« エロゲ業界の難しい仕組みのお話に踏み込んだ『BugBug』3月号特集記事 | トップページ | 先日の『BugBug』3月号特集記事を紹介した件の補足 »

2009年2月11日 (水)

『あけるりMC』収録エピソードの補足 (コンプティーク3月号)


(関連)
 ついにベールを脱いだ!? 『あけるりMC』収録エピソード
   (『ゲーマガ』『電撃姫』3月号より)
 「べっかんポーズ」をまとめてみた (ADDB:エンドーさん)


 前回、『ゲーマガ』『電撃姫』3月号でまとめてました収録エピソードについては上記リンク先を参照に。 それと、今出ている雑誌の『PUSH!』『電撃G's』そして『コンプティーク』をずらっと並べると、 その「べっかんこう立ち(カトゆー家の中の人が2/11に命名)」が世界の全てを締めているような気がしてきました(苦笑)。

※ウチ的には上半身がアップされたカットでのポーズなら「べっかんポーズ」の方が呼びやすいかなぁと思うので、 今回はそっちを使います。「べっかんこう立ち」という表現は爪先から頭のてっぺんというイメージに思えるんですよ (でも確かに販促イラストとかではそういった全身絵も多いと思います)。



 とまぁ、その辺りについては既にこうして話題として挙がってましたので、 全国よりも一日発売の遅い地域にいるウチは『あけるりMC』の新情報を捕捉して以降と思います。
【雑誌表紙】 べっかんポーズの「フィーナ姫」
 抽選で100名に表紙絵テレカプレゼント


【発売直前特集】

◆新着イベントCG
「日付表示シーン(9月11日)」の画面
「麻衣が教室で制服パンチラ」
「麻衣の部屋で着替え中だったシンシアさん」
  麻衣とシンシアさんがビックリ表情。下着はピンク。

◆連載【翠の部屋】 第5回 エステルさん


【わくわくフィギュアLIFE】
◇WAVE 「悠木かなで」フィギュアとシリーズ勢ぞろい写真が掲載
 まずは……シンシアさんの下着姿キターーーーーと祝砲上げるトコでしょうな(爆死)。 ああ、きっとこの後でシンシアさんの着替えを手伝っていた麻衣やさやかさんから家庭裁判に掛けられるんでしょうが(苦笑)。


 それでは今回わかったシナリオに関する新たな情報をまとめてみます。


◇フィーナシナリオ序盤に出る日付表示シーンは「9月11日月曜日」

◇シンシアさんが目を覚ます場面から数日後、河川敷で突然再会?
 “ともかく、また会えてよかったわ(シンシアさん)”

◇教室で、制服姿の麻衣に誘惑される?(そんなイベントCG)

◇「捕まえたら相手の言うことをなんでも聞く」
 思い出の遺跡でフィーナと達哉が追い駆けっこ。

◇さやかさん、達哉と二人っきりで嬉しさの余りに歌まで自作してしまう。
◇それを邪魔するかのように何度も仁さん出現。さやかさんと達哉は何度も身を隠す羽目に。

◇麻衣の部屋で(司祭服から?)私服姿に着替え中のシンシアさん。 それを知らずに麻衣の部屋に達哉が入り込んでしまう。


【フィーナ姫】関連としてはそのエピソードのおおよその時期が判明?  あのグランドフィナーレ直前の日が8/19 (『あけるりMC』プロモ映像公開と新ヴォーカル曲『深青Philosophy』)だから、 それからそんなに間が経ってませんですね(苦笑)。8/19の月と地球の運命を一変させた騒動から地球に戻った後、 その後始末とかで早々フィーナは月に戻っていたのかも。 だから9月の地球訪問では親しい友人に会ったり思い出の場所めぐりをしていく事になる?
 その他、遺跡でのデートシーンについてちょっと追加かな。

【麻衣】については……先の別雑誌からの情報を見る限り、 「制服姿の麻衣が学園にいる場面」は麻衣シナリオに関しては見当たらないんですが……。 そうなると、これはお風呂場でのシーン以外にもあるという事を示唆している?

【シンシアさん】情報は……もうあのイベントCGでおなか一杯デス(爆死)。 例のシンシアさんの私服はシンシアさんの持ち物ではなく(麻衣? 菜月? さやかさん?からの)借り物みたいですね。
 で、先の“乙女の柔肌”発言はこの「シンシアさんの着替えを見ちゃった事件」の後、 という事でしょう(お風呂じゃないんだ)。

 もうひとつ、シンシアさんとの遭遇ですが、初めての出会いから再会まで何日かの間が経っている事も判明してます。 判ったから……また「例の神殿」の推定場所が分からなくなったんだよなぁ(汗)。 (前の推測では、出現に遭遇して逃げ出した達哉に河川敷でシンシアさんが追いついたとして、地球側にあると推定) (達哉が月に足を運べるか、遭遇から再会までの日数が判明しないと推定は無理)

【さやかさん】は……仁さんちょっと(苦笑)。でもそれがきっかけで二人して身を隠す羽目になったから、 密着度はむしろ高まるかも?



児玉 樹さん連載のコミック版『フォーチュン アテリアル』は、 前回の白鳳寮主宰の野外バーベキューパーティーから早くも次の話題に移り変わってます。
 夏といえばプール開きデス。“プール開きには何か盛大にイベントを開きたいと思う!!” との会長からの宣言から、未来の黄金コンビ(孝平と瑛里華)に企画立案が指示されちゃいます(苦笑)。
 そんな訳でハードル高めな企画立案に二人が奮闘する……というお話と同時に重要なお話が進行していきます。 瑛里華の過去と今抱いている本当の望み……それを思う兄の思案(本当に考えていたんだろうかはよく判らんが)、 そして孝平への期待。
 今回もなんというか瑛里華の表情の変化がそこに潜む本当の心境を示していますねぇ。 孝平クンのこれからの役目はその仮面に篭る瑛里華を導き出すという事でしょう。そんなわけでガンバレ~。

(2/11 18:30)



|

« エロゲ業界の難しい仕組みのお話に踏み込んだ『BugBug』3月号特集記事 | トップページ | 先日の『BugBug』3月号特集記事を紹介した件の補足 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/44028415

この記事へのトラックバック一覧です: 『あけるりMC』収録エピソードの補足 (コンプティーク3月号):

« エロゲ業界の難しい仕組みのお話に踏み込んだ『BugBug』3月号特集記事 | トップページ | 先日の『BugBug』3月号特集記事を紹介した件の補足 »