« 2007年11月10日 | トップページ | 2007年11月12日 »

2007年11月11日 (日)

『明日の君と逢うために』アニメーションデモが公開!!

 (Purple software)
【明日の君と逢うために】応援バナー  Purple Software
『明日の君と逢うために』
【原画】  まっぴーらっく. 
【シナリオ】  鏡遊/北川 晴
『明日の君と逢うために』 11月30日発売予定
※昨日に公開されたと知って寝る間際にDLしてます。

 なお、原画の方とアニメーションのキャラデザが異なる事はウチ的には既に織り込み済み。 というか原画作業にアニメ作画なんてさすがにオーバーワークでしょうし。

 前作『プリミティブリング』ではキャラクターの動きに注目してました パープルのアニメーションでしたので『明日キミ』ももちろんその公開を待っておりました。
 今回はminori/新海 誠さんのアニメーションのような色彩が前作・前々作に続き引き継がれてます。 あと一部カット(裸のバストアップのアニメーションカットが描かれているシーン) は夏コミで公開されたものとほとんど同じかな。

 ななみ~が巨人過ぎる件については、そのシーンのメインであるあさひ先輩(身長147cm)が低すぎてスレンダーだからです(苦笑)。 ななみ~は163cmでその差は16cm。ビジュアル的にはやや身長差が多いかもしれないけど概ねこんな感じなのでは。 あと長身のななみ~が弾むように駆けていくから身長差が更に出てるしな(苦笑)。 (なお、160cm以下なのはあさひ先輩、明日香、りん)

 また、今回はかなり空間性を意識した周回するカメラワークのようなシーンも多く、 夕日に染まる教室から草原でのシーンへのつなげ方は見せ場のひとつでしょう。
 その他、気になるカットが色々とあり過ぎ(爆)。

(注) 体験版(ver.2・TG版)や雑誌記事での情報に基づく反応につき、ややネタバレあり
◇雨の墓場にて母親と揃って喪服姿の幼い小夜
◇夕日に染まる教室で一人外を眺める小夜(後ろに髪をひと房まとめている)と男女生徒二人 それを廊下から眺める小夜(作中の髪型)。
◇草原を歩く上記の3人。女生徒はポニーテール
◇教室から消えるショートボブの女生徒、机には腕時計。

(この間に色々と小夜や瑠璃子関連で意味深なカットあり)

◇木造家屋の裏でりんとあさひ先輩が謎の接触
◇真新しいビル上階の展望ホールで顔をあわせているあさひ先輩とななみ~(?)
◇小一時間問い詰め!? 修司をなじる舞(舞はこれだけですな)
◇暗い森の中で挫折している修司とそれを見つめるりん・明日香(?)
 ……小夜の眺めている3人のうちの二人ってもしかして里佳姉と夕霧直輝?
 もとより ア○ゾン生活のニート暮らし 異空間のような教室に当然のように巣食うから普通じゃないとは思ってましたが、 過去にも存在する人物という事ですかね(汗)。謎だ……。あ、何気にそっちの髪型の方が好みだったり(マテ)。
 あと夏コミの冊子・紫通信では過去に両親をなくしているとあるけど、 先に父親を更に後に母親を亡くされているみたいです。
 っと、バストアップのカットはちょっと口の位置が高い気がするかな(笑)。

 あさひ先輩についてもただのちびっ子先輩でスレンダーじゃないんですか(を)。 劇でのお題目が島の神話にまつわるもので、和服を身に付けた役柄(よく見ればりんと背丈そっくり) を演じる事からりんと何らかの接点を持つのかも。
 あと貧乳を理解する(笑)ななみ~との色恋沙汰も大変気になります。いやあれはななみ~が一方的にだけど。
 ……というかあさひ先輩が最後に登場する一連のシーン、あさひ先輩と向き合い手を握り合うのがりんと七海だという事も何か意図的に対にした様にも見えて気になりますな。


 今回のアニメーションデモは幼い頃と今とが重ねられる修司と明日香、過去に何らかの接点を持つらしい小夜、 神話を題材とした劇でりんを思わせる役を演じるあさひ先輩がりんと接触している事と、 過去と現在とをかなり意識し作中にかなり踏み込んだかのような(ある意味読み解きを求めてくるような)内容となってますね。 先に触れている周回するカメラワークの中でも過去と現在とがるながっているように描かれてますし。
 9日夜頃に公開だから昨日ぐらいには早々に店頭でも上映開始となっているんでしょう、 とりあえず今月のタイトルとして注目のデモです!

(11/11 0:20 今月はこれ1本のプレイ時間確保の為に色々な予定をがんばります)


※Faxiaたんより上記のレポをメディオさんとこの動きの関連で紹介していただいてます。 それと上記のは体験版(ver.2・TG版)プレイ前提でだから……ちょっとネタバレかも(汗)。
『明日君』メディオ!専用アニメデモムービー公開中!!

“(ツンデレ)泉水小夜ちゃん直々に、メディオ!の豪華2大特典「裸エプロンテレカ」と「B5フルカラーリバーシブル裸エプロン下敷き」を宣伝!!(貴重な宣伝ボイス)”
“メディオ!専用アニメデモムービーは、店頭用高画質版をメディオ!秋葉原でも上映”
(メディオの中の方のブログより~)

※嫌がるはずの小夜があんな裸エプロンを許したという経緯(?)については こちらでメディオの販促担当の方が熱く語られてます(笑)。
※ななみ~で『明日キミ』に熱を入れている同胞です(笑)。 特典は小夜っちですが(定番の裸エプ)……VFB出たらそっちで拝ませてもらいます。 いやだってウチは自分で自分の予約を入れてるんだし(『Garden』は先生の履いてないテレカが欲しいから地元の虎で予約してるけど)。
 ソフマップがななみ~で特典だそうで……地元にあったら予約してたのに。

 で、今回のメディオ限定デモは、アニメーションパートは先日公開のものと同じですが、 最後に小夜っちのツンデレ宣伝ボイスが入ってます。しかしよく裸エプ姿になる事を了承したなぁ小夜は(笑)。

 小夜っちについては体験版ではどちらかというとデレ成分漏れを必至で抑えつつ水着選びをするという抵抗をまだ見せており、 どちらかというと「貧乳」絡みで突っ込んだ明日香とななみ~に雷落とすシーンの「ツンッ」ぷりの方が印象的だったり(TG体験版)。 現場は恐怖に戦慄、見てる方はもうコメディで(笑)。ここ、カットイン演出になってますので~。

 店頭デモの方についてはメディオは今回の専用を上映されるとして、 それ以外のショップでも、今月発売予定のうちのひとつですから、恐らくこの週明けには(DLしたムービーを)各地で上映されているかと思います。

(11/12 1:45)


Faxiaたんの11日のレスにて 問題のななみ~(走っている方はう~やっぱ大きいかも)が登場するシーン、 更に外にりんが木の枝に座っているのが見えるなんて言われるまで全く気付かずorz  更にこうくると(劇で役を演じる以外にも)あさひ先輩とその方との因縁が何かありそうな気がしてきますな。
 あと、CGデモの方はさすがにテキスト部分まではチェックしてないです(演出的に楽しんでましたから)。 でもやはり何か鍵があったみたいで……。

 それから色々と各所で反応見ると裸のバストアップが微妙な様子。ウチは衣装ありでも無しでもOKですが(何気に素体スキーだったりするし)、 このムービーで乳首が描かれてないのは確かに謎。 ただ、描かれたと妄想してみるとちょっと露骨っぽくなるから 『エヴァンゲリオン』や『白詰草話』OPみたいにイメージ的に留めたからじゃないかなとも思いますが (多分、エロくなり過ぎる)。
 動きがバックの映像とリンクしている演出とかもいい感じですけど、 あさひ先輩はもっと微乳だと思うし更には既に指摘してますように横を向く小夜の口の位置が高い事は気になりますな (顎のラインとかを見ますと恐らくはアニメ原画の方の絵柄だからなのかも)。 ななみ~とか乳首とかは製品版でその辺りの補正がかかるのだろうか……


※ななみ~巨人説については先日でも実は自分の頭の上に物差しを立ててみて計ってたりしてました(苦笑)。 あさひ先輩に挨拶しているシーンにて、 ななみ~口の位置(あさひ先輩の頭頂部の高さ)から頭頂部をウチの頭蓋骨を元に割り出してみるとこちらもだいたい16cmぐらいですから身長差と一致しそうです。

 ただ、今回問題となったのは走るななみ~の頭蓋骨サイズがあさひ先輩よりもふた周り大きい事に起因してる気がしますね(汗)。 ちなみに制服自体はあさひ先輩とほぼ同じです。 手の長さは走るカットだと立ち止まった時よりも手のひらのサイズ分伸びているようですし、 足の長さについては足先が見えてないので何ともいえないけど、微妙にひざから下が長い気も?
 とまぁリアリティの精度を上げていくと切りがないですな。だいいちそればっかり気にした所為で(何度も同じシーンを再生していたはずなのに)廊下の外に気付かなかったんだしorz

(11/13 2:30)



| | トラックバック (0)

« 2007年11月10日 | トップページ | 2007年11月12日 »