« ウチでも選んでみた、2011年のよかったエロゲムービー | トップページ | 夜の広島県内1月スタートアニメ(+BSデジタル放送分) »

2012年1月 3日 (火)

一地方の小規模エロゲショップでの2011年ランキングのサンプル


※詳しくは禁則事項(マテ)。

※毎年のように相変わらず未だに流通している全てのタイトルを扱えてないですし、 初回入荷数の確保とか、リピート発注が諸事情で思うように出来なかった為に頭打ちとかが関連してしまうので、 超大手ショップの販売数ランキングとはかなり違うランキングとなっているかと思います。

※とりあえずさくっと集計していきます(なお、販売本数は禁則事項)。
1位 大帝国
2位 Rewrite (初回版) (全年齢)
3位 穢翼のユースティア (初回版)
4位 ランスクエスト (通常・新装版)
5位 神採りアルケミーマイスター
6位 つよきす3学期 (初回版・通常版)
7位 戦極姫3 (豪華限定版・通常版)
8位 恋と選挙とチョコレート (初回版・通常版)
8位 極道の花嫁br> 10位 グリザイアの果実
10位 恋騎士 【A】
10位 星空へ架かる橋
13位 あっぱれ天下御免 【A】
13位 処女と魔王とタクティクス
13位 黙って私のムコになれ (初回版・限定版)
16位 恋ではなく 【A】
16位 真剣で私に恋しなさい! (初回版・通常版)
16位 Fate/hollow ataraxia
19位 Fate/stay night
19位 最終痴漢電車3
19位 神曲奏世界ポリフォニカプラス (全年齢)

【A】:アクティベーション導入タイトル

※上位はいずれも人気メーカーの新作でありネームバリューの期待度の高いタイトルでしたので、 予約も早くから集りました。それを受けて安心して多めに確保したんですけど、その勢いはそれをも上回るもので、 確か発売日当日には店頭分がなくなってます。

『ユースティア』はオーガスト最新作という事で勢いはありましたが、若干、 その作品の方向性がガチでシリアスなダークファンタジー的だった事がスタートダッシュを遅らせたかも。 それでも最終的にはこの順位ですから、さすがオーガストです。 次回作は学園ものなので新規ユーザーをも取り込めるように販促展開を試みたいですね。

『つよきす3学期』は発売後からの反響が大きかったかも。前作からみてそこまで期待してなかったので、 予想外に感じました。内容的な支持を得られたと言う事なので今後にもそれが持続して欲しいです。
『恋騎士』はビジュアルが良い感じでしたから発売前より期待しておりましたが、 同じく内容的に評価されたのでしょう、少しずつ売り上げ数を上げていきました。
 内容的に評判が良ければ、少しずつでも販売数も積み上がっていく。 そういったタイトルは結果を残せるって事です……が、 それにショップも如何に対応するかが今季からの課題だと再認識している所です(汗)。 (リピートがもう少し上手くいけば上位に上がったタイトルがもっとあったかもと反省)

『戦極姫3』については予約件数から結構良い感じに売れるかなって思ってたら確か発売即日完売してしまいました。
『処女と魔王とタクティクス』もですけど、内容紹介のような要素のあるデモ映像で予約が予想以上に集るケースが、 今年は何度かあったように思いますね。

 アニメ関連は……『ましろ色シンフォニー』『シュタゲ』は扱いがなくって(『ましフォニ』だけ初回入荷分だけ過去に扱いましたが)。 でもPSP版は本当によく売れてましたよ~。
『星空へ架かる橋』はアニメが始まった頃と合わせて一気に売れて言ったように思います。
『真剣で私に恋しなさい!』ももう少しリピート仕入れ出来てればもっと順位を挙げられたかも。 アニメの方は終わっちゃいましたが1月に出るファンディスクも結構予約入ってますから、もう少しいけそうな感じかな。
 2012年だと『恋と選挙とチョコレート』アニメ化が控えてる所ですので、その辺りは注視したいです。

『Fate』関連は以前よりは勢いは衰えていましたが『Fate/Zero』の後のお話という事もあってそこそこ動きがありました。
 まだアニメの『Fate/Zero』は後半戦が4月に控えてるし、同時期に『魔法使いの夜』も出ますので、 2012年はもう少し盛り上がってくるかな。
 というかPS2版『Fate/stay night』を移植した全年齢版PCソフトも店頭で扱えれば、 お店的にも『まほよ』前から盛り上がれるんですけど~(PSPにも移植して欲しいです)。

『あっぱれ天下御免』は12月という短期間でこの順位です。 『恋姫無双』というロングヒット作をどう乗り越えるかがブランドの鍵となってる感じですので、 今作がどう見られているかは、今後の販売状況次第でしょう。そういう意味ではこれからも注目です。

『グリザイアの果実』はデモ映像での注目度に加えてアニメ『化物語』の渡辺明夫さんが原画に参加されていたという事が、 予約や販売数を後押ししたかと思いますね。その影響からか女性の方からの問い合わせもあったのが印象的でした。

『神曲奏世界ポリフォニカプラス』は直前になって一気に予約が増えて慌てて追加したという(汗)。 『Rewrite』とこのタイトル、2011年は全年齢タイトルで大きいものが来てたかなっていう印象でした。
 2012年も『ポリフォニカ』シリーズのocelot最新作『葬送鬼レギナルト』(15歳以上対象ですが)、 『魔法使いの夜』『Rewrite Hervest festa』、 もしかすると『すぴぱら』『いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!』も?  って候補的なのも挙げると全年齢向け関連が多い! という事でより一層注目しないといけませんね。 (まとまって出てくれるとなれば全年齢向けコーナーも恒久的に安心して設けられますし)


※2011年はヒット作がいくつか出たものの、全体を通してみると売れる売れないの二極化が更に進んだように感じます。 ただ、これもアピール(販促展開)の仕方次第かなという感触も実際に得られました
 後半では一部で販促物の供給不足状態となり、手製で紹介を設けないといけなかった事もあり、 それが2012年も継続しそう?なんで、そういったことを含めてより一層に自家製とかで手を加えていくようにしたいです。

※2012年の展望は……1月の『まじ恋S』もですが、 4月が既に『魔法使いの夜』に『創刻のアテリアル』が控えていて早くも一大決戦模様だわ。『DC3』も扱いたい。 まだ更に情報挙がってくるんでしょうね。
 そんな状況だからこそ中堅どころの作品もデモや販促チラシなどでユニークにアピールしていって欲しいです。 面白いって思ったところならショップ的にも応援したくなりますのでね

 といった所で今年も頑張りましょう!!


(関連)
一地方小規模エロゲショップでの2010年ランキングのサンプル
一地方小規模エロゲショップでの2009年ランキングのサンプル
一地方小規模エロゲショップの2008年ランキングのサンプル
一地方小規模エロゲショップの2007年ランキングのサンプル
一地方小規模エロゲショップの2006年ランキングのサンプル
一地方小規模エロゲショップの2005年ランキングのサンプル

(2011年1月3日 0:55)



|

« ウチでも選んでみた、2011年のよかったエロゲムービー | トップページ | 夜の広島県内1月スタートアニメ(+BSデジタル放送分) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/53639565

この記事へのトラックバック一覧です: 一地方の小規模エロゲショップでの2011年ランキングのサンプル:

« ウチでも選んでみた、2011年のよかったエロゲムービー | トップページ | 夜の広島県内1月スタートアニメ(+BSデジタル放送分) »