« 2008年4月2日 | トップページ | 2008年4月4日 »

2008年4月 3日 (木)

『電撃姫』5月号でついに《ふぉーちゅんファイブ》が揃う!!!






※という事で『電撃G's』『電撃姫』の連動企画「FORTUNE ARTERIAL Petit Figure Collection」をコンプリートしました。
(関連 電撃G'sマガジン×電撃HIME『フォーチュン アテリアル』フェアの特製ポストカードセットの写真はこちらに)

 ラストを飾るは発売以降人気急沸騰の「かなで姉さん」。
 正確には制服の上着と中のジャケットとでは赤色の濃さが違うんでその再現がされてないのが惜しまれますが、 それ以外の塗装は申し分ない出来。かなで姉さんの生き生きとした表情とポージングが冴えます。
(他での「かなで姉さん」レビュー)
らきばらいふさん 結構大きめな写真
ExoticBlogさん アニメイトでのG's×HIMEフェアについても
 そいえば制服上着の裏地って「紫色」なんですよね。『フォアテリ』起動させてかなで姉さんの立ち絵で確認。 そこまで再現されていたのならジャケットも再現して欲しかったかな。
 自力で塗るのもそういった環境がないもので(汗)。


※誌面の方では「編集部イチオシの名セリフ」とか「べっかんこう氏が語る描き下ろしイラスト執筆秘話」 で4ページに渡って『フォアテリ』記事が掲載。どういったイメージで描かれていたかが判りますのでこれはチェックです。
“後ろから抱きしめる構図も試したのですが”
 (G's4月号 悠木姉妹表紙絵について)
 ごめんなさいごめんなさいごめんなさいorz
(ウチのこの絵がその構図に近いかも。 こちらは冬コミで風ノ音StrikerSの風蛍さんが編集された『FMPC』表紙絵なのですが、 後ろ(斜め横?)から寄り添う構図で妹を守る姉という関係を、その寄り添う構図と冬制服で暖かい雰囲気を描いてみたんですよね)

(4/3 1:02)



| | トラックバック (0)

ハーヴェストノヴェルズより『フォーチュン アテリアル』ノベライズ化

 (Faxiaたんより)

(ハーヴェスト出版)

『FORTUNE ARTERIAL《瑛里華編》』
 原作:オーガスト 著者:岡田留奈
 7月1日発売予定 定価:893円(税込)

※『バイナリィポット』『プリンセスホリデー』『月は東に日は西に』『夜明け前より瑠璃色な』とオーガスト関連のノベライズ化を手掛けてきたということで、『フォアテリ』もハーヴェストノヴェルズからのリリースとなりました。

 で、今回の筆者は『はにはに』以来となる岡田留奈さん。『フォアテリ』でもシナリオ協力をされてますから変な方向に奇をてらうという心配は皆無…… 『はにはに』小説での事例があったっけ(爆)。あれはアレでウチは面白かったと思いますよ。フカセンの別の一面も見れたし。

《瑛里華編》が出るという事は……全ヒロインで5冊、真シナリオで1冊という予定なんでしょう(随分時間かかるけど)。基本的には原作シナリオと同じ文脈なんでしょうけど(いくらかのカットはある)、原作を崩さない程度での小説オリジナルの展開もあるといいですね(場合によっては準公式的な設定になるかもしれないし)。あとは原作のべっかんこうさん絵を改造した挿絵が個人的に好評なのでそちらも楽しみにしてます。

 今回のカバー絵は『フォーチュン アテリアル』のイメージカラーでもある「赤」と金文字ということで、その制服のカラーリングのような感じです。

※これで『フォアテリ』関連で待たれる刊行物はビジュアルファンブック(VFB)だけとなりますね。さてこの権利をどの出版社が手にするんでしょうか。 個人的には『あけるり』のVFBよりも『はにはに』のVFBのような大きなビジュアルと差分を載せた構成と、『あけるり』VFBのような考察関係・インタビューなど読み物の充実といった方向でその内容に期待してます。

(4/3 0:00)

| | トラックバック (0)

« 2008年4月2日 | トップページ | 2008年4月4日 »