« 東儀 白ショートストーリーが公開 | トップページ | TMくんさんの広島・呉もみじとくじらとみことんの旅おでかけレポート »

2007年5月31日 (木)

コミック版『はぴねす!』第2巻 ネタバレなしで感想

 (コミック 藤井理乃さん)
※ネタバレしないでの感想となると第1巻でのネタバレなしの感想と同じなんですよね(汗)。 それだけ一貫して『はぴねす!』という舞台に愛情込めて藤井さんは描かれていたという訳です。
 特に原作(もしくはPS2版)をプレイした方なら豊富な立ち絵演出も組み合わせてゲームで描かれたシーンが、 コミックでは時に賑やかに、時に切なく時にびっくりして時にシリアスにと、 実に生き生きと描かれていると感じ取れるはず。

 それにしても今回の第2巻において、 原作でのシーンを更に膨らませて事態が次々と変動する長丁場なアクションシーンをテンポよく描く事が出来るとは、 正直、コメディ的部分の印象が同人などで強かった分、思いもしなかったです。
(一応第1巻でもいくつかのアクションシーンがあり既に驚いてはいたんですが今回は更に~ですね)

 原作以上に様々に描かれる為、上条沙耶さんなんかは忠義ゆえにどんな役柄でも演じてしまえるという、 これまでとは違う(必要とあらば)嘘をつくことが出来るという印象を持ってしまいました。
 ただそれは彼女の望みが何よりも主である伊吹の幸せであるが故。 そしてどんな不興を買ってしまうとしても、 その大切な目的の為だという沙耶の優しさももちろん見つけてます。

 そのように誰もが慕う人や周りの幸せを願い、 けれども誤解からすれ違ってしまった為にこうして衝突してしまうまでなりましたが、 本当の思いの目指す先に気付き最後に本当の幸せをみんなが手にしました。
 そのようにこのコミック版はそのタイトルの通り、みんなが「幸せ」に納まる結末を迎えてます。 というかまだ5月だからこれからもっと「幸せ」が続くんですよね(以外だけどこの作品って本編は1ヶ月間のお話 なんですよ)。

 オマケ4コマは……結構ブラックな味のある藤井さんギャグです(笑)。 そして『裏はぴねす!!』……スレンダー3人揃いキターーーーーーー(w)。
 あとカラーページに準きゅんのセクシーカットが(笑)。

(5/31 23:59)



|

« 東儀 白ショートストーリーが公開 | トップページ | TMくんさんの広島・呉もみじとくじらとみことんの旅おでかけレポート »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/15273327

この記事へのトラックバック一覧です: コミック版『はぴねす!』第2巻 ネタバレなしで感想:

« 東儀 白ショートストーリーが公開 | トップページ | TMくんさんの広島・呉もみじとくじらとみことんの旅おでかけレポート »