« 2007年6月12日 | トップページ | 2007年6月14日 »

2007年6月13日 (水)

アニメ『らき☆すた』第10話とか色々と

 (アニメ『らき☆すた』)

※検索で「美水かがみ 平野耕太」と検索されてる方がいるみたいで(汗)。
 その記事は既にログが流れてるので、ぶろっぐに保管してます 「美水かがみさんがコミックを描かれたという別冊『コミックコンプ』」 という記事をご覧くださいませ。 といっても平野耕太さんについてはそこでは『コミックコンプ』ネタでしか触れてませんが。


※おとついのアニメ『らき☆すた』第10話広島放送分は野球中継があったわけでもないのに30分遅れでした。

 アニメ店長の動きが島本和彦さんのマンガのキャラっぽい雰囲気を思いっきり動かしてて、 この前の『頭文字D』みたいにまるで別作品みたい(笑)。 そしてそんな無駄に熱いディフェンス陣を華麗にスルーするこなた(苦笑)。
 それからこなた、そのゲームはDC版かPS2版だよね(というか天使にお願いする原作の方だったらネタ的には結構ヤバ目にも思うけど……モザイクかけてるからセーフ?)


※DVDパッケージはウチはさすがに今回は買う予定無いんですけど、 近所のセブンイレブンでも『らき☆すた』DVDの予約を受け付けててその見本を時々手にとって居たりします。 いやここは我慢して夏コミ資金をためないと。

 昨日少し入荷したDSソフト『真らき☆すた(通常版)』も売れているし、コミックも売れているんでしょう。 余りそういった縁がなさそうな駅前福屋のジュンク堂でもコミック棚に特設コーナーが出来てたから。 あの意味不明な歌詞がマシンガン状態な主題歌CDも追加入荷分が日に日に数を減らしてるようだから、 昨年の『涼宮ハルヒ』に続き地元・広島での放送があるという影響力の高さを実感中です。未放送作品とは反応も勢いも違うと思いますね(というかこのネタ前にも触れた気も)。

 そもそも5月の時点でDCソフトの予約の問い合わせが結構あったんだけど、 4月には既に予約枠が埋まっていて追加も出来ない状態でしたしね(汗)。 ウチも少しだけ展開してみてましたがその頃はまだこのアニメがここまで流行るとは予想だにしてなかったので、 空気が変わった4月後半頃には対応できなかったんですよorz
(そういえば発売直前になってCMかかってましたがこれは1ヶ月ぐらい遅かったとしか)

 とりあえずDXパックの予約特典『らき☆すら』がDSソフトなのに何故か「PS2ソフト」でしたので、 マジでPS2でもソフト出すのなら色々と展開したいですね。


※『コンプティーク7月号』での特集記事で《らっきー☆ちゃんねるフィギュア化計画》の投票イベントが挙がってますが、 そのエントリーでは原作登場キャラの他にDSソフトのCMに出ていたという姉妹(だったのかぁ)までいます。 意外と多いがそれでも野郎は2人だけなんですな。
 キャラ説明がなんか私情挟んでいるのもあるんだが……(まぁ言ってるのがアノ人だし)。

 個人的には「田村ひより」。いやだって黒髪ロングだし(マテ)。 後で「アニ研のリーサールウェポン」だと知ったものの、 その後に連載中の様子を見る限りこなたよりは自制している分まだ常識人だと思う。 というか今回の記事で1年生キャラだと知ったんですがorz

 その1年生キャラは第14話でやっと登場らしいですね。まだもう少し先。

(6/13 1:41) (6/13 12:05 追記)



| | トラックバック (2)

« 2007年6月12日 | トップページ | 2007年6月14日 »