« 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月27日 »

2010年6月 2日 (水)

『処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー』聖應女学院「体験版」入学ご報告という事で人物関係を補ってみるのです。

 (関連 キャラメルBOX)
 (ファンサイト  「処女はお姉さまに恋してる」まとめサイト恵女OG)


(関連)
●「瑞穂お姉さま後の『おとボク』人物関係をまとめてみるのです。

●「主だった御学友が揃ったみたいなので『処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー』人物関係を改めてまとめてみるのです。

●「新しい情報が入りましたので『処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー』の人物関係を改めてまとめてみるのです。」(一つ前の情報)


『処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~』2010年6月30日発売予定!


【キャラクター名テンプレ】


妃宮千早 (きさきのみや ちはや)
七々原薫子 (ななはら かおるこ) 「騎士の君」
渡會 史 (わたらい ふみ)
ケイリ・グランセリウス 「星の王女」
冷泉淡雪 (れいぜい あわゆき)
神近香織理 (かみちか かおり)
哘 雅楽乃 (さそう うたの) 「御前」
皆瀬初音 (みなせ はつね)
真行寺茉清 (しんぎょうじ まきよ) 「王子さま」
烏橘沙世子 (うきつ さよこ)
栢木優雨 (かしわぎ ゆう)
宮藤陽向 (くどう ひなた)
蒔田 聖 (まきた きよら)
石動 塞 (いしるぎ さえ)
千倉こより
桂花 (けいか)
藤沢姿子(ふじさわ しなこ)
春美
衛里

※「かをり」または「かおり」表記が誌面によって掲載。
体験版では「かおり」表記


※5月末に公開されました体験版をプレイしましたのですよ~。

 その体験版では千早ちゃんが早々に色々と大変の事に出くわしてましたですね。体験版最後のあの引きは……いやこの続き激しく気になってしまいます。 何よりもあの方がその事実を知ったらどう影響してしまうのか、ちょっと予想がつかないですし。

 また、この体験版では幾つかこれまでには無い情報もありましたので、その補足を今回行いたいと思います。
 いくらか体験版ネタバレ含みますので閲覧注意を~(これまでの雑誌などからの情報については一つ前の情報でご確認を)。










【『2人のエルダー』 (学年・クラス別)】

【3年A組】
 皆瀬初音

【3年C組】
 妃宮千早
 七々原薫子
 真行寺茉清
 蒔田 聖  「受付嬢」
 千倉こより 「バレーボール部」部長

【3年D組】
 神近香織理

【3年生】
 烏橘沙世子 生徒会副会長 (体験版未登場)

【2年B組】
 渡會 史
 衛里

【2年生】
 哘 雅楽乃 「華道部」部長
 冷泉淡雪 「華道部」部員
 ケイリ・グランセリウス
 藤沢姿子 「園芸部」部長

【1年生】
 宮藤陽向

【不明】
 桂花 「フェンシング部」部長
 春美
 石動 塞 「科学部」部長 (体験版未登場)






【『2人のエルダー』 登場ヒロイン (体験版 情報捕捉)】


◆妃宮千早(きさきのみや ちはや) 3年C組

●母親は姫宮妙子によりムリヤリ聖應女学院に編入させられる。

●子供の頃に死に別れてしまった双子の姉(千歳)が居た。

●(推測) 一見、冒頭のノリのようにギャグのようにも見えるが、 千早に双子の姉が居た過去があることから、 千早を美人と評したり、男である事を気にかけずに編入を決める、 目眩がするほどの少女趣味な内装、お化粧技術の指導など、 様々な奇怪な行動は「天然」という見方よりも (女の子が居てほしかったとか)過去に起因する「心の病」を患っているからと思われる。

●父親も異様なまでに対面を気にする為、母親の強迫観念的な病を認めていない。

●(推測) 御門まりや(従姉)の周りにいる「美少年(鏑木(宮小路)瑞穂)」の存在は千早も知っている。 但し、この異例の編入の前例を千早が知らない事から瑞穂も在校していた事は知らない模様。

●千早が「男」であると知っているのは「渡會 史」「梶浦 緋紗子」「学院長・美倉サヱ」の3人だけ。

●(推測) 「orz」は伝統……なのか?(苦笑)

●「完全な女性」に見える。または「完璧すぎる」と。

●僅か20分で栢木優雨の為に南瓜のミートソースグラタンのような食事を用意できるぐらいの料理スキルを持つ。 母親や史にも料理を振舞った事がある。

●入寮式にて渡會 史が千早の「妹」となる。

●入寮式の後日に神近香織理に「男」である事がばれてしまうが、事情に納得して協力者となることに。

●千早の席は窓際。斜め後ろに「薫子」隣に「千倉こより」が席を持つ。

●早々に2年生の間でファンクラブが出来るほどで、体育のバレー試合での活躍の話題もその日の昼には学院内に広まるぐらい注目度が高い(1年生への伝播は偶然同じ体育館での授業があった為にそこから広まっている)。

●宮藤陽向によると1年の間では「銀の髪のお姉さま」と呼ばれているらしい。

●偶然から薫子に「男」である事がバレてしまう……のか!?(ちょうどここで体験版終了)



◆七々原薫子 3年C組

●美人に逢うと見惚れてしまう癖がある。

●朝がものすごく弱い。前年では「お姉さま(周防院 奏)」に起こされていた。

●時々「フェンシング部」に顔を出す(部には入っていない)。

●入寮式にて渡會 史が薫子の「妹」となる。

●身体測定で身長が170センチを越えて171になった事が確定。

●(推測) 実家は人にお金を貸すような家業もしているらしい。



◆渡會 史(わたらい ふみ) 2年B組

●元々聖應女学院の生徒だったが、千早の編入に合わせて一緒に「櫻館」へ入寮

●「渡會まさ路」は史の曾祖母にあたり、「渡會家」現当主。

●千早に尽くす為なら実力行使(実力で相手をねじ伏せる)も辞さない。

●1年からのクラスメイトに「衛里」がいる。彼女が千早の姿を撮影して広めたのがきっかけで 千早のファンクラブが出来上がってしまうこととなる。

●入寮式で千早と薫子の2人の「妹」になる。

●保健委員を務めている。

●ビスケットサンドアイスが好物らしく冷蔵庫に多くストックしているらしい(千早に5個買ってきてもらっている)。



◆神近香織理(かみちか かおり) 3年D組

●雑誌によっては「かをり」と表記されてましたが体験版では「かおり」となってます。

●2008年9月3日からの中途入寮だった為、薫子とその「お姉さま」の事をよく存じている。

●「江戸川乱歩」通かは不明だが、意外に高い推理考察力を持っており、 幾つかの情報を元に千早の正体を予想、その確証の為に行動をとることもある (女性関係を目撃された件を口封じするための行動であった)。 「千早の正体」を確証し事情を聞いた後にお互いに「協力者」になる事となった。

●薫子や初音とは良い関係だが、学園内では女性関係の噂(事実でもある)から一匹狼のような存在。

●「梔子(クチナシ)」のような匂いを発する「挙体芳香」体質の持ち主。

●夜の寝間着は裸ワイシャツ状態らしい。

●「調香」が唯一の趣味(母親の趣味を見よう見まねして)。

●「妹」の陽向から「奇蹟のボディ」と呼ばれてしまう。



◆冷泉淡雪(れいぜい あわゆき) 2年 華道部

●勧誘期間での初対面時では(勧誘目的が含まれるが)好印象な雰囲気を見せている。




◆哘 雅楽乃(さそう うたの) 2年 華道部部長

●土を育む事が好きなのだけれども家柄として実家では許されていない為に、 「草花を華道部に提供してもらっているお礼」として園芸部にも顔を出している。

●(推測)本人的には偽装「華道部員」のつもりでいたかったらしい?

●見た目よりも少し強い気性の持ち主かもしれない(千早の観測)



◆皆瀬初音(みなせ はつね)
 3年A組 生徒会長 「櫻館」寮監督生(寮監)

●薫子とは一度も同じクラスメイトにはなっていない。

●クラスは離れているが、選択授業だけは千早と一緒に受ける事もある。

●(推測)体験版の範囲で見る限り、「妹」の栢木優雨と2人で居るような場面は皆無。 生徒会などで多忙だったり寮では皆と一緒の事が多いからか、どちらかというと千早や薫子と一緒にいることが多い印象。



◆宮藤陽向(くどう ひなた) 1年

●入寮式で香織理の「妹」になる。

●(推測) 詩的な表現を良く挙げてくる事から文学面に憧れがあることが推測されます。 体験版では触れられていないけど「文芸部」にも属しているみたいですし。



◆真行寺茉清(しんぎょうじ まきよ) 3年C組

●(学院では許可していないが)マンションで独り暮らしをしている。

●(推測)『PUSH!』7月号記事に掲載のイベントCGでは「聖」との関係のものがある。 身体測定後の聖への茉清のフォローがきっかけ、 というよりも3年進学でクラスメイトになってから茉清の方が気にかけている、らしい?



◆蒔田 聖(まきた きよら)
 3年C組 千早のクラスの「受付嬢」

●身長149センチでこの1年間でも延びていない模様。

●銀行員である母親が単身赴任していたことから(今は戻ってきているらしい)、父親と弟たちの為に家事全般をこなしている。 その母親よりも家事全般が得意の模様。



◆衛里 2年B組 CV 桃井いちごさん
●史の1年から一緒のクラスメイト。

●彼女が千早の姿を撮影して広めたのがきっかけで 千早のファンクラブが2年B組内に出来上がってしまうこととなる。

●立ち絵あり



◆桂花(けいか)
 3年 フェンシング部部長




◆千倉こより 3年C組

●千早のクラスメイトで千早の隣の席。

●小一時間かけて通学している。

●「バレーボール部」キャプテン(部長)

●立ち絵あり



◆藤沢姿子(ふじさわ しなこ)
 2年 園芸部部長

●(推測)「哘 雅楽乃」と互いに「さん」付で呼ぶ間柄なので同じ2年生と思われる。

●立ち絵あり。



◆春美

●「騎士の君」に挨拶の声を掛けてきた少女。ただ、その目は笑っていなかったようだと(千早の感想)。

●(推測) 七々原家から借金をしている人物の娘?



◆梶浦 緋紗子  学院長名代(臨時) 3年C組担任

●入院した学院長・美倉サヱの指名で学院長代理に。

●千早や薫子のいる3年C組の担任



※体験版ではこれまで雑誌で挙がっていた情報を補うものもあれば、全くの初見のものもあります。 また、前作のようにサブキャラにも立ち絵があり、2年生1名ほど名無し状態の生徒のものもあったりします。 今回は恐らくそれぞれ固定した名前がついていると思われますが。

 以上、体験版の範囲で判った事のメモをまとめました。発売まで1ヶ月を切りましたが、 前作のように初回版が気付いたら予約締め切りとならないよう、お早めにご予約して確実に確保してくださいませ。

 あ~それとこれ以外の6月発売のソフトの事もお忘れなく~。
(『おとボク2』は取引の無い流通での扱いの為にウチの勤務先エロゲコーナーでの入荷が無いのですよ。大人の事情orz)

(2010年6月2日 13:40)



| | トラックバック (0)

« 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月27日 »