« 2008年4月4日 | トップページ | 2008年4月6日 »

2008年4月 5日 (土)

ここ暫くのオーガスト系イラストサイトさまの動き


※ウチのサイトでは形式上、他の方の記事を取り上げる場合にそれを「○○さんの記事」と付記しているのですけど、 元の情報ページではなくウチが先に取り上げられたりしてたので、何となくどうにか工夫しないとと思ってたわけでした。 そんな感じなのでここ暫くは買ったものとか独自ソースの話題に終始。あと仕事で忙しすぎて帰宅後無気力だったりもしてました(汗)。


※イラストやSSの紹介については、ウチでなくてもうぃんぐさんとかTMくんさんなどが手堅く抑えているから、 それを辿るように取り上げるのもどうなんだろうなぁと、その話題の扱いに迷いがありましたし。
 ちなみにウチはネタだけはあっても描く暇が(涙)。 考察とか処理途中のものを多々抱えてるのですけど夏コミに使えるようなイラストぐらいはそろそろ描きたいデス。あと新刊プロットも。

いつか見上げた、あの青空の下で・・・:マスターうーさん

 4/2付に「かなでさん生誕♪」イラスト
※下着半脱ぎにいつもの賑やかさとは違った表情に「大人っぽさ」が感じられる1枚。 こういった描かれ方ってかなり珍しい。


くるぱれ!:涼宮和貴さん

 ◇入り口の次のページでサンシャインクリエイション39参加告知
 ◇イベント特設ページで↑の詳細

新刊『夜明け前より瑠璃色な本総集編 MOON Side「MOONLIGHT MAGIC」』
 「月の光に導かれ」、「地球での暮らし方」の再録と描き下ろしリース漫画26P

 新刊表紙・裏表紙絵の「エステルさん&リース」「フィーナ姫」も掲載
※リースのヒップがエロ過ぎ(爆死)。『あけるり』総集編「MOON Side」ではリースのエピソードが描き下ろしだそうですので、 まるでネコのようにすまし顔なリースがどんな感じに可愛がられるのか大変楽しみ。フィアッカ様の登場は?
 にしても表紙裏表紙ともエステルさんとフィーナ姫のその衣装のはだけっぷりが(笑)。

※と、TMくんさん、 この新刊『MOONLIGHT MAGIC』と、既刊の『FORTUNE ARTERIALの感想本』『TUTORIAL GIRL』、ウチの分も確保お願い!  ドリパ大阪で引取りますので(というか国防予算組んで参加確定させます)。


淡色館:来島あわさん

 (日記4/6) 『バイナリィポット』のミリィ(7日がお誕生日)
 (日記4/1) 風紀シールをバックに風紀を守るかなで寮長
 (日記3/29) 『バイナリィポット』の羽根井優希
 (日記3/25) 次期フライパンマスターな東儀 白
 (日記3/20) スク水文緒委員長
 (日記3/7) ぽてりこと『月学概論』とさやかお姉さん
 (日記3/4) お買い物ミア
※一応更新あれば見ていたはずなんだけどミアとさやかさんのイラストは見逃していたのかも(滝汗)。
 こちらでも出来るだけ誕生日リストの定期的な更新はしていくようにしますね。 今月はしかし……ラピス たん &リースがほぼ連日で大変そう。

 先月のダイヤ改正での寝台列車の削減とかは……実際夜行長距離をイベントで使う身としては、 高速バス並の価格と低価格サービス(座席車両を加えるとか)でランクを下げて利用者を増やすとかしてくれれば、 事故に巻き込まれる危険のある高速バスより安心して利用できたのにとは思います。
 寝台車というと高校時代には広島で分割され操作場に駐機する『あさかぜ』(?)車両を通学時に眺めた事とか、 帰りが夜遅くのときに踏み切りで見たこと、 子供の頃に山口・周防大島沖で釣り船から陸(由宇~大畠)を通る寝台列車を眺めたという辺りが記憶に残ってますね。 大学時代にソフトバンクの会社説明会の為に博多から乗ったのが最後でした(明け方の景色が大変良かった)。 (ソフバンは出版部門狙いでしたが、後日、大学のネット環境不備で就職応募にエントリーできず)


時の棲む森:早坂さん

(日記4/2)FORTUNE ARTERIAL sideshortstory「ぎゅっとしてちゅーして」
(日記4/5) フィーナ&達哉ショートストーリー

(日記3/30) それぞれの夜~紅瀬桐葉編~
      それぞれの夜~千堂瑛里華編~
※かなでさんの性格と心持ちとの葛藤が凄く切ないSS。そしてお茶会という集いの場が特別なんだなぁと改めて実感してます。

 それとSSのログが凄い膨大な量に。


ねお・ぴゅあ:桂森由弥さん

 4/3にスク水「フィーナ姫」
※その他ログの方では『あけるり』に加えて『フォアテリ』ヒロインも多数スク水化!
 しかしスク水姿で王冠って組み合わせがありなのはこの方ぐらいじゃないんだろうか(苦笑)。

 ちなみに『あけるり』原作では水着はあってもスク水って登場してないんですよね、 一応学園ものでもあったのですけど。


FANA'S FRIENDS HOUSE:ふぁなさん

 トップ絵に「かなでんでんおねえちゃんの告知」

 4/20のサンクリでは何かを出す予定
という事で久し振りの更新でした。サンクリ関連は具体的になりましたらまた取り上げますので~。

 大丈夫、ウチのようにひと月以上空けてネタが過去のものしかない輩もいますしorz


ぷりん横丁:桜花すしさん/蒼魚真青さん

 (日記3/1) 夏コミサークルカット「紅瀬桐葉」
 (日記3/22) ローレルリングな白
 (日記3/28) ウサ耳な白
※既に先月29日にエンターブレイン『フォアテリ』4コマアンソロジーの件で紹介してますけど改めて。


MAIDMAIDEN:天翔志郎さん

 (3/7)瑛里にゃ・リヴェンジ
 (3/10・13・15)「悠木陽菜・にゃん娘Ver。」祭

 4/20のサンクリは“FORTUNEARTERIALの陽菜のターン”
※こちらでは3月は18禁全開で「陽菜」祭モードでした。 サンクリでは陽菜本だそうです。

 やはり本作のエロ要員は「陽菜さん」で決まりデスな(爆死)。



※腰据えて久し振りに色々と周ったけど如何にここ暫くチェックできてなかったかという事を実感中orz

(4/5 23:40)


(4/7 0:05 追記)



| | トラックバック (0)

『まじかる★プリンス』での騒動


※既に店頭回収まではしてますがここ数日忙しくってまだ返品処理まで進んでない……。
◇起動する為には全部HDDにコピーしなければならないが、CGモードは起動しない

◇シナリオライターの報酬がエロゲ30個の現物。ヤフオクに現物を出品

◇スレ住人がファイル書き換えてCGモードが使えるようになったと報告

◇テキスト等も全部読み込み&書き込み可能状態の為、気にくわないとこはガンガン自分で書き直してもいい究極のエロゲという事が判明

◇もはやプラモ感覚。自分で作って遊べるエロゲツクールが誕生
 (移譲記章さんのまとめ)

かるプリ現物支給まとめ
まじかる☆プリンス マスターミス問題まとめ
  尾崎貞夫のあやめいろ日記より

まじかる★プリンスの問題について(あと頑張れライターさん) - longlowの日記
※某『天使』に隠れて密かに発売延期が続いてました『まじかる★プリンス』だったのですが、 やっと発売となった後、一個前の状態でプレスミスしたマスターで製品化させてしまったことが判明し、 4月2日ぐらいには回収指示が出てました……あ、現時点からだと結構前だったんだ(汗)。 なんか返品するよりもこれらの情報を上手く紹介して店頭販売した方が良いような気がしてきました(苦笑)。


※それで発売後に渦中の方となったシナリオの尾崎貞夫さんについてその日記を改めてさっき見たら 「あやめいろ日記」って。なんか名前とこのサイト名が何かに符合するかと思いましたら、 かなり前に『あやめいろの夏』シナリオを書かれた方だと判明。雑誌でその作品が取り上げられた際に 「あやめ色」を「殺め」とも読めるかもとかウチの日記で触れたら後日メールを下さった方でした。
 ちょっと自分のアンテナ網の貧弱ぶりにorz えっと……完成まで色々とがんばってください。

(4/5 14:30 2008年度重大エロゲニュース入りは確実な気がする)



| | トラックバック (0)

雑誌『BugBug』5月号に御影さんインタビュー

BugBug』5月号

◆特集《The World of ef》 minori

◎ほぼ半裸な「新藤千尋」ピンナップ

◎第3章の注目シーン集
“私は13時間しか記憶を維持できません”
“蓮治くんって…誰ですか?”
“もうすぐ13時間 今日の思い出が記憶から消えていく…”

◎前編ストーリーダイジェスト

◎第4章の見どころガイド

◎おまけ「らぶり~ミズキちゃんのぽえみんぐ・だいあり~」
“久瀬さんに日記を読まれた……。もうだめだ……お嫁にいけない……。 このノートに名前を書いたら死んでくれないかしら……”


◆《美しょゲークリエイター列伝》 Chapter 16 御影さん


◆《メディオ!グッズ&特典担当の裸エプロン日記》
“次は右隣のコラム↓のnbkzさんとこの新作が発売される5月がやばいことになりそうですので”

◆《nbkzの日本列島美しょゲー紀行》
“しかし円高ですか。ポン様(英ポンド)も200円割れ目の前なのですがいつまで続く事やら”
※という事で今月の特集は5月30日に後編が発売となるminoriの『ef-the latter tale.-』です。
(と、ウチはパソ環境の関係から最近になって前編をプレイし始めてるので、 作中についてはコミック版からの感想となります)

 特集では第3章・「新藤千尋と麻生蓮治」の物語にかなりクローズアップしてまして、 注目シーンの紹介ではいくつかのポイントとなる事柄にも触れられていたりします。 ……更には千尋が騎乗位なカットも……場所は校舎の屋上?
 13時間だけの思い出という残酷な呪縛、記憶の欠落が発する呼吸が凍りつくような闇を二人はどう乗り越えていくんでしょう。
 というよりも(記憶の欠落で)なんら他意のない残酷なセリフ(上に挙げているセリフの2番目みたいな) の為にまきいづみさんをあてたとしか思えないデス。

 そして特集では第4章でついに登場の真打ヒロイン「羽山ミズキ」にもクローズアップ!
 言われてみればそれまでに「3つの恋物語」が語られていて、 ミズキは(コミック版では)そう関わりはないもののそれぞれの結果で変化する人間関係を垣間見ていたわけですから、 その心中においては“恋の話を聞くだけのわたし”に留まらず、 それらの結果が理解に近い意味で咀嚼されているかと思います。
『Second Fan Mix』で語られたミズキと久瀬修一との初めての出会いが一体どのような関係の変化を経て恋に実るんでしょう。
“久瀬サンに対しては『子供を叱るお姉さん(母?)』なカンジ。怒っている時はミズキの方が年上っぽいです”
  (『電撃G'sマガジン』05年4月号)
 軽いキャラクターを見せている久瀬って人と、 人間関係の変化を受け止めたミズキという対称関係という事なのかも。 でも久瀬サンはそちらで年上という位置や音楽という真剣な面を併せ持ち、 そしてミズキはまぁ素のキャラクターを持っているから、なんとも複雑な4面対称デスね。

 おまけの「らぶり~ミズキちゃんのぽえみんぐ・だいあり~」では…… 久瀬サンへのミズキ的第一印象が最悪(苦笑)。


《美しょゲークリエイター列伝》という『BugBug』連載のコーナーでは 『ef』のシナリオと総監督を努める御影さんが登場してます。というか帰宅して読むまで全然登場するなんて知らなかったデス。

 Circus以前からそこに加わった経緯、創作へのスタンスや鍵っ子的音楽スタイル(笑)など、 これまで語られたことのない内容となってました。 初エロゲが『アトラク=ナクア』というのは御影さんの暗転する展開のルーツなのかも。

 インタビュー内では『ef-the latter tale.-』について酒井さんを交えて語られてます。 「千尋の記憶が13時間しか保たない」というルールがすぐには理解されなかったという事からも、 それが類を見ない斬新なアイデアだったという事でしょう。


※とりあえずは家での作業の合間とかに前編を消化しなければ……orz
 冒頭でコミック版では語られていない優子と夕の過去が最初に登場していたのに驚いてしまいましたが、 二人がどうして別れ、今、教会で再会したのかはこの物語の全ての最後に明かされるという事なのですな。

minori 《[ef - the latter tale.]体験版配布 + 何か。》

● 4月19日(土) AM 11:30より
【広島県・広島 ソフマップ 広島店様】

   内容:トークショウ / 体験版配布
   ※ グッズ販売はありませんー
  会場:PCソフトコーナー
※かなり狭かった前回までの広島の会場とは全く別の、先月に新装復帰開店したお店での開催だそうです。 昨日に流通の方からそんな話を聞いたんですが本当だったみたいですなorz

 ……シフトを空けてイベントに参加できるようにしなければ(w)。

(4/5 1:00)


※19日は朝から仕事確定orz という事なので今回はレポが出来ないです(涙)。

クリックでminoriのサイトにいっちゃうよ!
クリックでminoriのサイトにいっちゃうよ!

minoriで更に何か色々と更新がッ。
 ツアーや『ef』発売告知応援バナーが色々UPされたり酒井さんと結城さんが女王陛下の大英帝国へ “MI・ZU・KI!”を連れて(? ていうか優子フィギュアが)ムービー仕上げ最終段階に赴かれてたりしてますな。

(4/6 22:59)



| | トラックバック (0)

« 2008年4月4日 | トップページ | 2008年4月6日 »