2008年12月31日 (水)

ウチの思った2008年重大エロゲニュース(最終版)

 (2008年の10大エロゲニュース)

※12月31日という事でウチの重大エロゲニュースも最終回答を挙げてみる事にしました。 若干外したり、統合したものと、新規を数件ですね。
◆『ホワイトアルバム』が10年目にして『電撃大王』にてコミック化と、アニメ化・PS3移植の発表 (LeafAQUAPLUS)

minoriの『ef-a fairy tale of the two.-』が完結。また第2期アニメ『ef - a tale of melodies.』の放映

◆「Half Moon Diary:ラルフさん」「りきおの雑記・ブログ:りきおさん」「basicchannelさん」などの台頭

PC Angel neo編集部「美少女アダルトアニメ雑誌及び美少女アダルトアニメシミュレーションゲームの製造・販売を規制する法律の制定に関する請願」に対する声明を発表と創作物の規制/単純所持規制に反対する請願署名

一迅社:DNAメディアコミックマジキューからのPCソフト原作アンソロジーが増えた件
(『フォーチュン アテリアル』『G線上の魔王』『超昴閃忍ハルカ』)

◆パソコンゲーム保全推進会議が開催 (博物士:おおいしげんさん)

◆西又葵さんがイラストを手掛けた『あきたこまち』を秋田のJAうごが販売


◆(加筆)Cuffs『Garden』未完成騒動とヒロインシナリオを追加するバッチ配布の実施(継続中)。 そして『魔法少女アイ参』の未完成騒動。

◆(加筆)ねこねこソフト、目を覚ます。 その他、TOPCATBasiLが復活・活動再開。
 みやびさん退社。野々原幹・赤丸両氏退社(⇒たぬきそふと設立)、柊たくみ氏退社

◆(加筆)『LOGiN』休刊。『パソコンパラダイス』が200号を迎える(アキバblogさんの記事)。

◆(加筆)『恋姫†夢想』として『恋姫†無双』がPS2移植したり『真・恋姫†無双』の卑弥呼が凄すぎて「邪馬台国はじまったな」


◆(追加)あかべぇそふと系作品のヒット
◆(追加)『さくらさくら』が春からずっと延期している事
◆(追加)定価が9800円(税別)以上となるタイトルが増え始めている事。
◆(追加)アニメ版「野々原結せんせい」のいのくちゆかさんが入籍されてて09年春にはお母さんに。おめでとうございます♪
※年末になって「ごらんの有様だよ」が各方面でよく目にするようになってたり、 『Garden』瑠璃バッチの配布が大幅延期となったり、「おっぱいがいっぱいセット」騒動があったりと、 余り良くない話題が登場してた様な気がしますが、 しかしながらこうしてまとめ直してみると全体的には比較的明るい話題が多かった印象かな。 『闘神都市III』『真・恋姫†無双』『君が呼ぶ、メギドの丘で』といった年末タイトルの動きも好調だった事も印象を後押ししたかも。


※追加したの項目についてコメントしないと(汗ッ)。

 木曜が発売日というあかべぇそふと系の台頭は2008年の大きな動きのひとつでしたね。 更に前年に『僕と極姉と海のYear!!』というヒット作もありましたがそれが予兆だったみたい(アレは夏に夏のソフトが出たからかとも思いましたが)。 『G線上の魔王』『暁の護衛』『るいは智を呼ぶ』『コンチェルトノート』と予想以上に売れていった印象があります。

『さくらさくら』は取り上げようか実はずっと迷ってました。もう何度予約券を作り直したやら(そっちの印象ですか)。 この1月の今度こそ発売お願いします。

「定価9800円(税別)」についてはどちらかというと2009年にかけて増えていく様ですが (『あけるりMC』のプレミアム版はPS2版のPC起動版同梱だからですけど、 『祝福のカンパネラ』『天空のユミナ』『魔王と踊れ2』『Flyable Heart』『Canvas3』『バルドスカイ』『聖剣のフェアリーズ』 などがあります)、2008年では『ティンクル☆くるせいだーず』『真・恋姫†無双』がこの価格帯でした。
 全体としてはまだ少ない傾向ではありますが、ここ何年かの大型作品化や特典の付加価値増強(豪華特典とか)が 「8800円定価」という枠では制作コスト的に厳しくなってきたのかなぁと、思ったりもします。 価格上昇に見合うだけの期待に応える作品となるならば、そこまで問題にはならないんでしょうけど(定価と店頭価格は一応違うし)。

 リストから外したのは「Leafとアリスソフトの合同キャンペーン実施」と 「「おまかせ!とらぶる天使」発売中止」の2件。
 合同キャンペーンについてはそのタッグ自体は結構話題的だったんですけど、 初めての試みでもあることから (『メギド』延期を抜きにしても)合同キャンペーン期間終了からソフト発売までの間が出来た感がありちょっと勿体無かったかも。 それでも両作品とも販売自体は極めて好調なのは流石です。 次回はもっと旨くキャンペーンを張るんじゃないでしょうか(キャンペーン期間と店頭デモ映像の連携を築きたかったです)。
『おま天』についてはほとんど動きがなくなってしまいましたし。 これが発売実現となれば来年以降のニュースランキング登場もあるでしょうねぇ(いつになるんだろ)。


 しかし最後の最後になって「いのくちゆかさんが入籍されてて09年春にはお母さんに」という話題が登場ですよ!!(注 エロゲ業界の話題じゃないんだけどね)  うむ、今年最後に相応しいお祝い事です♪ 本当におめでとうございます。このお祝いだけでも幸せな年末年始を迎えられそうです。

(関連)
 08年11/12付(最初)
 08年12/3付(第2版)

(12/31 22:02)


※追加した項目へのコメントを入れたり、更に追加もしてます(定価が上がった件忘れてた)。
あかべぇそふと系ってまとめたままだと作品別投票の振り分けできない事に気付いたので(汗)。

 それからだーくぱれすのもとぬきさんが 『パソパラ』200号記念企画の『-atled-』というソフトのシナリオに参加されていたって話題が年明けになって挙がっててビックリしてます。 業界デビューおめでとうございます。

(1/1 21:05)


※もとぬきさんの件ですが、最初は素で雑誌編集部就職だと間違えてしまってますorz
 ちなみにウチの場合はエロゲコーナーが開設された後ぐらいにねこねこソフトの『麻雀』が発売されてたから、 数え直すと04年11月に業界の末端に入ってました(汗)……今年の秋で5周年ですか。

| | トラックバック (1)

ウチでも選んでみた、2008年のよかったエロゲムービー


ういんぐさんTMさん莫煩悩さん が先に挙げられてましたのでウチもちょっと便乗、しようと思ってましたが、 コミケで公開される映像を少し待ってみようと思いまして大晦日まで書き溜めてましたです。

 今年はウチの場合、スタッフ後輩から格安で譲ってもらった古いPSPを手にしてから、 エロゲムービーを見る機会が格段に増えましたのですよ。 あ、もちろん18禁なカットとか音が混ざるものは回避してますが。
 ですので、ウチがPSPのメモリースティックに入れているデモ映像の中から今年公開のものを厳選してみます。

 と、ここでYoutubeとかで挙がっているのを掲載すればいいのですが、 ウチでそれすると更に重力掛かるので(ブログで前にロシアのキーロフ級とかをグーグルマップで捕捉し回った件なんかかなり重かった) デモ映像名とかメーカーへのリンクだけに留めます。メーカーによってはYoutubeとかでの公式公開もありますし。 個人的にはDLしてメディアプレイヤーで連続視聴してた方が画質も綺麗になるから楽しめるかと思うんですが。

『ef-the latter tale.-』デモムービー
 minori's 4th challenge about“will”
『ef - a fairy tale of the two.』minori  (YouTube)

※これを挙げなければ嘘でしょ。というくらいの新海誠さんクオリティな映像。 特に第4章の中盤(過去編)以降をクローズアップしたような内容ですけど、 終幕後に見返すと更に目に留まるシーンが冒頭にきてますので。その冒頭と最後のミズキのセリフシーンも結構好きだったりします。


『祝福のカンパネラ』ヒロインPV及びOP
 ういんどみるっういんどみる

 良いムービーが一タイトルに集中してますが、 特にチェルシーさんの曲は彼女のキャラクターらしい凛々しい感じとなっており、 ウチ的にはチェルシーさんバナーをトップページに追加するぐらいの好感度上昇がありました。
 またOPの『祝福のカンパネラ』も、 抑制された出だしからトップギア入って盛り上げていく佐藤ひろ美さんとNANAさんの絶妙なデュエットは大変勢いと活気と華やかさのある曲となってます。


『明日の七海と逢うために』デモ(red ver・blue ver)
 【明日の君と逢うために】応援バナーPurple software
 サブヒロインではもったいないっと言わんばかりに今年ファンディスクのメインヒロインとなった七海美菜。 そのデモムービーはなんと無駄に2種類も同時発表されてます。 『明日の君と逢うために』での立ち絵とかイベントCGを大量に投じ、 背景画とかを思いっきり弄りまくったムービーを継承したblue verと、 主題歌“ever”の切なさがより映像の中に織り込まれているred ver、どちらかといわれても選べないです。
『春色桜瀬』CGムービーも素材を面白く使ったものとなってますので、動くバス背景ともどもチェックです。

『てとてトライオン!』OP
 PULLTOP
 賑やかな夏!っていう雰囲気。 「手と手繋いでトライオントライ」って作品タイトルに合わせた語呂の良い歌詞も好きですし、 いくたたかのんさんカットインとかからも勢いが感じられる良い夏映像となってますね。


『ほしうた』OP
 フロントウイング
 Veilメンバー、Lia∞という名義での歌をBGMに、 ヒロイン紹介とイベントCGを投下していく定番的な映像ではありますが、 そのBGMのリズムとそれらがベストに結びついてますから、勢いあり、切なさあり、 懐かしい雰囲気ありと独特の印象を植え付けてくれます。


『Flyable Heart』OP
 ユニゾンシフト
 このムービーは主題歌の雰囲気もあって全体的に淡く優しい雰囲気に満ちてるって感じです。


『スマガ』OP・リベンジムービー
 ニトロプラス
 OPは矢印とかの演出素材がかなり多様効果的に使われている他、実写でのカット(!)が入っている珍しい映像。
 そしてリベンジムービーですが、これ、ドリパ大阪で初めて目にして帰宅してから直ぐにDLしたムービーでした。 大槻ケンヂさんが歌われているというあり得ないコラボの曲、FCゲームっぽい画面、ここでも実写カット、派手な空中戦。 遺影が途中登場するし、この映像の最後に“REVENGE START”とある事から、 (ノベル版の裏見ると、ヒロインが死亡してエンディング、そしてリスタートとありますので)、 ヒロインエンド後の「人生やり直しスタート」の前に流れるのかな?  そういった意味合いを持つのならこのリスタートムービーはプレイ中かなり効果的だったでしょう。


『フォーチュン アテリアル』店頭デモ02
 AUGUST
 これは公開が昨年なんですよね、たしか(汗)。でも今年の作品なのでこちらへ。
 トップヒロイン「千堂瑛里華」は言わずと知れてますように「吸血鬼」。店頭デモ01が明るい学園モノな雰囲気だったのに対し、 この店頭デモ02は真っ赤な作品カラーを強く表わしたものとなってます。 そのヴォーカル曲「扉ひらいて、ふたり未来へ」も冒頭はミステリアスな抑制された唄われ方ですし(冒頭過ぎてからは打って変わって学園モノらしさがありますが)。
 あと、本編をプレイしていれば、赤から青に色が変わっていくという演出に何かしらの意味が覗けて来るかと思いますね。


『朝凪のアクアノーツ』OP
 Fizz
 榊原ゆいさん歌う“AQUA VOICE”のトップギア入りっぱなしの曲に負けられない勢いあるムービーです。 榊原さんの今年の曲の中でもこの曲自体お気に入りですから、このムービーへの印象も強いですね。


『殻ノ少女』OP
 Innocent Grey
 グロ注意。あと翼竜っぽいのが飛んでいるように見える(爆)。
 イノグレ定番のジャズ調のBGMに霜月はるかさんのヴォーカルは今回も渋くありますが、 その独特の映像も更にシンプルさの中に渋さを増しているって感じです。 所々にある生々しいグロカットは結構ドキッとします(最後のアレなんかはよく見ると……ねぇ)。

※これ以外でもオススメがあるので列挙。
『ティンクル☆くるせいだーす』 Lillian
『エンゲージリンクス』 ALcot
『さか上がりハリケーン』 戯画
『君が呼ぶ、メギドの丘で』 Leaf
『真・恋姫†無双』BaseSon
『メアメアメア』 mana ←今年の超電波
 アニメだと『墓場鬼太郎』『マクロスF』『図書館戦争』『ef - a tale of melodies.』のOPなども結構良かったです。
『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』プロモーションムービー
 AUGUST
 この冬コミで公開された映像の中でも一番の注目はこれですね。考察については先日触れたとおり。 やはり注目は新ヒロインのシンシアさんですし、フィアッカとの関係なんかも気になってしまいます。 オーガストの映像は3D素材を使う割合が新しい作品ごとに増えてきてる感じですね。

とりあえず最後に『あけるりMC』を取り上げて、今年のエロゲムービーマイベストは以上です。 さて年末と年始最後にどれを見ますかね(笑)。

(12/31 12:25 メモリースティック1GB容量だとデモが40本ぐらい入る)



| | トラックバック (2)

2008年12月30日 (火)

12/20から30までの雑記



(12月20日未明)

※『祝福のカンパネラ』にて
トルティア姉妹の双子丼がある
との ちちゃいむさん情報に大きくガッツ!

Purple softwareでの『明日の君と逢うために』VFBの通販も申し込みましたです。 期待通り『明日の七海と逢うために』も網羅してるとの事!

※コミトレ本の準備作業のため、暫くはぼちぼちと更新します。
 2008年の10大エロゲニュースは捕捉次第逐一リストに追加、 という事で昨夜にDAIの気楽な萌え日記ver.2:DAIさん(08年12/18付)を追加してます。
 あと、ここに来てまた大きな出来事が発生したみたいですね(汗)。

※藤井理乃さんの『クラナド(2)』限定版も明日引取り予定。

※今年のベストエロゲムービーについて、 ウチは手持ちのPSPでよく通勤中に見ているムービーを挙げれば手軽に済みそうと思ったら、 何処が良いかアピールする文章で挫折しそうになったorz 気が向いたらウチでも挙げてみます。

ADDB「CM75オーガスト系サークルの傾向と対策」が12/22(月)21:00~からオンエアー。 ちょうど休暇だから今回は冒頭から聴くことが出来そうです。




(12月21日未明)

エンドーさんからコミトレでのオーガストサークル捕捉指名が!  カタログが広島で売ってないので通販で取り寄せる事となってます(汗)。

2008年の10大エロゲニュースBreak Head:Nブライアンさん(08年12/20付)を追加しました。

※藤井理乃さんのコミック版『CLANNAD~光見守る坂道で~(2)』の限定版を無事確保。ショップによっては入荷がないみたいで(汗)。
 あと『メガミのカゴ』を1・2巻同時購入。ちょっと気になってたので。

※西尾維新さん『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』読了。探偵不在で事件進行、主人公は傍観者、 というか最後手前になって色々な前提認識が突如崩落してしまい、これには驚いたかも。 前作『きみとぼくが壊した世界』と言い、二度と再利用できないようなトリックを惜しみなく使っている感じです。 ただまぁ事件を解くお話を期待するとかなり「アレ?」と腑に落ちなくなるかもしれない。
 次に通勤中読む本は……『迷い猫オーバーラン』の続編と『銀英伝外伝2』の予定。なんだかんだで今年は結構小説読んでるかもしれません。




(12月22日昼 ミアがオーガストOHPに降臨中デス)

※昨夜は残業で帰りが遅くなり最終バスを逃す事態に。で、地元の赤字ローカル線で帰ることとなったのですが、 発射直前に入線してきた寝台特急『はやぶさ』を目にすることとなりました。無策薄情にも来年の3月で廃止となるそうで。
 これで広島は昼夜問わず特急列車が一切止まらない通勤列車だけの地方のローカル駅に格下げされるんですね。


※で、翌日の今日は。

◇『PUSH!』『テックジャイアン』最新号購入
※とりあえず『カンパネラ』体験版はアニエスのシーンがあるタイプらしいんで。 仕事的には『真恋姫無双』体験版プレイしてプレイ画面を勤務先のPOPに使う手筈を整えないといけない……。

(追記)⇒『カンパネラ』体験版は『PUSH!』が「カリーナ」で『テックジャイアン』のが「アニエス」。 TGプレリュードは「ミネット」なんだけど「チェルシーさん」のは?
(追記)⇒『真恋姫無双』体験版は、その画面をコピーして店頭POPに使おうと考えてたんだけど撤回。 ダメだ、アレはブラクラ過ぎる。(注 話自体は面白い。 しかしメインは卑弥呼とか例の男新キャラ三人で内の二人が歩く公衆猥褻物陳列罪レベル)

『あけるしMC』関連は、っと本日お誕生日な「ミア」と「みどりん」のシーンが公開♪  またチラシ第2版で先に公開されていた麻衣の差分とか菜月のCGも、リースとエステルさんの(一般向けな)CGも掲載。 『テックジャイアン』含めてオーガスト関連は今夜のえんどーさんでのネトラジ聴きながらまとめていきます。
 あと、『PUSH』の『スズノネセブン』記事って1枚修正漏れが……。

◇『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱(2)』『涼宮ハルヒの憂鬱(7)』
※ツガノガクさん版の発売も今日だとは完全に見落としてました(汗)。こちらは「射手座の日」から 「消失」導入部まで収録で「消失」の続きは3月にでる第8巻まで待たないといけないらしい。
 ぷよさんの「ちゃん」は第3巻で限定版(ねんどろいどぷち「長門有希(ハルヒちゃんver)」付)
が出るそうなので明日にでも予約しておこう。




(12月26日未明)

※オーガストOHPのサンタ伽耶様ロゴはちゃんと保存してます。

※クリスマス商戦とか明日のエロゲ発売準備とかでもうktktでしたorz
『真・恋姫無双』とか『D.C.II P.C.』とか『君が呼ぶメギドの丘で』は明日26日にちゃんと発売されます。
 そうなると予約コーナーの差し替えも大変なんですよね。 『祝福のカンパネラ』ポスターを展開するなど販促作業もしてましたが、 明日もまたなんか作業あるんだろうなぁ(販促物届くと思うし)。

※冬コミについてはオーガスト冬コミセットとminori『ef』サントラセットについては元後輩スタッフの御方に依頼。 でも初参加なので買いに行けそうに無ければ切っちゃって、 無理しないで初コミケを楽しんでいって貰いたいものです。 上記のアイテム自体は後日でも通販とか店頭販売でなんとかなりますし。

※アニメ『ef』のDVD第1巻を買って来ました。アニメイトTVでの配信でしか見てないので、 ちゃんとした映像でやっと落ち着いてミズキを拝む事が出来ます。
 そのアニメですが、前回の感想書く間が無かった(汗)。 一応見たんだけど最終回と合わせて見ないとなんとも落ち着かない感じでしたので。

※コミックトレジャー13のカタログは明日店頭で引取る予定です。 例のリストの正式版は明日以降に作成しますけど、オーガスト系と個人的に気になるサークルだけになりそう。
 というか、当日ウチ一人なのでサークル空けてトイレにも行けない感じなのデス(汗)。

※オーガスト以外での二次創作ですが、イラストに留まらないケースだと、Leaf(かなり昔にSS書いてましたし)、 F&C(『水月』限定。来島さんトコで雪さん本に参加してました)、PULLTOP(『かにしの』のコピー本を昨年夏コミで)でしょうか。 というか今年の夏コミの『フォーチュンキャンバス』って一応F&Cの二次創作ですな(感覚的には児玉 樹さんのコミックの二次創作に近かったので)。




(12月26日夜 ドリフは鼻の中にご飯粒が吹き込むぐらい面白かった、と改めてさっき実感)

※『真・恋姫†無双』の売れ方は異常!!
『恋姫†無双』のロングセラーも凄かったが、『真・恋姫†無双』は瞬間風速で記録的な数字を出したに違いない、と蜀の李恢が申しております。


※コミックトレジャー13のカタログ、ぷらぱさんの『R18』、『迷い猫オーバーラン(2)』を購入。 そして良いタイミングで『銀英伝外伝(2) ユリアンのイゼルローン日記』読了。

 これから色々と更新とかメールとかの作業進めます。




(12月27日朝~昼)

AUGUSTOHPが4千万アクセスを突破!!(ウチは40000983)
えりりんと悠木エンジェルスがお祝い中です♪

※遅くなりましたが大阪こみっくトレジャー13に集うオーガスト系サークルのリストの正式版をUPしました。




(12月30日夜)

※ということで冬コミも無事終了したみたいです。委託してくださった風蛍さんやカニキスさん、 オーガストセットと『ef』サントラセットを無事ゲットしてくれた元同僚の後輩御方、 そして冬コミに参加された勇士の方々、お疲れ様でした。
 ウチはずっと仕事で本日に至ってはお昼食べる時間なかったデス。
 色々と処理する事を進めつつ、明日は昼頃から冬コミ4日目を広島での同人ショップで駆け捲る感じとなる見込み。

| | トラックバック (0)

Active Planets ファーストアルバム、2/27に発売決定

 (FiRSTRoN:Faxiaたんから通報されました)
“オーガスト音楽制作チーム
「Active Planets」1st Albumリリース決定!!
2009・2・27
(告知ページ)
※オーガストのActive Planetsの活動は『夜明け前より瑠璃色な』(PC版)が名義では最初ですけど、 メンバーとされる方々の数名ほどは『オーガストファンBOX』のアレンジCDにも参加されてました。
 今回発表されましたファーストアルバムの中身は、オーガスト作品とどう関連付けられるのか、 全く新規か、イメージ曲か、アレンジなのか、その方向性が気になるところ。

 でも個人的には『あけるり』アレンジで宇宙旅行的ラウンジ風なアレンジを描かれていたから いくつかはそういった方向で新曲となるんじゃないかなぁと期待してます。
(Active Planetsのアレンジのいくつかは、砂原良徳氏のアルバム『Take off and Landing』 のようなラウンジミュージックといった曲風を持っていると、 「“jewelry days”は「ハピコア」というジャンル」 記事などで以前にも何度か触れてます、ウチは)


(関連)
※2月27日は『あけるりMC』発売だけでなく音楽CDでも一気に攻勢が掛かってきますね。 という事で一昨日の『あけるりMC』プロモ映像の記事で取り上げましたマキシCD情報を再掲載。
夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-
マキシシングル『深青Philosophy』

 Active Planets

 2月27日発売予定

(12/30 23:56)



| | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

『あけるりMC』プロモ映像公開と新ヴォーカル曲『深青Philosophy』

 (AUGUST)

※27日のOHP4千万アクセス突破記念トップ絵(えりりんと天使な悠木姉妹)でのお祝いに続き、 28日から始まりました冬コミ、そこでの『あけるりMC』プロモーションディスク配布に合わせて、 OHPでもプロモーションムービーが公開となりました。

 という事で早々DL。
 メーカーロゴでの音楽はPS2『あけるり』のARIAのものと同じですな。 そしてよいよ始まるプロモーション映像ですが……こ、これは……新ヴォーカル曲ですか。
◇軌道重力トランスポーターによる地球から宇宙への転送がCGで再現
“Aug 19 PM18:15 Orbit gravity transporter”

◇ヒロインの紹介(背景にMC新規のイベントCG)

“Everlasting Moonlight”
 【どこかわからない場所】の3Dモデリングとシンシアさんの紹介
 3Dモデリングで再現された【どこかわからない場所】ですが、 まるで大量のプログラムを投じるかのような演出にシンシアさん出現、 そしてフィアッカと並ぶシンシアさんといった流れから、 どうしてもフィアッカ・マルグリットとの関係の深さが印象付けられてしまいますね。
 つまりはフィアッカと同じく、別人格の転送とか。 あの明るい表情もあるからやや結びつきにくくなってるんだけど。

 プロモーションムービーのBGMとなっている曲の詳細は
夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-
マキシシングル『深青Philosophy』

 Active Planets

 2月27日発売予定
ていうかHOBiRECORDSの発売予定表を探し出せば見つかるかなっと思ったら一発で出てきてビックリ。『あけるりMC』と同時発売ですね。
 歌詞の雰囲気、そして歌詞の最後の言葉からこの『深青Philosophy』が今回のプロモ映像のヴォーカル曲だと思われます。

(12/29 1:08)


※映像で記されている “Aug 19 PM18:15 Orbit gravity transporter” ですが、久し振りにPC版『あけるり』を起動させてその時のシーンを探してみました。
『夜明け前夜より瑠璃色な』編

8/17
 黒メガネに包囲された朝霧家から脱出した後、 フィーナ姫と達哉は物見の丘のモニュメント(軌道重力トランスポーター)に逃げ込む。 トランスポーターを破壊しようとするリースを説得。
 リースが施設から抜け出したあと、達哉とフィーナ姫が2戦(マテ)。2日間に更に複数回?

8/18
 リース、密航で月に帰る。

8/19 昼12時~
 リース、予定通り月にあるトランスポーターの電源を入れる。
 カレンさん、トランスポーター前にて大活躍
 フィーナ姫と達哉、トランスポーターで月へ向かう。
……? リースは19日の昼12時に電源を入れると述べ、 実際その予定通りとなったんだけど、そうなると18時15分の射出は余りに時間が過ぎすぎてます。 ちなみに、トランスポーターについてはこのPC版での最終章で明かされるので他のシナリオでの登場は無いはず。
 まさか時間記載のミスもありえないからこれはもしかすると本編の途中で新たに分岐して、 別のルートからトランスポーターの存在と月への跳躍を行うシナリオを示唆しているんじゃないでしょうか? (注 当サイトでの予想は当たった試しはありませんorz)

(12/29 1:56 仁さんエンド後から繋がるのかも?)


※そいえばオーガストでは初めての横長サイズのムービーですね。
 早速ウチのPSPのメモリースティックにも変換して入れましたし、 これから仕事用のデモデータにも追加して明日の朝から流せるようにするつもりです♪


| | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

大阪こみっくトレジャー13に集うオーガスト系サークルのリスト

※先日はネットラジオADDB「CM75オーガスト系サークルの傾向と対策」を聴きながらこみっくトレジャー13で公開されていたサークルリストでオーガスト系を調べてましたが、それから数日後にやっと、通販してたコミとれ13のカタログを手に入れましたので、12/27に

大阪こみっくトレジャー13に集うオーガスト系サークルのリスト

の正式版をまとめてみました。
 今後は出来るだけ追加情報を挙げれればと思います。というか自分の新刊も何とかしないといけないんだけど(汗)。

| | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

『PUSH!』『テックジャイアン』09年2月号でのオーガスト記事


※今回はみどりんやミアとのあんなシーンやエステルさんとカレンさん、リースのイベントCGなどが公開されてます。
『PUSH!』2009年2月号

◆新規イベントCG掲載

「ベンチに達哉と並んで座りサンドイッチを食べてるリース」
「礼拝堂の座席の裏に隠れて大慌てなエステルさん。傍にはカレンと達哉(差分2枚)」
「お風呂で麻衣とスク水プレイ」新しい差分(チラシ第2版には掲載)
 立ち絵「麻衣 スク水姿 2体」
「ミアの部屋でミアを抱えて(差分3枚)」
「ヒロインの中で最大のカップを誇る菜月が胸でご奉仕(差分2枚)」
「ポニーを解いた翠が恥ずかしそうにアレを(初エッチイベントCG)(差分2枚)」

◆冬コミ告知

 晴着姿の瑛里華と酔いどれ伽耶様イラスト(コミケ袋絵)
 巫女かなで&陽菜イラスト(冬コミセットテレカ絵)
 「あけるりMC」タペストリー(縦728mm×横515mm)
 クリスタルカレンダーの紹介

◆《業界電波発信基地》
 コートを着たミアが雪球作ってるカット

(その他)
ういんどみる『祝福のカンパネラ』が誌面表紙
 なので南向春風さんによる裏表紙も健在デス(笑)。特集記事も掲載。 『祝福のカンパネラ』体験版ではカリーナさんのHシーンが収録。
 トルティア姉妹のイベントCGとか結構初掲載のCGが掲載されてますね。
※今回は冒頭で触れているように初公開のCGが多く誌面に掲載されてます。 ミアやみどりん、菜月のCGについてはどちらかの部屋でのシーンなのですが…… エステルさんのは一体どういった場面なんでしょ? 座席の隅に隠れているようでいて司祭服の裾がカレンさんに見つけられているッぽい気がします(苦笑)。 真っ赤になって大慌てなエステルさんは見ものデス。
 みどりんが今回初のHシーンCG公開となりましたから、次はエステルさんですよね。
『テックジャイアン』2009年2月号 (テックジャイアン)

◆新規イベントCG掲載

「ヒロインの中で最大のカップを誇る菜月が胸でご奉仕(差分3枚)」
 服を着たままの状態も掲載 「ミアの部屋でミアを抱えて(1枚)」
「ポニーを解いた翠が恥ずかしそうにアレを(1枚)」  こちらだと見えているものが……
「礼拝堂の座席の裏に隠れて大慌てなエステルさん。傍にはカレンと達哉(差分2枚)」
「学校の中庭のベンチに達哉と並んで座りサンドイッチを食べてるリース」
「お風呂で麻衣とスク水プレイ」新しい差分(チラシ第2版には掲載)
 立ち絵「麻衣 スク水姿 1体」


《松本亭フィギュア本舗》
 wave「悠木陽菜」フィギュアが掲載

《でべろっぱぁずふぃーるど》
 目玉焼きを作っているミアのカット

《美少女ゲーム&PC関連ニュース》
 アゾンインターナショナルのピュアニーモキャラクターシリーズ「千堂瑛里華」(27cmサイズ)が掲載

《DRAMA CD“HEAR”WE GO!》 ドラマCD特集
 マリンエンターテインメントの『フォアテリ』ドラマCDなども紹介。 付録ディスクでは4巻目までノ試聴データが収録されてます。


(その他)
ういんどみる『祝福のカンパネラ』の特集記事があり 『祝福のカンパネラ』体験版ではアニエスのHシーンが収録。
『Cross Days』初回限定版付属のコトノハサマフィギュアの写真が公開(汗)
『バルドスカイ』では“戦乱の”現代編が初公開されてます。
 そして巻末カラー部分ではPurple softwareの次回作が掲載
※カレンさんのとんでもない事実がここで明らかに(苦笑)。余りそっち系のネタをリアルでされても困るんですが、 カレンさんを真っ赤にさせるネタとしてはかなり有効かもしれないな(マテ)。

 掲載イベントCGについては2誌を買えば大体のパターンを見れますので!  しかしなんで『PUSH!』のみどりんCGはそこでカットしているんだよぅ。


 その他の記事だと、『バルドスカイ』が青春ものだと思っていたイメージが一新されてかなりハードな戦乱となってますね、 とか、パープルの次回作でしょうか。パープルはまた鉄道が登場しているし独特のカラーで夕方を描かれてますが、 なんかそこに立つおかっぱ髪の子のお尻に尻尾があるんですが(汗)。
『夜明け前より瑠璃色な MC Premiere Booklet vol.2「Characters」

※プロフィールや表情集、イベントCGが掲載され、シーン解説ではネタバレもやや含まれてたりします。 PS2版を振り返ったべっかんこうさんと榊原 拓さんのコメントも掲載されてます。
 シンシアさんのところではフィアッカも紹介。またカレンさんやその他のサブキャラ(主人公も)の紹介もあり、 全体的にこれまでの復習のような内容。
「Next month “Moonlight Cradle”」
 来月の付録冊子は、よいよ『Moonlight Cradle』に焦点をあわせた内容となるようですね。

(12/23 2:00 えんどーさんとこでのネトラジを聴きながら~)



| | トラックバック (1)

2008年12月17日 (水)

Veil∞『assorted voices』が冬コミで販売

 (Forbiddenfruit HomepageのTMさん経由、 C75 queenslabel goodsより)

※ボーカリストブランドVeil の最初のコンピレーションアルバムがこの冬コミで発売との事です。
Veil 『assorted voices』

『FORTUNE ARTERIAL』イメージテーマ「赤い約束」Veil ∞ Lia
『ほしうた』オープニングテーマ曲「尋ねビト」Veil ∞ Lia
『ほしうた』挿入歌「揺籃歌-ヨウランカ-」Veil ∞ Kaori Omura
『CLANNAD』BGMボーカル化「願いが叶う場所」Veil ∞ Aoi

“更に!Veilメンバーが歌うゲームタイアップ曲やクリエイターとのコラボによるオリジナル楽曲を収録”

販売元:株式会社ビジュアルアーツ
発売日:2008年12月28日~30日発売予定
 ビジュアルアーツ ブース571
価格:2000円

『ほしうた』:フロントウイング

(関連)
 Veil ∞ Lia 「Liaも参加するヴォーカリストチーム【Veil】」
 ドリパ大阪2008秋(マキシ『ほしうた』感想)
 とりあえず曲そのものの感想はドリパ大阪2008秋とかで語りつくしているのですが、 『フォアテリ』のあの挿入歌“赤い約束”もですけど、『ほしうた』の主題歌“尋ねビト”もLiaさんのボーカル力が活きたかなり良い曲となってますのでので、 フロントウイングで公開されているデモで流れるその曲が気に入ったなら是非とも手にして欲しいCDです。
 というか後日に店頭販売して欲しい(冬コミにいけないヒトなので)。

(12/17 23:00 VAブースは物が多くて大変そう……)



| | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

シンシアさんの謎に迫る! 『コンプティーク』09年1月号のオーガスト記事


※色々とあって雑誌発売からかなり時間が経ってしまいましたが(汗)、 今日のフォアテリでの『あけるりMC』ページの準備(方針とか色々と) とかもあって遅れてしまったorz

※今月号では児玉 樹さんの『フォアテリ』連載が年明け1月10日刊行予定の 『フォーチュン アテリアル (2)』準備の為でしょう、 お休みされてます。
 代わりにファンページ『フォーチュンアテリアルタイムズ』が掲載され、 そこでは待望の第2巻表紙絵が掲載。 今回の表紙は悠木かなで&陽菜……かなでさん手前に立ってるはずなのにひなちゃんの方が背が高いで(風紀シールをまた貼られた)


※では『夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-』関連を
『コンプティーク』2009年1月号 (コンプティーク.com)

◆発売日が掲載

◆新規イベントCG掲載(参考した記事に掲載済み)
「顔を寄せる達也にフィーナは胸を直接揉まれている」
「お風呂で麻衣とスク水プレイ」
「正面を向く翠」
※一応全年齢レベルで3枚掲載。差分掲載なし

◆冬コミ告知
 晴着姿の瑛里華と酔いどれ伽耶様イラスト(コミケ袋絵)
“今回は「あけるりMC」の新ムービーが初公開されるとのこと”


◆シンシア・マルグリット大調査
 (※オーガストに直撃質問)

◇“「シンシアのシナリオ」はもちろん存在します。ボリューム的にもご満足いただけるレベルのものを目指して制作しました”
◇“
(シンシアの性格は)感情表現豊かで、積極的に話しかけてきます。 それでいて、相手の気持ちにいつも気を配っており、子供っぽく感情を爆発させる事はありません。 人当たりがよく誰とでも親しくなれますが、実は結構ガードが固いです。 その代わり、いったん信頼した人には深い愛情を注ぐタイプです”
◇“
(シンシアは服装から気付くように)月人です”
◇“詳細は明かせませんが、「とんでもないところ」に住んでいます”
◇“
(最初に出会う場所で)何か大切なものを管理しています。(それが何かについては作中にて)
◇“
(身にまとう服は)月の宗教組織「静寂の月光」に関係する組織の制服です”
◇“シンシアは、ひとつの物事への集中力では誰にも負けません。(中略) 集中力がものをいう分野ではなんでも器用にこなせるでしょう”
◇“彼女の抱える悩みも、このへんと無関係とは言えません。
(集中力がマイナスにも作用?)

◇“没になった(デザイン)案の中には、ツインテールバージョンなどもありました。(べっかんこうさん)”
◇“タイトスカートは好きなパーツです。(べっかんこうさん)”


◆《翠の部屋》第3回 ゲスト:シンシア
※べっかんこうさん描き下ろしのSDシンシア(+みどりん)のカットが掲載

◇“(達哉とは)縁がある、それだけです。
(街中で出会ったレベルより)いえ、もうちょっと深いです”
 ※街中で何度か出会ったレベル以上、運命の赤い糸未満の深い縁?
◇“偶発的に生まれた縁であり、それから縁を強める行為をしました”
◇“お嬢様ということになっていますけど”
◇“私の名前、知っている人もいるんじゃないかなぁ。本編で会えるのを楽しみにしてるわね!
(※話し方が変わった?)
※やはり冬コミではオーガストブースにて『あけるりMC』の新ムービーが公開ですか!
 PC版、PS2版とそれぞれオープニングムービーが作られてましたけど、 この『あけるりMC』でも何か主題歌が奏でられるんでしょうか?
 あとはそのムービーが年末年始の早くに店頭でも流せる事を祈るばかりです……。

 そして今回はシンシアさんについて色々な質問が交わされており、 『ゲーマガ』『電撃姫』09年1月号のオーガスト記事で挙がっているポイントもありますが、 「月人」であることなどいくつか新しい情報が見受けられます。

 集中力への悩み? 周りが見えなくなることといった「没頭」のレベルを超しているとか? (フィアッカが膨大な知識を抱えている事とも関連ありそう。許容量関連で)

「とんでもないところ」に暮らしているという情報についても、 また【どこかわからない場所】という場所についても謎だらけ(恐らくは同じ場所を指しているんでしょうけど)。
【どこかわからない場所】が見たそのまま宇宙上に存在しているのか、月なのか、 達哉がどういった経緯で辿り着く事となるのか、『あけるり』本編での時間軸だとどの辺りに位置するのか、 疑問符ばかり頭に浮かぶなorz

 みどりんのインタビューから見ると、達哉との関わりについてはその最初の出会いからのようなのは間違いないみたいで、 多分、そこでの第一印象(達哉の態度とか)が「縁=信頼」を強くさせたものと思われますね。

 あとインタビューでは、「お嬢様」扱いされている事とか、 本人の性格がそう畏まったものではない(らしい)事も見えてきます。 べっかんこうさんのカットからはまさに「お茶目ッ☆」といった印象です(笑)。


※15日付でのAUGUSTでの更新では「舞台紹介」が公開となってます。 その中で新規のものはやはり
【どこかわからない場所】

◇“主人公の朝霧達哉が、シンシア・マルグリットと出会う場所。 この場所がどこなのかは最初達哉も分かっておらず、戸惑った状態でシンシアの姿を見つけることになる”
◇“シンシアも達哉が来ることで目を覚ますため、二人の出会いは互いに想像していなかったものとなった”
◇“床の文様、窓?の外に見える星空など、ここがどこなのかは達哉には見当もつかない”

※どこかわからない場所=シンシアのいた空間/シンシアが出現する場所
でしょう。にしても確かにそうなんだけどそのまんま「どこかわからない場所」とは(苦笑)。
 達哉は迷った挙句に辿り着き、シンシアの目覚めに立ち会った、それが最初の出会いですか……。

(12/16 0:23 なんかどうしても「シンシアさん」と呼んでしまうんですが……)


※というわけで今日のフォアテリにて「あけるりMC」「シンシア・マルグリット」のページを15日にやっと仮仮設しました。 内容的には公式・雑誌記事での情報をまとめていくものとなります。二次創作とかの参考資料となればと。

| | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

12/2から12/14までの雑記 CDや『ヨスガノソラ』とかとかコミケサークル参加コストとか



(12月2日夜 学生症候群だった事が判明しましたorz)

※イラストカット自体は昨晩完成させてたんだけどコメントテキストを書いてるところで寝オチしてしまってました。これからテキスト考えてから原稿に書き込むので原稿完成はもう少しです~風蛍さん(!)。

※『マクロスF』の『娘たま♀』ってCDが発売されてたのでサクッと購入。これ出るんだったら「サントラ2」まで買わなかったのに~(“ライオン”がちょっとしかなかったので)。

※明日はコミックトレジャー向けの原稿の起工を予定したいデス。「フォーチュンV」で事件解決とか面白そうですが、他の作品とのコラボを捻じ込めないかとか色々。
 夏コミで出したノベル本『フォーチュンキャンバス』については冬コミ(委託)とコミトレ(合否次第)での頒布となります。まだ在庫が山ほどあるのでネットでの文章公開は予定できないですorz

2008年の10大エロゲニュース引き続き募集中デス。ここ暫くリンクしてくださってる方々の他は検索でのアクセスばかりで新規の捕捉が無いのorz
 なお、年明け1月後半に行う結果発表の予定については↑のコミトレ会場とブログ(時間設定して公開出来るから) で同時発表とかしたら面白そうな気がしましたが、むしろコミトレ準備で忙しくなって即売会後に集計作業してそうな予感も(w)。


(12月3日午前)

※締切ぎりぎりでしたがなんとか原稿をメールで提出してきました。ここ暫く滞ってた更新処理とか進めていきます。まずはログの移動とか。


(12月5日未明 明日ぐらいからまた寒波襲来らしい……)

※特典物の到着が遅れていたので方々に問い合わせたり調べていただきました所、地元の流通拠点に留まっていたらしく、催促してやっと18時半頃に無事到着しました。ともかく色々とお世話いただいた感じの1日でした……。

※雑誌『BugBug』1月号買ってきました。
 minoriの酒井さんのコラムが最終回になっちゃった事とか北都南さんの(冬向け)最新ファッションイラスト、など色々とありますが、ウチはオーガスト専門なのでその関連を取り上げます。 といっても『あけるりMC』については特段な情報はないので冬コミ関連から。

《2008冬コミ BugBug推薦 美少女ゲーム同人カタログ》

ぷりん横丁(ぷりずし):蒼魚真青さん 30日 東U-22b

“新刊は「FORTUNE ARTERIAL」桐葉の成人向け本と、伽耶メインのイラスト&4コマ本です。夏コミで出した瑛里華本も持って行きます~。「クイズマジックアカデミー」シャロン&クララの成人向け新刊もあるかも?”
※サークルカット「瑛里華」も掲載

 少し前まで?風邪をひかれていたという蒼魚真青さんの12/4付日記にはその桐葉本表紙候補が。ウチは黒ストとか拘りないんですけど、構図的に黒ストが手前のカットの方が良さそうな気がします。胸も強調されている感じだし。
 とりあえず現地に行かれる方に確保願うかなぁ……。

 なお、SPECIAL DVD付録の付く『BugBug』2月号の発売日は12/29(月)なので、広島でも12月末までには買えるみたいですな。


エロゲ特典のゲストイラストってどう思いますか?という話題が沸いている内に反応してみますが、「出来ればパッケージと同じサイズで」とサイズが気になるのはかなり特殊だよなぁ(ウチの場合)。店頭に出す場合、折れ曲がらないようダンボールで台紙を作るなど結構手間掛かるので。
 ゲストイラストよりはショップテレカとか公式販促素材を掲載したプチVFBとか設定集の方が個人的には好みです。
 ラルフさんの視点は今まで気付かなかったものでしたのでしたが、概ね同意かな。発売後のプレイ感想という視点で描かれるゲストイラストの方が、描き手の思い入れの度合いは高いでしょうし。


(12月5日夜)

※『ヨスガノソラ』買ってきました。予約特典冊子で☆画野朗さんがまた凄い絵を描いてたし。


(12月7日未明 10大エロゲニュース企画にれ・ざむる~ず:草薙静流さん追加!)

※2週間ぶりでした……というよりもあかべぇそふとつう系の躍進は自分も挙げるのを漏らしてた事に気付きましたよ(汗)。

 そのあかべぇそふと系なのですが、『暁の護衛』『コンチェルトノート』の初回版(ビジュアルブック付)と通常版とでは1050円の価格差を出してますねと、各方面での予約特典についての話題を見て思いました。


※昨夜は

帰宅⇒『魔王と踊れ2』デモをDL(その間に風呂と飯)
 ⇒オーガストの冬コミ情報の記事⇒『ヨスガノソラ』プレイ
 ⇒昨夜の疲れから夜中の2時ごろ寝オチ⇒目を覚まして寝直そうと思った
 ⇒仕事用のデモデータをメモリースティックに変換転送する準備(寝てる間に処理しようと)
 ⇒『祝福のカンパネラ』『FlyableHeart』デモが上がっていると知ってDL
 ⇒PSP『ひぐらしデイブレイク』プレイしながら40分ぐらい待つ。
 ⇒DLしたデータをチェック⇒仕事用のデモデータの変換転送処理を開始(3:30頃)
 ⇒5:30頃に起きてメモリースティックのデータをチェック⇒寝る
 ⇒7:30起きる⇒朝自宅して出勤(今期広島市内初降雪っぽい)

なんかもう睡眠時間途切れすぎorz
 しかしながら、夜のうちに公開されたデモを翌朝には店頭上映開始できたので良しとします。
『祝福のカンパネラ』の二人による絶妙で華やかなコーラスも『FlyableHeart』の柔らかく優しい感じの曲もどちらも良い感じですね。


※『ヨスガノソラ』はとりあえず奈緒姉とスク水プレイした辺りまで。しかし妹の何ともいえない危険な燻りがいつ炸裂となるか どんな修羅場を起こすのかワクワク ちょっとビクついてます。なんかどの人物も裏の顔を持ち合わせているような気がしてならないデス。


※年明け後に出すかもしれないコピー本ノベル本のプロットを一応構築中(脳内で)。桐葉メインで現在と過去を繰り返しながらとか、ポトツキの『サラゴサ手稿』のようなリスタート繰り返しを取り込みたいとか、独自の解釈入れたいとか色々考えてますが……ぶっちゃけ現在編(秋以降を設定)についてが全然思いつかないorz


※小説『一夢庵風流記』購入。20年近く前に『花の慶次』を読んでましたが(今は古本屋で時々とか)原作を読むのはこれが初めて。


(12月8日午前)

※『ヨスガノソラ』プレイ中に付き、更新停滞……
 奈緒姉を攻略したので次はちびっ子巫女さんを進行中なんですが、なんかこう色々な負の交錯が絡み合ってますね。
 それと、カズちゃんのメイドさんが初めて登場したシーンとかでBGMが突然ザーって砂嵐状態になるので、その修正を待っている感じかな(ゲームを一度終了させて再開すると治る)。


(12月8日夜)

※『ヨスガノソラ』プレイ中に付き、更新停滞……。
 瑛と一葉を攻略。順番的には一葉⇒瑛としておけば謎が少しずつ解けていくような感じになったかも。それでは今夜は妹を攻略してきます。 (今のところ)伝奇絡みはありませんが田舎ゲーとしては結構良い感じかな。

 いや~今年1年間で最もエロゲプレイに没頭しているかもしれないッス。というより他の時って平行して何か手を付けないといけない事があったりして、継続してプレイできるモチベーションが切れること多かったり、長すぎてプレイが途切れ途切れとなる事があって、中断するんだろうけど。
 ちなみに今年クリアしてるのは『フォーチュン アテリアル』『明日の君と逢うために』『ef』『水平線まで何マイル?』『明日の七海と逢うために』となってますね。



(12月9日未明)

※『ヨスガノソラ』は妹の穹を進行するつもりが一葉の酔っ払いメイドさんに流れていたので、ネットでルートを再確認してなんとか穹ルートに入れました。明日の晩くらいには終えられるかな。
 明日には『ef』第9話を見ないとorz


(12月10日昼)

※B5サイズ対応のクッション付き封筒だと送る冊子の束に対応しなかったorz A4サイズのを買いなおして明日には発送します(汗)。
 それとは別で、自分の同人誌を通販するとなると送料と梱包のコストが本体価格を上回るなぁと実感してます。

 コミケ参加のコストについても。
 滞在費については宿泊費だけは御方のところにお世話になっているお陰で助かっているのですが、食費は当然としてやはり最も大きいのが広島⇔東京間の遠征費(夜行バス)21000円デス。あと買い物でのコストもそれなりは掛かりますが……コミケグッズとか同人誌購入とかアキバでの買出し (今年は『王立宇宙軍』『パトレイバー2』のDVDを買ってました)。
 次が印刷代。150冊の印刷ですが今年は4P増だったので2万を越えてます。価格設定的にはこれを完売すればそれなりの収益となるんですけど……夏コミでは確か30冊ぐらいの実売(250×30で7500円)、 20冊以上は挨拶で納品してるからもちろん赤字です。まぁ例年、売れ残りは翌年の売り上げの一部に貢献してもらってるんですが(汗)。
 加えてコピー本のコストが5000円近く(表紙とか数ページはカラー印刷)。 5円コピーの店で割引とか色々と工夫してコストを下げつつある程度の利益を計算します。こちらもご挨拶での納品分を全然考慮してないんだよなぁよく考えると。
 以上、見える数字だけでも計算すると、ホント趣味でなければ遣って逝けないくらいの赤字が出ますな(滝汗)。これが可能なのは年に1回の上京旅行であり、色々な知り合いの方々に対面できる事だからです。

※今日は

『ヨスガノソラ』プレイ
 暖かいので部屋の掃除
 アニメ『ef』第10話を見る

という予定。




(12月10日夜)

※『ヨスガノソラ』穹シナリオ読了しましたが、実の双子の兄妹がそのまま結ばれ、周囲にすんなりと認められてしまう結末は、さすがに普通じゃない気がしました。
 その血縁的な問題が余り重くとられていないのか、それとも各人が裏で問題を抱えているから強いて問題視していないからか……。どうもご都合主義的な印象だし、海外へ出て行く(じゃなくって北欧への旅行なんだが)くだりも、まず周囲への謝罪を果たすべきなのにそうでないことから、直視せず結局回避してしまったかのような印象になる。すんなり受け入れている周囲にも違和感。
 もしかすると山の上にある禊の湖での謂れに倣い、一晩を過ごした事で生まれ変わったという儀式を踏んだと捉えるべきなんだろうか (瑛って時々何かが憑依している印象があるが、神託により悠を湖に導いたようにも見える)。

 例え穹と悠の関係をその周囲だけで認めたとしても、学園の教師や住民が何かをきっかけに問いただしてきて、きっと問題が再発する事になるだろうに。
(強いて言うなら、問題が後に再度表面化しても作中の結末のような取り乱しは抑えられるとは思うけど)

 ふと以前書いた《『あけるり』考察・麻衣が家族に加わった時、そして兄だった人と恋人同士になる時》を思い出したので読み返すと、そこで触れている『さくらむすび』と対称的な位置づけを創作してみたような気もしてきました。しかしその方向でハッピーエンドに至るとなるとハードルは高すぎたんだろうなぁと。

 田舎の雰囲気、級友たちとのくだらない日常、各自が持つ深い裏の関係、視野がちょっと狭く狂気と紙一重な妹、そこそこ楽しめる(ぇ)要素を備えていただけに、惜しかったとは思う。これを強く非難するのは容易だけど、では代案となる幸運な結末が作り出せるのかと言われると口を閉じるほかない……。
日本神話って割と近親婚が多いからこの地の伝承で双子の神話を持ち込むとか無理矢理な理由付けしかホントに思いつかないですよ(汗)。

 とりあえず、最後に一葉のメイドさんを最後に持ってきておいて正解だったかもしれない(苦笑)。先に結構進めていたので今夜から明日晩に読了させれれば良いかな。



(12月11日夜)

風蛍さんへ、委託をお願いします本を本日発送しましたので。それと何かホントにされるのでしたら早めに連絡お願いします(コミトレ受かればそっち向けの作業始めるし、クリスマス・年末商戦で忙しくなると体調的に突発での対応がマジで難しくなるかもしれないので)。

※そのコミトレですけど、冬コミ伽耶様本を入稿されましたぷりん横丁の蒼魚真青さんも初参加される(合否待ちでしょうけど)とか。ジャンル的に「オーガスト」なのだろうから近いと良いなぁと思ってます。まぁその前にウチが受かればと言う話なんだけど……コミックトレジャー公式の12/4に “原則落選はありません”とあるから、つまり受かっている?(とりあえず受かった事を前提で予定進めても良いのかな?)

※『コンプティーク』買ったんだけど児玉さんの連載『フォアテリ』が今回休載でしたorz(第2巻準備でしょう)  今夜は「シンシアさん」情報ページ立ち上げの準備を進めていきます……。



(12月12日夜)

※えむどなるどの辛いチキンバーガーを食べると後でおなかの中が辛さの余り大変になるので、次からは普通のチキンバーガーを食べるようにしますorz  食う時は大した事ないんだが後でホントに焼けるように痛かった(涙)。

Purple softwareにて12/19よりふゆコミグッズ通販受付との事。『明日の君と逢うために』ビジュアルファンブックが挙がってるのでこちらは購入決定です。

※『コンプティーク』1月号はP294に『フォーチュン アテリアル タイムズ』というおはがきコーナーが掲載されてました。そこには1月10日発売予定の児玉 樹さん版『フォアテリ』第2巻の表紙が掲載されてます。今回は「悠木かなで&ひな」ですね……かなでさんのちんまいさがよくわかりま(風紀シールで口塞がれたorz)

 あとアニメ『ちゅるやさん』記事見てると和むな。ハルヒとキョンの扱いが酷いけど(苦笑)。これの放映は『ハルヒ』本編の放映地域と同じだと良いんだがどうなんだろ(既に来年は広島での新規アニメ放映皆無が確定っぽいですがな)。

ういんどみる通販だと『祝福のカンパネラ』の特典テレカにトルティア姉妹が描き下ろし素材となるようなので、その素材完成を待ちつつ購入先検討に入ります。余り大きな特典は(置き場困るから)回避したいので、勤務先での購入とするかどうかホント迷ってしまう(汗)。



(12月14日夜 微妙にトップページ整理)

2008年の10大エロゲニュース に昨夜、Forbiddenfruit HomepageのTMさんを追加しました。

※『祝福のカンパネラ』TGプレリュードの体験版をプレイ中……。

藤井理乃さん のコミック版『CLANNAD~光見守る坂道で~(2)』初回限定版(封入特典:フルカラー絵本)の予約先をなんとか確保しました。今度の18日頃に入荷らしいデス。

| | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CUFFS関連いろいろと | Rhinoメモ(ブログ更新関連) | 『AUGUST』関連(2013) | 『se・きらら』関連 | 『かにしの』関連 | 『はたらく魔王さま!』 | 『ひとゆめ』関連 | 『まどか★マギカ』関連 | 『アイマス』関連 | 『クル☆くる』関連 | 『デルベントの風』関連 | 『リトルバスターズ!』関連 | 『俺の妹がこんなに(以下略)』関連 | 『失われた未来を求めて』関連 | 『星空のメモリア』関連 | 『水平線まで何マイル?』関連 | 『水月』関連 | うぃんどみる関連 | ねこねこは生きてます | ぱれっと関連 | ぺこさん・『迷い猫』関連 | アニメ『らき☆すた』関連 | アニメ・コミック | イベント | イラスト | ゲーム | ゲーム関連 | サークル「犀の目工房」 | パープルソフトウエア関連 | 今日のminori | 今日の『おとボク』 | 今日の『オーガスト』 | 今日の『オーガスト』2007 | 今日の『オーガスト』2007後半 | 今日の『オーガスト』2008年前半 | 今日の『オーガスト』2008年後半 | 今日の『オーガスト』2009年前半 | 今日の『オーガスト』2009年後半 | 今日の『オーガスト』2010年前半_ | 今日の『オーガスト』2010年後半 | 今日の『オーガスト』2011年前半 | 今日の『タイガー』 | 今日の『雛見沢』 | 今日のアルケミスト | 今日の戯画!! | 地元広島関連 | 拍手関連 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 立体モノ(モデル・フィギュア・実物) | 艦これ | 西尾維新さん作品関連 | 谷川 流 作品関連 | 音楽