« 2009年10月3日 | トップページ | 2009年10月10日 »

2009年10月 5日 (月)

ハーヴェストノヴェル版『夜明け前より瑠璃色なMC』翠編
「ほ、ほら、新婚の奥さんってみんな、こういう格好で旦那様をお迎えするんでしょ?」

 (ハーヴェスト出版)

※先に買われてた時の棲む森の早坂さんが、今回のみどりん編に何かサプライズがあるらしいって触れられてたので、 買って帰宅して早々にハァハァしながらページを開いて見ましたが……

キターーーーーーー!!!

     ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;


 とりあえず早川さんも伏せてるので、ウチもちょろっと終わり辺りに反転して触れる程度に留めますが、 オーガスト作品でよく登場するシチュエーション(オーガストの伝統とか伝家の宝刀とか)の内のアレとコレが!!  みどりんとの熱いシーンで描かれてます!! このサプライズはさすがに予想できなかったですってば(苦笑)。
(ッていうかみどりん自身も「ポニーテール」というオーガストの伝統を備えたヒロインです!)

 なお、全体の内容はPS2・R指定版の『あけるり』でのみどりんエピソードと、 その後日談となる『あけるりMC』のみどりんシナリオを繋げ、2ラウンド交え、そして更に3ラウンド目がある、 といった感じデス。

 早坂さんも仰るようにこれは確かに原作を越えた内容ですな、その3ラウンド目の追加エピソードがある事で特に。
 特にForbiddenfruit HomepageのTMさんは大興奮でしょう、ね♪


 以前ウチがよくまとめていた挿絵についてのレポは……あれ結構大変なんだ(汗)。それにもうみどりんとあんな場所で素肌密着とか、 神がかった挿絵があるからそれ見るだけでも満足ですので(挿絵師の方も今回も大変良い仕事されてます)。


 今後はエステルさんとシンシアさんの巻が出る予定ですけど、 俄然この3ラウンド目のサプライズに何が登場するかが注目となりそうです。というかライターの方にはかなりのプレッシャーとなりそう。

 今回の著者はハーヴェスト版『あけるり』本編での雑賀匡さんに代わり、佐々宮ちるださんが担当されてます。
 過去の著作は同レーベルで『ニトロプラス劇場 スマガ-AdultChannel-』を、 彩文館出版のレーベルで『ナ-サリィ・ライム』『ティンクルくるせいだ-す』などなど結構な原作物を書かれてらっしゃる方のようですね。


※オーガストの伝統というと「ポニーテール」「ツインテール」「縞パン」など色々とありますが、 「(裸)エプロン」「お風呂」なんかもほとんどの作品で登場してるんですよね(苦笑)。 『あけるり』だとミアとフィーナ姫、さやかさんが原作で担当されておりました(『MC』ではスク水姿で麻衣が)。
 今回、ノベル版のオリジナルシーンで、みどりんの為に用意されるとは、本当にもう大変なサプライズでしたデスよ。


(2009年10月5日 23:55)



| | トラックバック (0)

『化物語』第十二話(最終回) つばさキャット 其ノ貮 ノ感想

※アニメ『化物語』のBSジャパンでの放映が本日で終了。
 エピソード「つばさキャット」の第二話までという実質的な打ち切りで、さすがにそれはないだろって思っていたのですが……。

 実際の放映をさっき見た感じでは、 第1話で阿良々木暦と戦場ヶ原ひたぎが色々な意味で衝撃的な出会いをして物語が始まったのだから、 その最終話は二人の関係に終始し、一応の着地点を見せる、そんなテーマを持たせてみたんじゃないかなぁと思ったりしてました。
 そのラストシーン、これってED曲「君の知らない物語」の歌詞の元となってるんですよね(先に原作読んでましたので)。 その曲をバックに夜空を見上げている場面が描かれているのですが、そういった部分でもやはりここで終了は予定されていたのかもしれない。

 こうして戦場ヶ原ひたぎと阿良々木暦は正式に御主人様と奴隷……じゃなくって恋人同士となった訳ですが、 その後日談では暦クンはひたぎさんに監禁されるけどさ(偽物語)。

 しかし、これであの「羽川つばさ」に関する問題が放置された事になるんだよね(爆死)。
 というかそもそもウチも今回の最終話でつばさの異変が描かれるものだとばかり思ってましたが、 彼女に関する鍵がひたぎさんの口からこぼれただけで、彼女の姿は多分一切登場しませんでした。

 つばさの怪異については原作を見れば判りますが、ひたぎ様と出会う直前のゴールデンウィークにまず最初の発生、 そして2度目の発生はたしかひたぎ様とのデートの後に起こるのです。 というかアニメ本編での暦くんのハーレムな状況が将に関連すると(苦笑)。 そういう意味ではつばさに関する事のスパンは結構長いのですよね。
 まぁ結論としては、暦がすべて悪い!! となるな(原作読んだ後と同じ反応だわ)。

 放送終了後に残る3話がアニメ『化物語』公式サイトで無料放映される予定らしいけど、そういった環境を持っていない人は見れないだろうし、 多分、ウチも回線が細いからコマ送り紙芝居みたいな感じになりそうな予感です。ここまで録画もしてきたんだし、やはり最後までテレビで見たかったなぁ。

(2009年10月5日 1:20)



| | トラックバック (0)

« 2009年10月3日 | トップページ | 2009年10月10日 »