« 2009年5月11日 | トップページ | 2009年5月15日 »

2009年5月12日 (火)

LyceeTCGにういんどみる第2弾、更にminoriなどが参戦!!

 (Faxiaたん経由 電撃.comの記事)

『リセ スペシャルエディション バージョンういんどみる 2.0』

 『祝福のカンパネラ』『ツナガル★バングル』参戦
 こ~ちゃさん、犬洞あんさん、なきうささんによる描き下ろしイラストが収録
 全62種類 6月26日発売予定


『リセ バージョン minori1.0』

『BITTERSWEET FOOLS』『Wind-a breath of heart-』『はるのあしおと』
『ANGELTYPE』『ef - a fairy tale of the two.』
 七尾奈留さん、KIMちーさん、庄名泉石さんによる描き下ろしイラストが収録
 全114種類(予定) 7月24日発売予定


『リセ バージョンNEXTON1.0』

『真・恋姫†無双』『恋姫†無双』『春恋*乙女~乙女の園でごきげんよう。~』
『屍姫と羊と嗤う月』『ONE2 ~永遠の約束~』『ONE ~輝く季節へ~』
『MOON.』『巫女みこナース』など
 全125種類(予定)


「リセ 5周年感謝祭」販売グッズについて

“現在シルバーブリッツオフィシャルサイトでは、 5月10日に行われた“リセ 5周年感謝祭”で販売された限定商品がアソート形式で販売されている。 商品は、『リセ バージョンNEXTON1.0』の先行カードが入ったプレリリースパックのアソートと、 このプレリリースパックにストレージBOXやスリーブをセットにしたアソートの2種が用意されている。 どちらの商品も、イベント会場で配布されていたプロモーションカードが2種1枚ずつ付属する。 これらの商品は受注販売となっており、申込締切は5月25日13:00まで”


(関連)
 Lycee TCG公式サイト
 minori
 ういんどみる
※オーガストなどが既に参加しているLyceeTCGに『祝福のカンパネラ』のういんどみる、 『ef』のminori、あの貂蝉…じゃなくって『真・恋姫†無双』のNextonが参戦デス。

 この面子はどれも戦闘能力が高そうです。minoriもほら、「みなも小一時間問い詰め」とか怒ると怖い雨宮優子さん、 久瀬をも蹴り飛ばすミズキキックに和ちゃんの釘バット、楠木あおい先生(マテ)、楓ゆづきの呪い系とか(?)、 なかなかの戦闘要素持ってますよ(爆)。

 原作原画家以外に誰が参加となるのか続報は結構気になるかも。

 オーガストのは去年の6月にver 2.0が出て『フォアテリ』キャラたち+エステルさんもそちらで登場してますから、 次の参戦は次回作以降?(シンシアさんが出場待ち状態だ)

(5/12 22:58)



| | トラックバック (0)

コミック『ef』最新第8巻、もうすぐ発売です♪

 (minori 5/11付)

◆『ef - a fairy tale of the two.』
 コミック:雅 樹里 原作:御影・鏡 遊

“いよいよ千尋編クライマックス! [ ef ] コミックス最新8巻、いよいよ5月27日発売となりますー”

“そしてクライマックスということで、8巻収録の続き・49話が同日発売の雑誌「電撃大王」7月号で読める仕様となっておりますよ?”


◆ minori BRING the NEW WORLD, CALLED“eden*”

“雑誌“月刊コミックREX(一迅社様・刊)”にて、同作のコミック連載が決定いたしました。 5月9日より発売の同誌6月号にて、告知が掲載されております”

アキバBlogさんのコラムにてキャラクターラフ公開中
“コミカライズやアニメ化もされ、大人気を博した美少女ゲーム『ef - a fairy tale of the two.』を手掛けたminoriの最新作『eden*』を、7/9売りのComicREX8月号より連載開始です”

【eden*】 原作:minori 鏡遊  漫画:守姫武士
※『ef』は現在発売の電撃大王6月号で最終回の一歩手前に着てます。 千尋の書いた小説と別れの言葉に立ち向かう蓮治は、という所でよいよ7月号で第3章が完結となります。
 ……ていうかつまり第3章完結の第49話自体は更に次の第9巻収録みたい。

 第3章完結という事で……そうかついに第4章、『ef』のワンコ娘・羽山ミズキのターンが(8月号以降で)始まるんですね!!

『eden*』の情報は雑誌での記事を一応チェックしてますけどシオンの姉・エリカとか軍人さんとか登場人物と情報が増えてる感じ? 『コミックREX』という雑誌の8月号から連載開始ということで『ef』と同じく原作より先行して物語が始まるみたいです。

(5/12 18:55)



| | トラックバック (0)

『FAラジオ(仮)』・『FAキャラソン』・『夜明けな』ドラマCD新シリーズ(仮)について

 (FORTUNE ARTERIAL-マリン・エンタテインメントのブログ 5/11付より)

※数日前に各方面で話題になってましたがウチはやっと今その記事見ました(汗)。
◆『FORTUNE ARTERIAL ラジオ(仮)』(Webラジオ)

“現在、調整を進めております関係で、ラジオの開始時期は「2009年 夏」へさせて頂ければと思います。 お待たせしてしまいまして、申し訳ございません”

“本企画では、脳みそホエホエ氏よりイラストを頂くことが決定致しました。 告知と合わせてイラストも掲載致します”(トップページでの告知)
※この春頃の予定が延びたみたいで……ちょっと残念かも。でも、 『はにはにラジオ』に続いて脳ホエさんがイラストを担当されるとか!!
 引き続き続報に注視ですな。

『FORTUNE ARTERIAL feeling assort』
 (「FORTUNE ARTERIAL」 キャラクターソングアルバムの正式タイトル)

 2009年8月14日 発売予定

◇通常版 3150円(税込)
【初回特典】B2告知ポスター

◇限定版 4000円(税込)
【初回特典】B2告知ポスター
コミックマーケット76とマリン・エンタテインメント通信販売のみの取り扱い

“今回のキャラソンでは、原作ゲーム攻略対象の5人のヒロインに加えて、伽耶様もソロで歌います。 そして、男衆が女性陣と一緒にデュエットとかも?”
“現在、プロデューサーのFuzzy氏、そして、今回の企画にご協力いただいているクリエイターの皆様が、奮闘しております”

(以下は既報)
“作品に登場するキャラクター達がマイクを握り、全10曲を熱唱します!”
“サウンドクリエイター陣はPCゲーム界で著名な方々がズラリ!”
“ジャケットは原作イラストレーター・べっかんこう入魂の描き下ろしです!”
※こちらについては特段に新しい情報は無いかな。発売は夏コミ初日からとなってますので、 会場でマリンエンターテインメントの出展するブースにて購入するとか、 その帰りにショップで買うなどされてみてはどうでしょ?

◆『夜明けな』ドラマCD新シリーズ(仮)

シリーズ構成
■ 第1巻(翠編)     : 2009年8月14日発売予定
■ 第2巻(エステル編) : 2009年10月発売予定
■ 第3巻(カレン編)   : 2009年12月発売予定
■ 第4巻(シンシア編) : 2010年2月発売予定
※TWIさんより掲示板で情報を戴いてましたがこちらもやっと詳細を確認。
『あけるりMC』でPC版ヒロインとなった3人に加えてカレンさんがメインのエピソードが出る!!
 ……これは予算的には買いそろえられるか判んないんだけど「カレンさん編」だけは購入確定だな。


※『あけるりMC』発売から2ヶ月が過ぎまして、 オーガスト関連の雑誌記事も『コンプティーク』の児玉さん連載『フォアテリ』コミカライズと 『ゲーマガ』連載(脳ホエさんのカットとかフィーナ姫フィギュア化企画とか)だけに落ち着き、 春ドリパも東京会場のイベントも先週に終わりましたので一息って感じでしたが……、 なんだかんだでこの夏に上記のように大きな動きが控えている感じですね。

(5/12 18:55)



| | トラックバック (0)

5/8~5/12までの雑記



(5月8日朝 沈黙のぼとむれすに動きが

※御方にABHARのドリパセットとオーガストのみどりんテレカ、 『アトリの空と真鍮の月』(TOPCAT)・ 『ハルカナソラ』『夏ノ雨』(Sphereなど)、 『se.きらら』冊子などを送っていただいたり(イベント翌日の着弾に衝撃)してました。御代は今日のお出かけで入金です。

 パープルの『明日キミ』ドラマCD新作も昨日から開始となった通販で申し込んで見ました。

 それ以外は……『果てしなく青い、この空の下で』のノベル3冊を棚から出してみたぐらいかな。通勤時に読むノベルが無くなったのでこれを読んでみようかと。
『銀英伝』も既に読み終えてますが……機会見てまとめ感想を書きたいです(いつになるやら)。(⇒外伝5巻「黄金の翼」が6月に刊行!)

センセイさんのホビコレ07東京レポにて WAVEの『フォアテリ』フィギュア5人揃い踏みな展示や製品見本と思われる「かなでさんの裸エプロン」などが掲載!  ミニマルなイメージのかなでさんの意外なボリュームが!! このクオリティの維持を~。


※夏コミで出す予定の『フォアテリ』ノベル本の構成を先月末より脳内で練り始めてるところです。早く始めれば後で楽になりますし、 ノベルならサークル落ちても公開する機会がありますから無駄にもならないですので。
 今回の話の大きな筋は出来てきてるけど、 基本的に桐葉と伽耶様の対話だからどう単調化を避けようかと色々考えてます。うまく回想シーンを織り交ぜる辺り、 『ハザール事典』など構成の参考になる本をちょくちょく読んでみます。
 マレヒト=錬金術師という推測を織り交ぜつつ、桐葉の体質の理由や鬼ごっこの真意については独自の解釈を挟む事になるから、 周囲の反応が微妙になるかもしれないです。積み残している『フォアテリ』考察の一部を兼ねる感じ?
 一般的に(真シナリオ終幕以前の人物関係では)桐葉と伽耶様は対立する傾向が強いので、 (去年の夏コミノベル本で描いた)瑛里華シナリオの時軸を背景に置きながら、 二人の不和が解する方向でもうひとつの桐葉の物語を幸せな結末にするよう努めてみます。
 暇を見ては構想を練りつつ、まずはイメージを兼ねた表紙絵を描かなければ(汗)。

 あと、『水平線まで何マイル?』『星空のメモリア』『祝福のカンパネラ』の合同誌みたいな話があれば、 (時間的に)1件ぐらいは参加してみたいです。それとは別でトルティア姉妹イラスト描きたい……。




(5月12日午前)

※休暇なのでちょっと要件で昼まで出かけてきます。

『コンプティーク』6月号掲載コミカライズ・児玉さん版『フォアテリ』は桐葉編の後編でしたが、 先の涼宮さんの「桐葉本」やハーヴェストノベル版の「桐葉編」など、桐葉関連の情報に多く触れている関係で、 心境変化とか伽耶の心情について夏コミ資料作成で大いに悩んでしまいます。主に辻褄合わせですがorz
 とりあえず、桐葉を眷属化させた経緯や伽耶と東儀家との確執、桐葉を引き離した伽耶の意図辺りは土台固まった?  (ごく一部の東儀家の先祖の方には悪役を担ってもらってます。まぁしかし彼らは彼らなりに生きるのに盲執だったんでしょう)

 しかしこれから着工するにしても、きっとある程度作業が進んだ頃に発売のハーヴェストノベル「伽耶編」で色々軌道修正が掛かりそう(汗)。


| | トラックバック (0)

« 2009年5月11日 | トップページ | 2009年5月15日 »