« 雑記(8/23~8/31) | トップページ | AUGUST・ARIAの夏コミ通販は9/5から! »

2008年9月 1日 (月)

「湖景ちゃんのフライトシミュレーター もぐら・あたっく!!」で「A」ランクを目指す方法?

 (ABHAR(アーヴァル))

※最初の一歩は軽くワンクリックから。
 初めての離陸の頃は無駄にクリック連打してましたが(苦笑) 「C」ランクで頭打ちでした。それから改めてページにあるヒントとかを見てマス(w)。
 とりあえず「A」ランクまでは普通に達するレベルにはなりました。なので簡単な操縦メモを。

 離床直後に軽くワンクリックすれば上昇します。
 登りきった後は割りと急角度で加速しながら降下するから、機体が加速しながら水平線辺りまで降りてきたらクリック2連打で「滑空(ペースダウンした降下)→上昇」させる。その「急降下での加速」と「エネルギー消費による上昇での加速」を利用しながら機体を何度か昇降させて時速60㎞辺りまで持っていく。目標速度まで達したら機体が上画面に隠れた頃に1クリックして降下ではなく滑空に切り替え距離を稼ぐ。時速50㎞辺りまで大きく減速したら再び機体を何度か昇降させて加速する、又は速度が減速したら比較的高めな高度でも上昇をかける(水平線の高度からの上昇よりはエネルギー消費は少ないから)。
 最後は高い高度からの「滑空」で距離を稼ぐ。

 最高時速69㎞程度に留めた方が距離がそこそこ伸びるらしいかな?
 今回はその最高時速69㎞で最高距離「57180.7㎞」にまで記録が伸びました。
 最高速70㎞以上も出るんだけど水面ギリギリまでの「急降下での加速」と「エネルギー消費による上昇での加速」を使う分、急角度過ぎてて移動距離も短くなり上昇によるエネルギー消費が大きいから、精々「B」ランク止まりでした。

“下降のときになるべく水面ぎりぎりまで粘って速度をかせぐのが、距離を伸ばすための近道”と公式ページではヒントがあるけど、下降(速度が速いと急降下な印象だけど)による加速での移動距離と、ある程度の速度を持ってのゆっくりとした降下(滑空)での移動距離の比較もあるし、水面ギリギリからの再上昇によるエネルギー消費の多さも気になる。
 個人的には(検証を要するけど)最高時速55~60㎞台を保ちつつ、「滑空」で距離と滞空時間を稼ぐというスタイルでしょうか。


 ……って加速優先でやってみたら最高速度81.4㎞で50448m出た(汗)。 80.6kmで55972.2m。ここまでの考察が全て白紙(汗)。「B」ランク止まりは水面ギリギリ狙わなかったとか操作レベルが甘かったからだなorz

 あと最高速度75.9㎞辺りまで出たところから高い高度を滑空と上昇を2度使って距離を稼いでみたら (つまり公式ヒントとさっきまでの自分のやり方をミックス)57022.9mと……71.5㎞で59407.8m!
 どのみち……公式ヒントにある加速方法でどこまで加速するか、最後の滑空のタイミングが鍵になるっぽいなぁ。もう一押しの加速がほしい……。
 59000m台はまだ1回だけであとはずっと57000m手前で頭打ちです(汗)。

(9/1 11:58 「S」「SS」ランクに届くには何か根本から変更が必要orz)

|

« 雑記(8/23~8/31) | トップページ | AUGUST・ARIAの夏コミ通販は9/5から! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/42380455

この記事へのトラックバック一覧です: 「湖景ちゃんのフライトシミュレーター もぐら・あたっく!!」で「A」ランクを目指す方法?:

« 雑記(8/23~8/31) | トップページ | AUGUST・ARIAの夏コミ通販は9/5から! »