« 2008年12月14日 | トップページ | 2008年12月17日 »

2008年12月16日 (火)

シンシアさんの謎に迫る! 『コンプティーク』09年1月号のオーガスト記事


※色々とあって雑誌発売からかなり時間が経ってしまいましたが(汗)、 今日のフォアテリでの『あけるりMC』ページの準備(方針とか色々と) とかもあって遅れてしまったorz

※今月号では児玉 樹さんの『フォアテリ』連載が年明け1月10日刊行予定の 『フォーチュン アテリアル (2)』準備の為でしょう、 お休みされてます。
 代わりにファンページ『フォーチュンアテリアルタイムズ』が掲載され、 そこでは待望の第2巻表紙絵が掲載。 今回の表紙は悠木かなで&陽菜……かなでさん手前に立ってるはずなのにひなちゃんの方が背が高いで(風紀シールをまた貼られた)


※では『夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-』関連を
『コンプティーク』2009年1月号 (コンプティーク.com)

◆発売日が掲載

◆新規イベントCG掲載(参考した記事に掲載済み)
「顔を寄せる達也にフィーナは胸を直接揉まれている」
「お風呂で麻衣とスク水プレイ」
「正面を向く翠」
※一応全年齢レベルで3枚掲載。差分掲載なし

◆冬コミ告知
 晴着姿の瑛里華と酔いどれ伽耶様イラスト(コミケ袋絵)
“今回は「あけるりMC」の新ムービーが初公開されるとのこと”


◆シンシア・マルグリット大調査
 (※オーガストに直撃質問)

◇“「シンシアのシナリオ」はもちろん存在します。ボリューム的にもご満足いただけるレベルのものを目指して制作しました”
◇“
(シンシアの性格は)感情表現豊かで、積極的に話しかけてきます。 それでいて、相手の気持ちにいつも気を配っており、子供っぽく感情を爆発させる事はありません。 人当たりがよく誰とでも親しくなれますが、実は結構ガードが固いです。 その代わり、いったん信頼した人には深い愛情を注ぐタイプです”
◇“
(シンシアは服装から気付くように)月人です”
◇“詳細は明かせませんが、「とんでもないところ」に住んでいます”
◇“
(最初に出会う場所で)何か大切なものを管理しています。(それが何かについては作中にて)
◇“
(身にまとう服は)月の宗教組織「静寂の月光」に関係する組織の制服です”
◇“シンシアは、ひとつの物事への集中力では誰にも負けません。(中略) 集中力がものをいう分野ではなんでも器用にこなせるでしょう”
◇“彼女の抱える悩みも、このへんと無関係とは言えません。
(集中力がマイナスにも作用?)

◇“没になった(デザイン)案の中には、ツインテールバージョンなどもありました。(べっかんこうさん)”
◇“タイトスカートは好きなパーツです。(べっかんこうさん)”


◆《翠の部屋》第3回 ゲスト:シンシア
※べっかんこうさん描き下ろしのSDシンシア(+みどりん)のカットが掲載

◇“(達哉とは)縁がある、それだけです。
(街中で出会ったレベルより)いえ、もうちょっと深いです”
 ※街中で何度か出会ったレベル以上、運命の赤い糸未満の深い縁?
◇“偶発的に生まれた縁であり、それから縁を強める行為をしました”
◇“お嬢様ということになっていますけど”
◇“私の名前、知っている人もいるんじゃないかなぁ。本編で会えるのを楽しみにしてるわね!
(※話し方が変わった?)
※やはり冬コミではオーガストブースにて『あけるりMC』の新ムービーが公開ですか!
 PC版、PS2版とそれぞれオープニングムービーが作られてましたけど、 この『あけるりMC』でも何か主題歌が奏でられるんでしょうか?
 あとはそのムービーが年末年始の早くに店頭でも流せる事を祈るばかりです……。

 そして今回はシンシアさんについて色々な質問が交わされており、 『ゲーマガ』『電撃姫』09年1月号のオーガスト記事で挙がっているポイントもありますが、 「月人」であることなどいくつか新しい情報が見受けられます。

 集中力への悩み? 周りが見えなくなることといった「没頭」のレベルを超しているとか? (フィアッカが膨大な知識を抱えている事とも関連ありそう。許容量関連で)

「とんでもないところ」に暮らしているという情報についても、 また【どこかわからない場所】という場所についても謎だらけ(恐らくは同じ場所を指しているんでしょうけど)。
【どこかわからない場所】が見たそのまま宇宙上に存在しているのか、月なのか、 達哉がどういった経緯で辿り着く事となるのか、『あけるり』本編での時間軸だとどの辺りに位置するのか、 疑問符ばかり頭に浮かぶなorz

 みどりんのインタビューから見ると、達哉との関わりについてはその最初の出会いからのようなのは間違いないみたいで、 多分、そこでの第一印象(達哉の態度とか)が「縁=信頼」を強くさせたものと思われますね。

 あとインタビューでは、「お嬢様」扱いされている事とか、 本人の性格がそう畏まったものではない(らしい)事も見えてきます。 べっかんこうさんのカットからはまさに「お茶目ッ☆」といった印象です(笑)。


※15日付でのAUGUSTでの更新では「舞台紹介」が公開となってます。 その中で新規のものはやはり
【どこかわからない場所】

◇“主人公の朝霧達哉が、シンシア・マルグリットと出会う場所。 この場所がどこなのかは最初達哉も分かっておらず、戸惑った状態でシンシアの姿を見つけることになる”
◇“シンシアも達哉が来ることで目を覚ますため、二人の出会いは互いに想像していなかったものとなった”
◇“床の文様、窓?の外に見える星空など、ここがどこなのかは達哉には見当もつかない”

※どこかわからない場所=シンシアのいた空間/シンシアが出現する場所
でしょう。にしても確かにそうなんだけどそのまんま「どこかわからない場所」とは(苦笑)。
 達哉は迷った挙句に辿り着き、シンシアの目覚めに立ち会った、それが最初の出会いですか……。

(12/16 0:23 なんかどうしても「シンシアさん」と呼んでしまうんですが……)


※というわけで今日のフォアテリにて「あけるりMC」「シンシア・マルグリット」のページを15日にやっと仮仮設しました。 内容的には公式・雑誌記事での情報をまとめていくものとなります。二次創作とかの参考資料となればと。

| | トラックバック (0)

« 2008年12月14日 | トップページ | 2008年12月17日 »