« 2010年2月8日 | トップページ | 2010年2月13日 »

2010年2月10日 (水)

『珠津島ほりでぃ3日目』5月3日開催

 (珠津島ほりでぃ公式ページ)


※というか今月の頭には発表されていたのですね(ちょうど夏コミサークルカット作成で忙しい頃だ)。 2日目の時のネットでのアンケートで開催時期の要望が集められてましたが、3回目となる3日目が早くも5月に開催だそうです。  ちょうど昨日より名苗秋緒さんの描かれたトップ絵が掲載されてます。
開催日 2010年5月3日(月・祝)
開催場所 大田区産業プラザPiO大展示場
募集スペース数 60スペース
主催 珠津島ほりでぃ準備会
 参加はして見たいけど、新刊の出し物もないし、旅費も捻出無理なので今回もウチは不参加です。 委託についても今回見送りで夏コミに全力集中するとしてくださいませ。

 というか余りに不景気すぎて、早くから少しずつ夏コミ諸経費を積み立てていこうかなと思うぐらい、 今後の国防予算が厳しい状況になりそうなのですよ。働けど働けど……な感じで(汗)。

(2010年2月10日 23:00)



| | トラックバック (0)

オーガストから「お箸」が届きました。

 (AUGUST ARIA)

※2/8夜の更新の最中に久し振りに御方から携帯メールが届いたので開けて見ると “augustからFORTUNE ARTERIALの箸が届いたっすよ…何事かとw” ってありましたから、先日の封書宛名書きの件でかなぁと返信しつつ調べてみたら、やはりその件で届いていたようでした。

 それでウチにも本日届いてます。

 箸の他、「個人情報取り扱い不備についてのお詫びとお願い(オーガスト・ARIA)」 「個人情報取り扱い不備についてのお詫びとご報告(アローエンジニアリング・ヤマト運輸)」という書面も同封されてまして、 事の経緯についての詳細と、問題の宛名シールのある封筒の破棄及び個人情報公表を控えるようお願いされてます。

 個人的には今回のフォローはやや過剰であり、サイト上での文面での説明だけで必要十分に思いましたが、 昨今の「個人情報の保護」という観点でみますと、形式的であってもこういった対応が社会的に求められているのかもしれません。

 しかしこの「お箸」は思った以上に普通すぎて日常に違和感なく安心して使えそうな仕様となっておりますな。 でも使うと削れるから……部屋のオブジェにします(苦笑)。

(2010年2月10日 21:55)



| | トラックバック (0)

『se・きらら』通常版はお店としても(良い集客機会となるので)無料配布したい

 (関連 『se・きらら』)

(注 地方の小さいエロゲ取扱店店員個人としての希望なので、他のショップではまた違った反応があるかもしれません)

※噂が本当で更にその話題が拡散中……そんな今ホットなニュースとなっているのが『se・きらら』通常版を無料配布するという、 前例にない販売戦略です。

 コスト面での考察については ゲーム居酒屋「アル」の雑談場さんの「Se・きらら無料配布」の衝撃-損得勘定で見た場合とその問題点- で大まかな推測がなされてますのでそれを参照してくださいませ(記載数値についてはあくまでも推測ですので)。

「アル」の雑談場さんのこの記事を見ると改めてその販売戦略の凄さがよく判ります。
 通常版で気に入ったキャラがいればfigma付の初回限定版への購買意欲が挙がるだろうし、 またその初回限定版も2940円(税込)という(9240円フルプライスと比べれば)かなりの低価格です。
 先日のワンフェスと通販で限定販売の平沢憂が2000円程なので、 2980円という価格はfigma商品としてもそう高い価格ではありません。 figma付でかなりの手頃感があるから、数種類のfigmaを集める為に複数買いするのも抵抗感はかなり少ないでしょう。
 この強みの要因とされるのが「キャラクターが自社開発なので版権料が皆無」という点です。 加えるなら(既に指摘のあるように)逆にその版権ライセンスを他の商材(他社のグッズ・CDなど)に出す事で更なる利益も得られるという効果も期待できます。 というか既に“OP・EDを歌う橋本みゆきさんのCDもランティスさんから発売”(スタッフブログ)ってありますな。
 とにかく、今回の販売方法はこのメーカーがfigmaを制作販売する所を大元としている事から可能となったかなり特殊で他では真似の出来ないケースであります。


 さて、この『se・きらら』の販売方法について判らない事がいくつかあります。

 無料という通常版の配布方法、及び、年齢確認方法について。
 ネットではデモや体験版データをメーカー公認で配布されているサイトもありますし、 また最近だと過去の製品をダウンロード版で販売するように比較的大きな容量のゲームソフトもオンラインで取り扱われてきてるので、 一応、ダウンロードサイト入り口での年齢確認で建前上は年齢制限を掛けていると言えます。 またオンラインにアクセスする環境さえあれば全国津々浦々(近隣にショップがない所など)にお届けできますし。
 初日とかはかなり混み合うかと思いますが、それは実際の所そう多くの問題はないでしょう。 ただそのダウンロード時間というコストは数時間ぐらい掛かると思うけど(昨日DLしたWeb体験版は1時間ぐらい掛かったし)。

 時間的コストが面倒とかデータでは満足しないユーザーとしてはディスクでの店頭配布が期待されますが、 今度はそのディスクの製造コストが新たに生じるという問題があります。 しかしながらこのメーカーの場合、コミケなどでフルカラーの冊子を大量に配布されてたりするので、 その通常版ディスクのコストもカバーできるのかもしれません。(Webでの配信ならそのコストも0円)


 店頭での通常版配布については実施あるかどうか発表は無いみたいですが、ショップとしてもかなり望ましい事です。 (ここからの意見については地方の小さいエロゲ取扱店店員個人としての希望なので、他のショップではまた違った反応があるかもしれません)

 店頭で配布する場合だとレジで年齢確認して手渡し出来るので、より確実な確認もとれます。
 またその集客によって(同日発売とされる)「初回限定版」も実際に店頭で手にとって見てもらう機会ともなり、 そのfigmaがどんな感じなのかも見てもらえます。
 そういった機会が生じる事で通常版ディスク収得のついでにその場で初回限定版を購入して貰えたり、 いったん通常版を持って帰られたユーザーがプレイして気に入れば、 改めて店を訪れて初回限定版を購入するという効果も得られるのです。

 もちろん通常版もその内容に見合った価格帯で従来の通りに扱えれば、それが利益となり店の収益に繋がる筈なので、 通常版がタダで配布される事についての店へのメリットは直接的にはありません。 強いて言えばレジで配布(希望者に年齢確認して渡す)という手間がコストとなります (といっても体験版ディスクを年齢確認しながら配布すると同程度)。 また初回限定版の原価次第では店としてのメリットも更に左右されてしまいますし、 更にキャラ人気の影響がキャラ毎の初回限定版パッケージの販売数に影響する為、 発注の読み違えが生じてしまう危険性もあります。


 いくつかまだ疑問点もありますがしかしながら、エロゲ市場が昨今の不況の影響もあって活気を欠きつつある中、 ショップとしても一人でも多くのユーザーに来店して商品を見て買っていって欲しい所なので、 こういった集客のチャンスは願ってもない事。
 という事で……結局どこの流通での扱いになるんでしょうか(結構重要)。 それ次第では自分トコでの扱いがあるかないかが決まるのですよ~。

 個人的にもこの『se・きらら』は夏コミや大阪ドリパといったイベントでもチェックしてましたから、 より一層取り扱える事を望んでます。ちなみに個人的な応援キャラは元気系お嬢様がポイントの「神楽亜矢」です(爆)。 どこかのサイトにあったあのSD「わっしょい亜矢」アイコンはどこにあるんですか~。

(2010年2月10日 1:10)



| | トラックバック (0)

2/7~2/ 夏コミ申し込みとかサークルカットなど



(2月7日未明 ひだまりスケッチの双子の美容師)

※夏コミのオンライン申し込みを4日深夜から少しずつ入力中。仕事あるから夜しか出来ないし、 テレビでアニメしてる時間と重なるとそっちに気を取られるんでもう3夜も掛けてます(汗)。
 御代をコンビニ決済して、サークル情報入力して、そしてサークルカットを作成中の今。 サイズとか解像度など色々と制約あるので、それに合わせるのに苦労します (いつもイラストとかはスキャンした解像度そのままで処理してるの)。
 一応完成かなぁと思ったら、予想以上に文字情報が小さくなってしまいましたので、この後にその調整をしないと。

 あと、夏コミ新刊の仮題は『姉妹達のためらい(仮)』に落ち着きました。 結局漢字変換(「躊躇い」)すると難字過ぎるのでひらがな(笑)。
 前回のがセルビア人幻想文学作家の戯曲の邦題を丸々使いましたが、 今回は『幻想文学論序説』(創元ライブラリ)のキーワードを用いてます。内容も大体そんな感じになるっぽいです。

 明日には申込済ませてるかなぁ。夏コミ原稿よりも前に、前作の挿話(大正編)の後日談を書かないと……。 いやその前に『星メモEH』だ。

 雑記を打ってる最中に放映の『ひだまりスケッチ』に双子の美容師が登場してました。 キャラデザも良い感じですし双子だし、また再登場するかなぁ、原作にも登場してるのかなぁ。

『涼宮ハルヒの消失』は、広島でもアニメ放映もあったし「全国」とあったから広島でも当然上映されるものと思ってここまで着ましたが、 結局、広島では今後とも上映予定がないみたいで大変残念です。




(2月8日午後~夜)



※サークルカットも完成して夏コミのオンライン受付にアップロード。これで申込手続が完了となりました(16日まではサークルカットなど一部は修正可能)。

※FTTPが新バージョンに移行したそうなので、その内容を少し確認することに。⇒移行しました。これでまずは一息つけそう。


※犀の目工房(表ページ)が夕方頃に93万アクセス突破しました。ウチは930009。
 アクセスの大半を倉庫であるブログに吸い取られてたり、更新滞ったりと微妙に生き長らえてきましたけど、 それでも来てくれる方々によってこう積み上げられていくのですね。
 今後については、少し早めに夏コミ向けのプロローグ部分を書き始めておこうと思うし、 加えて積みゲの処理や十大エロゲニュースの分析レポの仕上げなどもあるので、不定期的になりそう。

※先日のトップ絵「悠木姉妹」イラストを紹介していただきましてありがとうございます!!

 ◇電子伝達係:rouさん
 ◇Forbiddenfruit Homepage:TMさん
 ◇M-A-T -FUMY’s DIARY 4th style-:ふみぃさん
 ◇「処女はお姉さまに恋してる」まとめサイト:takayanさん(拍手で)

 これが一応今度の夏コミ本の表紙絵となる予定です。原作をリビルドしていく感じとなりそうなので、 ウチもどういった内容となるかまだ予想できなかったり(まずは既に大まかな設定は構築してるプロローグ編の準備ですし)。

 それから

FiRSTRoN:Faxiaさん
※『おとボク 2人のエルダー』とかねんどろいど『フィーナ』とかのまとめ記事捕捉ありがとうございます。 PS2『ef』のチラシはそれですけど、『WLO』のチラシは見てなかったり。ういんどみるとかのチラシも広島では見てないですし。

St.Aquarius:水上透さん
重大エロゲニュース関連で捕捉して貰ってたんですけど反応のタイミング逃してしまいましてスミマセンorz  いや正直言って小売店的に厳しい状況なんですよね。つい先日の『se・きらら』通常版無料頒布についてもユーザー的にはありがたいとは思うものの、 ネットでのWEB配布とか一部大都市圏のみの配布ではなく、 発売日後でもいいから全国のエロゲ販売店で(年齢制限を指導の上で)店頭配布を行うようにすれば、 良い集客効果が得られるんじゃないかなぁと思うのですよ。上手く考えて販促展開してほしいですね。
 オーガストの伝統(伝家の宝刀)、「ポニーテール」に加えて「従兄妹(従姉弟)」もですね。あとウチは「お風呂」もかなぁって思うんです(爆死)。これは『はにはに』以降だけど。

◇拍手よりマジキュー4コマ「ましろ色シンフォニー」情報を送ってくださる方
 ウチもこの発売を気にしてるんですけどエンターブレインの予定表の、 2/25のマジキュー4コマのラインナップには挙がってないのですよね。 1月発売のテックジャイアンでも広告の中では触れられてませんでしたし。 ネット通販とかでは挙がっているようですけど。発売時期だけでなくどんな方が参加して描かれているのか、 そんな情報を早く知りたいです。


(ここで臨時ニュースです)
※御方から急に届いたメールによりますと、 オーガストからユーザーに向けて「FORTUNE ARTERIALのお箸」が送られているそうです。
 先日の正月頃届いたメール便の宛名ラベルの件でお詫びと詳細の報告もあるそうで。ウチにも近日中に届くみたいだけど、 ちょっとフォローが行き届きすぎな気もしますね(汗)。
 元よりオーガストではなく委託したヤマト便が不手際をしでかしたのだから、この件は説明だけで十分。 それより早く新作の詳細発表を!って思っちゃいますし(苦笑)。

 どんなデザインだろう。でもさすがに箸として使うのは控えそうだね、もったいないから。




(2月10日未明)

ポニーテールが二人だからツインテールズ!(謎)

(時間なくて)前に描いた羽山ミズキを元に顔の輪郭を描き起こしてから描いたから
なんかもぅそのミズキの絵と感じがソックリなんだけど(爆死)。
※2月10日は「遠山 翠」の日なので……以前描いたアイコンを再UP(シンシアさん付)。

 Forbiddenfruit Homepage:TMさんトコが聖誕祭モードになっておりますデス。


『天使の日曜日 -“ef - a fairy tale of the two.”Pleasurable Box.』
 minoriが『ef』のファンディスクを発表されました♪
 これでまた愛しのミズキと会える!! ……というかminoriのページでミズキが手をとってる女の子って誰?
 どういった内容のエピソードが描かれるのか、ギャグはコメディはイチャイチャは!? それとまたOPに新海さんアニメーションと天門さん音楽が流れるのか、 早くそういった情報を知りたいです。10日発売の『コンプティーク』が初報っぽいけど買えるのは11日かなぁ(広島入荷遅い)。


※『星メモEH』は夢さんシナリオを読了。
 以前書いた本編への感想でテーマと捉えた「親から子に引き継がれる物語」 という観点が間違い出なかった事を改めて感じるとともに、 主人公の世代から更に次の世代に引き継がれていく様子などを目にすることとなり、ファンとしては心満たされたお話でした。
 その後に開放される他のヒロインのアフターストーリもいくつか見てますが、ちょっと短いお話なんだけど、 巫女双子丼が夢オチなのは仕方ないにしても搾り取られるだけだったのがちょっと不満だという些細な点はあるものの、 それぞれのヒロインに残されていたちょっとした事が円満解決していくから特に問題ないかな。
 むしろ……このまま順調に読み終えていって『星メモ』世界を完結させてしまう事に対して、心のどこかで惜しむ気持ちが強まってきてます(汗)。 でもその重い扉を押し広げなければ……。


| | トラックバック (0)

« 2010年2月8日 | トップページ | 2010年2月13日 »