« 2008年10月28日 | トップページ | 2008年10月31日 »

2008年10月29日 (水)

10月28・29日の購入物とか

※ここ数日(28日まで)の購入物

◆講談社文庫『タイタニア(1)』 田中芳樹さん
◆電気グルーヴ『YELLOW』初回版
◆『ひとつの幸せ』 Gu+:名苗秋緒さん
◆『あまーい恋しよ』 Pico-ba:Ricoさん
『FORTUNE ARTERIAL』コミックアンソロジーvol.3  一迅社・DNA
◆『明日の七海と逢うために』 Purple software
◆スーパーダッシュ文庫
 『迷い猫オーバーラン!』  松 智洋さん イラスト/ぺこさん
◆『祝福のカンパネラ』キャラクターソング ういんどみる
 『twinkle twinkle』 ミネット(杏子御津さん)
 『WhiteCrystal』 カリーナ・ベルリッティ(莉稲るりさん)
◆『Swati』 あんあんわんこ:犬洞あんさん
ドラマCD「FORTUNE ARTERIAL ~through the season~」第3巻「桐葉」

(29日の購入物)
◆コミック『ef-a fairy tale of the two.』第7巻 (minori・雅 樹里さん)

※先週辺りから買ったものをとりあえず列挙。

『ひとつの幸せ』は『フォアテリ』本なのですが、伊織とシスター天池という珍しい組み合わせの同人誌です。この二人にまつわる関係については原作でも(シスターは知らないので)ほとんど描かれてないのですが、こちらでは原作の本筋の裏での出来事と言う形で描かれてます。伊織もシスターにはガードが甘いらしいな(苦笑)。

『あまーい恋しよ』はショップで偶然に店頭に並んでるのを見つけて購入。同人誌でしか知らなかったので商業誌でも描かれていたという事を完全に失念してました(サイトの方で掲載とか告知されてましたね)。おさげの娘といった印象が強かったのでキャラの年齢幅があったのが意外。それと男の方はアホとか鈍感なのが多すぎて、その慌てふためき振りが(真剣さも伴う事もあるんだけど)なんともユーモラスでした。
 そいえば夏コミ本がショップ通販で委託されてたんだけど2度も買い逃してますorz

『フォアテリ』アンソロはDNAも第3巻が登場。どれもこの舞台でなら起こり得そうに思えるくらいな場面が登場していてツボ突かれまくりです(笑)。ただ前にも触れてるけど、この刊行ペースだとネタ袋が枯渇しそうで怖いなぁとも(汗)。特に作中では見られないような組み合わせなんかは興味深いです(伊織とシスター天池とか)。
 ちなみに名苗秋緒さんがカラーイラスト「悠木姉妹」を、巻末のカラーイラスト「ネコ耳メイドの桐葉」をRicoさんが描かれてます。

『明日の七海と逢うために』は七海美菜が相変わらず無鉄砲でバカだったので安心安心(+でシリアスな姉妹愛もありましたが)。各所でも耳にしてますが、『明日キミ』『明日なな』はツンデレ成分も多い事もあって言葉の直球勝負が冴えてますね(笑)。
 まだ真奈美編の途中ですが、初対面が電磁警棒と言う衝撃的出会いの割りに真奈美のツン期が思ったよりも短かったかなぁ。まぁ真奈美も結構おもしろ可愛いのでがんばって攻略してきます。

 ぺこさんが挿絵してるから購入と言う『迷い猫オーバーラン!』はラノベらしい突拍子も無い設定要素に戸惑いましたが、テキストでは状況を丁寧に書かれてるのでそれなりに慣れてきてます。通勤時に読んでるところ。しかし登場人物構成(主に男ども)が『魂振』シリーズとか『波の間に間に』などぺこさん原画PCソフトとも大体似たり寄ったりなのが不思議な因縁ですね。

『祝福のカンパネラ』キャラソンCDは『はぴねす!』と違ってヒロインイメージ曲だけなんですね (『はぴねす!』ではイメージ曲と主題歌を4ヒロインがそれぞれ歌ってました)。
 まぁ代わりに収録されていたドラマCDが面白かったので~。
 今後は残り二人のCDも出るそうですけど、個人的には安玖深 音さんと成瀬未亜さんが演じるトルティア姉妹のキャラソンぐらいは出して欲しいですねぇ。

『Swati』は犬洞あんさんが夏コミで出された同人誌の再販版です。ゲストが『はぴねす!』のこ~ちゃさんや成瀬未亜さん、なきうささんなどういんどみる関連の名がほとんど。この面子だけでもかなり珍しいです。加えて犬洞さんの4枚を含めて全てカラーイラストですから。

『フォアテリ』のドラマCDは第3巻の「桐葉編」を初めて購入してます。やはり注目なのは桐葉と伽耶との過去の出来事でしょう。原作では伝聞と推測でしか語られてこなかった所です。
 とりあえず色々と考察を補強する部分もあるので、また折を見て内容について触れたいです。

『ef』のコミックもついに第7巻。話は第3章の麻生蓮治と新藤千尋の物語に入りました。こちらは先行していた1章と違って原作を知った上で読むと言う状況になりますね。改めて目を通すと、ここまで登場する場面が極端に少ないなぁと感じました(その意味合いにも暗示がありそうに思えた)。 ちょうど同日発売の『電撃大王』12月号では第7巻の続きが描かれてますので、もちろんそちらも読みましたよ。閉塞感が抜けたと思ったら久瀬さんとそのコレクションだと言う音羽学園の制服が(苦笑)。


ABHAR(アーヴァル)が秋ドリパ東京で発売しました 『水平線まで何マイル?』OP&ED主題歌CD『Deep Blue Sky & Pure White Wings/青い空と白い翼』ですが、とりあえず流通系のViewsから仕入れているPC取り扱いショップでなら取り扱えるようです(他の流通でも扱いがあるかも)。勤務先にも案内来たんだけど……CD取り扱いしてないからなぁ(自分のだけでも欲しいんだが)。

 今週末まではこのCDと『電撃姫』『ゲーマガ』辺りが購入予定かな。
『電撃G'sコミック』は脳ホエさんの『夜明け前より瑠璃色なMC』連載があるんだけど付録が余計すぎて価格が高いので今回は断念。これがオーガスト関連であったら購入したんだろうなぁ。
 あと、『電撃G's』12月号の付録には『夜明け前より瑠璃色なMC』ファーストビジュアルブックが付録らしい。こちらは新情報次第。

(10/29 22:46)

| | トラックバック (0)

TMさんとカーフさんとで行ってきました☆ 広島・呉観光

 (TMさんカーフさん)

※カーフさんは2日目にウチとTMさんとが広島から呉駅に着いたら、既にそこに居たんですが(苦笑)。 (という事なのでカーフさんは2日目からの参加です)


来年3月に向けて建設中の「新市民球場」


現在の「市民球場」の記者席から


《2日目》


広島駅 快速「瀬戸内マリンビュー」と芸備線のディーゼルカー


護衛艦「あけぼの」と掃海母艦「ぶんご」


10/26に一般公開されていた護衛艦「あけぼの」より


おやしお型潜水艦と潜水艦救難艦「ちはや」


とりあえず『Air』ネタのあった輸送艦「くにさき」

 初日はTMさんと広島駅南口にて再会して、その足で同じ場所で集合となる メモリアル市民球場&夢の器 新球場をめぐるコースに参加してます。

 駅から徒歩で新市民球場の建設現場まで接近、そしてまた歩いて移動しまして的場町電停から原爆ドーム前まで路面電車で移動、 その目の前に建つ市民球場に入りました。
 球場では普通ならまず入る事が出来ない記者席とか放送室、ブルペンと「津田プレート」を見学してます。 ただ当日は社会人(?)野球の試合があった為、グランドやベンチには入れませんでしたが。
 球場の看板の中には漫画家の田中宏さんが出されたものもありましたね (こちらに 詳細レポ)。

 市民球場見学後は地下街でお好み焼きを食べたあと、路面電車で御幸橋を越えて皆実町に(ここが鉄道むすめ「鷹野みゆき」の由来地のひとつ)。 どうしてここかと思ってましたがTMさん曰く、翠町があるから、って。と言われてそういえばと思い出しましたよ、 『あけるり』の「遠山 翠」と同じ漢字だと(苦笑)。そんな訳で地名が記載された看板とかを巡っていきました。
 更にその足で旧宇品線の丹那駅跡に寄った後にまた路面電車に戻りまして宇品の広島港へ。
 広島港は大きく様変わりしたとは聞いてましたが、(まだ工事中の)広島南道路の設置により地上の道路は広く新しく整備され、 路面電車の線路は一部で道路が廃止され芝生化した事から線路だけがそのまま芝生の上を走る区間が出来てました。 宇品電停も大きく様変わり。しかし……時間帯とか曜日からなのか、人が少ないですね、広島港。

 広島港から再び路面電車で移動しましていったん広電本社前で下車してから次に路面電車で横川へ。 横河駅前でもTMさんは色々と撮影されてます。 以前と比べて大きく様変わりしているJR横川駅南口には駅前広場に路面電車の横川駅電停も入線し、 また復刻させた日本初の「乗り合いバス」も展示されてます。広島市内から市の北部に向かう流れの要所でもあるので結構人は多いのですが、 ちょうどその日にJ2の試合のあった広島ビックアーチからの戻りのシャトルバスが停車する為に更に混雑した様相でした。

 横川駅から再び原爆ドーム前まで路面電車で移動。中心街で買い物したり食事をしてとりあえず第1日目は終了。

 2日目は早朝より宮島に向かったTMさんがJRで広島駅に戻る事から広島駅南口出口改札そばで合流。 快速「瀬戸内マリンビュー」の指定席(TMさんありがとうございます~)に着いて、 普通列車では目にする事が無いような快速運転の中、外の景色を楽しみました。

 そして呉駅で下車した所……見たことのある人がこちらに接近……っていうかナゼここにカーフさんが(苦笑)。

 呉駅から表に出た辺りでそこそこ雨が降ってました。呉めぐりではそのため大半が傘が手放せない状態に。

 バスの乗り放題チケットで潜水艦とか護衛艦が間近で見られるところまで移動しまして、まずは潜水艦を色々と撮影。 (最新鋭の「そうりゅう」かと思ったら帰宅後に調べるとひとつ古い「おやしお型」でした(汗) )

 そして護衛艦が接岸する区画の入り口から入場してその日の一般公開に参加しました。 当日に公開だったのは「むらさめ型」護衛艦「あけぼの」です。 VLS発射装置とかハープーン対艦ミサイル発射装置などが間近。 それからほぼ垂直のようなハシゴ(階段?)を登ってブリッジも見学してます。
 しかしやはり雨模様だから屋外は撮影とか色々とやりにくかった……。

 この一般公開とは別に、受付場所の傍には大型の艦船も停泊してました。それが「おおすみ型」輸送艦「くにさき」です。 今回は「おおすみ型」が見れるといいなぁと思ってましたがまさか目の前に接岸されているとは!  いやぁすんごくおっきいです。甲板の前方なんかはすごく前にせり出してましたし。

 護衛艦の見学の後は再びバスに乗り込み、呉市内の本通り・れんが通りにて昼食。呉駅に戻って広島駅に向かい、 TMさんのお土産めぐりに付き添ってから夕方に新幹線で帰るTMさんをカーフさんとともに見送って解散となりました。

 新市民球場にもう少し接近したかったし、市民球場の中(今回見られなかったトコ)をもっと見たかったし、 雨さえ降らなければ~と思ったりもしましたが、今回のTMさんやカーフさんとの広島・呉観光では、 地元に住んでいながら足を運ぶ事の無かった場所にも赴いたりしましたので、結構未知との遭遇って感じでした。
 TMさんは去年も広島と呉を案内してますが……これで残すはTMさんが超短期でしか周っていない宮島と、 呉の鎮守府とかの施設、江田島ぐらいでしょうか? とりあえずまた来年もいらしてくださいませ~。

 あと、来月のドリパ大阪もよろしく(って言うかもう直ぐだ)


今回のツアーに関連したパンフとTMさんからもらった三重グッズなど。
写ってませんが網傘状の「平治せんべい」は家族でおいしく戴いております。

(10/29 2:30)



| | トラックバック (0)

« 2008年10月28日 | トップページ | 2008年10月31日 »