« 2008年6月24日 | トップページ | 2008年7月5日 »

2008年6月29日 (日)

エンターブレインの『マジキュー4コマ FORTUNE ARTERIAL(2)』も出る!

 (トップ絵「水着な悠木姉妹」の蒼魚真青さんの日記6/29付より)

『マジキュー4コマ FORTUNE ARTERIAL(2)』
 7/25発売予定

“夏だ! 水着だ! 「FA」4コマだ!? ”

“今回は伽耶様も自重せずはりきって登場なさっておられますので、ファンの方々はぜひどうぞ”
“カバーイラストは新進気鋭の睦茸氏とおなじみの魚氏、本文は脳みそホエホエ、蒼魚真青、智、見田航介ほか愛情溢れる作家陣でおおくりします。寝しなに「FA」4コマを拾い読み、ベッドライフはこれでFAですよ奥さ~ん!!”
※(ウチのはてなアンテナで捕捉した)「かなですぺしゃる~」な蒼魚真青さんトップ絵を見てから日記の方を覗いたらこのような情報が!!
 つかペース早ッ。『夜明け前より瑠璃色な』でさえアンソロでなかったのに早くも7月にはオーガスト関連で最多の4冊(マジキュー4コマが2冊、DNAのが2冊) ですよ。内容的にも二出版社のアンソロ1冊目がそれぞれ良かったので2冊目もいけるハズデス。

 夏という事で水着……桐葉の水着姿(マテ)。伽耶様もあるのかつまりコレはそうなのですか。

 なお、判明している参加作家の方々は次の通りですね。
睦茸(ムツタケ)さん    ◆魚さん
脳みそホエホエさん    ◆蒼魚真青さん
智さん            ◆見田航介さん
※個人的には後々にでもオーガストオールキャラのアンソロなんかを出してほしいなぁ。 今までの作品もそれなりに同人が出ているように色あせてはいないから、 結先生とかが活躍(?)するようなものが読みたいです……。

(6/29 11:11)



| | トラックバック (0)

ここ暫くの買い物品とか


◆『FORTUNE ARTERIAL パーフェクトビジュアルブック』
(アスキーメディアワークス)  ⇒関連記事

◆『FORTUNE ARTERIAL』コミックアンソロジーvol.1
 (一迅社)  ⇒関連記事

◆『FORTUNE ARTERIAL Character's Prelude』
(佐々木あかりさんアスキーメディアワークス)

◆『たいらんと・ぱにっしゅ』 (笹倉綾人さん)

◆『電撃大王』8月号 (アスキーメディアワークス)
 と付録の4コマ冊子、『灼眼のシャナ』(笹倉綾人さん)下敷き

◆創元SF文庫『銀河英雄伝説〈9〉回天篇』

ねんどろいどぷち らき☆すた シーズン2
 岩崎みなみ(制服・冬)・田村ひより(制服・冬)
 既にレポ済みのもありますが……今月後半(28日まで)に買ったものを撮影してみました。

 佐々木あかりさんのコミック版『フォアテリ』は『電撃G's』掲載分と『電撃G'sMagazineCOMIC』vol.2 (関連レポ)に掲載されたエピソードが収録。 とりあえず自分が掲載誌をまだ買っていた頃までですね(ちょうど定期購入止めて以降の掲載分は次巻らしい)。

 笹倉綾人さんの『たいらんと・ぱにっしゅ』は前作『少女流幸福攫取論』が面白かったので引き続いての購入。 つか小宮山さん(ね○どろいどver.)イラスト付の帯は普通のお店ではレジに持ち込むのに凄く勇気要るなぁ(苦笑)。


『電撃大王』は……厚みが増大化したのはいいけど昔の週刊少年誌のような材質だから掲載状態に色々と不満が。

 あらきかなおさんの『乙女はお姉様に恋してる』がついに完結。 ちょっと最後は一話に詰めすぎたかな。単行本最終巻(2巻)は9月刊行との事です。

 コミック版『ティンクル☆くるせいだーす』も今月ので最終回(前回とで2話構成?)。 変身する時にぶっちゃけ全裸に一度なっちゃうもんだからクルセイダース一同騒然。 というかそれが乙女心の怒りに転換され攻撃力がアップ(爆)、主人公が敵もろともそれを喰らってます……無残(苦笑)

『ホワイトアルバム』(阿倍野ちゃこさん)のプロローグも掲載されてますね。 篠塚弥生さんに緒方英二ってこの二人の姿を見るだけでも懐かしさがこみ上げてきます。 前作『sola』でのコミカライズも良い作画力を出してた印象なので今作も期待ですね。美咲先輩もよろしく。

 って『電撃大王』巻末にすんごい情報が!
 倉田英之さんのコラム集『倉本』7月9日発売
 ここ最近は関わった作品を読んでなかったんですが、 部屋の書庫には『トレイントレイン』とともに毎回掲載の倉田さんのコラムが保存されてますし、 あといくつか『PCエンジェル』でのコラムなんかも保有と、それなりのファンでもあるのでコレは楽しみです。


『銀河英雄伝説〈9〉回天篇』はヤンが退場して以降の話の始まりですが……目次を見るとついにあの方が動くんですね。 もうひとつのクライマックスに向けて通勤時に読み進める。

 ねんどろいど『らき☆すた』シーズン2より 『らき☆すた』キャラでもお気に入りのひよりんを無事確保しました♪   みなみちゃんも(こちらは別ルートでも確保予定でしたが)。大本命を1発で釣り上げるとは……運をここで使ったか(汗)。

(6/29 0:50)



※『マクロスF』2夜連続放映は、 突然の大型新人デビューというスタートからゼントラーディ人部隊蜂起を電撃的に「歌」で阻止しそのトリコとした大活躍と、 まさに「ランカ伝説」の始まりのようなものでした。
 というか
「だ、誰だ、あの娘」(司令官)
「ご存知、ないのですか! 彼女こそ、代役からチャンスを掴み、 スターの座を駆け上がっている。超時空シンデレラ、ランカちゃんです!」(副官)
ってな(蜂起を阻止する側の)ゼントラーディの司令官・副官の遣り取りの方がヤックデカルチャーなんですが(苦笑)。 反乱に参加したゼントラーディ人が「デビューライブ絶対行けないと思ってたのに」なんて感じで、 この宇宙時空を越えたランカの特別慰問&初ライブはもうありえないデス(ゼントラーディ人の熱狂振りも含む)。
 加えてこのライブがランカにとってもアルト君への誕生日プレゼントという意味もあるからね。

 そしてこの初ライブの後……アルトとランカは(マクロスフロンティアでのライブに間に合う為に)一緒に帰還する途中、 突然の重力影響で墜落、そしてその先にはかつての「マクロス」が! コレは一体……。

(6/29 10:40)



| | トラックバック (0)

« 2008年6月24日 | トップページ | 2008年7月5日 »