« 2011年10月26日 | トップページ | 2011年12月12日 »

2011年11月17日 (木)

今年も《2011年10大エロゲニュース》始めます!!
 と、今のところで思い浮かんだウチの《2011年私的重大エロゲニュース》

※その年の《十大エロゲニュース》を決めてみる企画、今年は前回の司さんが諸事情でサイトをやめられましたので、 今年は再びウチがとり行う事となりました。

2011年の10大エロゲニュース

 企画ページも立ち上げましたが、企画に合わせて、自分なりに今年の出来事の中で重要に思う事を挙げてみたいと思います。


◆東日本大震災による様々な影響がこの業界にも
※製造ラインが仙台にあったり、流通が滞るなどの影響で3月末のタイトルが軒並み延期。
 被災店舗もあり、またチュアブルソフトさんのように水戸で被災し次回作『Astraythem』も (偶然にも被災地とモデル地が重なっただけでなく震災を挟んでの過去と未来を描く物語であった事から) 一時的に開発凍結発表(後日に再開を告知)するといった出来事や、 所属するスタッフの方が被災した為、ORBITがALMA『キミとボクとエデンの林檎』をもって 成年向け美少女ゲームブランド無期限開発休止を発表する出来事がありました。 また原画担当の方が被災された為に延期となったタイトルも。

 震災後は被災地の店舗をメーカーが応援する動きも多数見られてました。
 個人的にも早い復興と活性化を祈っている次第です。

◆広島市内のエロゲショップで棚展開が縮小する傾向に
※中心街にある全国系の取り扱い店舗などで他のアイテムの拡大によりエロゲコーナー敷地が縮小し、 ディスプレイ展開も同様に縮小する動きがありました。メロンさんはそれでもニトロプラスコーナーとかユニークな展開をされてましたが。
 不景気や消費指向の変化、ソフトの質への信頼性などによりエロゲ購買層の鈍化が更に一歩進んだような感もあります。 しかしながら、ここで工夫を凝らして踏ん張れば来年はもう少し上向きに変わってくれるんじゃないかなぁと。という事でお互いがんばりましょう。

◆虚淵玄さんの活躍
※蒼樹うめさんの可愛らしい絵柄に虚淵玄さんという要素を加えれば『血溜りスケッチ』となる、 そんな期待感は予想の斜め上をいく壮絶な魔法少女たちの戦いの物語を目の当たりにした……。 それがアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』でした。 (広島地上波やBSデジタルでは放映はありませんでしたが、ニコニコチャンネルで視聴できました)

 そんなある朝に朝日新聞見てたら企画連載インタビューに登場!? 朝飯吹きそうでしたよ(苦笑)。勿論切り抜き保存。

 今年の虚淵さんそれに留まりません。『Fate/Zero』のアニメ放映も始まりました。一応原作は同人版を読了してますが、 サーヴァントやマスターたちの個性溢れる壮絶な戦い、あと同人版第2巻後半での最終戦(笑)が同描かれるのか、楽しみですね~。

◆エロゲのTVアニメ化も手伝って関連作が好調
※今年も色々とありましたが、『星空へ架かる橋』『ましろ色シンフォニー』『シュタインズゲート』『真剣で私に恋しなさい!』が、 アニメ化と連動して原作PCソフトやコンシューマ移植ソフト(PSP『ましフォニ』『シュタゲ』)の販売、ファンディスク予約と好調でした。

 その他だと、(ニトロプラス所属の)虚淵玄さんが『まどかマギカ』『Fate/Zero』に関わったり、 ニトロプラスがそれら2作や『ギルティクラウン』に関わり、『シュタゲ』イベントで秋葉原ラジオ館にリアル衛星激突させるなど、 ニトロプラスのアニメ方面での活躍も目立ったかと思います。
 それからアニメ『アイドルマスター』では脚本であの高橋龍也さんが参加されてます(その担当エピソードはどれも面白かった)。

◆『まほよ』がまだ発売されてない
※年末までに出るかな出るかな~って期待してましたがorz 今度の12月15日に刊行の『TYPE-MOONエース vol.7』 にやっと体験版が出るそうだし、現時点の告知だと2011年(度)内って感じですかね。

 ……『さくらさくら』のFDはあれからどうなったんだろ?

◆メーカーやブランドの誕生10周年が相次ぐ
※エンドーさんが 今年10周年を迎えるエロゲブランドまとめされてましたな。
 オーガストだけでなくアトリエかぐや、PULLTOP、BaseSon、すたじお緑茶、ANIM、CLOCKUP、KLEIN、Q-Xが今年に10周年を迎えました。

◆雑誌『電撃姫』が誌面サイズなどリニューアル
※これまでの大判サイズから電撃G'Sのサイズに変更。店頭で初めて知ってちょっと驚いたし、 抱き枕が特典という事で価格にもちょっと驚いちゃったよ。
 オリジナル作コミックを以前にも付録としてましたが、今回のリニューアルあるではエロゲ原作漫画を収録してますね。

 この他のエロゲ雑誌については(全部は買ってないから全てを把握してるわけではないけど)、 『PUSH』がカラーページの何割かで紙質を変えていたりというのもありました(4月ごろからだと思うので震災での紙不足から?)。

◆南向春風さんが描く雑誌『PUSH』の「裏表紙」が1冊のムック本に
※表紙を飾ったエロゲ作品のビジュアルを、 構図はほぼそのままに様々なドス黒いネタとか詰込んでかなりブラックに仕上げたという南向さん担当の「裏表紙」。
 それがまさかの展開です(笑)。2009年12月号までの分の裏表紙だけでなく其々についての色々なネタや裏話なんかも収まってますけど、 誌面記事のアンケート人気が結構上位(4位が最高位)だったのかぁとその意外さに驚いてます…好きなのウチだけかと思ってたよ(苦笑)。
 さてこの次に収録本が出るのはもう暫く先だなぁ。


※と、今の所で思い浮かんだエロゲ関連での出来事をあげて見ました。また12月になれば更に思い出して追加を挙げると思います。

(2011年11月17日0:25)



| | トラックバック (0)

« 2011年10月26日 | トップページ | 2011年12月12日 »