« 2008年12月9日 | トップページ | 2008年12月14日 »

2008年12月10日 (水)

アニメ『ef - a tale of melodies.』第10話

 (minori アニメ『ef - a tale of melodies.』)

※昨夜ギリギリに第9話を見てましたが、今日は第10話をアニメイトTVで視聴してます。

 話は現在と過去とが引き寄せられたかのように、モノクロームの中、呪縛が解かれた幸福な時間に辿り着く。 夕は凪の指導の下、絵を本格的に描き始め、そして雨宮先生が狂気のまま館を焼き払った事から、 優子は夕と一緒に暮らし始める事となっていた。そんな幸福な時間。
 そんな二人の傍に、教会の中で現れたのが「未来(ミキ)」だった。両親の心中に巻き込まれただ一人助かり、 人間不信となった少女。

 丘の樹のもとで優子がミキに教えた未完成の歌。これは久瀬が留学直前のリサイタルで聴かせた曲、 あの時は綺麗過ぎて聴くに堪えられなかった曲に優子が歌詞を加えたものだった。

 クリスマス、バイトを早く切り上げた夕は凪と共に教会に向かう。 ミキは教会の前でミキが聴いた事のある曲をバイオリンで弾く男と出会う。 風に髪を乱したミキに男はリボンのひもで片ポニーを作ってあげた。
 その後の教会では手編みのマフラーを用意した優子が待っていたのだけど、近くに転がるボールを拾おうとして……。 天使の階段が降り立つ教会に横たわり、優子はミキと夕に聴かせたい曲を口ずさむ。


 ……なんというか今回はあの悲劇のクリスマスの日までの幸せで楽しく悲しく重いお話の回でした。 最後のあの歌が流れた瞬間はちょっと涙腺きたし。
 原作だとあの場面は道に飛び出したミキを助けようとして優子が犠牲となってしまったのだけど、 このアニメ版では違う展開になってました。というかいやまさかここで久瀬とミキが会ってたのかよ(汗)。 しかもあの片ポニーのきっかけまでもがあいつだとは。久瀬、本当にその時の事を覚えてないのか?

 ともかく、原作では関わりのなかった久瀬がこの悲劇に少し関わった事になったな。 なぜこの悲劇が原作からアニメで書き換えられたのか、その大きな理由のひとつがこの事でしょう。
 加えて久瀬の関わりはこれに限らない。 久瀬が弾く曲が優子によって歌となり、それがミキに(未完成のままだけど)伝えられた事は、 後にミキ⇒ミズキが(第9話で)優子の歌を思い出し久瀬の曲との類似に気付かせる事となっている。 恐らくは次回で久瀬に叩きつけるというか事実を告げるのかもしれないですね、 優子の歌と久瀬の弾く音楽、これらがひとつに繋がるとすれば、 この第2期の『ef』は『a tale of melodies.』という姿を見せることとなるはずです。 優子がその最期まで思いの篭った歌を伝えようと口ずさんだ、 この優子の死の間際が書き換えられた理由もどう主眼が置き換えられたかを見れば明確でしょう。
(MOONPHASEさんの感想 だとこの教会での悲劇の変更が期待に沿わなかったようですが)


 夕が音羽の街の復興に加わると決意する、夕と優子の住まいの傍に双子の新藤姉妹がいたこと、 優子が持つ音羽学園の屋上の鍵が夕に渡された事。これらも物語の大切な欠片。 特に夕が持つ鍵は優子から渡されたものであり、それが千尋から第9話でミズキに手渡されている事は、 ミズキと夕・優子との結び付きを表わしているかと。


 これを最後に触れるのも微妙ですが、 最初は平然と(修練の為)裸婦画を描くことを進め、平然と脱ごうとしたくせに、 本気に絵を描く事を決めた夕に「脱いでくれないか」と言われると恥ずかしがって「イヤだ」 という凪がなんか可愛いな(苦笑)。

| | トラックバック (0)

アニメ『ef - a tale of melodies.』第9話

アニメ『ef - a tale of melodies.』第9話(アニメイトTV)をホントもう配信終了日ギリギリに見てます……。 前話は配信開始日だったから2週間ぶりだ(汗)。

 夕と優子、そして雨宮先生の三人はそれぞれ「亡くした妹」という呪縛に、 あの震災からの再出発の時からずっと捉われ続けていた。
 そしてようやくその過ち、能動的に動くべきだったと気付いたのが、 相手を妹・兄としてでなく気がかりな「好きな人」だと正直に捉えた夕と優子。 そして燃え盛る炎の中、夕が持ち込んだスケッチに描かれたものに触発されて、 それでもなお「亡くした妹」という過去に捉われ続け、妹と共に炎に消えたのが雨宮先生。

 夕が描いたのはそれまで顔が伺えなかった幻影だった夕の妹であり優子なのだろう。 やっと直視できたから描ききった。夕の妹と面影の似た雨宮優子、 優子の姿に亡き妹を投じていた雨宮。実の妹の顔を描く事が出来ないでいた兄は、 夕の描いたものを見て過去を取り戻すが、そのまま過去に引きずり戻される。 確かに夕と雨宮は似ていたが、過去に対する姿勢が結局最後まで違いすぎていた。

 久瀬は死の淵に立ち未だにおびえる日々を送っている。身の回りを精算したはずなのに、 みんなの過去からも消え去り、追い立てるものから逃げ切っていた筈なのに。 負けるようなことから全て回避してきた生き方での成功。その勝利の方程式を信じたはずなのに、 死を待ち望むはずなのに。しかし仮面の剥がれた今は死におびえ、延命の薬を口にし、 自分を救ってくれるような信じられるものを探し手を這いまわし悶え、 すがりたいと救って欲しいと望むようになっていた。
 過去を全てを精算してしまった筈なのに心の隅に残る幻影。
「果たし状」なる珍妙なものを久瀬の家に差し出した人物こそ、その幻影の正体……だよね(苦笑)。
 だってその「果たし状」少し時を遡った頃に駅舎跡にて新藤千尋の日記のページで書かれたものだし。 久瀬の最後の精算である「ヴァイオリン」を引き取った羽山ミズキ、その人が書いたのだしな。


 久瀬が良く弾いていた曲がミズキの知る歌の曲と同じだと気付く。

《ミズキ》←千尋←夕(音羽学園の鍵) (←第10話では優子から夕に)
      ←新藤景←堤京介←凪(日本の音羽学園の鍵)

 教会にミズキが捧げる花束、それは(多分「果たし状」を差し出す為の)勇気を貰おうと願う為なのだが、 その口から突然こぼれ出た「雨宮優子」の名前。
「過去」と「現在」が繋がり、 そして(ここでなぜか音声が途絶えるんだけど)教会にて立ち会った火村 夕はミズキに何かを問いかける……。 (「お前は、誰だ?」)。

 思い出す過去、思い巡る邂逅……という事で次以降からは「過去」に「ミキ」という謎の少女が現れるのでしょう。 よいよ原作でいうと最終章の手前まで来たって感じですね。

(12/10 1:15 第10話は部屋掃除しながら明日見ます)


 さ~てminoriの冬コミ情報も気になるところなんだけど ……12/5付にミズキ・千尋・凪のミニフィギュア3体が!! これはこれは雨宮先生でなくとも変なポーズ決めて欲しいぃぃぃ!!と願いそうだ(爆死)。
 12/8付の嘘900さんとこには“『ef』の本とサントラとかのちょっと豪華なセット”という情報(コンプティーク最新号でしょう)もあるので、 『ef』ってまだサントラや設定集なんかが発売されてませんから、企画発表からずっと追いかけてきた作品なのでキーロフ級原子力巡洋戦艦を売り払ってでも欲しいデス。

| | トラックバック (0)

« 2008年12月9日 | トップページ | 2008年12月14日 »