« 2011年2月28日 | トップページ | 2011年3月6日 »

2011年3月 2日 (水)

ゲーマガ×オーガスト 立体化企画第3弾は「ユースティア」(その他『ゲーマガ4月号』)


付録冊子《AUGUST GRAPHICS》

◇『穢翼のユースティア』を読み解く10のキーワード
「大崩落」「羽つき」「牢獄」「牢獄の日常」
「組織 不触金鎖」「羽狩り」「政治形態」
「聖女イレーヌ教会」「大聖堂と聖域」「聖女」

◇ヒロインと主要キャラの紹介

※メインヒロインに2P、サブキャラに1P。計24P
 立ち絵パターンや衣装、イベントCGなど
 下着姿や包帯の巻かれた裸の背中程度でアダルトCGは(誌面的に)無し
 ボロ布をマントにして廃墟に佇むティアのCGは今回初公開?

◇ビジュアルギャラリー
※4Pに大小10点

◇イベントCG 4点
「炒め物料理してるエリス、不安そうなティア」
「詰所?でカイムと打ち合わせするフィオネ」
「イレーヌとのチェス」
「カイムに寄り添い焚き火にあたるティア。屋外?」
※キャラ紹介のティアのCGと関連してるっぽいけど、廃墟の中を一緒に逃走中とか?

◇ゲーマガ×オーガスト 立体化企画第3弾「ユースティア」
“いつものティアとは少し違った服装で……?”

※第1弾と第2弾を少し紹介。第3弾は企画始動の発表のみ
 今回もべっかんこうさんが作成中のデザイン画を元に制作される模様。
※発売までもう1ヶ月を切ったというよりも今月の25日によいよ発売となる『穢翼のユースティア』ですが、 直前という事もあって先月発売の『PUSH!』でフィオネさんが 南向さんの裏表紙でギャグネタの餌食 表紙絵を飾り、 そして今月頭発売の『電撃姫』や『電撃G'sマガジン』でも表紙絵が『穢翼のユースティア』ヒロインとなってました。 ……予算的にウチはまだ買ってないですが(姫は後で買うかも?)。


※とりあえずウチは上記の付録冊子が付いた『ゲーマガ』を買ってきてます。

 なお、一般ゲーム雑誌ですので、 先月の『PUSH!』等エロゲ誌や『穢翼のユースティア』最新版チラシに掲載されているアダルトなCGは当然「掲載不可」 です。今更言うまでもないですが。

 強いて言うなら、現時点での『穢翼のユースティア』情報では最新の一つであり、 即売会とかで大っぴらに資料としてページを拡げるのに困らない内容で、 かつ、キャラ衣装やいくつかの表情パターン、今までに公開されている日常でのイベントCGがまとまって収録されているもの、 かなと。つまり、イラスト資料で持つのにはちょうどいいなって事です。


※キャラ紹介や今見ることの出来る世界観の説明だけでは、やはりこの作品の終幕の着地点は全く予想できないです。 そもそも今までの賑やかで楽しい学園物を軸に SFや吸血鬼ものを絡めてきたオーガスト作品やファンタジー×SFだった『プリンセスホリデー』とも全く異なっているんです。
 デストピア的な重い世界観を持ち、 メインヒロインのそれぞれにも何らかの影が差しているという。 日常シーンでは笑顔を見せるようなシーンやディフォルメなカットインもあるみたいですけど、 以前の作品では見られた脳ホエさんSDカットが今作のキャラ紹介などで皆無なように、 全体的には終わりかけている世界観を背景として暗い印象となってます。

 今までのオーガスト作品にない雰囲気の『穢翼のユースティア』が一体どういったお話を描き、 そして本当にこの沈痛なままバットエンドに終わってしまうのか、それともハッピーエンドを迎えられるのか、 キャラクターそれぞれとの日常の様子だけでなくそういった作品の帰結にも関心が持たれているんじゃないかなぁと思ってます。

 いや普通にバットエンドもありそうだし(ぇ)。もしかすると今ある浮き島な世界を超えたような展開とかあるのかもしれないのかなぁ。 ……って妄想してみても、過去の事例からしてウチのそういった予想は正解率ゼロですので(だから今回はそういった予想は考えないようにしてるんです)。


“いつものティアとは少し違った服装で……?”
※立体化企画にて触れられている一文。具体的な発表は『穢翼のユースティア』発売後暫くしてだから、 あのオーガスト作品至上最も生活費とかに困っていそうで、しかも周りに人気の集っているお姉さんやお姫様などいて、 人気投票でもちょっと大変かもしれないヒロインに、何か重要な要素が仕込まれているのかもしれないですね。
 ……タイトルにも名前を冠しているし、羽化病とか抱えているんだから、寧ろ今作最大の鍵を握っている筈(多分)。

※そういえば『穢翼のユースティア』の発売から間を置いて新18歳以上が登場となる4月になりますな
 気になるんだけどどの情報を見ればいいのか判らない方には、一般誌で手に取り易いこの雑誌の付録で、 どんな感じの作品かを見ていただければって思います。発売前ですからまだ誰もスタート切ってませんので、 まだ十分間に合います。4月頭の新18歳解禁ですから購入時期で出遅れますけど、 それでも一週間程度なら十分追いつけますからね。
『フォーチュンアテリアル』でも初回版が一気に品切れるって事はなかったから、 今回も急な品切れはさすがにないかな?(ウチでも比較的多めに入荷する予定ですから)

 というか、ウチはグラフィックボードの更新をしないと体験版どころか本編買ってもプレイできないの。凄く出遅れそうorz

※それ以外の『ゲーマガ』4月号記事では

◇PSP『シュタインズゲート』(2P)
◇XB360『シュタインズゲート 比翼恋理のだ~りん』(2P)
◇PSP『ましろ色シンフォニー』(2P)
◇PSP『あまつみそらに』(1P)
◇PSP『プリンセスフロンティア』(1P)
◇PSP『乙女はお姉さまに恋してる 二人のエルダー』(1P)

◇TYPE-MOONコーナー『空想結界』(2P)

 キャラ紹介で『Fate/ZERO』編開始。「ZEROランサー」

◇アクアプラス新作情報(13P)
 PS3『ToHeart2 DX PLUS』に3P、 『ダンジョントラベラーズ』に4P、『AQUAPAZZA』に2P、 全体的にインタビュー併記、特に『うたわれるもの2』『ジャスミン』はそれぞれ2P全体がインタビュー記事
などが掲載。

 特にアクアプラスの記事は巻頭の『アイマス2』記事の次にページ数が多いし、インタビューのテキスト量も多めです。
“『誰彼』リメイクするぜ! by涼元”
(作品発表後に中東・中国で世界的注目ネーミングになってる)『ジャスミン』のインタビューの細かい文字見ていると 『誰彼』って言葉が所々にある!? 下川さんや涼元さんのコメント見てると 『ジャスミン』のラインの中にその作品のようなもの(ダークサイドではなく暖かいもの)が含まれているって感じでですが。

 初報で発表された「夏の日差しに立つ黒髪お下げの子」イラストがカワタヒサシさん絵だったりしてて気にはなってたけど、 『誰彼』と訊いて俄然関心度が上がってます。どの機種(PC?)で出すかがまだ未定なんでそのあたりを含めて続報待ちですね。

(2011年3月2日 15:19)



| | トラックバック (0)

« 2011年2月28日 | トップページ | 2011年3月6日 »