« 夏コミレポ、4日目までやっとUPしました。 | トップページ | 『穢翼のユースティア』ビジュアルファンブックは作品世界に踏み込む足がかりになる!? »

2011年9月 7日 (水)

夏コミ本のプロトタイプメモとか『ロウきゅーぶ!』が意外と面白かったとか。

【サークル「犀の目工房」】にて、 夏コミ新刊『フォーチュンキャンバス2』執筆に辺り、 そのプロットなどを構築する際に携帯電話のメールに書き溜めていたプロトタイプ資料を公開しました。
 内容的には今回の夏コミ本を手に取っていただいた方向けとなります。

 ネタバレもしてますけど、未使用設定とか実際の新刊内容とは異なる部分などもあります。 なお、後日談関連の記載については更に後日の公開となりますので。


※アニメ『ロウきゅーぶ!』をスタッフから借りてこの前の週末に8話まで一気に見てました。
 正直、高校生が小学生を侍らすような所謂ハーレムなアニメだとばかり想像してましたが、 その小学生女子グループ内での横の繋がりが面白いのに加え、 小学生男子や主人公の幼なじみ(高校生)が絡んで、絶妙なテトラアングル人間関係を形成してる辺り、 ただの色気メインのアニメってわけでもないかなって印象(肌色カットは確かに多いが)。更に言えばバスケの試合のスピード感も個人的にはよかったです。

 で、ウィキペディアで更に入り乱れた(他意なし)人間関係の密度が予想以上であった事から、 8話以降の話の展開が気になったんで、単行本を4巻から7巻まで購入。さっき5巻まで読んでます。
 スポコン物の小説ってどんな感じだろうなとは思ったけど、なかなかどうして、 バスケの試合の場面もアニメ同様になかなかの疾走感がありました(そういった表現は文章としても参考になるかな)。

 ……とりあえずこの主人公・昴、ちょっと署まで来てもらおうか(w)

 色々な意味で唐変木だわ。バスケ少年なんでその熱意をバスケっ娘たちの指導に注ごうと真っ直ぐなのは良いとして、 微妙に意識しつつ微妙に意識していない、更にはありえんハプニングとか……。
 最終的に幼なじみの葵が逆転するのか否かは……描かれるかは微妙かなぁ(苦笑)。

 それから小説原作だけど、夏休みの話だけで3冊も費やしてる事にも驚きました(まだ2冊目までしか読んでないけど)。 4巻では他校との合同合宿、5巻は海の別荘での合宿という数日間の出来事が取り上げられてる事から、 1日についての描かれる量も多いですし(『迷い猫(10)』中盤までにおける出来事への描写の少なさとは対照的)。
※(9/8追記)3冊じゃなくって4~7巻の4冊だったよ(汗)。短編集の6巻を飛ばして7巻読み始めたらまだ夏休みの話でした。 というか買ってきた文庫全部が夏休みエピソードだったのかぁ。

 ちなみにアニメでの印象では気弱さが保護欲そそる香椎愛莉がイチオシです。 4巻の状況から察すると小説3巻で何らかの精神的な成長が見られるようなので、後日買い足す。 にしても背丈、ウチが見上げそうだなぁ(禁句)。


※後日談小説は未着工ですが、当初の内容に肉付けしてる所だったりします……というより第1話なんかは内容的には駄弁ってるだけやし。

(2011年9月7日 23:56)



|

« 夏コミレポ、4日目までやっとUPしました。 | トップページ | 『穢翼のユースティア』ビジュアルファンブックは作品世界に踏み込む足がかりになる!? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/52689085

この記事へのトラックバック一覧です: 夏コミ本のプロトタイプメモとか『ロウきゅーぶ!』が意外と面白かったとか。:

« 夏コミレポ、4日目までやっとUPしました。 | トップページ | 『穢翼のユースティア』ビジュアルファンブックは作品世界に踏み込む足がかりになる!? »