« 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月18日 »

2008年2月13日 (水)

『フォーチュン アテリアル』 背景モデル地「本敷地 図書館棟(内部)」

 (にしさんより再びメールにて)

【本敷地 図書館棟(内部)】

モデル ニューヨーク市立図書館 内部「閲覧室」
 アメリカ・ニューヨーク


(参照)
ウィキペディア「ニューヨーク市立図書館」
阪急交通社のブログでの紹介記事


※図書館棟の外観については本編に登場する本敷地の背景CG「レトの泉前」でも丁度見えない位置にあるため不明。 唯一、学院の全風景を描いたマップで見られるが、対に位置する【講堂】とは異なる外観であり、 また総大理石造りのニューヨーク市立図書館とも異なる。
※瑛里華に続き白ルートを進行中のにしさんからまたまたメールで情報戴きました。 かなり調べないと判らないと思うのでメールで教えてもらった瞬間「まじで~!?」て驚いちゃいましたよ。 モデル地は海外ですか、これまた遠いな(苦笑)。

 大型のシャンデリアや特殊な書棚、広すぎる閲覧用机の敷地という重厚すぎる内装から日本では絶対「ありえない」筈だと思ってたけど…… 欧州の歴史ある図書館がモデルかなと思いましたが実は1911年に建てられたというニューヨークの図書館だったとは。
 映画『ゴーストバスターズ』でも登場したって言うけどもうかなり前過ぎてウチも憶えてません(涙)。


※ウチは背景モデル地の調査どうよ? ってことなのですが……今回の『フォアテリ』については手札全くなしデス(汗)。
 そもそも自分が唯一自力で発見した『あけるり』の【満弦ヶ崎の繁華街】にある福岡三越がモデルの建物については 大学生活時代に見慣れている建物だったから偶然に気付いた訳で、 そういった自分のライブラリはやはり自分の生活圏と旅行した範囲に限られるんですよ。

 ここ数年は広島市内と東京・秋葉原・大阪と行動範囲が限られるから、 先日のむねきちさんの『まーぶるインスパイア』(紹介記事) みたいに地元のぐらいしか見つけられませんって。とりあえずそんな言い訳(汗)。

(2/13 20:55)



| | トラックバック (0)

『フォーチュン アテリアル』 背景モデル地「千堂家 本家」

 (にしさんよりメールにて)

【千堂家 本家邸宅】

モデル 旧岩崎邸庭園「洋館」
 三菱財閥三代目社長の岩崎久彌がジョサイア・コンドルに設計させて建築した邸宅

 東京都台東区池之端


(参照)
旧岩崎邸庭園 - マリみてモデル地探訪・小笠原邸篇
旧岩崎邸庭園


(関連)
 Small Love:hakaseさん舞台探訪記「遥かに仰ぎ、麗しの」

◆旧岩崎邸庭園「撞球室」
 『遥かに仰ぎ、麗しの』 鳳華女学院分校:面会室

◆旧岩崎邸庭園「洋館」
 『遥かに仰ぎ、麗しの』 鳳華女学院分校:本校舎 正面
※にしさんから情報を戴きました~♪
 実在する洋館を左右反転したものがモデルのようですね。 また、正面前庭の花壇や噴水は実際には芝生となっているものの、 石畳のロータリーは備わってます。

 更に付け加えると、生活に使う為の和式の住居も備えていると。 それが瑛里華の母親の住まいと同じモデルかについては判別できないものの、 モデルとしてその館を選んだ目的は窺い知ることが出来ます。

 それと……「撞球室」がなんか見たことあると思ったら『かにしの』に登場する建物ですね。 というか洋館そのものも(苦笑)。『かにしの』舞台地も紹介されているSmall Loveのhakaseさんもこの事実に気付いたらびっくりしてるだろうなぁ(苦笑)。


※今のところ判明しているモデル地はこんな感じです。
◆修智館学院 校門
  ⇒京都府京都市 京都国立博物館正門

◆修智館学院 講堂
  ⇒大阪府大阪市 大阪市中央公会堂

◆海浜公園のレストラン
  ⇒兵庫県神戸市 煉瓦倉庫レストラン(神戸ハーバーランド)

◆修智館学院 礼拝堂
  ⇒東京都 明治学院大学 白金キャンパス「明治学院チャペル」

◆修智館学院 監督生棟
  ⇒東京都北区西ヶ原・駒込 旧古河庭園の洋館

◆本敷地の中央の建造物(旧教職員棟)
 ⇒山形県旧県庁舎の正面構造物

◇千堂家 本家邸宅 ⇒旧岩崎邸庭園洋館

◇本敷地 図書館棟 ⇒ニューヨーク市立図書館 (追加)
 そこそこモデル地は分散しているものの、比較的ですが東京都内の建物が多めな気がします。 また歴史ある学園施設ということから近代建築物が多いですね。

(2/13 12:15)



| | トラックバック (0)

『フォーチュン アテリアル』 考察資料 「年表」



※ネタバレあります。
TMくんさん作成『FORTUNE ARTERIAL』バナー
ネタバレありバージョン



 1559年にスペイン王フェリペ2世が禁書目録を公布。異端不寛容的政策でイスラム教徒やユダヤ人だけでなく新教徒も弾圧追放。

 宗教戦争から国家間戦争に発展した三十年戦争とオランダ独立戦争(1568年~)がウェストファリア条約により1648年終結

1650年代、イギリスでクロムエルが護国卿となり軍事独裁体制に

(以上、参考としての欧州での宗教戦争)



【1600年代前半頃 (1750年の前後数年から更に100年前)】
 マレヒトは友人を眷族とし、更には人形に貶めてしまう。
 人々に館を「人形」もろとも焼かれ、マレヒトは逃亡する。


マレヒトが悲劇の館から逃亡して100年後
 マレヒト、珠津島の山奥に潜む。
 人との温もりが忘れがたい為に村に降りて外来の知識を生かす。村人からは「稀人(マレビト)」と呼ばれる。

 その年の冬に胸の病に伏した東儀家の姉妹の姉を(夏を迎える頃までに)完治させる。
 病を完治したものの当主の資格を失った姉とマレヒトが相思相愛となり冬に所帯を持つ。


マレヒトが所帯をもって3年目
 7月12日に「伽耶」が生まれるが妻である姉は死去。
 (子が授かったのは東儀家の姉妹の妹が島の力を使ったためとされる)
 妹は姉に代わり母親としてマレヒトとともに伽耶を育てる。


【1750年頃 (250年前)】
 桐葉が生まれた頃 (伽耶とは2、3歳しか年が離れていない)

伽耶が生まれて数年目
 マレヒトは数年を費やして「蒼珠」を2つ作る。
「蒼珠」が完成したすぐ後に村で流行り病がおきる。
 その原因の矛先が神への祈りを欠いた(と噂された)東儀家に向きかけていたが、 東儀家の妹(東儀家当主)を救うために、伽耶を友人として大事にすること等を条件としてマレヒトが原因を引き受ける。


伽耶が生まれて数年目の7月11日
 別れの前日に伽耶へ教え(実質的には遺言)と「蒼珠」を渡す。
 マレヒトは東儀家の妹が先導した村人により千年泉に追い詰められ、その場で胸を突き自害。
(「千年泉と鬼」伝説の発生)
 マレヒトの胸からこぼれた「紅珠」のカケラを東儀家が預かる


(不明1)
 伽耶は東儀家の保護下に置かれるが「鬼の子」とされ、 桐葉以外の友がいなくなる。

(不明2)
 伽耶が千堂家を興す。

【江戸時代 (3)】
 東儀家により上水が設営される。

【1825年 (4)】
 江戸幕府、異国船打払い令を布告
 珠津島にもその頃に外国船を打ち払う為の砲台が設置。

【1863年】
 オランダ人「ヤン・ヘンドリック」により修智館学院が創設
(とされるが実際は伽耶が創立)

【1871年】
 明治の太政官布告で神職世襲が廃止となり、東儀家は珠津島神社から形式的に切り離される。

【1908年 (100年前)】
 伊織、後に「穂坂欅」と呼ばれるケヤキを植える。
 その前にツキという不治の病を患う少女に出会い眷族になる事を勧めるが、 ツキはそれを望まず、その後に姿を見せなくなる(恐らくは病没)。


【~1945年】
 海軍基地が設営される。

【1945年】
 GHQ、神道指令により国家と神社を分離。

【1973年 (35年前) (5)】
 シスター天池の母親が生徒会長、伊織は副会長。
 伊織は伽耶に騙されて生徒会長(天池の母親)の血を飲まされたことから、 心情的に耐えられなくなり生徒会長の記憶を消している。


【1983年 (25年前) (6)】
 シスター天池こと天池志津子が生まれる。(コンプティーク 08年3月号)

(不明7a 瑛里華のひとつ上の兄が生まれる1年前)
 「瑛里華のふたつ上の兄」が死去

(推測)なお、その「瑛里華のふたつ上の兄」の生誕時期は不明であるものの、 それなりの自我を持ち反抗期を経ている年齢以上までは生育したのではないかと思われる。 そうなると「瑛里華のふたつ上の兄」の亡くなった時期と「瑛里華のひとつ上の兄」が生まれた時期は「1983年」よりも前という可能性が高い。


(不明7b 瑛里華が生まれる1年前)
 悠木かなで、東儀征一郎が生まれる。
 瑛里華のひとつ上の兄が死去。
(東儀征一郎については眷族化した事を考慮しても、 (本来は眷属関係があると知らされていない)伊織によりその成長を見守られてきたことを考えると、 実際の成長年齢を越えていないと見るのが自然)


(不明7c 5年生キャラが生まれた年)
 千堂瑛里華が生まれる。同じ年には支倉孝平ら5年生生徒が生まれている。  東儀家(本家)より生まれた瑛里華が千堂家に引取られ「蒼珠」を伽耶によって飲まされる。 その前に東儀家前当主が「紅珠」のカケラを瑛里華に飲ませる。

(不明8 4年生の生まれている年)
 東儀 白が生まれる。

(不明9)
 東儀征一郎、千堂伊織の眷属とされる。
(征一郎は知っていたが伊織は(誰かに)その事実を知らされ、前当主に征一郎と白のことを託されていた。 全て東儀家前当主の計らいで?)


(不明10)
かなでが学校に進学した頃に陽菜が入院している。
かなでと陽菜の母親が看病の疲れから脳梗塞で死去。



【2001年 (7年前)】
 孝平、千年泉でおぼれそうになる。
 珠津島大橋が建設される。

【2001年6月29日】
 東儀家先代当主とその妻が他界 (過度の眷属化で人形と化していた)

【2002年】
 陽菜がトラックにはねられる。奇跡的に無傷だったが2001年頃の1年分の記憶を失う。
 瑛里華と待ち合わせていた陽菜が駆けつけようと車道に飛び出した際に、トラックに撥ねられそうになり、 瑛里華が吸血鬼の超人的能力を使って陽菜を助ける。力を見られたことから陽菜の記憶を消した。

【2005年 (3年前)】
 新敷地が造成
 雪丸が生まれた頃?

【2007年】
 伊織が伽耶から了承を得て、瑛里華が学院に入学(4年生に編入)

【2008年4月】
 支倉孝平が修智館学院に編入


(補足)
◇本編の年月についてはカレンダーとの一致から「2008年」と仮に定めておきます。

◇[(不明1)(不明2)(3)(4)]での時系列の順序及び、[(不明7b)(9)(10)]における 東儀征一郎が眷属化した時期の時系列巡については不明。

◇学院生徒の生まれた年については一切不明となります。白やかなで姉さんも含めてデス(爆死)。

瑛里華と伊織の間にいる二人の兄の生まれ年については大幅に年月を見た方がいいかもしれない。

◇伊織の生まれ年については100年よりも前である事は間違いないものの更に遡るには明確な情報が足りない。

◇1863年に伽耶が学院を創設した理由が「子供たちが一人前になる為に安心していつでも血が吸える理想の環境」 を作るためという事から、その頃には「蒼珠」で生まれた千堂家の吸血鬼が居たと思われる。 ただしそれが伊織であったかどうか確定するには情報不足。


※もろにネタバレ含むので色々と反転させてます(汗)。 というかこういう仕事は速く済ませないと エンドーさんが着手しそうでしたので(爆死)。
 時節に関する情報不足な事項も結構あるので部分的に話の展開が前後しているかもしれないです。 また、空白の時間が特に学院創設など重大な出来事とも重なりますから、 謎がコレで解けるというわけではないですね。あくまでも出来事の流れというに留まるなぁ(汗)。

 それと改めてゲームを起動してそのカレンダーを確認したら、もう少し難儀するかと思ったらすんなりと「2008年のカレンダー」と一致しました。 という事なのでここは素直に2008年を『フォーチュン アテリアル』の起点としました。

(2/13 3:10)


※中世欧州での宗教戦争を記載したのは例のあの方がどういったルーツを持つのかという検討材料としてです。

 まずはキリスト教での宗教戦争がきっかけとも考えましたが、 ユダヤ教に「ゴーレム(泥人形)伝説」をもつ事からユダヤ人という線も(錬金術師という見方も兼ねて)検証してました。 スペイン王フェリペ2世によるユダヤ人追放(大半がオスマントルコ・スレイマン大帝の保護下に) は想定される過去よりも更に前ですけど、そもそもあの方の話には数年ぐらいの幅があるようですから。
 次に漂着民という方向。スペイン・オランダといった日本との交易を持った国の他、 デンマーク人ベーリングによるロシアのカムチャッカ探検から分派・南下し、 1783年6月22日に仙台藩の役人と接触したマルティン・シュパンベルグの民族籍など調べてましたが、 日本に色々な欧州民族が接近していた事実が確認できたものの、 肝心のあの方の名前に近いパターンの名前が見つからず。そもそもあの名前は本名が変化したものかも怪しいしorz

 といった感じで昨夜に進めたルーツ関係の調査は頓挫してます(涙)。
 唯一、『MASTERキートン』の「アザミの紋章」(単行本6巻収録)というエピソード(これがプレイ中即座に浮かんでたんですが) にも登場する古くからの伝承との類似点だけが資料の手札となってるだけですねぇ……。

 この検証資料については《今日のフォアテリ》の方でネタバレ専用ページを作るからそちらで掲載とするつもり。

『フォアテリ』関連だとイラストも描きたいんですが「『フォアテリ』発売直前までで残されている謎」の再検証とか色々と課題多すぎ。更に感想も書かんと(涙)。

 そいえば昔NHKの時代劇ドラマで「なおれぽん・ぱぴぷぺぽ」と周りから呼ばれた異人が登場してました。 自称ナポレオン3世。

(2/13 9:51)

(2/13 20:16 補足と追記)


※《今日のフォアテリ》にやっと設置した【ネタバレ専用ページ】へ 「年表」を反転なしで掲載してます。 合わせてここで触れている例のあの人のルーツについての考察も(結論には至りませんでしたが)公開してます。

(2/14 2:00)


※《今日のフォアテリ》【ネタバレ専用ページ】で15日未明に追加修正した「年表」データをこちらにも反映。 以降の「年表」修正は【ネタバレ専用ページ】の「年表」を修正していきます。

(2/16 0:18)



| | トラックバック (0)

« 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月18日 »