« 「オーガスト作品における大団円は結婚エンド」から導き出された『フォアテリ』結婚エンド予想(水上さん)、あとオーガスト作品におけるトゥルーシナリオとイニシャルヒロインの立場の変遷 | トップページ | 桜庭一樹さんの小説『ブルースカイ』読書中 »

2007年10月 1日 (月)

『ゲーマガ』『電撃G's』『電撃姫』11月号でのオーガスト記事

『ゲーマガ』11月号 (ゲーマガblog)

《オーガスティック・じぇねれーしょん!》
“広い学園敷地内のどの場所でヒロインたちと出会うのか、そしてどんなイベントが待ち受けているのか”

◆「体育祭イベントCG(←瑛里華と陽菜の徒競走)」
※体育際のリレーで陽菜(自分のクラス)と瑛里華(別のクラス)のどちらを応援すべきか板ばさみ(汗)。

※その他、既に公開されているイベントCGの発生場所を記述。

【海岸通り(繁華街)】
◇“ショッピングや遊戯施設など、1日中いても飽きない場所と評判”
◇“白の馴染みの和菓子屋は、少し内陸部の町並みに”

【海浜公園】
◇“海岸通りから足を伸ばし、海沿いまで歩くとたどりつく”
◇“海岸の細長い形状に合わせて造られた比較的新しいスポット”
◇“カフェなども点在”
◇“夜はライトアップ”
(捕捉)
Small Love:hakaseさんの「舞台探訪記」より、 モデルは「兵庫県神戸市 煉瓦倉庫レストラン」

【穂坂欅(ほさかけやき?)】
◇“白鳳寮裏庭”

【紅瀬桐葉】
◇学院内の意外な場所で桐葉を見かける。本敷地内噴水前など (オーガストスタッフの応える各ヒロインのかかわりの深い場所より)

《ぷりぽん講座》
今回の注目役「手のかかる教え子」(別名「教えてせんせいさん」)
牌[シルフィ][結先生][恭子先生]
※そろそろ夏に振り込んだ全プレテレカが届くそうな。ウチは表紙絵・瑛里華様と平野耕太先生のテレカですな、明日には届く?
 で、先月号では掲載無かったから首を取られてしまったかと冷や冷やしておりました『以下略』が無事今月号には掲載されてます。 ……スミマセン、『バイオハザード』ネタはちょっとよく分からないデス。って外枠でも微妙にバイオに触れてるな(苦笑)。

 という事で『ゲーマガ』レポです。先月号野は買ったんだけど触れる暇がないまま時間が経過して鮮度が(涙)。

 今月号での『フォアテリ』記事は基本的にこれまで紹介してきたイベントCGや背景画をネタに そのイベントシーンのスポットを紹介するという 有り体に言えば特段に新しいネタが無かったのでお茶を濁した おさらい企画ですね、 ここ最近どの雑誌も同じ事を(以下略)。

 その他には学園外でのスポット紹介も。
【海岸通り】についてはその解説の中で、それよりも少し内陸部にも商店が並ぶ町並みがあると触れられてます。 【海浜公園】は今回初めてその呼び名が示されてますね。 でもそこの建物はカフェというにはやや建物が大きい気もします。

 そして今回初公開された謎のスポット、それが白鳳寮の裏にあるという【穂坂欅(ほさかけやき?)】です。
 周りを整備された緑地に囲まれてた比較的大きな樹木ですが、けやきの成長はそれなりに早いそうなのでこれが樹齢何年かは不明。 果たして白鳳寮が建てられるよりも前から存在するんでしょうか。
 ともかくこの『フォーチュンアテリアル』に於いて何らかの意味を持つ存在になるかも知れません。

《ぷりぽん講座》は今月も続く~。 そういえばシルフィって妹(義妹)ですけど聖職者という事で教育を受けてますから小さな青空教室の先生もされてましたね。 他に恭子先生と結先生の場合はなおくんの他に天ヶ崎美琴という問題児も(苦笑)。

(10/1 22:30)


『電撃G's』 (電撃G'sマガジン)

※記事についてはボイスCD企画での収録ボイスの発表のみ。挿絵は脳ホエさんが担当。
 この企画で収録されたボイスは『電撃G's Festival』の付録CDとなるそうな。 また『電撃G's Festival』付録の抱き枕カバーのイラストとなるヒロインについては12月号で発表。

◎コミック『フォーチュンアテリアル』(佐々木あかりさん)
 連載第3話「紅瀬桐葉 隠れた優しさ」
※余りフォローしないうちにボイスCD企画が結果発表に(汗)。 それに加えて抱き枕カバーもつく『電撃G's Festival』の発売時期についてはちょっと記載が無かったですね。

 コミックは桐葉エピソード。瑛里華の壊れた表情(笑)もですがディフォルメっぽい桐葉の表情も中々面白い。 表情で遊びがある感じはこれからもキャラを上手く操られると期待できますね。
 そんな桐葉の意外な一面が今回拝めます。ばっちりお婆ちゃんの知恵も登場デス。

 G's11月号付録の『ななついろ☆ドロップス』秋姫すももフィギュアはこのサイズの割には出来が良いです。 まぁ思いっ切りパンツ丸見えだし、 胸元まであるスカート生地のパーツを剥くと下乳が見えるような気がするんですが(爆死)。

(10/1 22:58 少し前までのタバスコの瓶にある製造方法のテキストがナゼか好きでした)


『電撃HIME』 (電撃HIME)

※「おやすみボイスCD」企画の結果発表

(ボイスCD企画について)
◆『電撃G's Festival』付録 (電撃G's)
  おはようボイスCD+抱きマクラカバー
◆電撃HIME誌上通販 (電撃HIME)
  おやすみボイスCD+オリジナルシーツ

※千堂伊織が6年生だという記述
※体操服姿でのシューズの色は学年カラー
※実は今まで千堂伊織が6年生だという記述を目にしてなかったり。 妹の瑛里華が5年生である事や親友の東儀征一郎が6年生である事から推測は出来てたんですけどね。

 あと細かい点では体育で履くシューズが指定物となっている (共通デザイン)事とカラーリングが学年カラーと合わせている事でしょうか。

(10/1 23:44)


※『ゲーマガ』テレカ着弾。表紙絵「千堂瑛里華」と平野耕太さんデス。

着弾した『ゲーマガ』テレカ2枚と
描いている下絵など


 テレカは生死の境界線をいつ踏み越えてもおかしくないというか踏み越えちゃえ~な『以下略』の3バカとその他レギュラー3人ですな。 まぁなんというか絵的にはあんな感じです。マジっぽい絵で笑いを取っている(笑)。

(10/3 14:16)



|

« 「オーガスト作品における大団円は結婚エンド」から導き出された『フォアテリ』結婚エンド予想(水上さん)、あとオーガスト作品におけるトゥルーシナリオとイニシャルヒロインの立場の変遷 | トップページ | 桜庭一樹さんの小説『ブルースカイ』読書中 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/16654791

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゲーマガ』『電撃G's』『電撃姫』11月号でのオーガスト記事:

« 「オーガスト作品における大団円は結婚エンド」から導き出された『フォアテリ』結婚エンド予想(水上さん)、あとオーガスト作品におけるトゥルーシナリオとイニシャルヒロインの立場の変遷 | トップページ | 桜庭一樹さんの小説『ブルースカイ』読書中 »