« 仲間たちとの、そして二人のシンフォニー ぱれっと『ましろ色シンフォニー』 | トップページ | 秋ドリパ大阪の待機場所より »

2009年11月14日 (土)

11/12から11/14までの雑記 ドリパ大阪への遠征準備……



(11月12日未明)

※『ましろ色シンフォニー』は愛理とのバカップルを堪能した次に一気にアンジェを攻略してきました、というかアンジェの旦那様になってきました(爆)。
 学園生活をメインとして捉えるなら最後の締めにアンジェを選んで正解だったと、 あの綺麗に話のまとまった未来へと引き継がれるようなエンディングを見て思いました……。
 色々感想がこみ上げてきますけどちょっと色々と立て込んでるので感想書くのドリパ後となりそう。
『ましろ色』は特段に不可思議な設定は存在しないと思ってましたが……ぱんにゃは言わずもかなですが、 アンジェのあの分身状態最大出力メイドモードはかなり謎だわ(苦笑)。


※ドリパ関連についてはさっき参加企業リストを公式サイトで確認したのですが、 パープル&ぱれっとが不参加だそうでorz ラッセルさんとこにお伺いしますか……。
 オーガストの新作テレカはもちろん買うものの、今回は財政以外の諸事情からかなり絞り込んでの買い物となりそうです。
 14日夜の出発前までに営業資料の写真をまとめなおしてPSPのメモリースティックに入れとかねば。


※メール関連は明日に仕事から戻ったら打ちます(汗)。
※ドリパ大阪出発前に準備する事も少しばかり。12日と13日の各夜・未明しか時間が無いのでそこで集中作業です(汗)。 いや今更カラーイラストとかは時間的に無理なんだけど……。

※ADDB,たたないラジオが『珠津島ほりでぃ』開催前日の21日に放送だそうです。 仕事で遅くなるかもしれませんがまた今回もチャットに参加します。

※『しろくまベルスターズ』が11月27日から12月11日に延期って……orz




(11月13日未明~14日未明)

※13日にドリパ大阪の前売りチケットを確保しました。
 14日は仕事から戻ったら21時半ごろには家を出る事となります。一時間弱で最終チェックとかするから更新はかなり微妙。 また、現地からはぽつぽつと【犀の目ぶろぐ】に携帯から書き込むかもしれません。

 TMさんふみぃさん、会場にてよろしくお願いします~。
 来島あわさんカーフさんも当日は居るのかな?


※なんか最近ブラウザの調子が悪いと言うか、同じページを二つ表示させないとアクセスしたページが正常に表示されない (もう一方は読み込み続けるまま真っ白)という状態です。なんで?


※先の紹介文を書いてからまた久し振りに『新本格魔法少女りすか』を読み返してます。 数年ぶりとなることからやや忘れている部分がありますな(汗)。大阪遠征でも持っていく。




(11月14日夜 生命反応は【犀の目ぶろぐ】で)

※これから準備を進めて21時半にはドリパ大阪遠征に出発です。16日の朝には戻ってきます。
 結局ここ数日いくつかの事が出来ずじまいでしたので、イラストの資料とか紙とかをケースに入れてみました。 2つぐらいは何かカットかイメージラフを作成したいかなぁ。


FAVORITEで謎の告知。早速店頭でも掲示してみましたが、 もちろんこれは『ヌモリア』のファンディスクでしょう(最近になって「ヌモリア」の意味が判った)。
 時間ないのでとりあえず要望というかなんというか……願望?

姫榊の巫女姉妹の双子丼

一杯お願いします(爆死)。
 あとは……本作では明かされなかった「飛鳥伊麻」という存在、 部長の二重人格、更に今作だけでお役御免となるのは勿体無く思いますので様々な登場人物が再び集うような後日談など、 ファンディスクでそういった辺りをフォローしてほしいですね、と期待してみます。
 ってこの春に書いてた『星メモ』感想からコピペしました(時間が無いので)。

勇栄さんのトップ絵に『化物語』マンガ
「ひたぎクラブ」ラストとそれ以降の態度の変化(つまりは暦の扱い方)とか見てても思うんだけど、 なんというかガハラさんは色々と不思議すぎるな(苦笑)。

※と、ここまでで出発します~。では大阪で。


|

« 仲間たちとの、そして二人のシンフォニー ぱれっと『ましろ色シンフォニー』 | トップページ | 秋ドリパ大阪の待機場所より »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/46867781

この記事へのトラックバック一覧です: 11/12から11/14までの雑記 ドリパ大阪への遠征準備……:

« 仲間たちとの、そして二人のシンフォニー ぱれっと『ましろ色シンフォニー』 | トップページ | 秋ドリパ大阪の待機場所より »