« 『穢翼のユースティア』 登場人物名の素材? その3 | トップページ | 『涼宮ハルヒの消失』見てきました »

2010年4月29日 (木)

『穢翼のユースティア』 登場人物名の素材? 「小惑星」由来説

 (今日のユースティア  関連AUGUST)
 (『穢翼のユースティア』 登場人物名の素材? その2 その3)

※いや登場人物名の由来を調べているその当初から、 準惑星で有名な「エリス」だけでなく「イレーネ」など神話の神々の名を冠した星の名前が複数挙がっていた事から、 神話と並んで「小惑星」の名前も由来しているんじゃないかなと思ってたんですよ。
 という事でちょっとまとめてみました。


【ユスティティア (269 Justitia) 小惑星】
 小惑星帯に位置する小惑星の一つ
 ヨハン・パリサが発見。

【アストラエア (5 Astraea)  小惑星】
 火星と木星の間の小惑星帯にある、大型の小惑星
 カール・ルートヴィヒ・ヘンケが発見。

【エリス (136199 Eris) 準惑星】
 太陽系外縁天体のサブグループである冥王星型天体の一つ
 マイケル・ブラウン、チャドウィック・トルヒージョ、デイヴィッド・ラビノウィッツが発見。

【エリス (11980 Ellis)  小惑星】
 小惑星帯の小惑星の一つ
 電子工学者のケリー・エリスに因んで命名。

【フローラ (8 Flora)  小惑星】
 火星と木星の間の小惑星帯(フローラ族)にある大型の小惑星。
 ジョン・ハインドが発見。

【イレーネ (14 Irene) 小惑星】
 火星と木星の間の小惑星帯軌道を公転
 ジョン・ハインドが発見。

【ルキナ (146 Lucina) 小惑星】
 小惑星帯に位置する比較的大きくて暗い小惑星の一つ
 ローマ神話の誕生の女神ルキナにちなんで命名
 アルフォンス・ルイ・ニコラ・ボレリーが発見。

【シルヴァニア (519 Sylvania) 小惑星】
 小惑星帯に位置する小惑星
 レイモンド・スミス・ドゥーガンが発見。

【クラウディア (311 Claudia)  小惑星】
 小惑星帯(コロニス族)
 オーギュスト・オノレ・シャルロワが発見。

【エリザベータ (412 Elisabetha)  小惑星】
 小惑星帯に位置する大きな小惑星
 マックス・ヴォルフが発見。

【イリス (7 Iris)  小惑星】
 火星と木星の間の小惑星帯にある大型の小惑星。
 ジョン・ハインドが発見。

【ジークリンデ (552 Sigelinde)  小惑星】
 小惑星帯の小惑星
 マックス・ヴォルフが発見。

【ミレーユ (594 Mireille)  小惑星】
 小惑星帯に位置する小惑星
 マックス・ヴォルフが発見。

(以上Wikipedia「Category:メインベルトの小惑星」より、更に各項目から)
(関連 Wikipedia「小惑星帯」)

※一部、発音違いな程度で由来そのものが同じ物や、逆に関連性が微妙な物も含まれてますが、 『穢翼のユースティア』の登場人物の大半(14人中11人)が火星と木星の間にある「小惑星帯」の小惑星の名前に絡んでいることが判明しました。 (準惑星の「エリス」のみ「太陽系外縁天体(海王星軌道の外側)」です)

 もっとも、神話に由来する名前を小惑星に名付けるケースが割とよくあることみたいなので、 これら小惑星と『穢翼のユースティア』の登場人物との関連性よりも、 やはり小惑星名の元となった神話との関連性の方がまだ関連付けられるか思われます。

 ……でも若干ながら小惑星発見者に偏りがありそうな気がしないでもないですな(ってどっちだよ)。 オーガストの榊原 拓さんというとSF関係でのネタが濃い事でも知られてますから(ゲーマガでのミニコラムとか)、 もしかすると星々からのイメージを取り込んだのかもしれませんです。

「エリス」というと『Canvas2』の鳳仙エリスのイメージと例の「冥王星 準惑星論争」というイメージが強いです(苦笑)。

(2010年4月29日 2:27)



|

« 『穢翼のユースティア』 登場人物名の素材? その3 | トップページ | 『涼宮ハルヒの消失』見てきました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/48210179

この記事へのトラックバック一覧です: 『穢翼のユースティア』 登場人物名の素材? 「小惑星」由来説:

« 『穢翼のユースティア』 登場人物名の素材? その3 | トップページ | 『涼宮ハルヒの消失』見てきました »