« 2007年10月23日 | トップページ | 2007年10月25日 »

2007年10月24日 (水)

『明日の君と逢うために』体験版ver.2とTGバージョン

『明日の君と逢うために』
 11月30日発売予定 Purple software

【明日の君と逢うために】応援バナー
Purple Software
『明日の君と逢うために』
【原画】  まっぴーらっく. 
【シナリオ】  鏡遊/北川 晴

◇テックジャイアン12月号付録DVDに「TGバージョン」が収録
“ぶっとびハイテンション娘・七海美菜の視点から物語の舞台である御風島&各キャラクターたちの普段の姿を描いたTGバージョン”
※体験版ver.2とTGバージョンをやっとプレイしました。

 体験版ver.2は目立つ変更点はクイックセーブのみだったのが製品版仕様のセーブに更新され、 色々なシーンを残し放題になった事(七海絡みが多いな)と、以前のでは明日香が森に消えてしまい、 そして「りん」と出会う場面の後までだったのが、 海水浴を挟んで文化祭の準備から後夜祭辺りまでにかなり伸びていた事ですね、 だいたい追加分は1時間半ぐらいだからかなり大盛な印象。
 七海美菜の妹は七海真奈美(ななみまなみ)っていうおしとやかの子だとか。是非とも本編に出て欲しいですな。 しかしこの一族のネーミングセンスは何ともいえないものがある。
「存在しない教室」や学園創設の謂れといった色々とある学園の謎とか人間関係の裏面辺りについては本編プレイしたらわかるんだろうなぁ。


 そして七海美菜視点での特別篇・TGバージョン体験版は、 修司が実家へ 強制送還 用事で一時帰省しているそんな1日のエピソード。
 口の紐が緩過ぎる上にマシンガントークでバカという愛すべきサブヒロインの性癖や立ち位置がよく分かるというか、 なんかもうこいつを観察するだけでも楽しめそうな気がしてきましたよ(爆死)。
 とにかく七海美菜ファン志願者をブートキャンプするのに最適な体験版です。 もちろん入門者だけでなく先の体験版とかの辺りでファンとなった方々も満足かと(むしろ続き希望?)。 そして……サブである事を惜しむ声が全国から漏れてきそうだ(苦笑)。
 なお、TGバージョンにはカットインが入るシーンが出てますね(テックジャイアン誌面の特集記事に画像が掲載)。


 テックジャイアンの記事で触れられてますけど、 今回採用されている背景アニメーションについては
“前作(『プリミティブリング』)から新エンジンに切り替えて、 不本意ながらWin2000/XPという限られたOSのみの対応となった結果、ようやく実現可能になりました”
そうです。いやぁウチのPCをXPに買い換えてて本当に良かったです(苦笑)。
 この背景アニメーションやイベントCG以外で見せている色々な演出については既に 体験版ver.1への感想 で触れている通りかな (体験版ver.2では メカ進藤 携帯電話のバイブレーションみたいにガクブルする演出も)。 効果的に使われているからこれだけでも購買意欲をそそります。

 発売まで1ヶ月をもうすぐ切りますので、その日までを正座して心待ちしておりますね。


※そいえば問屋様にお願いしてた 『あすきみ』ポスター(2枚目)とスティックポスター「瑠璃子」が昨日に届いたので早々にコーナー内に展開しました。 ポスター1枚目はコーナー外で既に使用しているんですがコーナー内にはなかったものでその一角に展開してます。
 スティックのはその1枚だけが欠けてました(そいえばこの娘さんは大人しい様に見えてなんか軽い衝撃でも反転化しそうな気が…ガクブル)。
 先日に移動させてましたコーナー棚についても日曜に色々と弄りましてALcot『FairChild』とで3段を使ってます。 で、未だに『あると』の特典ポスターも一緒に展開しているんですよね (こちらについてはそろそろ上記の『あすきみ』ポスターと差し替えるか、場所を入れ替えることとなりそうです)。
 販売する側としてもこうして盛り上げる事が出来るのは楽しいのですよ~。

(10/24 22:05)



| | トラックバック (1)

雑誌『PUSH!』『テックジャイアン』12月号でのちょっと気になった記事とか

※その他、誌面で気になった記事
『帰還者トマス』 大槻涼樹さん (『PUSH!』記事)
 インタビューあり
※「クトゥルフ神話」を基にした『黒の断章』『ESの方程式』、 あと雑誌『PCエンジェル』で連載されていたショートショートッぽいコラム? などでウチは知っている大槻涼樹さんです。 『黒断』『ES』はVFB持ってますし「北の国から」は古い頃のは切り抜いて保存してます。

 今回の短編は……氏らしいしっかりした下地のある設定のゴシックホラーっぽいストーリーで、 「北の国から」での語調もそのまま。いやどちらかというと淡々と恐ろしい設定が語られているともいえますが。 ……そして何ともいえないオチも絶妙です(題名から察すると思うけどね)。

 文中の「ピックマン」という名については16世紀のギリシャ語版『ネクロノミコン』所有者という他に、 『ラヴクラフト全集 4』の『ピックマンのモデル』がそれに当たるのなら、 不気味な絵を描く画家だもあると思われます(これについては明日確認してみる)。  っつーか何気なく「クトゥルフ」ネタを仕込んでいますな。 調べるまで実在する画家の名前だと漠然に思ってましたが、 まさか「クトゥルフ」ものだとは気付かなかったです(汗)。
 ↓
 本屋で『全集4』とクトゥルフの用語辞典を調べてきました(というかピとビを間違えてたorz)。
『ピックマンのモデル』にあるボストンのリチャード・アプトン・ピックマンは 『食事をする食屍鬼』など不気味な絵を描いた画家で上記の『ネクロノミコン』を所蔵し、後に失踪しているとの事。
 不気味なゴヤの画風のような絵といわれてちょっとゴヤについて調べてみたら、 自分が最初にイメージした絵がその人物の『我が子を食らうサトゥルヌス』だと判明しました。


 インタビューでは今回の小説について色々と触れたり、 業界での活動記録(ライター暦は10年以上!)、リスペクトする方とか(むしろ逆に崇拝対象だと思うんだが)、 「大きな嘘(ファンタジー)」と「リアル」との兼ね合いとか、ライター希望者への助言とか、 が、なんというか掴み所のない会話で述べられてます(苦笑)。
 ……っていうかこの方にインタビューするなら 『人工失楽園』の件も突っ込んで下さいよ~。

 ちなみにこのインタビューの真向かいのページは毎号連載のイラストコラムなんだけど、 今月は「ネコの遊び方」というネコアクションをあつめたものとなってました。メカものだけじゃないんですね。


『明日の君と逢うために』特集 (『テックジャイアン』記事)
 11月30日発売予定 Purple software

◇ファンシーペーパー3枚 まっぴーらっくさん描き下ろし
◇インタビュー(石川 秦さん・鏡遊さん・北川 晴さん・雅さん)
◇イベントCGいろいろ
◇メーカーページ(連載) イラスト担当は彩雅介さん。
 悠樹真琴さんの4コマ漫画劇場
 みやびさんと月社尋さん、悠樹真琴さんのミーティングも。
◇《TGプレミアム スペシャル》で悠樹真琴さんにインタビュー
◇付録DVDには「TGバージョン」「主題歌」「壁紙」「悠樹真琴の4コマ漫画劇場総集編(全23本)」が収録
“ぶっとびハイテンション娘・七海美菜の視点から物語の舞台である御風島&各キャラクターたちの普段の姿を描いたTGバージョン”
※TGバージョンはこの後に早速プレイしてみる。
 あと夏コミで公開されてましたアニメーションムービーは“全体的な作画クオリティーに疑問が出て” 原画レベルで全て描き直しとなっているんだそうです。 パープルのOPムービーは定評ありますから、早く今作の新バージョンが公開されて欲しいですね。


『Garden』 (『テックジャイアン』記事)
  Cuffs
※誌面の発売日は変更となり1月25日が発売予定日
※以前の雑誌インタビューでもありました瑠璃と絵里香との3人プレイが公開されたのですが…… 春日桜子&撫子との3人プレイの壮絶な構図にはさすがに絶句。更には愛先生との対戦で謎の紐(いや、多分あれなんだろう) が見えてたりと恐ろしいまでもマニアックな光景が清涼なタッチのイベントイラストで描かれているから、 なにか危険な作品に手を出そうとしているような気がしてきました(苦笑)。 更に黄金水信仰者っぽいから主人公・神谷 涼は大変変態デス。 (ウチとしては尿関連では選択肢で回避できたらいいんだけど)
 ともかく『フォーチュン アテリアル』と発売日が重なったから1月末は本当に大変だ(滝汗)。

(10/24 15:45)

(10/26 23:40 「ピックマン」について追記)



| | トラックバック (0)

雑誌『PUSH!』『テックジャイアン』12月号でのオーガスト関連

『PUSH!』12月号
《PUSH! LOVE NAVI 『FORTUNE ARTERIAL』第3回》

【新規】
発売日が2008年1月25日

◇集合イベントCG (孝平の部屋)
   陽菜・瑛里華・へーじ・白・かなで (各自私服)
◇瑛里華 私服 HCG 着衣状態
◇瑛里華 私服 HCG 普段着だけ半脱ぎ
◇桐葉 制服、但しほぼ全裸 夕方の海辺の丘(差分計2種)

◇白 監督生室? 電球交換の為に孝平に肩車してもらう。

【業界電波発信基地】
 「へくちっ」っと風邪に注意な白 カット
※瑛里華と桐葉のHCGがついに~。今作も着衣・半脱ぎが基本のようです(苦笑)。

 私服の瑛里華とはベッドの横に特徴ある棚があることから孝平の部屋だと推定。 天下の副会長を連れ込んだか(苦笑)。
 それから拘りのある下着のデザインにも注目デス(どーせ孝平がそれすら剥ぎ取るんだろうけど)。

 桐葉についてはどう見ても夕方に海辺の丘陵地での一戦です、屋外デス。
 その場所が同じ事から先に公開されているイベントCGと直結するっぽい気もしますが、そちらは冬服制服、 今回のは夏服制服(袖の長さの違い)。つまり、がんばれば夏までに桐葉との関係がかなり親密になれる事が伺えます。
 表情もそれまででは見た事がないもので……つまりはこれまで立ち絵で公開されている表情はある意味 意識して振舞っている姿ともいえそうです。
 なんというかここ暫くに桐葉関連の情報量が増えてきてるんだけど謎だけ深まっているような気がする……。
『テックジャイアン』12月号 (テックジャイアン)

“発売日が確定! ファン待望の『FA』記念日は年明け1月25日!!”

『フォーチュンアテリアル』TGプレリュード
 11月21日発売予定

【新規】
◇集合イベントCG (孝平の部屋)
   PUSH掲載のからへーじが消失
◇瑛里華 私服 HCG 普段着だけ半脱ぎ
◇桐葉 制服、但しほぼ全裸 夕方の海辺の丘(目を開けた状態)

◇白 監督生室? 電球交換の為に孝平に肩車してもらう。
 (3枚ともPUSH掲載のと同じ)

【『FA』ボーイズサイド応援団】
 千堂伊織会長と東儀征一郎、八幡平 司、支倉孝平をクローズアップ。
 「瑛里華のお茶会 Boy's Side 第2回」のゲストは征一郎

【でべろっぱぁずふぃーるど】
 「いぇすっ!」人差し指を立てている瑛里華 カット
“現在開発室では各部署のスタッフが、マスターアップに向けて調整やスクリプトなど追い込みの作業をしてます”
※こちらでの動きというとやはり『TGプレリュード』が来月の11月21日に発売だという事ですな。
 HCGも各ヒロイン数枚ぐらい収録されたり、誌面人気投票結果発表と記念の1位ヒロインイラストが掲載されるなど、 主に18禁方面で期待しております。
 つか本作発売の1ヶ月ぐらい前かなと思いましたが結構前の発売となってますね。

(10/24 15:45)



| | トラックバック (0)

« 2007年10月23日 | トップページ | 2007年10月25日 »