« かにしのの本校側の制服の着た鈴蘭とリーダさんなメイド服の雪さん(さあのちあさん) | トップページ | 今年も夏コミに受かる事が出来ました。 »

2007年6月 2日 (土)

「目的となる記事だけにしか興味がないという傾向」


※先月ぐらいからか……なんか「犀の目工房」でググルなど検索からのアクセスが若干増えてるんですけど、 どこかでリンクが貼られないまま名前が出ているんでしょうか、なんとなく気になる。
 あと不思議なのはログ補完のぶろっぐで、 『姉汁』などがいったん回収となった件という結構昔の記事が未だにアクセスの上位に来ている事ですねぇ。  スティックポスターの件も実際に書いてから数ヵ月後に駄文ニュースさんで捕捉されてますが、 ウチでさえログを探し出そうなら苦労しそうなんですけど (ココログサービスで記事名でのリストが自動作成されて欲しい) どのようにして見つけられたんでしょう?


 ちなみにぶろっぐ(ブログ)への記事保管に変えて以降、 表サイトのアクセス数が最盛期の平均の2/3の8千件(日平均で200件)にまで落ち込んでます。 だいたいはブログへアクセスが分散したという事も一因かと想いますが。


 もうひとつの要因としては、 ブログ時代に完全に移行し目的とする記事へ直接アクセスできるようになった事から、 読みたい記事とそこからの関連リンクにだけ着目されるようになったという、 サイトの読み方の変化もあるような気がしました。

 ブログ以前は、そのサイト内でログを管理していた為に表玄関であるその大元のトップページ (ウチだと表サイト)から日記のページを見てログを読むという感じだったかと思います。 もしくは検索で目的の記事のあるページを見つける場合とか。
 しかしながら目的の記事は (週~月単位の)ログリストの一部ですから必然としてその記事を探す間に寄り道してしまうだろうし、 探しながら読む間に余分な情報から筆者の個性を見ることとなります。

 それがブログ時代となってからはあるテーマについての記事毎に記す事が出来るようになりました。
 記事単位でのページはしかし、 特設ページといった日記のログとは違うような独立ページという方法でなら以前から存在してます。 ただ記事単位でとかかなり小さいセルでの記事管理はブログによってかなり一般化したはずです。
 そしてニュースサイトなどで取り上げられる際にはダイレクトにその記事を紹介する事が常となりました (たいていは情報もとのサイトとか紹介したサイトの紹介も併記されてますけど)。


 ここからは……辺境のサイトだからというツッコミが入りそうですが、 ウチのサイトでの実情を例としてます(汗)。

 今年でも何度かブログに保管した記事が紹介される機会がありましたが、 それが表サイトへのアクセスに反映される事はなかったんですよね(というか目的の記事も表には既にないですし)。

◇ブログ(5/3~6/2分) 7359件
◇表サイト(5月分) 8153件

◇表サイト→ブログ 473件(若干追加分もある)
◇ブログ→表サイトトップページ 42件


 表からブログへは結構記事へのリンクを張っているし、 そもそもウチもそうやってアクセスしてるから(苦笑)、 必然的に数字は跳ね上がります。しかしブログから表へのアクセスはその1/10です。

 その他のデータから見ますと、 そのブログでもトップページへのアクセスが比較して少ないことが見えてきます。

◇サイト外のページ→ブログトップページ 619件


 表からのアクセス分を引くと「146件」です。 全アクセス数から見ても紹介されたサイトで記事を書いたサイトとして併記されてたにしてはこれはかなり少ない。

◇犀の目ぶろっぐ: PC美少女ゲームのポスター(通常/スティックサイズ)展開についてのちょっと思ったこと (この記事へのアクセス数は1798件)
 →谷川流作品のイラスト担当者5人のうち~ 128件
 →サイト外 32件
 →ブログトップページ 11件

◇犀の目ぶろっぐ:谷川流作品のイラスト担当者5人のうち、4人はエロゲ原画経験者
 →サイト外 11件


 そして目的の記事を見てからの1798件の行動については、 目的記事内に関連として貼ったブログ内の記事へのアクセスが辛うじて多い反面、 ブログトップや外部へのアクセスはきわめて少ない。ちなみに関連記事から外部へのアクセスは1/12。 多分、殆どは最初の記事を読んだらそのページをそのまま閉じているようです(関連記事も同様に閉じている)。


 以上で見えてきますのは、目的となる記事だけにしか興味がないという傾向が強いという事です。

 他にも事例があります。 表サイト内のコンテンツに置いている単発の特集記事や企画にも時限的にアクセスが集中したものの、 その殆どは表サイトのトップページには流れてませんでした。精々2桁に届く程度。
(2006年10大エロゲニュース企画については、 諸事情から一番すみっこにトップへのリンクを貼ってたからアクセスが少ないのは必然ですが)。


 表ページのアクセス数についてはブログにログ保管を開始して以降毎月低下してまして、 どうしてなんだろうと思うことが多かったんですが、 「目的となる記事以外には興味がない」という傾向があると気付いた時にやっと一因が見えてきました (それ以前に時期によって更新数が鈍っていた事もアクセス低迷の原因でしたので)。

 どうして気付けたかというと……自分自身、話題となる記事をニュースサイトでの紹介を見て読むんですが、 それからそのサイトのトップページへ向かうかというと関連する記事を読む程度と、 何を言うやら全く指摘のと同じ行動をとっていたからです (はてなアンテナでの日記への直リンもある意味これと似た状態ですね)。

 実はその事に気付いたのはこの春ぐらいでして、 今回のような記事を4月にでも触れようかなと思ってたんです。 ただ微妙に愚痴になりそうな気がして没にしてました。

 表サイトはこのような状況ではもはや低迷・衰退を続けるばかりでしょう。 これはもう諦める他ない。
 そもそも記事単位でブログに保管して記事を見つけやすくするというのは、 ウチがブログを保管庫とした際にも意図していた事でもあったんです。
 一応、最初に記事が挙がるのはその表ページなんですけどね(汗)。


「目的となる記事だけにしか興味がないという傾向」というのはしかしながら、 ブログがメインとなるサイトでは目的の記事へのアクセスもトップへのアクセスもそれぞれ同じくカウントされる事から見えてこないだろうし、 そもそもそういった問題は対して重要ではないのかもしれません。


※それ以前に、ウチのように表サイトとブログとをそれぞれ置いているようなサイト自体が特殊なケースorz

(6/2 23:19)



|

« かにしのの本校側の制服の着た鈴蘭とリーダさんなメイド服の雪さん(さあのちあさん) | トップページ | 今年も夏コミに受かる事が出来ました。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/15294154

この記事へのトラックバック一覧です: 「目的となる記事だけにしか興味がないという傾向」:

« かにしのの本校側の制服の着た鈴蘭とリーダさんなメイド服の雪さん(さあのちあさん) | トップページ | 今年も夏コミに受かる事が出来ました。 »