったかもしれませんが、 元より潜水艦の内部自体、一般公開は初めてですのでこれだけでも貴重な見学かと思います。
 ちなみに、自分たちが艦内に入った頃は操舵室手前で渋滞待ちでしたが、出た頃には艦外にまで伸びてました。
 今回は日曜だから整理券を配るかなと思いましたら今回意外とそうでもなく、 自分の時間にはスムーズに艦内に入れたので、 もしかすると開館時間から「てつのくじら館」に入館すれば見学できる確率が上がるのかもしれませんね。
 土産物コーナーにはピットロードの『女性自衛官』フィギュアまで販売されてました(苦笑)。

 それから『大和ミュージアム』へ。
 こちらは軍港としての呉市の歴史と戦後から現在へ引き継がれる産業技術と、日本海軍の歴史、 そして戦艦「大和」についてが展示されてます。 相当の専門書でも読まない限り知る事のないような歴史も掲示されてますね。 また本館のシンボルである巨大な戦艦「大和(1/10サイズ)」や多数の精巧な艦艇模型の他、 人間魚雷「回天」、特殊潜航艇「海龍」、ゼロ戦といった実際に使われてしまった兵器まで展示。 「海龍」にはこれが撃沈された際のダメージの跡も克明に残されてます。

 と、自分はTMくんさんからかなり遅れてましたので少し早足で見学してます(汗)。

 この後は、昼食をとった後に別の場所に特設された映画『男たちの大和』ロケセットを見学したり、 ミュージアム周辺を見て周ってました。自衛艦の桟橋へは時間の都合で今回は断念。 (行きのJRで吉浦駅から見える海辺に掃海母艦「うらが」が見えてます)

 その後は広島へ戻り、16時前に新幹線駅舎にてTMくんさんを見送ってます。今度は夏コミで~。

(5/27 23:58 黄砂さえなければもう少し景色が良かったんだけどorz)


※前日の広島市内観光については原爆資料館が以前行った時より少し企画展示が新しくなったのがあった他は、 生活圏で割と見慣れているものですからご案内なんかが出来ましたが、 呉はかなり久し振りで更には各博物館に行くのも初めてでしたから自分もいち観光客と化してました(汗)。

(5/28未明)



| | トラックバック (0)

« 2007年5月27日 | トップページ | 2007年5月29日 »