« 12/1から12/7までの雑記 臨時出勤が多くてフルタイムでの休みが取れずorz | トップページ | ウチでも選んでみた、2009年のよかったエロゲムービー »

2009年12月 7日 (月)

八薙玉造さんの『神剣アオイ』(スーパーダッシュ文庫)を読了

※八薙玉造さんの『神剣アオイ』(スーパーダッシュ文庫)を読了しましたやっと……。
 単純に植田亮さんの黒髪巫女絵に吊られて手にとってみたのですが(苦笑)。

 戦闘場面でのテキストが単発な行動解説の連続文章で更に事細か過ぎる程の文章密度だったから、 ちょっとその場面の展開スピードが削がれた感がありましたし、 台詞回しで何度か誰のセリフなのか分かりにくい場面もありました。

 それでも「賓(まろうど)」や害を成すほど強大化したそれを討ち滅ぼす「神剣」といった対立関係が、 更に複雑な関係図を背負う事で深みを与えたかと思うし、最後に至っては討ち滅ぼされる側の言い分は主人公・名嘉田幸人とともに少し考えさせられるものがありました。 「伝奇物」としては自分の知る限りでは結構目新しい雰囲気だったかな。ラスボスも意外なトコにいたし。

 害を成す「賓」と相討ちして役目を果たすだけの存在である使い捨て同然の「神剣」が(ネタバレの為検閲) て生き残っちゃったから……新たな脅威に備えないといけないらしいけど(気が向いたら続くのか?)。
 ちなみに「神剣」と言い表すそれは「黒髪の巫女装束の少女」です。 ちんまいけど片手に電柱、片手に壊れた自動販売機を掴んで遠く狙って投げ込みます。 はっきりいってチート入り過ぎるくらい強いです。

 ちょっと続いて欲しいかなぁと思ったのは、話を続ける事が出来そうな終幕だった事もあるけどそれだけでもない。
 幼なじみのポニーテール「黒い旋風」坂兎たばねと幸人との関係が特にラストが別の意味で大変残念な(苦笑)状況となった為に 更に拗れてしまった事もあるが、何故か田舎の学校に金髪という御影優・生徒会長や玉出美貴・生徒会会計、 「神剣」と「賓」の事を知る担任の嵯野先生、 これら幸人の周囲の人間関係に触れる機会がちょっと物足りなかったという心残りがあるから、少しばかり期待してしまうのです。
 更に「賓」という存在についてもまだ続編に生かせそうな部分が見受けられるんですよね。 万物に宿り些細な「賓」ならどこにでも居るという事で新たな「賓」の登場もありうるし、 それに今回登場している中でも敵対しつつ生き残った「賓」がいましたから(次に出会うなら中立となりそうかも)。 嵯野先生の所にいる「賓」についてはちょっと問い詰めてみたいです。アレは奥さんと言われても仕方がないよ(苦笑)。

 加えて幸人と「神剣」アオイとのペアがまだ誕生したばかりで更なる成長を見たいっていうのもあります。
 ……残念な状況というか誤解が絡んで更によじれそうな三角関係がどんな修羅場になるかも見ものだしな(w)。

(2009年12月7日 22:20)



|

« 12/1から12/7までの雑記 臨時出勤が多くてフルタイムでの休みが取れずorz | トップページ | ウチでも選んでみた、2009年のよかったエロゲムービー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/46982165

この記事へのトラックバック一覧です: 八薙玉造さんの『神剣アオイ』(スーパーダッシュ文庫)を読了:

« 12/1から12/7までの雑記 臨時出勤が多くてフルタイムでの休みが取れずorz | トップページ | ウチでも選んでみた、2009年のよかったエロゲムービー »