« 庶民派ファンタジー『はたらく魔王さま!』 魔王と勇者が現代日本で鉢合わせした事で巻き起こる騒動というかいろんなギャップ(笑) | トップページ | 2012年のウチが見たアニメで印象に残ってるOP/EDとか雑記 »

2012年11月28日 (水)

《2012年の10大+エロゲニュース(ウチ個人の)》 ※12月末追記

 (関連 2011年の10大エロゲニュース)

※《2012年の10大エロゲニュース》は、ウチ個人では今回挙げてみますが(年末にも追加予定)、 集計については夏コミへの申し込みなどの準備(サークルカットとか書類)も進めるし、 あと12月の仕事がクリスマス商戦とかマジで多忙な予感で、ちょっと気が回りそうに無いからウチでは実施しません。 手作業での集計作業も結構大変だし。
(去年については夏コミ申込みをしなかった他に、大きな出来事があった事を受けて業界内での印象ある出来事を取りまとめたいという目的がありました)


 その代わりですが、個人的に《2012年の10大+エロゲニュース》を挙げてみたいと思います……11件あるけど来月までにもう少し増える?
(リンク先は一部18禁なエロゲメーカーサイトの入り口も含まれてますので注意)

【参照】
月別 2012年○月のエロゲなニュースを振り返ってみる(エンドーさん)





『魔法使いの夜』がやっと発売されたけどまだ終わりじゃない。
※最初の発売日からえらく長く掛かりましたがやっとこの4月に発売。
 バトルシーンでの演出はこれまでに見た事がない壮絶な魔法合戦……という姉妹喧嘩(笑)でした。 後は…静希草十郎のあの首に巻いた包帯とか気になる事が残されてるので……続き早く!!

■Circusなどカーニバル流通系がこの秋から急にヴューズで取り扱い始まった事
※発注関係の書類を仕事で見てた10月に、ちょうど10月から延期の掛かってた 商業化したぺこ先生百合ゲー『その花びらにくちづけを』 が急にリストアップされてたのを皮切りに、 11月には『祝!TVアニメ化記念 D.C.III DASH ~ダ・カーポIII~』 まで取り扱える事となったという。
 地味に流通関係での変化が感じられる結構重要な出来事かも?

BISHOPさんの販促用ポケットティッシュがお店に大箱いっぱい届いた件
※今までにも販促物でたくさん届く事があったのですが、今年のは桁違いってレベルじゃなかったです。 箱ですよ箱、段ボール箱いっぱいの!

■『NEWデブプラス』『フツウノファンタジー』が諸事情によりタイトルや内容修正して発売となる。
※その昔、『戦国妹無双』というのがあってな(以下略)。
 パロディとかオマージュについては(製作者側やユーザー側がそういったものに親しんでる事もあって) 作中のテキストやビジュアルの要素の一部として大変良く取り入れられてるもののひとつですけど、 曖昧な境界線に近づく余り、オリジナルからして見過ごせない一線を知らず越えてしまう事 (まだ大丈夫だろうと思って越えてしまうとか?)が改めて表面化したという格好ですね……。

■『真剣で私に恋しなさい!S』が大ヒット
みなとそふとの『真剣恋』も大ヒットだったけど そのFDや姉妹ブランドみなとカーニバルのデビュー作も予約がすごくて店頭分が発売日には足りませんでした。 訊けば声優陣の多さなどで製作費もすごかったとか。
 ニコニコチャンネルでアニメの方は見てましたが素手で10式戦車を撃破とか人間離れでした。

Overflowが解散
※去年暮れに『シャイニーデイズ』が延期掛かったと思ったらRSK流通扱いとなった事も個人的にはびっくりだったんですが、 その作品を最後に解散というのも「あのちよれんの一角が」と驚きました。 これまで多くの話題を提供されてただけに……。

■ヨドバシカメラ、ゲームソフトの予約が全額前払い制に
(関連)
ヨドバシカメラ、ゲームソフトの予約が全額前金制に(INSIDE)
ヨドバシ.comお客様サポートトップへの問い合わせレポ(神子秋沙さん)

※「早期予約キャンペーンでの受付時お渡し特典」目当てでの空予約が余りに多かった事からの対抗措置ですね。 予約は仕入れ数を決める上でも大変重要な数値なので空予約が余りに多いとお店的にも (予約分の大量キャンセルが生じると)深刻なんです。

■『水平線まで何マイル?』がアルケミストよりまさかのPSP移植
(関連)
正式表記は、原作:TRUMPLE/アトリエ ハイキー、(C)atelier Hi-keyとなります(コンプティーク&コンプエース編集部@comptiq)

※PC版ブランドの頃にも移植の動きがあったんですけどブランドの消滅と共に……となってましたが、 この秋になってアルケミストからの移植が雑誌に掲載されたんです。 シナリオに新たに田中ロミオさん参加で後日談シナリオ追加、 黒谷忍さん絵の新規ヒロインの追加(など移植でのお約束の追加要素いくつか)。店頭には 深崎さんによる販促絵のポスターも(PC版の絵ですけど新規のも来るかな?)。
 この作品への権利が「アトリエ ハイキー」に移管されてるのですが、 この名称は『すまいる』スタッフの多くが参加してたり世界観も共有している(『すまいる』の方が未来) 『失われた未来を求めて』のコミカライズ (漫画 SASAYUKiさん) 2巻目のコピーライトにも併記されてるんですよね (TRUMPL活動中止)。 権利関係が一本化されたみたいかな?と思うと、『失われた未来を求めて』のPSP移植への期待も……。
 ちなみにコミカライズ2巻は原作PC版の体験版にもある出来事で幕引き(完結)となってますが、 そこには「1st Phase Closed」とあるんで、もしかすると……。

『THE ガッツ』の新作が9年ぶりに発売される。
※最近にエロゲを嗜み始めた方たちにはある意味衝撃的だったんじゃないでしょうか。 いや当時を知ってる人間からしてもまさか復活するとは思わなかったですし……。

■音楽ユニット『eufonius』の騒動がアニメやゲームなどの発売にも影響
※詳しい経緯については以下略として、アニメ『ココロコネクト』での騒動の影響が、 そのPSPゲーム版とかPC『いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!』、 主題歌での参加が多かったフェイバリットのイベント、意外な所ではオーガスト『大図書館の羊飼い』 関連曲にまで影響が広がってました。

■『ゲーマガ』が2012年3月号をもって休刊。
※『ゲーマガ』は『以下略』が2巻目が出る掲載量も無いままに終わっちゃったりといった事もあったけど、 オーガスト企画ページやグッズ制作(千堂瑛里華フィギュアは今も大事にしてるよ)、 その他色々なギャルゲやエロゲ情報(健全仕様で)を取り上げられてたので 総合誌としては某ファミ通よりも重宝してましたので……色々と残念でした。




※という事で今年の11大エロゲニュースを挙げてみました。 まだあと1ヶ月あるから年末に追加版を挙げるかと思いますし、総括っぽいのもそこで触れてみようと思います。

(2012年11月28日 15:19)




【12月30日夜】
今年のエロゲデモ個人的10選をUPして後はもう年末年始だなぁと思って数時間後に思い出したというか、 それまで忘れてたわ(爆死)。

 一応今月に少しだけ追記する件を思い付きメモってましたが、更に何かあったけ?という状態なので、 もうその思いついた分だけを追記します(グダグダだわ~)。



■E-15指定(15歳以上推奨)という区分開設と、一般向けPCソフトリリース相次ぐ1年
『葬送鬼レギナルト(3月 E-15)』『魔法使いの夜(4月 E-15)』
『ダカーポ3(4月 E-15)』『すぴぱら(5月)』
『Rewrite Hervest festa!(7月 E-15)』
『不死鬼譚 きゅうこん 千年少女(8月 E-15)』
『Dies irae Amantes amentes(8月 E-15)』『東京バベル(8月 E-15)』
『ルートダブル -Before Crime * After Days-(9月 E-15)』
『リトルバスターズ!パーフェクトエディション TVアニメ化記念版(11月)』
『いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!(12月 E-15)』

※上記のようにほぼ毎月のペースで18禁以外のPCソフトがリリースされてましたな。
「18禁みたいに指定以下の年齢への販売を禁止している」 訳ではないというのが店頭現場からしてちょっと曖昧なのですが、 購入する際とかの対象年齢層の目安として「E-15指定」を見ればいいんでしょう。
 これを機会にコンシューマからPCゲームにまで視野に入れてくれるような 18歳未満のエロゲユーザー予備軍の掘起しが起きればいいんですけどね。 特に今や毎年のようにエロゲのユーザー減少や市場縮小が言われ続けてますから。

 製作側としては、コンシューマでは際ど過ぎてアウトな半裸ビジュアルなども肝心な部分さえ 「見えてなければ」使用OKとか、残酷なイベントCG表現も使用できるいう表現レベルを設けられた事で、 CERO D指定とエロゲ18禁の中間のような作品が出し易くなったのかもしれません。
 特に最近だとアニメや漫画も割と際どい表現でも一般向けでOKだったり売りにしてたりしますし (TV放映では謎の白い光ですが)、更にアニメではお色気要素の強い作品でも人気声優さんが演じてますから、 ならゲームでもと考えるでしょう。そのポイントを組み合わされたのが 『東京バベル』『ルートダブル』『いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!』ですね。

「E-15」指定はまだ開設1年目ですから、2013年にどう活用されていくか注目したいところです。

■広島でのminori『夏空のペルセウス』イベント
※ウチも確か1試合で二度も乱闘起こしたあの中日戦を見たとか、優勝したといたような黄金期の記憶が強烈過ぎてて、 最近の選手層についてはそこまで詳しくないのですが(滝汗)、今回参加しましたこの地元イベント、 まさにカープファンの集い状態でした(!!)。




※これで13大か……まだ明日になれば思いつきそうですがもう時間ないっぽいです。 以上が今年のウチのエロゲニュースということで~。

(2012年12月30日 23:07)



|

« 庶民派ファンタジー『はたらく魔王さま!』 魔王と勇者が現代日本で鉢合わせした事で巻き起こる騒動というかいろんなギャップ(笑) | トップページ | 2012年のウチが見たアニメで印象に残ってるOP/EDとか雑記 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137013/56209345

この記事へのトラックバック一覧です: 《2012年の10大+エロゲニュース(ウチ個人の)》 ※12月末追記:

« 庶民派ファンタジー『はたらく魔王さま!』 魔王と勇者が現代日本で鉢合わせした事で巻き起こる騒動というかいろんなギャップ(笑) | トップページ | 2012年のウチが見たアニメで印象に残ってるOP/EDとか雑記 »